モグラ イラスト。 モグラ

クルテク Krtek チェコから生まれた癒しのキャラクター

モグラ イラスト

分布 [ ] 、、 南半球では確認されていない。 では、 鼴、 鼴鼠、 鼢、 鼢鼠。 また、学名「 鼢」はの(モグラネズミ属 Myospalax)を指す。 形態 [ ] では体長18 - 21. 5センチメートル、尾長17 - 21. 5センチメートル。 シナヒミズでは体長6. 3 - 9センチメートル、尾長2. 6 - 4. 5センチメートル。 体型は細長く、円筒形。 モグラ類は短い体毛、ヒミズ類は粗い体毛と下毛、デスマン類は防水性の密な下毛と油質の上毛で被われる。 眼は小型で体毛に埋まり、チチュウカイモグラなどのように皮膚に埋もれる種もいる。 明度はわかるものの、視覚はほとんど発達しない。 ヒミズ類の一部を除き耳介はない。 鼻面は長く管状で、下唇よりも突出する。 鼻面には触毛を除いて体毛はなく、ホシバナモグラでは吻端に肉質の突起がある。 モグラ類は前肢が外側をむき大型かつほぼ円形で、5本の爪があり土を掘るのに適している。 これらは地下で穴を掘って暮らすための適応と考えられる。 また、前足は下ではなく横を向いているため、地上ではあまりうまく扱えない。 デスマン類では前肢の指に半分ほど、後肢の趾の間には水かきがあり指趾に剛毛が生え水をかくのに適している。 全身が細かい毛で覆われ、鼻先だけが露出している。 触覚が発達し、鼻面や尾などに触毛がある。 陰茎は後方に向かい、陰嚢がない。 分類 [ ] 以前は食虫目Incectivora(無盲腸目、モグラ目)に分類されていた。 分子系統学的解析から食虫目を・トガリネズミ形目Soricomorpha・ハリネズミ形目Erinaceomorphaに分割する説が提唱され、本科はそのうちトガリネズミ形目に分類する説が提唱されたこともある。 以下の分類・英名はMSW3 Hutterer, 2005)に従い、和名は川田ら 2018)に従う。 ホシバナモグラ族 Condylurini• ホシバナモグラ属 Condylura• Condylura cristata• アメリカモグラ族 Scalopini• モグラヒミズ属 Parascalops• Parascalops breweri• トウブモグラ属 Scalopus• Scalopus aquaticus• カンスーヒミズ属 Scapanulus• Scalopus oweni• Scapanus latimanus• Scapanus orarius• Scapanus townsendii• デスマン族 Desmanini• ロシアデスマン属 Desmana• Desmana moschata• ピレネーデスマン属 Galemys• Galemys pyrenaicus• アメリカヒミズ族 Neurotrichini• アメリカヒミズ属 Neurotrichus• Neurotrichus gibbsii• シナヒミズ族 Scaptonychini• シナヒミズ属 Scaptonyx• Scaptonyx fusicaudus• モグラ族 Talpini• Euroscaptor grandis• Euroscaptor klossi• Euroscaptor longirostris• Euroscaptor micrura• Euroscaptor mizura• Euroscaptor parvidens• Mogera etigo• Mogera imaizumii• Mogera insularis• Mogera tokudae• Mogera uchidai• Mogera wogura• アッサムモグラ属 Parascaptor• Parascaptor leucura• ニオイモグラ属 Scaptochirus• Scaptochirus moschatus• Talpa altaica• Talpa