サルーの太陽 進化。 サルノリ (さるのり)とは【ピクシブ百科事典】

メインストーリー/第1幕/第3章

サルーの太陽 進化

メインストーリー攻略チャート• ストーリー開始時 加入 モンシャ・ダイン戦 敵リスト 1 2 3 4 名前 レベル 18 15 15 18 5 6 7 8 名前 レベル 15 13 プレイヤー経験値 キャラ経験値 ゴールド シルバー 7285 獲得アイテム ソウルストーンx20 妖精の粉(ボトル詰め) サルーの太陽戦 敵リスト 1 2 3 4 名前 レベル 12 12 23 10 5 6 7 8 名前 レベル 8 12 プレイヤー経験値 キャラ経験値 ゴールド シルバー 10159 獲得アイテム ソウルストーンx20 R進化素材[地] R進化素材[光] ??? 敵リスト 1 2 3 4 名前 ??? レベル 21 5 6 7 8 名前 レベル プレイヤー経験値 キャラ経験値 ゴールド シルバー 獲得アイテム• 途中で戦闘強制終了• できるだけ早くダメージを与えて最短で倒す ヘイトバンカーやブレイブフォースなど• 火力が足りない場合はスタンやスリープなどで、できるだけ相手に行動させないようにする 魔石2 敵リスト 1 2 3 4 名前 レベル 19 20 12 17 5 6 7 8 名前 レベル 20 20 13 プレイヤー経験値 キャラ経験値 ゴールド シルバー 2000 獲得アイテム 魔石3 敵リスト 1 2 3 4 名前 レベル 16 12 17 12 5 6 7 8 名前 レベル 16 11 17 17 プレイヤー経験値 キャラ経験値 ゴールド シルバー 2000 獲得アイテム 魔石4 敵リスト 1 2 3 4 名前 レベル 14 14 14 15 5 6 7 8 名前 レベル 14 11 12 15 プレイヤー経験値 キャラ経験値 ゴールド シルバー 獲得アイテム• レビアガニがアイアンハート持ちなので、ポイズンをかけておく• ライフフリップを避けるためにHP残り半分からは一気に削る• ミノタウロスは一人にしない サブイベント攻略 場所 依頼人 ヴァルク族の村人 リグランド中央平原の砂漠の入り口側の大きな橋の手前 内容 青銅騎士団の討伐 ポータル(サウスリグランド砂漠 メ=リザンテ粘土壌)から左上方向の分岐を右上に進んだ先のマップの入り口周辺 報酬 場所 依頼人 ラケルタ族 メ=リザンテ 内容 ミドレットの捕獲 報酬 ソウルストーンx20 R進化素材[地] SR進化素材[地] ポータル 宝箱 アイテム 位置 ロッセのリンゴx3 リグランド王都のアストリッドに話しかける リグランド中央平原の砂漠の入り口の近く シルバーx3000 ポータル(サウスリグランド砂漠 絶壁街道)右上 シルバーx1200 ポータル(サウスリグランド砂漠 絶壁街道)右上方向に進んだ場所 シルバーx150、ゴールドx2500 ポータル(サウスリグランド砂漠 絶壁街道)右上方向に進んだ場所 シルバーx1200 ポータル(サウスリグランド砂漠 メ=リザンテ粘土壌)から左下方向に進んだ場所 おいしいサイダー、 ポータル(サウスリグランド砂漠 メ=リザンテ粘土壌) ゴールドx2500、R進化素材[地]x3 メ=リザンテ内 おいしいサイダー、キャラクターコアR シルバーx2000、R進化素材[光]、 ポータル(サウスリグランド砂漠 メ=リザンテ粘土壌)から左上方向の分岐を右上に進む途中の草むらの向かい側 シルバーx3000、妖精の粉(ボトル詰め)、SR進化素材[地]、 ポータル(サウスリグランド砂漠 ロワのオアシス) シルバーx2000、キャラクターコアSR 鏡 ウルグロワ内 ソウルストーンx20、R進化素材[水]、ウェポンコアSR、ウェポンコアR、 遺跡内、魔石4の後ろ 検索 : メニュー• コミュニティ• イベント情報• 開催中イベント• 限定ガチャ 初心者おすすめ• キャラクター• 種類別• 強化素材・進化素材• スキル• ストーリー・クエスト• メインストーリー• 第1幕• 第2幕• 第3幕• オンラインクエスト• 強化クエスト• その他• 関連サイト.

