第 九 回 シンデレラ ガール 総 選挙。 ボイス総選挙!第9回シンデレラガール総選挙の結果は?優勝は誰?|ミンミンのトレンドガールズ牧場

【デレマス】第9回シンデレラガール総選挙&ボイスアイドルオーディション結果発表!…の振り返り

第 九 回 シンデレラ ガール 総 選挙

第9回シンデレラガール総選挙とは そもそもシンデレラガール総選挙をご存知でしょうか?? ニコニコ大百科によりますと… Mobageのソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」(以下「モバマス」と表記)において、毎年開催される公式投票イベント。 第7回からはスマートフォンアプリゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(以下「デレステ」と表記)との合同で開催となっている。 投票対象は開催発表時の「シンデレラガールズ」オリジナルアイドル。 モバマス内では765PRO ALLSTARS、「ディアリースターズ」オリジナルアイドル、ならびにトレーナー姉妹がプロデュース可能だが、総選挙においては投票対象外である。 また韓国版オリジナルアイドルも同様に投票対象外である。 投票総数1位に輝いたアイドルには「シンデレラガール」(シリーズ名とは異なり単数形)となり、後日同名のSRカードがモバマスのガチャに追加されるほか、アニバーサリーイベントの上位報酬といった様々な公式展開で活躍の場が与えられる。 第2回以降は上位にランクインしたアイドルにも総選挙CDデビューなどの公式展開が与えられるようになった。 また、さらに各回それぞれ異なる施策も実施される。 獲得投票数が同数だった場合は投票したプロデューサー数が多いアイドルが上位になり、プロデューサー数も同数だった場合はその票数に先になったアイドルが上位となる。 投票券はログインボーナスやイベント報酬などで無料で入手できる他、有料の特別ガチャを回したり、応援セットを購入することでも入手できる。 nicovideo. 優しいことしか取り柄のないアイドルが、1番輝ける場所へ! — ゆに uni 81Kye 予想と言うよりも皆さん自分の推しを必死にアピールされていました!! 皆さん必死ですね!!.

次の

第8回シンデレラガール総選挙とは (ダイハチカイシンデレラガールソウセンキョとは) [単語記事]