caeca• Talpa caucasica• Talpa europaea• Talpa davidiana• Talpa levantis• Talpa occidentalis• Talpa romana• Talpa stankovici• Urotrichini族• Dymecodon ヒメヒミズ属• Dymecodon pilirostris• Urotrichus ヒミズ属• Urotrichus talpoides• ミミヒミズ亜科 Uropsilinae• Uropsilus andersoni• Uropsilus gracilis• Uropsilus investigator• Uropsilus soricipes 生態 [ ] 主に森林や草原の地中に生息するが、デスマン類は水生で河川や湖に生息する。 単独で生活し、それぞれの個体が縄張りを形成する。 ホシバナモグラは冬季に雌雄が一緒に生活することもある。 主に周日行性で1日に複数回の活動周期がある種が多いが、デスマン類は夜行性傾向が強い。 主に昆虫、ミミズなどを食べる。 デスマン類は魚類や両生類などの大型の獲物も捕食する。 食物を蓄えることもある。 年に1回だけ2 - 7頭(例としてヨーロッパモグラはイギリスで平均3. 7頭、ロシアで5. 7頭)の幼獣を産む。 多くのモグラは地下にトンネルを掘ってその中で生活する。 モグラが地表付近にトンネルを掘ったときに、その土が地表を押し上げられて盛り上がった跡を「モグラ塚」という。 ただし、ヒミズのように地表で落ち葉の下に浅い溝を掘り生活している種もある。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年3月) 地中に棲むやの幼虫を主な食物としている。 多くの種に見られる狩猟法は、一定の範囲内に掘られたトンネルに偶然引っかかってトンネル内に落下してきた獲物を感知・採取するという方法である。 そのため、モグラのトンネルは巣であるのと同時に狩猟用の罠となっている。 モグラが地上で死んでいる例が時々見られ、「太陽に当たって死んだ」とされ、モグラは日光に当たると死ぬと言われてきたが、それは誤りである。 モグラは普段地中に住み、地上はめったに出てこないため「太陽に当たって死んだ」と誤解されたのだろう。 実際にはモグラはしばしば昼間でも地上に現われるが、人間が気付かないだけである。 死んでいるのは、仲間との争いで地上に追い出されて餓死したものと考えられる。 モグラは光を認識しないため、明るいところで飼育することも可能である。 実際、モグラは非常な大食漢で、胃の中に12時間以上食物が無いと餓死してしまう。 この特性を知らないでモグラを飼い、餌を与えきれずに死なせてしまうことが少なくない。 なお、餌が手に入らなかった場合の対策として、唾液に成分が含まれており、それによって獲物を噛んで仮死状態にして巣に貯蔵しておくという習性を持つものが存在する。 地中での生活が主であるが実は泳ぎが上手く、移動中やむなく水辺に当たった場合などは泳いで移動をする。 日本のモグラ [ ] アズマモグラ(日本) 日本には4属7種のモグラ類が生息し、さらに複数の亜種に分けられているが、遺伝子研究では4種(西日本がコウベモグラ、東日本がアズマモグラが大半を占め、佐渡固有種のサドモグラ、新潟平野固有種のエチゴモグラ)とその分岐種に絞られている [ ]。 分類には異説もある。 すべての種が日本とされる。 を除くほぼ全国で、都市部以外では人家周辺でも普通に「モグラ塚」が見られる。 たとえば、都心の孤立した緑地であるでも、にアズマモグラが生息している。 とは森林の落ち葉や腐食層の下で暮らすが、動きが素早く、しばしば地上にも現れる半地中生活者である。 2属5種の真性モグラ類のうち、はに、は主にに広く分布する。 両者のの境界線はにあるが、やや大型のコウベモグラが少しずつ東側に生息域を広げつつある。 