カン 十郎 二 重 スパイ。 皐月賞、お前らの今の本命は?

部隊スキルの申し子?カンピョーエ

カン 十郎 二 重 スパイ

一、御存 鈴ヶ森(すずがもり) 幡随院長兵衛 吉右衛門 東海の勘蔵 彌十郎 北海の熊六 錦之助 飛脚早助 家 橘 白井権八 勘三郎 歌舞伎に詳しくない私でも、吉衛門丈が勘三郎丈と共演されていない と言う事は聞き及んでおりました。 確か幸四郎丈とも長く共演して いらっしゃらず、最近共演されるようになったと思うのですが・・・。 そういう意味でも非常に貴重な公演だったのかもしれません。 これは4世鶴屋南北の書いた「浮世塚比翼稲妻」の二幕目だそう。 何となく「法界坊」を思い出させる作品だなと思いました。 権八を勘三郎丈が演じていらっしゃるから、尚更そう感じたのかな。 立ちまわりも似てますよね。 (いかにも素人な感想でスミマセン・・) 長いお話の中の一部を切り取ったこの舞台。 勘三郎さんが提灯の灯りで刀の状態を見るときの真剣な雰囲気は 2階席の離れた所からでも伝わってきます。 そして吉衛門さんのきっぷのよさ、器の大きさには「江戸っ子とは こういう人のことを言うんだろうな」と思わずにはいられない。 この2人が大した言葉も交わさず、緊迫感を保つ中にも、 その緊迫感が信頼感に変わっていくのが分かるようでした。 この2人の共演をもっと観たいなあ、と思わずにはいられない1本。 二、六代目中村勘九郎襲名披露 口上 (こうじょう) 暖かい気持ちになりますよね、襲名披露の口上というのは。 周りの人たちが六代目勘九郎を小さな頃から知っていて、その成長 を見守ってきた・・というのが伝わってきます。 でも隣の座る同時に初舞台を踏んだ七之助さんの事にもきちんと触れ 心配りをされているんだな、というのも分かりました。 七之助さんの口上を聞いて思いましたが、本当にこの2人はいつも 隣同士で過ごしてきたんですよね。 「いつも同じでは・・」とお母様が別々の学校に入学させた、という話を 聞いた事がありますが。 これからも隣同士に並んだ舞台上の2人を観続けていきたいですね。 三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし) 小姓弥生後に獅子の精 勘太郎改め勘九郎 胡蝶の精 玉太郎 同 宜 生 用人関口十太夫 亀 蔵 家老渋井五左衛門 家 橘 この公演の目玉の一つの演目ですね。 少し前に現勘三郎さんがこの演目を演じた時の映像が再放送されて いましたので、少し拝見していました。 その際に作成した手獅子を今回六代目勘九郎が使われたそうです。 最近は立役で拝見する事が多かったので、少し 珍しい感があったというのもありますけれども。 今回2階席の横の席だったので1階席の客席がよく見えたのですが 外国人のお客様が中ほどにいらっしゃいまして、蝶を追いかけた 手獅子に引かれて花道に引っ込む場面でなぜか大ウケしていらしゃり それがとても印象に残っております 笑。 後半はも迫力があって・・・。 今回は七之助さんが後見を買って出られたそうですが、演じる兄を 後見として真剣にサポートしている七之助さんが観られたのも 少し嬉しい気持ちになったのでした。 四、ぢいさんばあさん 美濃部伊織 三津五郎 宮重久右衛門 扇 雀 宮重久弥 巳之助 妻きく 新 悟 戸谷主税 桂 三 石井民之進 男女蔵 山田恵助 亀 蔵 柳原小兵衛 秀 調 下嶋甚右衛門 橋之助 伊織妻るん 福 助 前にどこかで上演されていたのを見送った記憶があるんですが・・ 御園座かと思ったんだけど、歌舞伎座のようでしたね。 タイトルから「どんな話だよ・・」と思っていたのですが(失礼!) 原作は森鴎外なんですね。 ある意味すごい純愛ストーリーな訳ですが、設定さえ変えれば 今でもドラマや映画になりそうな話ですね。 まあ、この伊織ってのが一見よく出来た人格者のように見せておいて 実は器のちっせー男だったりするんですが(爆)。 奥さんが甚右衛門の事を悪く言うと「悪い奴じゃない、しつこいだけだ」 とか言っていいカッコするくせに、結局は悪く言われた事に我慢が ならず切り殺しちゃうんだから。 だったらそんな人からお金なんか 借りなきゃいいのにねえ・・・。 でもまあ、伊織とるん、老いてからの2人がキュートでたまりません。 ほのぼのとしていて、子供のように純粋で、そして温かい。 こんなにもジーンとする作品だとは思っていませんでした。 帰りの電車の関係で、最後の2分か3分を残して席を立ったのが とても残念でした。 あ、書き忘れましたが、若い2人も初々しくて良かったですね〜。 坂東信吾さんは前にコクーン歌舞伎で拝見した時も「色っぽくなった」 と書いた記憶がありますが、いっそう色っぽくなって良かったです。 東京駅に着いたのは21時過ぎぐらいかな。 本当に朝早くから夜遅くまで一日かけての観劇遠征でございました。 ああ本当に贅沢な一日だった〜。

