ザファブル エロい。 岡田准一「ヤバイ」と猛ツッコミ!山本美月が「脱がせたあと、すごい優しい…」

ザ・ファブルとか言う漫画

ザファブル エロい

ザ・ファブル 感想・レビュー 16件 ざふぁぶる• 上映終了• レビュー• 総合評価 3. 75点、「ザ・ファブル」を見た方の感想・レビュー情報です。 投稿はから受け付けております。 星マイナス1の理由として、自分は血は平気だけど今にも殺される人の描写が苦手で任侠モノも好きでないので見ていてしんどい場面は結構あり、小さい子供には見せたくない映画。 R指定するべき。 役者さんが皆とても良かった。 岡田くんや木村文乃さんの大阪行く前の背景をもっと見たい気持ちはあるが、2時間に収めるなら無駄もなくまとまっていると思う。 観賞後は、安田さんと柳楽さんの関係が印象に残る。 [クリックで本文表示] レンタルで見た。 面白かったけど予告とは全然違うね。 アクションコメディだと思っていたけど任侠風味が強くて、舎弟愛ていうか命の絆っていうか、見終わった時の感情は「しんみり」。 序盤の血の海は想定外で、子どもと見なくてよかった~が第一印象。 安田顕と柳楽優也がストーリーの主役と思った。 岡田准一が傍観者として揺らがないからカッコいいけど、感情移入は難しい。 佐藤浩市と絡むと人生に思い馳せて深い、けどさらに安田顕と絡んで深い。 ここで鼻血を出す!はい出た!のあたりでやっぱこれコメディだなここからドッカンドッカンと思ったけど騙された。 その後は笑うとこはない。 さらに、笑えるシーンもあり、その時は、劇場も笑いに包まれていました。 悪い所 小学校高学年なら少しは慣れてるかな?でも高学年ぐらいでもちょいキツイかな?と思うぐらいのグロが含まれています。 R指定がかかっていない作品ですが、小さいお子様にはあまり適していないと思います。 pg12の作品だと思い観賞するのが賢明です。 そのため星をひとつ減らさしていただきました。 迫力あるし上手でした。 テンポよくすっきり感のある映画でした。 安定の出演者たちです。 原作ファンは間違いなく楽しめる作品。 原作知らない人も絶対楽しめますので騙されたと思って観てください😃 P. 原作を知らないからかもしれませんが、純粋に楽しめる日本のアクション映画だったです。 暴力的なシーンはありますが、中学1年の息子と家族で楽しめました。 次回作あったら、ぜひ見たいです。 [クリックで本文表示] テレビでの宣伝活動で、ギャグありとか、殺さないで一年を過ごそうとする話と言っていたので、久々に岡田くんのアクションが観たくて観に行ったが… 6年の息子を誘った為、こちらでR指定やPG指定が無いのを確認したが、失敗だった。 あれでPG指定さえ無いなんてダメでしょ。 息子を退出させた方が良いと序盤で判断し、本人も出たがった為に退出した。 ほぼ観てない。 お金を返して欲しいくらい。 あんなに血が出まくると思わなかったので私も途中目を逸らし耳を塞いだ。 そういうのが大丈夫な人には、アクションも流石なので楽しいかも。 山本美月の演技にはげんなりしたけど。 [クリックで本文表示] 最強の殺し屋ファブルは居なかった。 ファブルこと佐藤の強さを岡田さんがどう演じるか期待したけど、原作では散歩のようと言っていた同業者相手に互角の戦いで伝説の殺し屋感が全くなく全体的に中途半端だった。 私は、続編があってもいいと思います。 あったら見たいなと思います。 あと、山本美月さんがエロい。 (笑)と思いました。 どこか、日本的なお笑いのエッセンス。 もう少し、キャラクターの背景が描かれているとよかったと思う。 その辺は物足りない。 ただ、作品で登場する俳優皆さんが、とっても、ハマっていた。 テレビやCMなどで拝見する限りイマイチだったのにこの作品では、演技力も光っている。 現場の力、監督の力量を感じる。 ただ、編集の都合か、キャラクターの描かれ方があっさりし過ぎて、原作を知ってれば、いいけど、初めての人には、多少、うぅん?ともなる。 作品としては予想外に期待以上に良かった。 岡田君はもちろん美月ちゃんや文乃ちゃんも役にピッタリでした!わざとなのかもしれませんが、ヤクザのみなさんのチーマー感が鬱陶しかったです(笑) P. 原作未読でしたが読んでもう一度観たくなった。 ただ本編ではなく予告で誤解されている様な(自分もそうでした)。 ロゴが安っぽいし。 実際はいい具合にクールです。 キャストの派手さ以上に楽しませてくれました。 良いです。  ̄;)。 向井理さんと安田顕さんはよかった。 柳楽くんは演技はうまいけど役がイマイチすぎて勿体なかったなー。 [クリックで本文表示] だいぶ本編削られすぎて面白くない。 見所なんて岡田のアクションと佐藤二郎の存在感だけで、あとはただの叫んでるだけの極悪商会の寄せ集め演技。 その岡田の演技も前半は良いが、後々が胡散臭すぎて最後の方は面白くない。 ジャッカル富岡はもっと推して良かったはず。