これは、先に大陸から移入したアズマモグラが日本全土に生息域を広げたあとに、新たに大陸から移入してきたコウベモグラが東進しているためともいわれる。 一方、アズマモグラ以前の先住者といわれる、などは生息域が減少し、山地などにするようになってきており、それぞれに程度の差はあるものの、絶滅が危惧されている。 ヒメヒミズ属 Dymecodon• pilirostris 【本州・四国・九州、日本固有種】 頭胴長70-84ミリと、非常に小型。 外形はモグラとトガリネズミの中間。 ヒミズと競合する生息域では個体数が減少する傾向にあり、主にヒミズの進出し難い標高の高い岩礫地に生息する。 はっきりしたトンネルは掘らず、落ち葉の下などで単独で生活する。 本種のみでヒメヒミズ属を構成する。 ヒミズ属 Urotrichus• talpoides 【本州・四国・九州・淡路島・小豆島・対馬・隠岐など、日本固有種】 落ち葉や腐食層に浅いトンネルを掘り、夜間には地表も歩き回る、半地下性の生活を営む。 対馬の個体群を亜種として U. adversus とすることもある。 本種のみでヒミズ属を構成する。 Euroscaptor• mizura 【本州(青森県-広島県)、日本固有種】 本州からしか発見されておらず、生息数は少ない。 生息域によってヒワミズラモグラ、フジミズラモグラ、シナノミズラモグラの3亜種に分ける説もあり、これらがそれぞれ 準絶滅危惧(NT)()に指定されている。 Mogera(Moguraの読み間違いで記載されている)• imaizumii Mogera wogura 【本州(中部以北のほか、紀伊半島、広島県などに孤立小個体群)・四国(剣山・石鎚山)・小豆島・粟島(新潟県)、日本固有種】 主に東日本に分布する日本固有種。 山地に棲む小型のものがコモグラ M. minor として亜種とされることもある。 wogura 【本州(中部以南)・対馬・種子島・屋久島・隠岐など】 西日本に生息する大型種で、アジア大陸に近縁種が分布している。 屋久島と種子島に生息する小型のものをヤクシマモグラ M. kanai として亜種とする説もある。 tokudae 【本州(越後平野)・佐渡島、日本固有種、 準絶滅危惧(NT)()】 越後平野の個体群は、佐渡島のものよりやや大型で、 M. etigo として別種とする説もあるが、サドモグラの亜種 M. etigo とされることが多い。 農業基盤整備事業等による環境の改変のため、越後平野の主要な生息地が大型モグラの生息に不利な環境となり、小型種のアズマモグラが侵入するとともに、エチゴモグラは分布域を縮小しつつある。 エチゴモグラは 絶滅危惧IB類 EN ()に指定されている。 uchidai 【尖閣諸島、日本固有種、 絶滅危惧IA類 CR ()】 採取、新種認定。 標本は、亜熱帯のに属する約4平方キロメートルの島、の、海岸近くの草地で捕獲されたメスの1体のみ。 生息数は非常に少ないと考えられるが、1978年に魚釣島に持ち込まれたヤギの大増殖による環境破壊のために、存続が危ぶまれている。 発見当初は Nesoscaptor 属を作り Nesoscaptor uchidai として1属1種とされたが、現在は Mogera 属に含める説が有力である。 日本以外のモグラ [ ]• ホシバナモグラ属 Condylura• () C. cristata (英名 star-nosed mole) に生息。 鼻の先端に左右あわせ22本の突起が放射状に配置している。 の一次体性感覚野には左右それぞれ11本の鼻の突起に対応した体性感覚地図がある。 本種のみでホシバナモグラ属を構成する。 ロシアデスマン属 Desmana• moschata 水生生活に適応したモグラ。 体長18-21. 5cmとモグラ科で最も大きい。 本種のみでロシアデスマン属を構成する。 ピレネーデスマン属 Galemys• pyrenaicus 北部、南部、北部に生息する。 