次の

ゼロの使い魔~逝ッテイーヨされた天才科学者~

カン 十郎 二 重 スパイ

扉絵表紙 ゴッティが海兵からシフォンを救い出すことができたようです! 話は現代へ オロチは焦りながらカイドウに対し、モモの助、錦えもん、雷蔵、お菊、カン十郎が20年前から現代へと現れたと言っています。 酒をクビクビ飲んでいるカイドウは、あの燃えていたおでん城から未来へ飛ぶことができる能力が実際に存在するのかと、信じていない様子。 何者かが恐怖に怯えるお前を騙してるんじゃねーのか、間違いないからこの手鏡を見てみろよと言います。 しかし不安になっているオロチは部下に出国するものが必ずいるはずだから、海岸の警備をおこたるなと指示。 カイドウはもし生きているのであれば殺すな、この20年間のうちに光月の奴らに聞きたい事ができたと言うのでした。 嵐が吹き荒れる中、錦えもん達は小舟を使い、鬼ヶ島への出港を決意します。 そして船をこきながら鬼ヶ島と向かう途中、カン十郎が意味深な表情で言葉を発しました。 以前カイドウに戦いを挑んだときに、お前らの中にスパイでもいるんでないかと話していたことを覚えているかと。 そのスパイが俺だったんだとカン十郎は言いました。 カン十郎からまさかの事実を聞かされ、鼻水をたらしながら驚く錦えもん。 錦えもんは嘘をつくのはやめろ、私たちは全員釜茹での刑によって命を落とすところだったじゃないかと言います。 するとカン十郎は、俺は小さい時からずっと死に場所を探し求めていた。 あの時、お前たちと一緒に死んでいれば完全なる役が完成するはずだった。 俺は始めから存在しない男だったんだと。 その驚きの事実を聞いた赤鞘達は唖然とした表情をみせます。 続けてカン十郎は、お前らと一緒に喜びを分かち合ったり、時には苦しんだりすることで光月家への信頼を完全なものにしていたこと。 そして誰のことも憎んだり、傷つけようとは思っていなかった。 しかしただ一つ、情報だけをオロチ様にお伝えしていたと。 どうしてこうなるまで、身内を疑う目を持たなかったのか?何事においてもずっとおかしかったはずだろと言いました。 オロチの口からカン十郎の出生の秘密について語られます。 カン十郎は大衆演劇の一団に生まれましたが、ワノ国によって迫害を受け、舞台上で父母を殺されました。 舞台で生きていく方法しか知らなかったカン十郎は心を完全に失ってしまい、誰かを演じることでどうにか生き延びてきました。 そんなカン十郎に目をつけたオロチは、自分が黒炭家の末裔であることを伝え、お前の両親を殺した者は始末していおいたと話しました。 そしてこの復讐劇はまだ始まったばかりで、お前は本物の光月として生きていくんだ。 誰にもバレることなく、光月家の者として死ね。 それこそがこの大舞台でカン十郎にしか任せることのできない大役だから演じ切ってみせろと。 その時カイドウ率いる百獣海賊団の海賊艦隊が錦えもん達の目の前に襲来。 下っ端どもが、オロチ様が言ったとおり本当に小舟で鬼ヶ島と向かう者どもが現れたぞと高笑いしています。 しかも本当に過去に死んだとされる赤鞘たちで、まさかスパイが忍び込んでいたとは思わなかったと言いました。 そして下っ端どもが、お前がスパイだったのか?と問います。 カン十郎はその通りだと答えました。 それを聞いた錦えもんは怒りが頂点に達し、刀でカン十郎を真っ二つに切り裂きます。 錦えもんのまさかの行動に、お菊は涙を流し呆然とした表情。 すると頭がとれて胴体だけになったカン十郎は笑いながら、この場でお前らとともに海の藻屑となるのも悪くないなと言いました。 ただ今回ばかりはオロチ様にストップをかけられたんだと。 そして顔が一瞬で元通りになると、これで全てが終了する、鬼ヶ島へモモの助を連れて帰るように言われているんだと。 カン十郎はモモの助を服の中に隠していたようで、すでに捕えていたのでした。 錦えもんが港の方を振り向くと、そこにモモの助はありませんでした。 どうやら港で待っていたモモの助は、カン十郎の能力により筆で描かれた存在だったのです。 カン十郎はモモの助を連れて、逃げていってしまいました。 三銃士登場 そこへ出てきたのがルフィ、キッド、ロー! 海は、海賊が相手だ! ルフィが宣言! 怒りに震える三銃士! 既に和装ではないものの、キッドとローは睨みつけ、ルフィは笑う! ついに討ち入り!!.

