外壁 塗装 lp。 外壁塗装の窓口

新潟市を中心に外壁塗装を行っている堀井健装有限会社でございます

外壁 塗装 lp

プライバシーポリシー 株式会社エンジ(以下,「当社」といいます。 )は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。 )におけるプライバシー情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。 )を定めます。 第1条(プライバシー情報) 1. プライバシー情報のうち「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。 プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは,上記に定める「個人情報」以外のものをいい,ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品,ご覧になったページや広告の履歴,ユーザーが検索された検索キーワード,ご利用日時,ご利用の方法,ご利用環境,郵便番号や性別,職業,年齢,ユーザーのIPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などを指します。 第2条(プライバシー情報の収集方法) 当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。 また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や,決済に関する情報を当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。 以下,「提携先」といいます。 )などから収集することがあります。 当社は,ユーザーについて,利用したサービスやソフトウエア,購入した商品,閲覧したページや広告の履歴,検索した検索キーワード,利用日時,利用方法,利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態,利用に際しての各種設定情報なども含みます),IPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を,ユーザーが当社や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。 第3条(個人情報を収集・利用する目的) 当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。 (1)ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正,利用状況の閲覧を行っていただくために,氏名,住所,連絡先,支払方法などの登録情報,利用されたサービスや購入された商品,およびそれらの代金などに関する情報を表示する目的 (2)ユーザーにお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため,氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的 (3)ユーザーの本人確認を行うために,氏名,生年月日,住所,電話番号,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号,配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する目的 (4)ユーザーに代金を請求するために,購入された商品名や数量,利用されたサービスの種類や期間,回数,請求金額,氏名,住所,銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する目的 (5)ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために,当社に登録されている情報を入力画面に表示させたり,ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする目的 (6)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど,本サービスの利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために,利用態様,氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的 (7)ユーザーからのお問い合わせに対応するために,お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当社がユーザーに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や,ユーザーのサービス利用状況,連絡先情報などを利用する目的 (8)上記の利用目的に付随する目的 第4条(個人情報の第三者提供) 当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。 ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。 (1)法令に基づく場合 (2)人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき (3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき (4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき (5)予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合 i. 利用目的に第三者への提供を含むこと ii. 第三者に提供されるデータの項目 iii. 第三者への提供の手段または方法 iv. 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。 (1)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合 (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合 (3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いているとき 第5条(個人情報の開示) 当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。 ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。 なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。 (1)本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合 (2)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合 (3)その他法令に違反することとなる場合 前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。 第6条(個人情報の訂正および削除) ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。 当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正または削除を行い,これをユーザーに通知します。 第7条(個人情報の利用停止等) 当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。 )を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行い,その結果に基づき,個人情報の利用停止等を行い,その旨本人に通知します。 ただし,個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じます。 第8条(プライバシーポリシーの変更) 本ポリシーの内容は,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。 当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。 第9条(お問い合わせ窓口) 本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。 住所:〒216-0004 神奈川県神奈川県川崎市宮前区鷺沼3丁目2-9 鷺沼センタービル6F 社名:株式会社エンジ Eメールアドレス:.

