ガロン 装備。 【MHWアイスボーン】オドガロン亜種弱点クエスト対策装備攻略【モンハンワールドアイスボーン(MHWI)初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

【MHWアイスボーン】オドガロン弱点クエスト対策装備攻略【モンハンワールドアイスボーン(MHWI)初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

ガロン 装備

どちらを作るかは皆さんにお任せします。 攻略状況や手持ちの装飾品と相談して作る防具を決めてください。 それではさっそく見ていきましょう! EXガロンシリーズ オドガロンの素材で作成できる防具「 EXガロンシリーズ」です。 アイスボーンで上方修正された「 見切り」スキルが最初から付いているので使いやすく、シリーズスキルの「 剛刃研磨」と「 砥石使用高速化」の組み合わせも強力。 主に剣士で「手数の多い武器」を扱っている人にオススメの防具です。 しかし、「 氷耐性」が-15と低いのが難点です。 「氷属性」の攻撃をするモンスターには注意しておきましょう。 EXディノシリーズ ディノバルドの素材で作成できる防具「 EXディノシリーズ」です。 シリーズスキルの「 渾身・極意」が非常に強力!「渾身」スキルのレベル上限が5まで上がり、スタミナが満タンの時に即座に効果を発揮します。 下方修正される前の「渾身」スキルと同じように扱うことが可能となり、武器の種類によっては常に会心率を40%保つことができる強力なスキルです。 「集中」と「匠」スキルも魅力的。 「 大剣」や「 太刀」を使う人にオススメの防具です。 EXガンキンシリーズ ウラガンキンの素材で作成できる防具「 EXガンキンシリーズ」です。 シリーズスキルの「 ガード強化」と「 ガード性能」の組み合わせが強力! 「ひるみ軽減」と「攻めの守勢」まで備わっている優秀な装備です。 「 ランス」や「 ガンランス」を使う人は、もはやお馴染みの装備でしょう。 盾持ちの人はとりあえず「ガンキンシリーズ」を作っておけば良いと言われるくらいです。 EXディアボロシリーズ ディアボロスの素材で作成できる防具「 EXディアボロシリーズ」です。 シリーズスキルの「 KO術・極意」で「KO術」スキルのレベル上限を5まで解放することができます。 「 ランナー」スキルも付いているので「 ハンマー」を使う人にオススメの防具です。 「 火事場力」はアイスボーンでスキルの内容が少し変更されました。 レベル5では、体力が減っている状態の時に攻撃力が1. 15倍になり、防御力が100上がります。 生存スキルとして使うこともできます。 上手く活用しましょう! EXナルガシリーズ ナルガクルガの素材で作成できる防具「 EXナルガシリーズ」です。 「 回避性能」と「 スタミナ急速回復」のスキルがあるので「 弓」を使う人に向いている装備です。 様々な武器種に対応できる万能装備なので作っておいて損はないでしょう! まとめ 以上、ストーリー中盤で役立つシリーズ装備の紹介でした! ストーリー中盤まで進めれば、自分が使用する武器に合わせてスキル構成を考えれるだけの装備が出てきます。 自分に合った防具を作りましょう! この先登場するモンスターは強敵だらけです。 イヴェルカーナと戦う前にしっかりと装備を整えておくことをオススメします。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