次の

岡田准一主演、映画『ザ・ファブル』Blu

ザファブル エロい

その暴力の匂いに惹かれてか、身の回りで様々なトラブルが発生する。 ファブルの存在を疑う真黒組の若頭、出所したての跳ねっ返りなヤクザ、伝説の殺し屋に憧れる若手ヤクザ、同業者の殺し屋、興信所を騙った組織犯罪者、野生のクマなどなどが繰り広げるトラブルを避けたり介入したりしながら、果たしてファブルは1年間誰も殺さず無事に生活することができるのか。 魅力的な暴力描写 『ザ・ファブル』で決定的にうまいのは、主人公ファブルのキャラクター造形、そしてそれに対するリミッターの掛け方だ。 しかし彼は殺し屋業の上司であるボスから「 絶対に誰も殺さず、平穏無事に過ごせ。 武器も携帯するな」と言われている。 また同時にストーリー上の様々な制約から、作中でフルパワーを発揮することはできない。 暴力描写に関して言えば、南の描く素手の喧嘩は非常に魅力的(という言い方もおかしいが)だ。 いわゆるヤンキー漫画的なファンタジックな殴り合いではなく、「 いいところに数発入ると人間は動くことができなくなる」という生々しさがある。 1発か2発で敵を倒してしまう。 日常と地続きの暴力は、怖いけど面白い 加えて、南勝久ならではの 絶妙に間の抜けた日常描写が冴え渡っている。 南は『ナニワトモアレ』シリーズでも、死人が出るような大阪環状線での暴走行為や生々しい喧嘩を描いた直後に、登場人物たちがひたすら下ネタの冗談を言っているだけの回を挟むというトリッキーな構成で「 暴走も喧嘩も下ネタも全て日常」という環状族のリアルな生態を描き出していた。 『ザ・ファブル』でもその手腕は健在。