次の

【延べ床面積別】外壁塗装の価格相場 ~482棟の実例から本当の相場を公開~

外壁 塗装 lp

「 色あせ」や「 チョーキング」が現れたら目安 ここまで、外壁塗装の目安となる築年数について解説してきましたが、一点注意が必要です。 築年数の目安・外壁材耐の用年数の目安はあくまでもメーカーが想定している数値のことで、いわば「希望小売価格」のようなもの。 では、どうすれば自宅の最適な塗装時期がわかるのでしょうか? 外壁塗装の必要性は、劣化症状で見極める! それは、外壁の 「劣化症状」を見分けることです。 そこで、自分自身で外壁塗装の必要性を劣化症状から判断できるよう、下記にセルフチェック表を用意しました。 これを使えばあなたのお家に外壁塗装が必要かどうか?が一目瞭然です。 ぜひご活用ください。 なお、結論から言うと、 外壁に「色あせ」か「チョーキング」が現れたら、外壁の塗装時期と覚えておくとよいでしょう。 高圧洗浄が必要。 放置すると、ひび割れが起こる。 塗り替えに最適な時期。 放置すると、外壁がゆがむ。 放置すると、外壁がゆがむ。 放置すると、ひび割れが起こる。 早急に塗り替えが必要。 放置すると、浸水する可能性がある。 張り替えが必要な場合も ここからは、本題の外壁塗装の費用について解説していきます。 一緒にみていきましょう。 外壁塗装の費用相場はいくら? 次に気になるのが、 一般的な外壁塗装の費用相場はいくらか?ということですよね。 一軒家の外壁塗装の費用相場はおよそ 80万~120万で、 最も多いのは100万円台でした。 以下の図はヌリカエの1,000件以上のデータをもとにした、外壁塗装の費用相場分布です。 是非参考にしてみてください。 【図:築年数別の外壁塗装の平均費用】 調査の結果、築年数によっても塗装工事の費用に差がみられました。 15年を経過してなお「自宅は関係ない。 まだ大丈夫。 また、もう1点注意してほしい点があります。 それは、あくまでも上記の金額は外壁面積から算出した目安の金額であるため、実際の塗装工事の見積もり額は建物の形状や劣化状況によって大きく変わる、ということです。 矛盾するようですが、実はこの外壁塗装業界自体 「相場があってないようなもの」と言われており、見積もる業者によって金額が50万円も違ってくるようなケースが多々ございます。 そのため、 ネット上の費用相場を確認しただけ、見積もりを一社から取得しただけでは、まだ準備が不十分である、とご認識ください。 外壁塗装を安く抑えるテクニック6選 では、相場の範囲内で、かつ少しでも費用を抑えるためには、どのような準備が必要なのでしょうか?ここでは、外壁塗装を安く済ませる裏技テクニックを6つほどご紹介します。 というメリットがあるからです。 相見積もりを取得することは、施工金額を抑えるためだけではなく、自分の身を守るためにも非常に大切な行為です。 この記事を読んでいただいた方にこそ、絶対に失敗・後悔してほしくありません。 もし、声をかける業者をどこにすれば良いか分からない場合はヌリカエをご利用下さい。 専門知識豊富な相談員があなたのご要望を丁寧にヒアリングし、最適なご助言をさせていただきます。 しつこい営業電話もございませんので、お役立ていただけますと幸いです。 そのため、通常の方法だと「各社、最大限の値下げ幅はどこまでか?」を交渉前に確認することは不可能です。 しかし、敢えて業者に「最初から値段交渉を一切しない旨を伝える」ことで、業者は相見積もり先に競り勝つために交渉前の時点で、最大限安く提示せざるを得なくなります。 