第 九 回 シンデレラ ガール 総 選挙

概要 『』内にて2019年春に実施されたイベント。 2019年4月11日に実施が発表された。 投票対象外は出身のアイドル13人、とのコラボに登場したアイドル4人、トレーナー4人 ・・・ 、アシスタントのであり、2019年からはが加わったため、投票対象は 190人である。 と同様、『アイドルマスターシンデレラガールズ 』と連動し、『デレステ』でも投票が可能。 中間発表に合わせてちひろがオススメのアイドルを診断してくれる「アイドル診断」と投票関連データ「総選挙リポート」が公開された ただしMobage版での投票のみ。 今回も投票後にで呟く機能が実装され、これに伴い一斉投票 時間やハッシュタグを指定して一斉に投票する など有志による企画が行われた。 また、投稿結果を収集して集計する『出口調査』も実施された。 選挙活動も活発に、アイドルやプロデューサーの特性を活かしたさまざまな手法で行われた。 pixivでも新作発表や再発表・期間限定公開などで二次創作も賑わいを見せ、「」など新しいジャンルも開拓された。 新アイドル追加後初の総選挙という事もあり、新アイドル周りの動向にも様々な動きがあった。 最終的に・の2名は、初の圏内ランクインと言う結果を勝ち取る事となった。 結果発表 中間発表 2019年4月26日 15:00 最終発表 2019年5月20日 12:00 特典 最終結果1位 最終結果で1位となったには、【 SR[]】としてガチャに追加される。 最終結果上位 最終結果で総合1位〜5位にランクインした5人、また・・各属性1位〜3位にランクインした9人のアイドルたちはそれぞれでユニットを組み新曲を発表、それらを収録したCDが発売される。 またユニットメンバーの中にボイス未実装のアイドルがいる場合、新たにボイスが付与される。 『デレステ』では総合1位〜5位にランクインしたアイドルによるイベントが開催され、その5人が着用可能な衣装が作成される。 第7回に続き、上位アイドルによる「デレマスチャンネル」が放送予定。 最終結果属性1位 各属性の得票数1位アイドルはSRカードがガチャに追加される。 キュート【 SR[フローラルスター]】• クール【 SR[ルミナススター]】• パッション【 SR[スパークルスター]】 また『デレステ』に後日追加される9人でのユニット曲において、各属性の得票数1位アイドル3人による特別なMVが作成される。 また 夢見りあむ・遊佐こずえ・佐城雪美・ナターリアの4人には新たにボイスが実装されることが決まった。 なお今回の本田未央のシンデレラガール就任により、の3人全員がシンデレラガールとなった。 3属性の上位3名が 全員9位以内、上位5名が 全員15位以内と拮抗する結果となった。 中間発表 全体 順位 名前 属性 1位 本田未央 Pa 2位 北条加蓮 Co 3位 夢見りあむ Pa 4位 佐城雪美 Co 5位 一ノ瀬志希 Cu 6位 佐久間まゆ Cu 7位 鷺沢文香 Co 8位 遊佐こずえ Cu 9位 ナターリア Pa 10位 緒方智絵里 Cu 属性別 順位 Cu Co Pa 1位 一ノ瀬志希 北条加蓮 本田未央 2位 佐久間まゆ 佐城雪美 夢見りあむ 3位 遊佐こずえ 鷺沢文香 ナターリア 4位 緒方智絵里 高垣楓 的場梨沙 5位 双葉杏 速水奏 高森藍子 6位 工藤忍 浅利七海 佐藤心 7位 輿水幸子 神谷奈緒 城ヶ崎美嘉 8位 宮本フレデリカ 八神マキノ 星輝子 9位 島村卯月 森久保乃々 諸星きらり 10位 今井加奈 橘ありす 小関麗奈 11位 前川みく アナスタシア 依田芳乃 12位 小日向美穂 藤原肇 久川凪 13位 池袋晶葉 松本沙理奈 相葉夕美 14位 水本ゆかり 二宮飛鳥 15位 西園寺琴歌 神崎蘭子 その後• 『デレステ』のCD販促番組「デレステNIGHT」がリニューアルされ、属性1~3位のアイドルの声優がMCとしてランダムに出演する。 上位10名は青海展示棟の天井広告に採用された。 2019年9月9日に、Mobage版にてPa1位特典の【 SR[スパークルスター]本田未央】が実装された。 こちらは初出時イベントのみ特訓後パワーが5倍、その次のイベントでは3倍に落ちた。 なお直前までシンデレラガール本田未央がパワーを発揮していた。 また例年通りであれば「アイドルプロデュース the Anniversary」での上位報酬となること、上記2種のSR両方がパワー持ちになることが予想される 特訓前後共に1. 5倍のボーナスしかないが。 2019年9月25日に、Mobage版にてCo1位特典の【 SR[ルミナススター]北条加蓮】が実装された。 属性特典は3つ全てが「ドリームリミテッドガチャ」となった。 なお、実装直後のイベントは「」であり、このイベントでは パワーが働かないため【 SR[フローラルスター]】と同様に有効イベントが1回分伸びることになる。 2019年11月30日〜12月8日に『デレステ』にて開催された「LIVE Parede」にて、総合順位上位5名による楽曲 「」の『デレステ』実装、イベントポイント報酬として専用衣装【】も実装された。 12月30日に「デレスポ」にて3Dコミュ「Under the Starry Sky」が実装された。 内容としてはライブ本番中の舞台裏をP目線で見るもの。 2020年1月1日〜1月8日に『デレステ』にて開催された「LIVE Carnival」にて、総合順位上位9名による楽曲 「」の『デレステ』実装、カーニバルメダルチャンス報酬として【 SR[夢をのぞいたら]遊佐こずえ】【 SR[夢をのぞいたら]夢見りあむ】も実装された。 今回の総選挙でボイスを獲得した5人の実装歴は以下の通り。 2019年8月16日、Mobage版に、Cu1位特典の【 SR[フローラルスター]遊佐こずえ】が実装され、遊佐こずえにボイスが実装された CV:。 このカードが実装された際のイベント「京町編」 復刻版 では、特訓後のイベントパワー 直近のカードのステータスにかかるボーナスで、最新のSレアならほとんどの場合特訓後は4倍 が 5倍と、属性1位ゆえか大きく優遇されていた。 さらに復刻イベントの場合はパワーの有効イベント周期が動かず、1回分伸びることになる。 よって次の「 ドドンと盛り上げ! 和太鼓響く夏祭り」でも 5倍のままと、大きな影響をもたらした。 2019年9月24日、『デレステ』のプラチナオーディションガチャ更新で【 SSR[重ねた手と日々]佐城雪美】が実装され、同時にボイスも実装された CV:。 関連タグ の総選挙結果 シンデレラガール 楽曲• ボイス獲得 担当声優• 関連記事 親記事.