次の

映画『ザ・ファブル』のあらすじとフル動画を無料で視る方法とみどころについて紹介します!【岡田准一主演映画】

ザファブル エロい

ファイトコレオグラファーのアラン・フィグラルツは「ボーン・アイデンティティー」や「96時間」シリーズなど、リアリティー重視のスピーディーでタフな格闘アクションの振付で活躍してきた人。 「図書館戦争」などでアクションのセンスを見せてきた岡田准一も、フィグラルツの振付でさらに才能を伸ばした、そんな印象を受けるシーンの連続だ。 原作は未読だが、凄腕の殺し屋なのに日常生活に不慣れで世間知らず、というコミカルな設定が楽しい。 チンピラに敢えて殴らせる場面など、アキラの心の声(思考)を添えつつスローモーションで殴られゆがむ顔(当然CGで加工している)をとらえる映像が爆笑を誘う。 福士蒼汰も大きな体躯を駆使して、好敵手ぶりを発揮していた。 共演陣も豪華だが、顔見世程度で終わってしまう人が多く、ちょっともったいない気も。 安田顕のやくざ者の熱演には胸を打たれた。 ファブルの壮絶な成長期の様子や、殺し屋として容赦なく殺したりと、決して楽しい内容ではないはずなのに面白い。 漫画が原作だからありえない話もありなわけで、あまりにも簡単に人が殺されてしまうところはちょっと我慢して😞笑い処がいっぱいで面白い。 程々にアクションもあり、楽しめる映画🎬だった。 岡田准一の一拍おいたバカ笑いや、チョー猫舌なところ、スッポンポンで筋トレしてたのも笑えた🤣木村文乃も今までにないイメージだったし、福士蒼汰の悪役も新鮮だった。 アレを噛み砕けるとはなんと強靭な歯、というか顎なんだ😳内臓に刺さらねばいいが💦 ずーっと気になっていたけど、邦画に対するネガティブなイメージから 劇場では観ず、今になって鑑賞したところ、、、面白いやん!です。 原作は少しだけしか読んでいないので、変に思い入れを持たずに鑑賞できました。 岡田氏が計算ずくで殴られて鼻血出して泣いたり、裸で筋トレしたり、元(?)アイドルとは思えない役者っぷりで心底見直しました。 ファンの方はどう思うのか分からないけど、あれだけ変態役をやってもカッコいいんだからホントイケメンやなって感じです。 他の役者さん達もいい味出してて良かったなぁ。 若手イケメン達も自分にとってはいい塩梅でした。 普段綺麗な役で見かけることが多いので、たまにはこんな役もいいのでは? ヤクザ世界の描写があれでよいのか分からないけど、あんまり色濃いのも苦手なので、ちょうど良い匙加減だったのではないかと。。 もう少しファブルの日常を観てみたい。 続編があったら劇場でみます。 WOWOWにて、原作未読で視聴。 テーマは「『普通』は人によって異なる」。 アクションの動きは良い意味で日本映画ぽくなく、かといってハリウッド映画のように過剰過ぎない演出。 また、ストーリーは複雑ではなくシンプルなので、単純に観ていて面白い。 柳楽優弥さんの演技は好きだなぁ。 憎めない馬鹿…を通り越してしまっているが、ファブルに助けられている状況でも「自分」を持っている面白い人間で、雰囲気が出ていた。 木村文乃さんも非常に可愛らしい。 ハイテンションな演技は珍しいが、派手な役柄も合っている。 単純とは言っても原作がある作品なので、一つ一つの演出の意味を考えてみると奥深くもある。 感覚研ぎ澄ますための猫舌なら、毒とかすぐ分かるんだろうなぁ、匂いにも敏感なのかな?とか、マンガだと大自然グルメ トカゲや虫など の紹介ももっとあるのかな?とか。 でも山で暮していたなら寝るときは防御しそうだが、裸なのはどうなんだろう…。 ただ後半のアクションシーンでは、あまりにも密集し過ぎて動きが分かりづらく、皆銃を撃たないのでファブルの強さも微妙に感じてしまう。 逆に福士蒼汰さんとの戦闘では、あれだけ撃って跳弾しないのか気になる。 内容もほぼ互角の勝負で、福士蒼汰さんが強いのか?ファブルが思ったより強くないのか? 後半以外は十分楽しめた。 2年に一回ぐらいは観たい。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作のファンで映画化した作品を観ました。 オープニングの戦闘での映像でオッ!