本種のみでピレネーデスマン属を構成する。 アメリカヒミズ属 Neurotrichus• gibbsii に生息する。 本種のみでアメリカヒミズ属を構成する。 Scapanus• aquaticus、 S. townsendi など に生息する。 Talpa• europaea など に広く生息する。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年10月) 日本では、古くはモグラのことを「うころもち」(宇古呂毛知:『本草和名』)と呼んでいた。 また、江戸時代あたりでは「むくらもち」もしくは「もぐらもち」と呼んでいた。 なお、モグラを漢字で「土龍」と記すが、これは本来のことであり(そのことはでも確認できる)、近世以降に漢字の誤用があり、そのまま定着してしまったと考えられる。 日本各地でには、「烏追い」と並んで(もぐらおい)・土龍送り(もぐらおくり)・ (もぐらうち)などと呼ばれる「農作物を害するモグラを追い出し、を祈る」が行われ、そのの子どもたちが集まり、唄を歌いながら、を巻きつけた竹竿などで地面を叩き練り歩くものである。 現代では農地だけでなく、庭園などの芝地やにおける存在そのものが忌避され、種々の策が講じられるとして扱われている。 柔らかく、上質の光沢をもつモグラのは重宝され、20世紀に入るまで、乗馬用ズボンやコートなど、さまざまな用途に用いられてきた。 モグラの黒焼きは土龍霜と呼ばれ、日本でも民間薬として使われてきた。 強壮作用、興奮作用、排膿作用があるとされる。 『』の 鼴鼠(ウクロモチ、モグラのこと)の項に、「肉ヲ焼テ癰疽諸瘻ヲ治スト云ウ」、つまりはオデキや痔などの化膿したものを治すと、本草綱目から引用している。 また、(とは別)から、土龍霜を配合した「ユリアン」というの治療薬が発売されている。 雑学 [ ]• は著書『動物誌』で、唯一眼を持たない動物としてモグラを挙げたとされるが、実際にはを指しているとみられる。 西洋ではモグラは盲目の象徴とされる。 では神の光に盲目な、キリスト教に改宗しない者の隠喩として用いられる [ ]。 この寓意においてモグラと対置されるのは、何でも見通す眼力を有すると考えられたリンクス()である。 モグラのすみかの近くには必ずある特定のが生えている。 これはモグラの糞尿の分解によって生じる高濃度ののによる相の攪乱に乗じて繁殖するいわゆると呼ばれるキノコの一種で、という性のである。 そのキノコの下を掘ってみるとモグラの巣のトイレがある。 つまり、モグラの巣の中にはトイレの部屋があることが、このキノコの存在で分かる。 近縁のはモグラの排泄場所以外の動物の死体などに起因するアンモニア攪乱箇所に発生するし、はモグラの巣からも発生するが動物の死体の埋葬場所やの巣の跡でも発生するように生息場所はモグラの巣に限定されないが、ナガエノスギタケの発生はモグラの巣にほぼ限られる。 モグラの名で呼ばれるもの• 地下道やのことを「モグラ」と揶揄することもあり、は「モグラ電車」だと呼ばれたこともあった。 他に、のはトンネル内にあるため「日本一のモグラ駅」、トンネルの多いは「モグラ新幹線」とも言われた。 は、当初愛称名としてが内定していたが、当時の東京都知事であったの意向で大江戸線に変更された。 諜報機関では、諜報組織の内通者()のことを「(英語でモグラの意)」という。 日本の漫画『』は、これを受けている。 モグラが「水の中を泳ぐように、常に地中をモコモコと掘りながら進み続ける」というのは間違ったイメージである。 実際は先祖代々、受け継がれてきた地中に張りめぐらされたトンネルを増築・改修・修理を行いながら利用を続けているというのが主な生態。 上記の「もぐらうち」があるように、畑にモグラのトンネルが現れた際にトンネルと接触した農作物の根が食害を受けることがあり、「モグラにかじられた」と言われる事があるが、これは誤りである。 