次の

皐月賞、お前らの今の本命は?

カン 十郎 二 重 スパイ

「討入り」の懸念材料 「討入り」当日までの出来事 「鬼ヶ島」討入りまで「あと〇日」で起きた簡単なまとめは以下の通り。 あと6日 ローが何者か(ドレーク?)の陰謀に乗っかる あと5日 ルフィが弾く武装色の覇気(流桜)修行 あと4日 反乱軍の集合場所が刃武港から常影港へ変更を知らせる 作戦会議、 ゾロが「閻魔」を貰う (ナンバーズ帰還&ビッグマムと同盟) あと3日 カイドウ&オロチの兵力約3万と判明 フランキーの船修理順調 ルフィ&ゾロが修行 あと2日 反乱軍200人追加で4200人になる 羅刹町牢屋敷1000人捕まったまま 前日 麦わらの一味はサニー号で「鬼ヶ島」へ向かう 錦えもんたちは常影港へ向かう 康イエとペドロの墓をたてる ルフィ弾く武装色の覇気(流桜)習得 オロチに集合場所が露呈してる 当日 「鬼ヶ島」へ向かう将軍行列開始 ふむ。 かなり引っかかる点が多いですね。 「九人の影」 べべんっ!! 麦わらの一味はサニー号が九里に泊めてあるので、九里から「鬼ヶ島」へ向かう様子(フランキーは九里からなのか常影港からか不明)。 錦えもん達は常影港へ向かうので別行動になります。 ただし、常影港はオロチに筒抜けになってましたので一網打尽にされるかも。 そうなると麦わらの一味しか当日、「鬼ヶ島」にたどり着けないなんてことになってしまうかも。 その総勢が9人で以下のナレーションである。 二十年の時を超え主君の無念を討ち果たさんとする「亡霊」でなき 九人の影をくっきりと映し出す 錦えもん、カン十郎、雷ぞう、お菊ちゃん、アシュラ童子、河松、イヌアラシ、モモの助、しのぶちゃん。 以上の9人に 「九人の影」ってナレーションがついている。 これってトキ様が予言してた詩の解答なのかな? 915話 月は夜明けを知らぬ君 叶わばその一念は 二十年を編む月夜に九つの影を落とし まばゆき夜明けを知る君と成る <関連記事> 9人なので、そのまま 「赤鞘九人男」か ジンベエ未加入の「麦わらの一味」のことかと思いきや、「赤鞘九人男」の7人とモモの助としのぶちゃんで「九つの影」のアンサーってことでしょうか。 ただ「夜明け」…おそらくカイドウ&オロチを倒してワノ国を開国する予言なので、今回の9人はブラフだと思ったり思わなかったり。 てかさ、 「赤鞘九人男」の残り2人どうなってんの?前日なのに現れてないんだけど! ネコマムシと傳ジローは…? ネコマムシと傳ジローどうなってんじゃろ。 作中の前日でも姿が一切見えません。 ネコマムシはマルコを勧誘しに行ったきりです。 それだって2週間以上前だからね。 909話 そっから音沙汰無しで決戦の日を迎えてしまいました。 いくらなんでも遅れすぎである。 昔の「赤鞘九人男」は、お菊ちゃんでなく白ひげ海賊16番隊隊長イゾウと思われる姿がありましたので、イゾウを迎えに行って遅れてるのでしょうか。 <関連記事> ネコマムシがまだワノ国に到着してないのに対して、 傳ジローは影も形もありません。 生きてるのか死んでるのかすら不明で討入りになっちゃったし…。 傳ジローのシルエット 足跡が20年前にアシュラ童子と一緒にカイドウ(龍)と戦っていたことしか分かりません。 その後どうなったのか。 流石にこのまま登場せずってことは無いと思いますけどね。 現状、候補の中で残ってるの「丑三つ小僧」しかないような…。 ユダが存在する 討入り前日に… 信用ならねぇマネしやがって… まあこっちを抑えりゃ十分か 「刃武港」から「常影港」に変更…! 光月日和生存…!北の地か… な、なんだってー!? なんと康イエが命懸けで集合場所「常影港」に変えたことが筒抜けになっています。 それどころか兎丼をルフィが制圧したことも報告されてる。 