次の

人類の進化

サルーの太陽 進化

序章:進化のために準備された死 最初の生命が地球上に誕生してから、38億年が経過した。 この間に、約90%の生物が絶滅する絶対的な危機が、この地球を何度も襲った。 単純な計算をしてみよう。 生存率10%の絶滅が、10回くり返されれば、今私たちが存在している確率は、100億分の1になってしまう。 あなたと私がコンピュータの前に坐っているのは、奇跡としかいえなくなる。 ところがこれは奇跡などではなく、当たり前のこととして、進化は、私たちを地球上に誕生させた。 生物のしたたかでタフな柔軟性は、計算の範囲をこえた、自然の摂理によって獲得されている。 生物の進化は示している。。。 何度も、何度も絶滅があったからこそ、今人類が存在している。 陸地の見えない広大な海。 地球の原始大気に酸素は全く含まれていず、溶岩から放出された二酸化炭素(炭素分子)や硫化水素が大気成分の大部分を占めた。 生命の誕生と維持にもっとも大事な分子は、水と炭素化合物だ。 それらが原始地球には十分にあった。 生命の誕生と進化は、惑星の形成と同時に、当たり前のことのように準備された。 水は化学物質をよく溶かし、多種多様な化学反応が、水の中できわめて効率よく進む。 温かい原始の海の中で、炭酸分子が集まって複雑にからまりあい、生命のもとになるアミノ酸を形成し、やがてそれはタンパク質へと進化した。 この海の中で、遺伝子(DNA)を形成する核酸塩基や糖も作られた。 私たちのからだを構成する細胞群は、今でも原始の海を必要とし、その海の中で生きている。 私たちのDNAの基本構造は、祖先の単細胞生物によって作られ、今でも私たちのからだの中で機能している。 人間のからだには60兆個の細胞がある。 この数は、日常的に使う数の範囲をはるかに越えているので、どれくらいの数なのか、実感としてピンとこない。 世界の総人口が66億人なので、総人口の1万倍近い数の細胞をからだの中に持っている、と説明すればいいだろうか? これだけの数の細胞が、卵子と精子という、たった2個の細胞の子孫として作られる。 各細胞は懸命に生きている。 私たちのからだは、これら独立した60兆個の細胞の、精巧かつ柔軟な協力関係の上に構築されている。 受精卵からの分化と成長、それに成長後のからだの維持には、とても複雑な細胞間の協力が必要になる。 1個1個の細胞が懸命に生きているだけではなく、からだを総体として生かすために、どんどん死んでいく細胞がある。 個の死が全体を生きのびさせる。 このエッセイの最初のほうに書いた、全体を生かすために個が死ぬ、という生命存続のための摂理は、個体の維持においても実行されている。 バクテリアの大増殖によって、栄養素として取りこんでいた、発酵作用に必要な糖と酸が海中から消えてしまったのだ。 バクテリアの多くが死滅し、その死骸が厚い地層になったところが、西オーストラリアで見つかっている。 生き残ったわずかなシアノバクテリアが、太陽エネルギーを生存のために使う方向へと、進化した。 現在の植物がやっている炭酸同化能を、この時代に獲得し、光合成をおこなうようになったのだ。 このシアノバクテリアのおかげで、酸素が大気中に初めて蓄積されるようになった。 最初の大絶滅が、のちの生物の生存に必要な酸素を作る生物を、地球上で進化させる原動力になった。 同じ遺伝子群が、多様な組み合わせによって、異なるタンパク質を作る、というような離れわざが日常的に行われている。 あるいは、特定の遺伝子を沈黙させることによっても、同じ遺伝子群が異なるタンパク質を作ることができる。 