モグラは動物食であるため実際に食害しているのはモグラのトンネルを利用したなどによるものである。 モグラをモチーフとした作品 [ ] モグラは・・・・などにおいてよく化される。 地下にトンネルを掘るその習性から、をかぶりや、ツルハシを手にしているなど、作業員になぞらえたデザインをされることも多い。 また、太陽の光を避けるためにを着けていることも多い。 文学 [ ]• (ヴェルナー・ホルツヴァルト(文)、ヴォルフ・エールブルッフ(絵)の絵本)• ぼく、おつきさまがほしいんだ(ジョナサン・エメット(文)、ヴァネッサ・キャバン(絵)の絵本)• 二分割幽霊綺譚(、知性を持つモグラが物語のキーとなる)• モグラが三千あつまって(武井博) アニメ [ ]• (モグラのくろちゃんが主人公。 この作品は日本初の国産テレビアニメとされている(放送))• (登場キャラクターの大半がモグラ) ゲーム [ ]• (穴から出てきたモグラをハンマーで叩くというや家庭用玩具)• (主人公のモグラが自分の妻と子供を誘拐した農夫の下へ向かう、という筋立てのコンピュータゲーム) 歌 [ ]• シャベルでホイ((作詞)、(作曲)の童謡、1953年発表)• もぐらトンネル(『』で発表された楽曲)• もぐらのおじさん 作詞 、 作曲 の童謡• もぐらのおじさん 奥野庄太郎 作詞 、 作曲 の童謡• もぐらのおじさん(歌:、の童謡「もぐらのおじさん」とダンス・ミュージックの)• モグラライク/モグラ(歌:、作詞・作曲:/ 2006年4月12日発表)• もぐらもち(混声合唱組曲「」第四楽章)• もぐらの唄(歌:)• もぐら祭り(歌:フランキー堺) SF作品 [ ]• - イギリスのテレビ番組『』に登場する架空の車両The Moleの日本での名称。 地下災害の救助活動のためで地下を掘り進む能力を持つ特殊車両。 - 作品に2度登場したロボット。 ドリルを主武装とし、地中を掘り進む能力を持つ。 画像 [ ]• , Volume 1, Don E. Reeder ed. , Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 300-311. Gorman,「モグラ, デスマン」『動物大百科 6巻 有袋類ほか』今泉吉典監修 D. マクドナルド編、平凡社、1986年、34-37頁。 本川雅治、下稲葉さやか、鈴木聡 「」『哺乳類科学』第46巻 2号、日本哺乳類学会、2006年、181-191頁。 戸田市彩湖自然学習センター. 2019年10月31日閲覧。 科学の宝箱 もっと! 人に話したくなる25の「すごい」豆知識』(TBSラジオ編、2014年)• J Comp Neurol 351 4 : 549-67. 1995. 阿部永 「ロシアデスマン」「ピレネーデスマン」「ミズラモグラ」「エチゴモグラ」「サドモグラ」「ミミヒミズ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、、2000年、132-134頁。 1998. 哺乳類科学 38 2 : 271-292. 研究社新英和中辞典など• 『CIA失敗の研究』• 富山大学野生動物保全学研究室 注釈 [ ].

次の

モグラ

モグラ イラスト

こんにちは、疲れた時はチョコレートに頼っているインターンの森です。 チョコレートってほんと素敵なものですね。 特に板チョコは重宝します。 今回ご紹介するのは気持ちをほっこり癒してくれるチェコ生まれのキャラクター「クルテク Krtek 」です。 日本ではあまり見慣れないキャラクターですが、数年前から雑貨屋などでグッズをよく見掛けるようになりました。 そんなチェコのもぐらのキャラクター、クルテク Krtek をご紹介したいとおもいます。 当時まだ創立されたばかりのアニメーションスタジオに入所。 ミレルは子供向けのアニメーションに力を注ぐようになり、その結果チェコの「国民的キャラクター」といっても過言ではない「クルテク」が誕生しました。 