こちらはお玉ちゃんのきびだんごで誤魔化せてますけど、かなりヤバイ状況じゃん! なんでオロチにこんな情報力が…。 羅刹町牢屋敷に捕まってしまった1000人の件といい、 反乱軍の中にスパイがいるようです。 私は、羅刹町牢屋敷に収監されていなかったことから一番怪しいのは地武えもんだと思ってんですよね。 920話 元希美の旗本だったという地武えもん。 20年後にタイムスリップした5人を知っており、実質ワノ国の反乱軍をまとめていたと思われる人物。 一緒にいた恵比寿神風のやつとか髭男とか普通に羅刹町牢屋敷で捕まってるんですよね。 なのに 地武えもんの姿がまったく確認できない。 地武えもんだけ捕まっていない可能性が高い。 どれくらい錦えもんと連絡取ってたか次第ですが、ゾウへ向かった4人を知ってたならドフラミンゴもカイドウ側だったので、ゾウに雷ぞうがいるとジャックが判断できるかなと。 未だに姿が見えない地武えもん。 スパイならば兎丼制圧と集合場所「常影港」に変わったことを知ってるしオロチに伝えられる。 がしかし! 「光月日和生存…!北の地か…」って、日和が生きてて潜伏場所までとなると、地武えもんがスパイか微妙になってくる…。 反乱軍に紛れてる(だろう)地武えもんが日和について分かるわけない。 954話 日和の生存と居場所を知れるとしたら九里に集まったこのメンバーだけです(錦えもん、カン十郎、雷ぞう、お菊ちゃん、アシュラ童子、河松、イヌアラシ、モモの助、しのぶちゃん、飛徹、麦わらの一味)。 今回の河松とゾロの報告受けてだからね。 「赤鞘九人男」の誰か、しのぶちゃん、飛徹の誰かがオロチのスパイ?ちょっと信じられないけど。 動機も無いだろうし、これまでの行動演技に見えん…。 でも可能性はゼロじゃない。 まあ、これが討入り「4日前」で、オロチに報告されたの「前日」なので、それまでに反乱軍にも日和が生きてると教えた可能性もありますけどね(でも居場所まで言うかなぁ)。 港と日和生存がオロチにばれてるのは スパイがいるのか? 私見ではスパイらしき人物がいないため ヴィオラのギロギロのような千里眼ならぬ 地獄耳の能力者がオロチ側に存在すると予想 >より スパイなど存在せず、 ヴィオラの千里眼のような能力者がオロチの軍勢にいるってのは面白い意見ですね。 何とも言いようがないが。 1コマだけでてローさんの鋭い目。 どうしちゃったんだろー。 連絡もないって言ってたし。 私、気になりますし。 おすし。 >より ロー ロー含めてハート海賊団の動向も気になるところ。 ホーキンスと誰か(ドレーク)がカイドウ裏切って何か企んでそうで、その陰謀にローも乗っかりそうな感じでもありました。 この作戦(?)の一貫でオロチに密告してる事もあり得る。 でも日和生存で場所なんて知ってるわけないよなぁ…。 そもそも「北の地」っておそらく鈴後だよね。 なんで「鈴後」にいるって断言してないんだろう。 ぼかしてオロチに告げ口してるのも引っかかる。 ワノ国「第二幕」完の日和 日和(桜舞ってるのう) さあて!!お立ち合い!! 空は晴れ桜舞い散る「花の都」 時はついに「火祭り」の日を迎え その陰で世界の運命を揺るがす戦が始まる!! ワノ国「第二幕」完である。 それぞれ単独で動いてても世界の均衡のために「海軍本部」「王下七武海」が四皇を抑えるために存在するのに、カイドウとビッグマムが手を組んじゃったからね。 まじで「世界の運命を揺るがす」規模のヤバイ戦だよ。 で、ワノ国「第二幕」の幕閉じはこれまでと同じく日和(小紫)が担当してます。 着物がまんま日和が着てたヤツです。 ここで最大の疑問は 「桜舞い散る花の都」ってナレーション通り桜が舞ってることでしょう。 いやでも着物を作中の日和に合わせてるのが意味深だ。 この演出の日和は本編の日和とリンクしてるでいいのだろうか。 