ガロンαシリーズ

ガロン 装備

オドガロン装備の素晴らしいところは何と言っても「胴」と「脚」のデザインです。 胴と脚を組み合わせることで、全体的に統一感が出て非常にカッコ良くなるのがオドガロン装備の魅力。 ガロン装備一式で統一しても充分にかっこいいのですが、腰と腕をテルマエ装備に変えることでよりスタイリッシュな恰好に仕上げることができます。 邪魔なガロン腰装備の帯も消えるので、後ろからの眺めも素晴らしい。 テルマエの腰装備ってやっぱり最強ですね。 忍と侍を合わせたような恰好をイメージ。 「鎧武者・腕」が予想以上にガロン装備の雰囲気と合っていたので採用。 頭装備は忍や侍のイメージと合うように「暁ノ武士【寂】・頭」の鉢巻を装備してみました。 「和風」みたいな感じが出ていて結構気に入っています。 まさに「侍」といった感じの恰好です。 重ね着装備ではありませんが、ラージャンの頭装備「EX金色ノ添髪」などの和風な防具と組み合わせると、また違った雰囲気を楽しむことができます。 色々と試してみてください。 マスターランク装備の重ね着については検討中とのこと。 皆大好き「 キリン装備」の重ね着実装は来年に持ち越しです。 早くキリン装備の重ね着を実装してくれぇぇぇ~! まとめ 以上、オドガロン装備のおすすめ重ね着コーデの紹介でした。 やっぱり良いですよねガロン装備! マルチでもたまにガロン装備の重ね着を着ている同士達を見かけます。 救難で全く同じ格好の人と出会ったときは驚きましたけども..。 皆考えることは同じということですね! もっと多くの人にガロン装備の魅力が伝わればと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。 他にも重ね着について紹介している記事があるので参考にしてみてください。

次の

ガロンαシリーズ

ガロン 装備

装備 トビカガチの防具一式で挑みます。 スキルも充実しており体術や回避距離UPは双剣との相性も良いです。 防御力も高いのでオドガロンの攻撃で、即キャンプ送りになる事も少ないと思いますが油断は禁物です。 カガチメイルの生産に 「 翼竜の皮」が2個必要で少し面倒ですが、 古代樹の森か 大蟻塚の荒地で メルノスを狩猟する事で入手可能です。 メルノス狩猟の際はヘビーボウガンが効率的に狩猟する事ができます。 持ち物については、オドガロンの連続攻撃が強力なの で回復薬を多めに持ち込みます。 大タル爆弾や罠も持ち込むと有利に立ち回る事ができます。 また、 裂傷状態を解除する為の アステラジャーキーは支給品で対応可能です。 特殊装具については、 隠れ身の装衣(かくれみのいでたち)を装備します。 オドガロンの攻撃で大ダメージを受けた場合、身を隠して回復する事が可能です。 オトモについては初期状態で問題ありませんが、防御力の高い防具を装備させておいても良いと思います。 攻略方法 食事を行い支給品を取り出したら、指示に従いストーリーを進めるとオドガロンの狩猟クエストが開始されます。 オドガロンが現れたら先制攻撃を行います。 鬼人連続斬り中に咆哮されるので即座に回避行動に移ります。 立ち回りは、オドガロンの攻撃後に 後脚に 鬼人連続斬りを1回行い回避を繰り返します。 鬼人状態でオドガロンに近づき連続斬りを行うと、隙が少なく攻撃可能です。 各部位の耐久性は低く簡単に部位破壊することが可能です。 オドガロンが疲労状態になったら、弱点に 鬼人連続斬りを2〜3回行い回避します。 オドガロンは疲労状態になり易いモンスターなので、疲労状態を待って攻撃を行っても時間は掛かりますが狩猟可能だと思います。 裂傷状態に陥った時は アステラジャーキーで裂傷状態を解除します。 頻繁に裂傷状態に陥る場合は少し攻め過ぎかもしれません。 乗り攻撃も行い1回は乗りダウンを奪います。 初回は2回程度の乗り攻撃でオドガロンに乗ることが出来ます。 モンスター同士が争い始めたら無理に攻撃を行わずに、 隠れ身の装衣(かくれみのいでたち)を装備して見守ります。 無理に参戦するとオドガロンの連続攻撃に巻き込まれる危険があります。 疲労時とダウン中以外はオドガロンの攻撃を避ける事に専念していましたが、手数の割に20分程度で狩猟する事が出来ました。 まとめ オドガロンの動きに慣れるまでは素早い動きと連続攻撃に苦戦しましたが、予想以上にオドガロンの体力が少ないので、疲労時とダウン時の攻撃がメインでも狩猟可能でした。 慣れるとトビカガチと同様に狩り易いモンスターかもしれません。 また、瘴気(しょうき)はスリンガー松明弾を瘴気に打ち込み吹き飛ばす事が可能ですが、エリアダメージは少量なので下位クエストでは対策の必要は無い感じです。

次の