「もぐらとずぼん」「もぐらとじどうしゃ」という翻訳絵本が日本でも有名ですが、最近はその他のクルテクシリーズの絵本はもちろん、クルテク以外の絵本や映像作品も注目を集めています。 クルテクの絵本をきっかけに、チェコの絵本に興味を持った人も多いのではないでしょうか。 Krtek クルテク クルテクは1957年にチェコで生まれました。 仲良しのねずみ、うさぎ、森の仲間たちと楽しく暮らしています。 好奇心いっぱいのクルテクは、冒険をしたり、街におでかけしたり、映画に出演したり。 ただ、ちょっとした事ですぐ泣いちゃう、泣き虫なもぐらの男の子です。 第1話「もぐらくんとズボン」は、映画館で長編の前に上映される短編アニメとして製作されました。 その後も数年に一本というゆっくりしたペースで単発的に作られてきましたが、クルテク人気の高まりとテレビが普及した60年代末からは、チェコで毎晩放映される子ども向け番組「おやすみテレビ」の枠に登場。 続編が次々と製作されるようになりました。 このころからクルテクは子供たちに素敵な夢を与える「おやすみアニメーション」として広く親しまれてきました。 近年、日本でもクルテクの人気は高く、1967年に福音館書店から「もぐらとずぼん」が出版され、現在までロングセラー絵本となっている他、昨年末には待望のアニメーションも劇場で初公開されました。 原作者ズデネック・ミレルが描く絵画を思わせる美しい背景と、魅力的なキャラクターたち、子供の喜怒哀楽と楽器の音色で表した台詞など、いちど見たら忘れることができない、どこか懐かしく、心がなごんでしまう、クルテクは国、世代を超えてたくさんの人に愛されている作品です。 チェコアニメーションと絵本 チェコがまだ共産主義だったころ表現の自由を奪われたチェコのあらゆる分野の芸術家たちが唯一、表現の自由を許された場所が子ども向けの作品だったそうです。 彼らは、子どもたちや国の未来を思う気持ちを込めて自分たちの持つ才能と技術を惜しみなく、子ども向けアニメーションの制作に注ぎ込みました。 その思いは現代の日本のアニメーションに多く見られるような、破壊や暴力、過激な言葉に支配されたものではなく、物事の本質や自然の大切さなどを、優しく温かい表現で伝えてくれる、普遍的で平和的な内容に表れています。 チェコには、共産主義の時代から続いている「ベチェルニーチェク(おやすみアニメ)」と呼ばれるアニメ番組が、今でも毎日放送されています。 番組では、新しい作品は勿論、昔の作品も、あたり前のように再放送されています。 このように、チェコの子どもたちは、同じアニメを何度も繰り返し見ますが、良質なアニメは絵本と同様、何度見ても楽しめるものであり、いつの世代の子どもたちが観ても、新鮮に感じられるものなのです。 「世界で最初の絵本はチェコで生まれた。 」という説があるように、チェコは世界でも有数の絵本大国です。 日本でも70~80年代にかけて、約80種類のチェコの絵本が翻訳さていたのを皆様はご存知でしょうか?(残念ながら現在はそのほとんどが絶版されているようです) 4. まとめ いかがでしたでしょうか? 僕自身今まであまりチェコのアニメや絵本など詳しく知りませんでしたが、今回の記事でチェコという国が持つアニメ、絵本の文化を知る事が出来ました。 チェコの持つ独特の色彩表現、キャラクターの個性など魅力あるものばかりです。 その先頭を切って多くの人にその魅力を伝えていっているのがクルテクという存在なのかなとも思いました。 今では雑貨店などでも多く見掛けるようにもなりましたし、最近では日本のイベントでもチェコアニメを取り上げているものが多くありますので、今後もっと多くのアニメや文化が日本に入ってくるのではないかと期待しております。 以上、今回はチェコ生まれのキャラクター「クルテク」と少しですがチェコのアニメのご紹介でした。 『もぐらのクルテク』Best of Czech Animation DVD ダイジェスト.