前は小紫の衣装だった 「北の地」にいるとオロチが知ったの討入り前日なので、 すでにオロチに捕まって当日は「花の都」にいるのか。 「北の地」はブラフで最初から「花の都」にいるのか。 私気になります。 そんなことで「第二幕」終了。 次回は「世界会議」が終わってるか延長されてるか知らんが、マリージョアをやってほしいですね。 <こちらもどうぞ> 投稿お疲れ様です! オロチが知った情報、判事絵はともかく、日和生存とその居場所は身近に内通者がいるとしか思えないですよね。 W7の時は、結構度肝抜かれましたが、今回もビックリするような人物が裏切っていたりするのかもですね。 個人的な願望だと、討ち入りに入った元々の赤鞘は裏切ってないと思いたいので、 そうなると、お菊 元々はイゾウ かしのぶが怪しい気がしますね。 特にしのぶの場合、最初の判事絵がばれた時から討ち入り間近まで執拗にローを邪険に扱っており、戦力を分散させようとしているようにも見えます。 ・・・・って考えてたりしても、尾田先生のことですから、とんでもない展開を用意してる可能性もありますね。 赤鞘の初期メンバーだったらもう何も信じられないくらいの衝撃です・・・・。 ワクワクするけど、今後どうなるかちょっと怖い感じですね>< 根拠ならありますよ。 判じ絵の暗号はワノ国の人間ならひと目でわかるというところ。 ネットではかばがば暗号とか言われてますが、裏を返せばワノ国の人間以外にはその意味がわかりにくいということです。 船整備班、兵器準備班、刀回収班、反逆者統率班のヒョウ五郎らワノ国の人間は変更された『ハブの腹に線二本の康イエver. 』の判じ絵を見て「理解した!」「了解した!」と返事はしているものの、誰一人として「とかげ港に変更だな。 」など変更後の港の名前は言っていません。 『とかげ港に変更したという意味になる』と言ったのは、ナミに判じ絵の新しい意味を説明している錦えもんだけです。 で、これがウソの説明という事です。 錦えもんがまたもウソをかました部分です。 (オロチ曰く)錦えもんは頭の切れる男ですからね。 「ちと長いがハブに足を足したらとかげ」って、ちょっと違和感ないですか? 本当の意味はハブの腹に線(牙)二本で『ハブに勝てる動物』の名前の港への変更です。 モグラ、とかげ、イタチ、ネコ、カエルの中でハブより強いのは【ネコ】だけです。 (一見、イタチもマングース似でハブより強そうですが、ハブ駆除の為に島に放ったイタチ2500匹が全滅したという話があります。 ) 位置的にも、ハブ港の隣りのとかげ港だとあまり変更の意味はない気もしますしね。 「うどんにある『とかげ港』 集合地をコレに変える事で我らの討ち入りが…」と錦えもんのセリフのコマで、この話を聞いているのがアシュラ、河松、イヌアラシの三人です。 この中でワノ国の人間ではない者はイヌアラシだけです。 なので、イヌアラシがそのまま説明の言葉を鵜呑みにしてオロチに報告したということです。 このウソによって内通者を炙り出してこその頭の切れる男でしょう。 うどんの制圧も日和の生存もあの作戦会議の場にいるイヌアラシならわかりますし、ゾウに雷ぞうが居るなんてモロ関係者ですし。 イヌアラシは突然ワノ国に入国してましたし、途中一人でどこかに行っていた一コマもありましたよね。 ゾウ編の流れは本当にビックリさせられましたが、なんかワノ国着いてからのイヌアラシはずっとベロ出てますしね。 (笑 現時点で怪しいのは残念ながらのイヌアラシ一択です。 康イエとゾロが最初に出会ったのがキビでしたし、キビの話が未だあまり出てきていないので、ここにはなにかあるのかもしれませんね。 地武えもんなんて裏切ってても全然思い入れも驚きもないでしょ。 彼はかつてはキビの旗本。 牢屋に居ないって事は、案外、ネコ港で皆の到着を待っているかもしれませんよ。 (最後はてきとーです。

次の