勇気のいる交渉方法かもしれませんが、 値下げの繰り返しの結果、施工品質を落とさざるを得なくなり、欠陥工事に繋がるというリスクを防ぐ意味でもオススメの方法です。 値引きやすさは、季節要因が大きく関わってきます。 火災保険には、大きく3種類あり、補償範囲や自己負担金額が異なるため、 まずは自宅がどの種類の保険に加入しているのか?をチェックしましょう。 大切なのは、商品と住宅の相性です。 「10年に一度だし、どうせなら良いものを使おう」とお考えの方、危険です。 長期的なメンテナンスコストも考慮したうえで、安く抑えるためには高額な塗料も選択肢の一つとなりますが、 お住まいの住環境との相性が悪ければ、本来の効果を発揮するどころか、かえって逆効果をもたらす可能性があります。 実際に、一部のセラミック系塗料などは、高額な割に外壁材を選ぶ塗料でもありますので、慎重に選ぶようにしましょう。 もし、塗料と外壁材の相性など具体的な部分をご自身で判断できない場合は、 ヌリカエの相談員が無料で中立の立場から相談に応じますので、ご活用ください。 外壁塗装業界・リフォーム業界は、 重層請負が一般的に行われている業界です。 そのため、元請けが下請けや孫請けに案件を流す際に発生する、本来は必要のない費用 「中間手数料(中間マージン)」が発生します。 特に、気を付けたいのは訪問販売です。 訪問販売がすべて悪いというわけではありませんが、基本的に、営業マンの人件費が工事金額に大きく計上されています。 中間マージンのような、余計な費用を支払わないようにするためには、地元の施工業者に直接を依頼できるの活用が有効です。 見積もり依頼先が1,2社のみですと、相場がわからない中で判断しなければならないためです。 見積もり取得後は、項目ごとに金額を比較し、不足項目や余分項目を明確にしましょう。 後々比較できるようにするために、どの塗料を使うのか?など、 希望施工内容をなるべく統一してから依頼しましょう。 もし、どのような希望の出し方をすればよいか分からない方は、無料でヌリカエ専門スタッフが対応させていただきます。 このケースの多くの場合で、諸経費などが必要以上に含まれている、と捉えてよいでしょう。 業者の見分け方を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 お一人、もしくはご家族のみで判断されるよりも、ヌリカエをご利用下さい。 業者紹介前には、外装工事の専門知識豊富な相談員があなたのご要望を丁寧にヒアリングしますので、不要な連絡がいくご心配もありません。 お役立ていただけますと幸いです。 外壁リフォーム全般について全体像を把握されたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。 外壁塗装の費用相場はいくら? ヌリカエの過去1,000件以上のデータによると、30坪の家の場合、外壁塗装の中心価格帯は80万円~120万円で、最も多いのは100万円台でした(ヌリカエなら30秒でが可能です。 ぜひお試しください。 詳しくは、をご覧ください。 外壁塗装を安く抑えるテクニックとは? 最も簡単な方法は「早くから複数業者から見積もりを取ること」です。 他にも、火災保険や補助金を活用する方法もあります。 詳しくは、をご覧ください。 詳しくは、をご覧ください。 外壁塗装の費用を自分で調べる方法は? 外壁塗装の費用を調べる最も簡単で確実な方法はを利用することです。 費用の計算方法を詳しく知りたい方は、をご覧ください。 関連記事.