次の

第九回シンデレラガール総選挙、予想してみた 5/20おまけ追記:wimのブロマガ

第 九 回 シンデレラ ガール 総 選挙

先日15日をもって第9回シンデレラガール総選挙の投票が締め切られました。 今回は総選挙とボイスオーディションとの併催に加えて、デレステの無課金票が約7倍、モバマス/デレステ両者の課金票が約30倍になるという大幅な票配分の変更がありました。 この記事はそういった点も踏まえながら、最終結果で上位入賞しそうなアイドルを予想していきます。 なお、この記事はすべて私の個人的見解であり、引用したデータなども公式発表された過去の票数・順位以外は有志の集計に基づくものですので、その点はご了承ください。 第9回シンデレラガール総選挙 第1位 北条加蓮 前評判通りの盤石な戦いぶりを見せ、各種の出口調査では主だった指標すべてで2位以下を大きく引き離しています。 また元より資金力に定評のある陣営のため、課金票偏重となった票配分の変更も有利に働いていると思われます。 ここ数年は2位の得票数の割合が1位の80~85%程度に収まっていましたが、今回はそれよりも差が付く可能性が高そうです。 第2位 鷺沢文香 今年も非常に堅調な動きを見せています。 出口調査の単純なアカウント数では4位ですが、昨年のデータではアカウントあたりの平均投票数が際立って高く、今年も同様の傾向が続くようであれば2位に浮上している可能性は高そうです。 また課金票の重要性が増す中でモバマスの月末ガチャに登場したことも大きく、少なく見積もっても数十万票の上積みが期待出来ます。 その他の特徴としては票交換の動きが活発だったことが挙げられるでしょうか。 ボイス側の支援先としては、マキノ、泉、あきらなどCoアイドルを中心に満遍なく投票していたようです。 第3位 一ノ瀬志希 デレステでの人気を背景に、こちらも予想通り票を伸ばしている模様です。 しかし前を行く加蓮の背後を脅かすには至らず、逆に文香たち他の上位候補とは決定的な差を付けられてはいません。 今回2位を確保出来れば次回以降のCG候補として推される可能性が高いだけに、実力の高さを証明したいところです。 第4位 佐久間まゆ 選挙戦中盤ではやや後方集団の勢いに押され、5位争いに巻き込まれかねない局面もありましたが、最終的にきっちりと立て直してきた印象です。 選挙中に派手な動きは少なかったですが、出口調査の数字ではしっかりと5位以内をキープしています。 多少順位が前後する可能性はありますが、継続中の記録としては最長となる4年連続でのCD圏内をキープする確率は高いでしょう。 第5位候補 このCD圏内ラインを巡ってはかなりの接戦が繰り広げられており、情勢は混沌としています。 紹介順に従い個人的に有力だと思いますが、その差は決定的なものではありません。 立ち位置としては第5回で卯月が戴冠したときの未央(中間3位、最終6位)に近いですが、5位ラインを争う相手が追い風を受けやすい未ボイス勢ではないのは好材料です。 一方で昨年のデータでは、推定されるアカウントあたりの平均投票数では上位陣と差を付けられてもいました。 今年は課金票の割合が大きいので、デレステの月末ガシャに凛を始め関係の深いNGsの3人が登場したことでどれだけ票を伸ばせているかも鍵になりそうです。 今回は実に7年振りのCD圏内が見えるところまで来ています。 出口調査の単純なアカウント数では8位となっていますが、前回の推定平均投票数が奈緒や智絵里よりも高いこと、一人のアイドルだけに投票している人の割合(Only率)が高いこと、また今回と同じくデレステ側の票が増えた第7回で順位を伸ばしていることが好材料です。 