この過程で重要な役割を演じるのは、DNA鎖上の遺伝子(ゲノム)だけではない。 ノンコーディング領域(ジャンクDNA)の役割も重要だ。 後者の遺伝子発現調節領域が、DNA鎖の大部分を占めるが、機能についてはまだほとんど知られていない。 人間が遺伝子操作をすることの危険性は、ここにある。 38億年の進化の結果として、現在機能している遺伝子を変えると、それに誘発されて、ノンコーディング領域のどこが、どのように変化するのか、全く見えない。 ノンコーディング領域には、現在は眠っているが、生物が危機的状況におちいったときに活性化される、遺伝子構造があるかもしれない。 操作された遺伝子と、新規活性化遺伝子との相互作用を、あらかじめ知ることはできない。 短期的な視点から、病気治療などで実施される遺伝子操作が、長期的には人類の絶滅につながる可能性を、誰にも否定できない。 さらにもう一つ指摘しておきたい。 細胞の分化や増殖をうながすタンパク質に、増殖因子がある。 これは、からだの成長や損傷個所の修復に必須の因子だ。 ところが、このタンパク質は、同時にガン細胞の増殖を助ける。 ガン関連因子ということで、増殖因子の遺伝子を取り除くことは、死につながりかねない。 生体は、このように一見相反する複雑な機能を持った要素によって、構築されている。 除けばいいとか、加えればいいというような単純な判断では、大きな誤りをおかす可能性がある。 もっとも、当評論の主旨からは、もしも人類が人類自身の絶滅の引き金を引くならば、次の新しい種の進化を助けることになるので、生物全体としては特に問題にはならない、といえる。 本当にそれでいいのかどうかは、絶滅するかもしれない人類である私たち自身が、自分自身に問いかけなければならない。 単細胞が寄り集まって現存生物へ進化 15億年前のことだった。 次の進化は、1個の細胞がさらに巨大化するのではなく、いくつもの細胞が集まって全体として大きな個体になる、多細胞生物化だった。 多細胞生物化によって、遺伝子を子孫へ有効に引きわたすために、遺伝子を入れる細胞核を持つことになった。 これらは真核生物といわれる。 それまでは、遺伝子は細胞の中にばらばらに散らばっていた。 今のバクテリアは同じ状態をたもっている。 多細胞生物化によって、寄り集まった細胞の一つひとつの遺伝子の活性化の度合い(遺伝子発現)に、違いが出るようになった。 これは、環境と対話しながら遺伝子発現を規定する、単細胞時代に獲得した能力の延長線上にある、機能だ。 多細胞生物化によって、多くの異なる機能を有する器官を体内に持つ、現存の生物へ進化する準備が整えられた。 多細胞生物化によって、これまでにない大きな運動能力を獲得した生物が、出現した。 この運動能力によって、生存に適した環境へ自ら移動することができる。 9億年前の地層から、50種におよぶラン藻や菌類などの微小化石が見つかっている。 その中には、真核細胞と思われる化石がある。 複雑な構造を有する細胞壁が、細胞の安定化に貢献する。 真核藻類の多くには多数のトゲがあり、移動や防御に役立てていたと思われる。 多様化とは、DNA内に異なる機能を持つ遺伝子が増えることだ。 これは、最も基本的な遺伝子が、コピーを作る過程で、少しずつ変異をすることによって達成される(遺伝子重複)。 この小さな変異が繰りかえされて、多様な遺伝子プールができあがる。 遺伝子の進化だ。 環境の変化によってこの遺伝子プールにスイッチが入ると、眠っていた遺伝子が覚醒し、新しい種が生みだされる。 現存する動物のすべての祖先が一度に誕生した、後述するカンブリア大爆発の前に、このような遺伝子が準備された。 