次の

モグライラストとクリップアート。1,685 モグラロイヤリティ

モグラ イラスト

こんにちは、疲れた時はチョコレートに頼っているインターンの森です。 チョコレートってほんと素敵なものですね。 特に板チョコは重宝します。 今回ご紹介するのは気持ちをほっこり癒してくれるチェコ生まれのキャラクター「クルテク Krtek 」です。 日本ではあまり見慣れないキャラクターですが、数年前から雑貨屋などでグッズをよく見掛けるようになりました。 そんなチェコのもぐらのキャラクター、クルテク Krtek をご紹介したいとおもいます。 当時まだ創立されたばかりのアニメーションスタジオに入所。 ミレルは子供向けのアニメーションに力を注ぐようになり、その結果チェコの「国民的キャラクター」といっても過言ではない「クルテク」が誕生しました。 「もぐらとずぼん」「もぐらとじどうしゃ」という翻訳絵本が日本でも有名ですが、最近はその他のクルテクシリーズの絵本はもちろん、クルテク以外の絵本や映像作品も注目を集めています。 クルテクの絵本をきっかけに、チェコの絵本に興味を持った人も多いのではないでしょうか。 Krtek クルテク クルテクは1957年にチェコで生まれました。 仲良しのねずみ、うさぎ、森の仲間たちと楽しく暮らしています。 好奇心いっぱいのクルテクは、冒険をしたり、街におでかけしたり、映画に出演したり。 ただ、ちょっとした事ですぐ泣いちゃう、泣き虫なもぐらの男の子です。 第1話「もぐらくんとズボン」は、映画館で長編の前に上映される短編アニメとして製作されました。 その後も数年に一本というゆっくりしたペースで単発的に作られてきましたが、クルテク人気の高まりとテレビが普及した60年代末からは、チェコで毎晩放映される子ども向け番組「おやすみテレビ」の枠に登場。 続編が次々と製作されるようになりました。 このころからクルテクは子供たちに素敵な夢を与える「おやすみアニメーション」として広く親しまれてきました。 近年、日本でもクルテクの人気は高く、1967年に福音館書店から「もぐらとずぼん」が出版され、現在までロングセラー絵本となっている他、昨年末には待望のアニメーションも劇場で初公開されました。 原作者ズデネック・ミレルが描く絵画を思わせる美しい背景と、魅力的なキャラクターたち、子供の喜怒哀楽と楽器の音色で表した台詞など、いちど見たら忘れることができない、どこか懐かしく、心がなごんでしまう、クルテクは国、世代を超えてたくさんの人に愛されている作品です。 チェコアニメーションと絵本 チェコがまだ共産主義だったころ表現の自由を奪われたチェコのあらゆる分野の芸術家たちが唯一、表現の自由を許された場所が子ども向けの作品だったそうです。 彼らは、子どもたちや国の未来を思う気持ちを込めて自分たちの持つ才能と技術を惜しみなく、子ども向けアニメーションの制作に注ぎ込みました。 その思いは現代の日本のアニメーションに多く見られるような、破壊や暴力、過激な言葉に支配されたものではなく、物事の本質や自然の大切さなどを、優しく温かい表現で伝えてくれる、普遍的で平和的な内容に表れています。 チェコには、共産主義の時代から続いている「ベチェルニーチェク(おやすみアニメ)」と呼ばれるアニメ番組が、今でも毎日放送されています。 番組では、新しい作品は勿論、昔の作品も、あたり前のように再放送されています。 このように、チェコの子どもたちは、同じアニメを何度も繰り返し見ますが、良質なアニメは絵本と同様、何度見ても楽しめるものであり、いつの世代の子どもたちが観ても、新鮮に感じられるものなのです。 「世界で最初の絵本はチェコで生まれた。 」という説があるように、チェコは世界でも有数の絵本大国です。 日本でも70~80年代にかけて、約80種類のチェコの絵本が翻訳さていたのを皆様はご存知でしょうか?(残念ながら現在はそのほとんどが絶版されているようです) 4. まとめ いかがでしたでしょうか? 僕自身今まであまりチェコのアニメや絵本など詳しく知りませんでしたが、今回の記事でチェコという国が持つアニメ、絵本の文化を知る事が出来ました。 チェコの持つ独特の色彩表現、キャラクターの個性など魅力あるものばかりです。 その先頭を切って多くの人にその魅力を伝えていっているのがクルテクという存在なのかなとも思いました。 今では雑貨店などでも多く見掛けるようにもなりましたし、最近では日本のイベントでもチェコアニメを取り上げているものが多くありますので、今後もっと多くのアニメや文化が日本に入ってくるのではないかと期待しております。 以上、今回はチェコ生まれのキャラクター「クルテク」と少しですがチェコのアニメのご紹介でした。 『もぐらのクルテク』Best of Czech Animation DVD ダイジェスト.

次の