今回の出口調査でもアカウント数では幸子に優り、Only率では下回るという一長一短な状況です。 元々地力は高いため、今回も5位に滑り込んでいる可能性は十分にあります。 ただし幸子とは逆に、今回と同じくデレステ配布票が増えた第7回で順位を落とし、モバマス票の増えた第8回で順位を若干戻すという動きを見せている点が、やや不安材料です。 今回も投票アカウント数に比べてツイート数やいいね数が極端に低いことから、同様の傾向が見て取れます。 周期的に2周目SSRの実装が目前に迫っていることも、課金票重視の傾向からするとやや追い風と言えます。 一方でボイス側でユニットメンバーのあかりとあきらに積極的な支援を行っている関係で、その他の未ボイス陣営との票交換が低調であり、やや最終盤の追い込みで差を付けられた感もあります。 ボイスアイドルオーディション 第1位 辻野あかり ニコニコ動画の「たべるんごのうた」ブームを受けて選挙開始時より本命視されていましたが、順調に幅広い層より支持を受けています。 選挙中の動画投稿によるダイマも選挙前と同様に活発でした。 またりあむからの支援傾向もはっきり出口調査の数字に表れており、終始余裕を持って選挙戦を戦うことが出来た印象です。 総合的に見て、ボイス獲得の可能性は非常に高いと考えられます。 第2位 浅利七海 あかりの選挙活動の中心がニコニコ動画であったのに対して、こちらはツイッターでのダイマやイラスト投稿(反響の大きかった「公式風」イラストなど)の動きが活発でした。 昨年の実績と出口調査の両方で優位に立っており、あかりと同様にボイス獲得の可能性はかなり高いと言えるでしょう。 第3位候補 こちらも非常に難しい情勢が続いています。 総選挙と同じく有力だと思われる順に紹介します。 一方で固有の票田があるわけではなく、データを見てもコアとなる支持層があかりと重複する傾向にあります。 そのため票が見た目よりも分散している可能性があるのが気掛かりな点です。 とはいえ総選挙側と比べると他担Pからの幅広い支持がより重要と思われるので、絶対的な投票者数の差が覆るほどの影響はないと考えられます。 前回のデータでは、平均投票数で見ても比較的高い数値が出ていました。 ただボイス付与ラインを争うあきらとは出口調査での投票アカウント数にかなり差があり、その差をどの程度縮められるかは不透明です。 今回は有力候補として注目される初めての選挙戦ながら、活発な動きを見せていました。 あかり、七海などが発信型のマーケティングに強みを持っていたのに対し、ツイッター上でのダイマ募集への素早い反応のようなリアクション型の行動力に陣営の長所が出ていたようです。 その反面それ以外の層からの支持の獲得に課題があり、あきら、マキノ、つかさと比べて出口調査の結果では一歩遅れを取っています。 まとめ 総選挙では加蓮、志希、文香、まゆという事前の有力候補が優位に選挙戦を進め、がっちりと上位を固める中、CD圏内5人目の枠を誰が獲得するかが来年以降の展開を占う上でも重要になりそうです。 ボイスオーディションは前評判の高かったあかり、七海がいち早く支持を広げ集団から抜け出した一方で、他の有力候補の一部が若干伸び悩んだこともあり、あきら、つかさらダークホースと選挙実績の豊富なマキノ、加奈らによる熾烈な第3位争いが繰り広げられました。 メタ的な話としては、課金票重視の票配分がツイッター集計を利用した出口調査の信頼性にどう影響するかも注目したいところです。

次の