次の

アイボリーは外壁塗装における最強のカラー!ほとんどの色と相性が合うって本当?!

外壁 塗装 lp

このページの目次• 外壁塗装はどうしてもしないといけないのか? 外壁塗装は必要な工事ですが、なぜ必要なのかを知らない人は多いです。 納得して工事をするために、外壁塗装をしない場合に何が起こるのかを把握しておきましょう。 外壁塗装をしないことで起こるデメリット 適切な時期に外壁塗装をしない場合、以下の問題が起こる可能性があります。 雨漏りする• 害虫が侵入する• 建物の寿命が短くなる• 隙間風により室内温度が低下する• 建物の見栄えが悪くなって恥ずかしい 具体的に解説していきましょう。 雨漏りする 外壁塗装をしないと雨漏りする可能性が高まります。 雨漏りが発生してから塗装工事をしても手遅れです。 害虫が侵入する 外壁塗装をしないと害虫が侵入しやすくなります。 塗装工事を適切なタイミングで行わない場合、ひび割れた外壁などから害虫が 室内に入りこんでしまうでしょう。 建物の寿命が短くなる 長いあいだ外壁塗装をしないで放置すると、建物の寿命が減りやすくなります。 外壁塗装工事をしないで風雨にさらされ続ければ建て直しまでの年数が短くなるでしょう。 建て直しとなれば、 外壁塗装工事を依頼するよりも何倍もの費用がかかります。 隙間風により室内温度が低下する 塗装をせずに外壁が劣化しつづけると、隙間風が室内に入りやすくなります。 夏場は問題がなくても、冬になると室内が寒くなるため 暖房代が無駄になるでしょう。 建物の見栄えが悪くなって恥ずかしい 経年劣化で外観が悪化しても放置するのですから、 近隣の住民からは怪しまれます。 建物の見栄えが悪いというだけの理由で近所から陰口を叩かれることもあるでしょう。 汚れた家を毎日見ることで気分が落ち込むというデメリットもあります。 外壁塗装にはどんな役割があるのか? 外壁塗装にはどのような機能があるのでしょうか。 塗装は見た目を綺麗にするだけではなく、住宅を維持する上で欠かせない要素があります。 建築素材を保護する 外壁塗装には 外壁素材を保護する役目があります。 下地を塗料で覆うことで紫外線などから外壁や建物を守っているのです。 もし外壁塗装をしないで放置すると、建物全体が劣化して建て直しが必要となるでしょう。 雨漏りや害虫の侵入を防止する 外壁や屋根の不要な隙間を塗りつぶすことで、雨や害虫の侵入を防いでいます。 塗装をしないとひび割れなどが発生し、雨水や隙間風が室内にまで入ってくるでしょう。 雨漏りが起これば修理に余計な費用がかかるため、塗装で外壁を保護して事前に防ぐことが重要です。 見た目を綺麗にする 外壁塗装には、経年劣化によって生まれた汚れやひび割れを修繕する役割もあります。 塗装をすることで見栄えもよくなりますので、快適な生活ができるでしょう。 外壁塗装をしないほうが費用は安いのではという疑問 多くの役割がある外壁塗装は、8〜10年を目安として工事が必要です。 なかには「外壁塗装は20年くらいなら放置しても問題ないのでは?」と考える人もいるでしょう。 外壁塗装工事には100万円前後の費用がかかります。 10年ごとに必要な塗装工事を20年に1度にできるのなら塗装に関する費用だけは半額になるかもしれません。 しかし、外壁塗装はそう単純な話ではありません。 放置すると雨漏りなどの修理費用がかかることも 20年の年月に耐えられる塗料はほとんどありません。 耐用年数を超えた塗料を放置してしまうと、雨漏りなどが発生して修理費用がかかります。 結果的に外壁塗装を適切に行なっていたほうが安かったということになりかねません。 また、20年後に塗装工事をするときには外壁がボロボロになっているため、一般的な外壁塗装よりも費用がかかるのは間違いありません。 外壁塗装を先延ばしにしたからといって費用が安くなるとは限らないのです。 最終的には、 適切にメンテナンスをしたほうが修理費用や塗装工事代が安くなる場合が多いでしょう。 費用の節約を考えるなら、適切なタイミングで外壁塗装をするほうが確実性が高いです。 外壁塗装をしないでも耐えられる劣化症状とは 外壁塗装は高額ですから工事のタイミングは可能な限り遅らせたいですよね。 基本的に、塗り替えが必要かどうかは外壁の劣化状態から判断します。 以下の症状のうち 「深刻度1」であれば今すぐ工事をしなくても致命的な問題はありません。 1年や2年は待っても構わないでしょう。 しかし、「深刻度2」以上であれば塗り替えをしたほうがよいでしょう。 深刻度1 「チョーキング」 外壁の塗装を 指でさわったときに白い粉がつく現象がチョーキングです。 