この遺伝子プールには、将来の危機に対応できる遺伝子も含まれている。 DNAは、たった4種類の塩基分子(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)から構築されている。 これをベースにして、複雑に機能する私たちのからだが作られる。 この効率のよさに驚く。 30億対(60億個)の塩基がつらなったDNA鎖の中で、構造遺伝子とはっきり同定できる領域は、わずか3%しかない。 残りの97%は、上に述べたノンコーディング領域で、遺伝子発現において重要な役割を演じたり、眠った状態にある遺伝子だ。 DNAの基本構造はよく似ていても、機能の発現の仕方を変えることによって、同じ種の中で、異なる適応力をもつ個体を容易に生みだすことができる。 さらに、この遺伝子プールを使えば、短期間のうちに、次の種へ進化することが容易になる。 この逃避行は非常に苦しいものだった。 陸上は、魚類にとってはとても過酷な環境だ。 空気を呼吸するために、えらを乾燥化から守らなければならない。 皮膚から水分が逃げてひからびてしまう。 体重を軽くしてくれる水が存在しない。 だがこの挑戦は実りのある挑戦だった。 祖先の生存のための苦しい戦いのおかげで、今私たちが存在している。 陸を目指して逃げたことは、次の生物絶滅のときに幸運をもたらした。 3億6000万年前に、海洋生物の多く(82%)が絶滅する危機があった。 氷河期による気温低下が原因だったといわれる。 海水温が低くなりすぎたのだ。 少量のヘリウム原子を除く、水素以外の全ての原子は、燃える恒星の中で、水素原子をもとにして作りだされた。 それらの原子が、宇宙空間や地球のような惑星上で分子進化をし、水や炭酸分子など、生物のからだを作るために必要な基本的な物質を作り上げた。 水(氷)も炭酸分子も、宇宙には大量に存在している。 原始地球の温かい海の中で分子が寄り集まり、外の環境から自らのかたまりを切り離すことによって、ひとつの細胞になった。 まるで当然のことのように生命が誕生した。 環境の激変は、新しい環境に適応した種を生みだす。 繰り返されてきた生物の大絶滅下でも、この地球上に、新しい種が確実に生みだされてきた。 驚くほどタフで柔軟な生物存在の本質を考えれば、この宇宙の多くの惑星上で、地球型の炭素系生物が進化している、と考えるのが自然だ。 人類が存在するのは奇蹟などではなく、「自然」と考えざるをえない。 この宇宙において、水素原子からひとまでの進化は、「必然」だったことになる。 私たち人類は生まれるべくして生まれた。 進化史の上では余りにも短い。 この存在期間だけを考えても、今の人類は、まだまだ大きく進化すると考えていい。 種として進化しはじめたばかりの人類のからだは、まだ二足歩行にも適応していない。 「個体発生は、系統発生を繰り返す」。 ひとの一生は、最初の生命である単細胞生物に似ている、卵子、精子からはじまる。 母親の体内で、進化の途中にあった海中生活を経験する。 四足歩行のからだをまだ残している人間は、幼児のときに、二足歩行へ移るのに苦労をする。 幼児は、両親にはげまされながら、なんとか立ち上がる。 無理に立ち上がるために、背骨は腰のところで極端に曲げられる。 ガイコツの骨格標本で見れば、この腰の部分の背骨の曲がり方が、いかにも不自然なことがよくわかる。 これが腰痛の原因になる。 頭骨の内側を見れば、人間の脳には、まだまだ大きく進化する可能性があることを、見て取れる。 脳が接触する頭骨の内側は、デコボコになっている。 脳が極限にまで発達したときに、内面はツルツルになると考えられる。