これは!と思いましたが、それがピーク。 で、ダラダラとラストまでクソ長い下り坂。 無駄に俳優を並べた結果、ファブル以外にもいちいち見せ場を作るハメになり、どのキャラクターも中途半端な結果に。 そしてヨウコもミサキも全然魅力的で無い。 ダラダラとした設定説明がひたすら長く、肝心の戦闘シーンがわずかしかない。 メインのゴミ処理場での戦闘は三流ドタバタコメディのようで緊張感なく本当にしょうもなかった。 ヤクザ多過ぎるわ。 ほんとにジャッキーチェンかよ。 盾にしてた扉、穴空いとるがな。 小島のキャラ設定メチャクチャか。 まぁ原作映画化の典型的な失敗例でした。 オープニングの戦闘のカッコ良さは何だったのか、今でも疑問です。 あとエンドロールの選曲センスなさ過ぎるわ。 私が原作者なら怒ります。 とても面白かった。 全体的に『ジョン・ウィック』のコメディ作品みたいな印象。 色々とツッコミどころはあるけれど、カッコイイ銃アクションと岡田くんのコメディのバランスがよく、最初から最後まで楽しめる内容だった。 日本映画でここまで面白いアクション映画が撮れるのか!という感動をしたぐらい。 特に、ゴミ処理場で押し寄せてくる敵を銃を巧みに扱いながら、一人一人倒していく岡田くんの手さばきがとてもかっこよかった。 岡田くんのたたずまいからして只者では無い感じがして、この役作りはスゴイ! 柳楽優弥くんの怪演もなかなか良かった。 最近こういった悪役が多い気がするけど、ハマってきたね。 木村文乃の妖艶なキャラは格別に良かった。 ぶっちゃけ、好きです。 ネタバレ! クリックして本文を読む おもしろかった!アクションあり、シュールな笑いあり、任侠あり! 隣の席におじさんが座っていたんだが、岡田准一が壁を登った瞬間「おお…」と唸っていたのがいちばんおもしろかった。 笑 血の演出が苦手なので序盤は個人的にウッとなったが、そこを乗り越えればあとはどうってことなかった。 後半では「ゴミ処理場を所持しているヤクザは最強だな」と思った。 笑 役者もよかった! 向井理、意外や意外。 すごく似合ってた。 柳楽優弥はハマり役すぎた。 ラストもよかった。 福士蒼汰、演技が若干浮いてた感否めないが、ファンが見たら咽び泣きそうな仕上がり。 正統派イケメンのような役が多そうなので、これは貴重なのではと感じた。 岡田准一は文句なし。 本当にすごいね。 演技もできてスタントもできて。 すごい。 すごいんだけど。。。 あまりに役者しすぎてて、君は本当にアイドルかい?と聞きたくなるよ。 笑 ネタバレ! クリックして本文を読む おもしろいコメディアクション映画。 ほんとーに特に何も考えずに2時間観れました。 柳楽さんのクレイジーな男なのに、ヤスケンさんの前でだけは弟感がしっかり滲み出ていて。 最後に殺されてしまうシーンは悲しかったな、、、 ヤスケンさんはとにかく存在が。 怖いヤクザの兄貴で、真面目で、強面なのに、どこかにユーモアが出てしまってて。 すばらしいですね。 もっともっと、他の作品が見たくなりました。 イケメンってのはどんな役をやってもイケメンなんですよね、、、それが惜しい。 もっともっとイケメンを崩せるような役に積極的に挑んでほしい。 タッパがあるだけにスーツきててもセクシーでカッコ良すぎるんだもん、、、 とにかくエンターテイメントでした。 それを裏切らなかった。 大好きな俳優人でビシッと仕上がり大変満足。 主演の岡田准一さんはSPばりのアクションをしっかりこなし、見せ場たっぷり。 木村文乃さんの脳天気ぶりはかわいいの一言に尽きる。 そのくせ強いという期待通りのキャラ設定。 柳楽優弥さんは、クソつまらなかったディストラクションベイビーズのキャラそのままで臨んだ感じでした。 東京でファブルと呼ばれる都市伝説的な完璧な殺し屋が大阪で普通の生活を一年過ごすというミッション。 舞台は大阪だ。 さて、出演者達は関西弁を見事に話せるか。 これは私の評する最大ポイント。 プロフ通り 違和感出るとこの映画は丸潰れだ。 最後に。 どうして完璧な殺し屋に育てたのに普通の生活させて勘を鈍らせようとボスの佐藤浩市は仕向けたのか? これだけが分からなかった。

次の