塗料が機能を失って粉状になっている状態で、外壁塗装における劣化の初期症状です。 急いで外壁塗装工事をする必要はありませんが「もうすぐ塗り替えの時期かな」と検討する段階です。 深刻度2 「クラック(0. 3mm以下)」 塗料の表面や外壁素材に 線状のひび割れが発生する現象です。 放置すれば割れ目が大きくなって「深刻度3」に移行しますので早めに修繕しましょう。 「塗膜の剥がれ、ふくれ」 外壁の塗装表面が剥がれたり、ふくらんでいる症状です。 剥がれた場所は下塗り塗料や外壁素材が露出してしまい、 防護機能が失われます。 放置すると外壁素材の劣化を招きますので修繕を考えましょう。 深刻度3 「クラック(1mm以上)」 1mmを超えるひび割れがある場合は 雨漏りや隙間風の危険性がありますので、すぐに修繕する必要があります。 放置すれば外壁の破損にもつながり、塗装のみでは対処ができなくなります。 「外壁素材の欠損、変形」 サイディングボードやモルタル外壁が破損している、あるいは変形しているのなら、早急に修繕しなければ 建物内部が雨水などで侵食される恐れがあります。 外壁素材の欠損や変形の場合、塗装だけでは修繕できない可能性が高いです。 放置すると建物の寿命が短くなりますので注意してください。 「深刻度3」は今すぐ工事をしないと外壁素材に影響が出る可能性が高いです。 今すぐ業者に見積もりを依頼しましょう。 外壁塗装をしないで済むかもしれないケース 劣化症状にかかわらず、外壁塗装をしなくても大きな問題がないケースがあります。 以下に該当する場合は、費用を節約するために外壁塗装をしないという手段も検討してみましょう。 建物を数年で解体する場合 数年で解体する予定がある建物なら無理に外壁塗装をする必要はありません。 ボロボロの外壁で残り数年を過ごしても構わないというのであれば、塗装をしないで放置することで費用を節約してもよいでしょう。 10年以上は放置する建物の場合 外壁塗装で一般的に利用する「シリコン塗料」の場合、耐用年数は10〜15年程度です。 もし10年以上放置することが決まっている建物なら、あえて外壁塗装をしないでおくという手段も考えられます。 ただし、 外壁塗装をしないで放置すると紫外線や雨により劣化して建物自体の寿命が短くなります。 放置した後に建て直しなどをせずに物件を使う予定があるのなら、多少の費用がかかっても外壁塗装をしたほうが安上がりになるでしょう。 外壁塗装の費用を少しでも安くするための方法 外壁塗装が必要だとわかっていても、費用は節約したいですよね。 ここでは、外壁塗装の工事費用を節約する方法を紹介します。 組み合わせることで費用が半額以下になることもありますので事前に知っておきましょう。 相見積もりをとる 外壁塗装工事をするのなら、1社から見積もりを取得しただけ工事を依頼してはいけません。 見積り業者によっては 工事費用に30万円以上の価格差が出ます。 最低でも3社で見積りを比較して、適切な工事業者を選びましょう。 火災保険や補助金を利用する 台風などで屋根が破損した場合、外壁工事の費用に火災保険が適用できるケースがあります。 火災保険には「 風災」という項目があり、適用できると工事費用を大きく節約できます。 災害などによって外壁工事が必要になった場合は、まず保険会社に火災保険が適用できないかを問い合わせてみましょう。 また、外壁工事では自治体の補助金や助成金を受け取れることがあります。 補助金や助成金の条件は自治体によって異なりますので、工事をしたい建物がある市区町村に問い合わせてみましょう。 悪徳業者を選ばない 外壁塗装の費用を節約するうえで最も重要なのが、悪徳業者を選ばないということです。 悪徳業者を選んでしまうと、 相場より100万円以上も高額な請求をされかねません。 以下のような例は悪徳業者の可能性が高いため、避けたほうがよいでしょう。 訪問営業をしてきた外壁塗装業者 いきなり家を訪ねてきて「お宅の外壁はメンテンナスが必要です」と主張してくる業者は大半が悪徳業者です。 優良な業者であれば個人住宅に訪問営業を行いません。 なぜなら、営業をしなくても口コミや評判によって依頼が舞い込んでくるからです。 もし営業が必要だったとしても、個人住宅を1件1件回るようなことはしません。 住宅塗装をまとめている企業に営業したほうが効率的だからです。 個人住宅に営業を行う業者というのは悪徳業者だから企業から仕事をもらえないか、独立して間もないため依頼が無い会社です。 どちらにしても工事の信頼性は低いため、訪問営業をしてきた業者は避けたほうが無難でしょう。 