次の

人類の進化

サルーの太陽 進化

July 2020 New Entries• Recent Comment• 289• 191• 411• 215• 467• 119• 271• 184• 273• 188• 256• 356• 118• 349• 278• 139• 1 Archives• 100• 108• 118• 119• 110• 104• 1 Search mobile Profile• サルーサ 2013年12月20日 多くの人達が信念に従って祝賀の用意をしているので混乱は忘れられようとしています。 宗教的信念とは特別な関係が無い人達によっても受け入れられるのが伝統になりつつあります。 あらゆる種類の人達が一緒になれると言うことが分かる結果になっていて、信念や理解の差を別にして全ての人類の統合を祝っています。 エネルギーは上昇し、全ての人々への愛が人々の間に最善の関係をもたらしています。 貧乏な、あるいは貧窮した人達に対する特別な関心が突然高まり、さもなければ支援を行わない社会に広まっています。 これらの状況は繰り返し生起し、ゆっくりとではありますが確実に、人々はこれらの人達も兄弟であることを認識しつつあります。 理解に至るまで長い時間がかかった人達も全ての生命は一つのものであると見られるようになっていて、今は、これらが極度に連携しあい、各人の行動が全体に影響するようになるので、これが人々が行動に責任を持つようになり、地球上の振動数の向上を助ける時なのです。 あなた方が今経験しているような時から立ち上がってくる善意のみを持ち続ければ、あなた方は、振動が高い状態では存在し得ない低い振動から迅速に離れて行くでしょう。 変化が続くと、闇から立ち上がってきたばかりのソウルたちの上昇を助けます。 このような人達が成功への道に達するには助けの手が必要であり、ひとたび道を創り出せば、後はより容易になることが分かります。 多くの生涯を通じて、あなた方は自分の進歩の助けになった数多くの状況に遭遇した事があります。 あなた方が直面する可能性が高い問題の克服を助けるために、それらは全ての生命がそうであるように仕組まれていたのです。 人間にとって物理的な領域の中で起きることを超越して見ることが困難であるにも関わらず、何か適当な原因が無い限りは絶対に何も起こりません。 あなた方一人一人には経験を通じてあなた方の進歩を確実なものにすることが関心の対象である数多くの支援者たちがついています。 それが、あなた方の生涯を進化の道に沿ってじょじょに進化させるように、鍵になるイベントが仕組まれている理由なのです。 それでも、あなた方にとって、多くの場合には、時に目的がないように思われる混乱条件の中に突入させられる瞬間があります。 親愛なる皆さん、私たちを信じて下さい。 何事も偶然には起こらず、あなた方が何事に巻き込まれたとしても、あなた方のためだけではなく、関係するソウル全てにとってなにがしかの利得が得られるようになっているのです。 あなた方が明らかにネガティブなソースからもたらされたことに巻き込まれたとしても、あなた方の存在が振動を抑制するために必要だったのかもしれません。 しばしば、あなた方はネガティブなエネルギーを和らげ、あるいは除去するために十分な光をもたらすことが出来るのです。 あなた方は光の拡散という経験と貢献のために利用されているのであって、あなた方が管理出来る以上のことを処理するように要求されることはありません。 明らかにあなた方は受動端に位置することが分かるでしょうが、これはしばしばあなた方が自分で処理できることを確かめるためのテストなのです。 あなた方は自分の生涯から突破することが確実であり、それなくしては光に役立つことは期待できません。 あなた方がどこに立ち、流れに乗る事が出来、生涯プランを達成できるのかを知るようになることは確かな事です。 しかし、時にはあなた方は残りのカルマを把握し、それに対処出来ることが知られた時に、それが明らかになることを忘れてはなりません。 ですから、この状況に至り、優れた心で経験を受け入れる時には、驚かないようにして下さい。 そして最も大切なことは、それから学びを得る事です。 あなた方の進化におけるこのような時に、あなた方はかつて無いほどの速度で進歩しているのですから、ソウル一人一人がこの転生の生涯プランの最後の周回を行っているのです。 あなた方全てが進化の異なる地点にいるので、これは適切ではないと思われるかもしれませんが、全てのソウルに次元上昇の用意ができている訳ではないことを忘れないようにして下さい。 ソーラーサイクルの終わりが近づいているので、終わりの時はすでに決まっていて、闇の者たちの、プランをくじこうとする如何なる試みにも関わらず、彼らは成功はしません。 次元上昇は確実な事であり、太陽サイクルの終わりに起きることが期待されています。 そのうちに、必要な場合には仲間の旅の者を助けねばなりませんが、同時に彼らに対する忠告によって彼らを驚かせないようにして下さい。 グループでの経験は普通のことではありませんが、時には直接の経験によってのみレッスンが学べるのです。 多くの人達が今十分に違う方向に進むべき時を直感的に知っているにも関わらず、自分の考えに凝り固まることなく、柔軟であって下さい。 自分の歩みの中で物事をとらえ、結果が明確でない限りは、状況を他者に押しつけないようにして下さい。 事態が調和して流れる時を知るべきなのであって、あなた方がなすべき事はほとんど無いのです。 