見積書で数量の項目が「一式」ばかり 外壁塗装の見積書で「一式」という項目ばかりを使っている業者は危険です。 現場調査をいい加減に行っているか、具体的な項目を出せるだけの技術がない可能性が高いです。 特に、 外壁の塗装面積を「一式」で表現している場合は信用できません。 塗装面積は業者の利益に直結する重要な部分ですので、この項目を「一式」にする優良業者は存在しないと考えられます。 10万円以上の値引きをしてくる 外壁塗装の見積書には「値引き」や「調整額」といった項目があります。 見積額がキリのよい数字になるよう調整する項目ですので、値引き自体は問題ありません。 しかし、10万円以上の値引きをしてくる業者には注意してください。 たとえ200万円以上の工事費用になったとしても、10万円も値引きしてしまうと業者の利益の多くが消えてしまいます。 10万円以上の値引きをする業者は、 最初から高額な見積額を提示している可能性が高いため、信用しないほうがよいでしょう。 見積書に妥当性があると判断できる場合は、値引き額の根拠を聞いてみてください。 優良な業者であれば具体的な回答ができるはずです。 優良業者を選ぶ目安 優良業者を選ぶ目安としては「 地域に密着している歴史ある会社」がオススメです。 同じ地域で長く営業をしていると口コミや評判が広まります。 悪徳業者の場合、同じ地域で20年以上も継続して営業することは困難です。 そのため、地域に密着していて30年以上の歴史がある塗装業者なら、確かな技術を持っている可能性が高いと考えられます。 値引き交渉はオススメしない たとえ優良業者に依頼するとしても、値引き交渉は避けましょう。 多少の値引きに応じてくれる可能性はありますが、業者としてもギリギリの価格で見積りを出しているかもしれません。 値引きをしすぎると 必要な工程を抜かれてしまうとか、工事自体を断られることもありえます。 しかし「価格が業者任せというのは怖い」という人もいるでしょう。 そういった場合は、依頼したい業者に、見積りの各項目に関する説明をしてもらいましょう。 価格の根拠、その塗料を選んだ理由などを業者に解説してもらい、納得できれば値引きをせずに依頼ができるようになります。 DIYで塗装をすると業者に依頼するよりも費用が増えるリスクがある DIYで外壁塗装をしようと考える人がたまにいます。 外壁塗装をDIYで行えば費用が安くなる可能性はあるでしょう。 しかし、リスクが非常に高いです。 DIYで外壁塗装を行う場合のリスクとしては以下があります。 塗装に失敗して業者に依頼することになる 塗装が成功するかどうかは職人の腕にかかっています。 ネットなどにある情報だけで外壁塗装を行うと失敗してしまい、塗料が数年で剥がれてくるでしょう。 最終的には業者に依頼し直して費用が余計にかかります。 専門技術を習得している人以外はDIYでの外壁塗装はオススメしません。 近隣住民とトラブルになって損害賠償を求められる DIYでうまく外壁塗装ができたのに、結局は業者に支払う以上の費用がかかることもあります。 自分で外壁塗装をする場合、塗料の飛散対策が十分に行えません。 塗料が近隣の住宅や車に飛散してしまうと 住民から賠償請求をされます。 賠償金をすべて支払ったら「業者に依頼した方が安かった」と後悔することもあるでしょう。 塗料の飛散は、専門業者が対策をしていても頻繁に発生するトラブルです。 DIYで外壁塗装をするとすべての責任を自分で負わなくてはいけないため、賠償額だけで100万円以上かかることもあります。 賠償金を支払える余裕がないのであれば、DIYによる外壁塗装工事は避けたほうがよいでしょう。 外壁塗装をしないと費用が増えやすい。 安くするなら優良業者を! 外壁塗装をしない場合、以下のような問題が起こりえます。 建物の寿命が短くなる• 雨漏りする• 隙間風で室内の温度が低下する• 害虫が侵入する• 建物の見栄えが悪くなる 外壁塗装は、建物や外壁素材を紫外線などから守るために必要な工事です。 10年でメンテンナンスが必要なのに「20年くらいは大丈夫だろう」と放置していると、20年後に工事をする際に修理箇所が多すぎて2倍以上の価格となることもあります。 外壁塗装工事の費用を少しでも安くしたいのなら、相見積もりを取得したり、自治体の補助金を利用するといった方法があります。 外壁塗装をしないで安くしようと考えると、結局は無駄な費用を支払うことになります。 建物を長持ちさせて修理費用を抑えるために、適切なタイミングで外壁塗装を行うようにしましょう。

次の