低い振動からあなた方を上昇できることがいつも分かっていたので、あなた方はこの時期のために数千年の間準備をしてきました。 多くの人達はこの事実に気が付いていて、今や大いなる期待をもって、喜んで前進しています。 全ての人にとって如何に偉大な時が開けるのかが十分に分かっていないとしても、新しい時代が今まさに開かれようとしていることが分かるワクワク感が感じられます。 闇の者たちが排除された時には暮らしがどのようになるのかが考えさせられます。 干渉から解放されることがこれほどの自由を意味するのかは新鮮であり、低い次元から脱出した時のことを考えるのは簡単ではありません。 数千年の間、あなた方はこのような高いレベルで、今ほとんどそばまでやってきている劇的で広範囲な変化が起きようとは考え難かった、二元性を経験してきました。 しかし、変化はほとんど現実になろうとしており、あなた方に取って驚きと喜びをもたらず、最も素晴らしく広範囲な驚異が起きるでしょう。 あなた方の低次元での旅が今まさにおわろうとしていることを知りながら、喜びのうちにお別れします。 静けさを保ち、どこにいても愛と平和を広めて下さい。 ありがとうサルーサ、マイク・クインシー。 SaLuSa 20-December-2013. 貧乏な、あるいは貧窮した人達に対する特別な関心が突然高まり、さもなければ支援を行わない社会に広まっている。 これらの状況は繰り返し生起し、ゆっくりとではありますが確実に、人々はこれらの人達も兄弟であることを認識しつつある」 最近の宝くじは従来の倍程の高額当選金にして、購入を誘っているようですね。 「あなた方が今経験しているような時から立ち上がってくる善意のみを持ち続ければ、あなた方は、振動が高い状態では存在し得ない低い振動から迅速に離れて行く。 変化が続くと、闇から立ち上がってきたばかりのソウルたちの上昇を助ける。 このような人達が成功への道に達するには助けの手が必要であり、ひとたび道を創り出せば、後はより容易になることが分かる」 ガイアポータルによると、22日から入来するエネルギーは高次元に同調するエネルギーなので、光に転向した元闇さん達には相当にきつい環境になります。 ですから、彼らの上昇には我々の支援とその体制が必要ですね。 「あなた方一人一人には経験を通じてあなた方の進歩を確実なものにすることが関心の対象である数多くの支援者たちがついている。 それが、あなた方の生涯を進化の道に沿ってじょじょに進化させるように、鍵になるイベントが仕組まれている理由である」 我々の生涯は転生前のそれぞれのプランにより進化するように、鍵になるイベントが仕組まれているようですね。 「・・・何事も偶然には起こらず、あなた方が何事に巻き込まれたとしても、あなた方のためだけではなく、関係するソウル全てにとってなにがしかの利得が得られるようになっている」 つまり、ネガティブなソースにより巻き込まれた不測の事態であっても何事も偶然には起こらずに、関係するソウル全てにとっては利得になることもあるらしい。 「しばしば、あなた方はネガティブなエネルギーを和らげ、あるいは除去するために十分な光をもたらすことが出来る。 あなた方は光の拡散という経験と貢献のために利用されているのであって、あなた方が管理出来る以上のことを処理するように要求されることはない」 要するに、ゲームの駒で与えられた役割を果たすことが要求されると言うことです。 「明らかにあなた方は受動端に位置することが分かるでしょうが、これはしばしばあなた方が自分で処理できることを確かめるためのテストである。 「しかし、時にはあなた方は残りのカルマを把握し、それに対処出来ることが知られた時に、それが明らかになることを忘れてはならない。 ですから、この状況に至り、優れた心で経験を受け入れる時には、驚かないようにする。 そして最も大切なことは、それから学びを得る事である」 偶には抜き打ちテストもあるようです。 「あなた方の進化におけるこのような時に、あなた方はかつて無いほどの速度で進歩しているから、ソウル一人一人がこの転生の生涯プランの最後の周回を行っている。 あなた方全てが進化の異なる地点にいるので、これは適切ではないと思われるが、全てのソウルに次元上昇の用意ができている訳ではないことを忘れない」 言わば、我々は地球学校の卒業の為の最終試験を受けているところであるが、当然落第もありますよ、という感じでしょうか。 「ソーラーサイクルの終わりが近づいているので、終わりの時はすでに決まっていて、闇の者たちの、プランをくじこうとする如何なる試みにも関わらず、彼らは成功しない。 「多くの人達が今十分に違う方向に進むべき時を直感的に知っているにも関わらず、自分の考えに凝り固まることなく、柔軟であること。 自分の歩みの中で物事をとらえ、結果が明確でない限りは、状況を他者に押しつけない。 事態が調和して流れる時を知るべきなのであって、あなた方がなすべき事はほとんど無い」 上昇を選択する、しないはそれぞれの自由意志だから、例えどんなに親しき仲であっても無理強いはしない。 静観すべきと言うことらしい。 「数千年の間、あなた方はこのような高いレベルで、今ほとんどそばまでやってきている劇的で広範囲な変化が起きようとは考え難かった、二元性を経験してきた。 ですから、上昇を選択した人達の太陽サイクルの終了時の次元上昇は確実と言うことです。 そして、その現実が間近に迫っていて、我々に取って驚きと喜びをもたらず、最も素晴らしく広範囲な驚異が起きるということのようです。

次の