ショップ店員。 auショップで機種変したら店員プチ切れてたwwwwwwww

「あれがドコモショップのリアル」──“クソ野郎”事件はなぜ起きたのか 現役店員が漏らした本音 (1/2)

ショップ店員

落ち着いている人• 人と関わるのが好きな人• なぜなら、携帯ショップでは手続きをしながらプレッシャーをかけられる場面が比較的多いからです。 例えば、• お客様に「急げ!」と急かされながら手続きをする• 何かの理由で怒鳴られながら手続きをする• 手続き中にインカム(店舗内の無線)で「早く手続き終わらせて」と指示される などなど。。。 しかも、新人で不慣れな手続きをしなければいけないときにそういったシチュエーションになると、焦って正確な処理ができなくなることが往々にしてあるわけです。 従って、 面と向かってプレッシャーをかけられている状態のときでも、冷静に落ち着いて対処できるということはかなり大きな強みになります。 自分が働きやすい環境を作る、という意味でも、人と関わることにポジティブでいる姿勢は大切だなと痛感します。 クレームだけではありません、年配のお客様に携帯の操作を教えるときには、ご理解いただけるまで根気強くご説明する必要がありますし、店長からはノルマの進捗のことで嫌味を言われることもあるかもしれません。 それでも、我慢強くやるべきことを黙々と続けられる方は、携帯ショップでは重宝されるでしょう。 携帯ショップ店員に向いていない人• 落ち着きがない人• スマホやサービスに興味関心が持てない人• 焦るとパニックになりやすいとか、車の運転が苦手、みたいな方は携帯ショップの仕事に苦手意識を持ちやすいかもしれません。 携帯ショップは対面でお客様をお待たせしながら手続きを行い、時には自分が知らない手続きを調べながら対応しなければいけません。 お客様が急かしてきたり怒鳴ってくることもありますが、それに耐えながら落ち着いて正しい処理ができる必要があります。 例えば新しい機種の画面は何インチだとか、顔の認証機能はあるのかとか、独自の機能は何かなど、そういったことに興味を持てないと、お客様に買ってもらうことは難しいでしょう。 もちろん、 知識を覚える必要はないのですが、その機種の良さを自分で実感できないと、お客様にも魅力が伝わりません。 自社商品を勉強することが苦になってしまう場合は仕事が苦痛に感じられるかもしれません。 担当したお客様がお昼休憩中に自分宛てで来店されたり、休みの日も前日に自分が行った手続きにミスがなかったか気になったり。 下手するとそういった 休めるはずの時間にも仕事のことを考えてしまう状況が生まれかねないのです。 従って、休む日は休む、と気持ちをきちんと切り替えられない方はプライベートが仕事にひっぱられやすくなるので注意しましょう。 強い動機があれば、向き不向きは気にしなくてもOK! ここまで携帯ショップ店員の向いている人と向いていない人の資質について書いてきました。 とは言え、携帯ショップの仕事が好きだったり、どうしてもやりたいという動機があれば、私は向き不向きは気にせず、挑戦してみた方がいいと思います。 なぜなら、人が勝手に考えた「向き・不向き」だけで諦めてしまうのは後悔が残るからです。 好きこそものの上手なれとも言いますので、そういった強い気持ちを持っている方はその気持ちを殺さないでほしいなと思います。 もし他のお仕事と比較してどちらが向いてるかな~と迷ったときは、当記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

ペットショップ店員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説|職業仕事の情報ポータルサイト ジョブ図鑑

ショップ店員

ペットショップ店員は、ペットショップで接客、販売、生体管理、商品管理、店舗運営の補助などに携わる仕事です。 資格や学歴が求められる仕事ではありませんが、商品のペット(愛玩動物)にはイヌやネコなどの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、熱帯魚など観賞用の魚類、昆虫などがあり、それぞれの世話の仕方や飼い方など動物に関する多様な知識が必要です。 ペットショップに正社員として就職した場合、年収は200万円~400万円程度が平均とされており、高年収は見込みにくいでしょう。 アルバイトとして働く人も多くいます。 最近は、トリミングサロンやペットホテル、動物病院を併設する総合ペットショップが増加しており、「トリマー」資格を持っているなど、より専門的な知識や技術を有するペットショップ店員の需要が高まると考えられます。 ペットショップで接客、販売、生体管理、商品管理、店舗運営の補助などを行うのがペットショップ店員の仕事です。 商品のペット(愛玩動物)にはイヌやネコなどの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、熱帯魚など観賞用の魚類、昆虫などがあります。 さまざまなペットの種類や寿命などの特徴をはじめ、世話の仕方や飼い方など動物に関する多様な知識が必要です。 来店者の要求に応じて適切なアドバイスを行い、販売、販売後のケアを担当します。 日常作業としては、食事や排泄の世話、健康管理、清潔維持、掃除などを行います。 ペットやペットフードなどの関連商品も含めて仕入れや棚卸し、売り上げ計算などの商品管理や店舗運営の補助をすることもあります。 また、シャンプーやブロー、ワクチン接種の手伝いなど、トリマーや獣医の補助を行うこともあります。 ペットショップ店員になるには ペットショップ店員になるために必要な資格や学歴はとくにありません。 ペットショップの求人情報に応募して面接などを経て採用されるとペットショップ店員になることができます。 ただし、動物関連の専門学校や通信教育で学び、民間資格を取得して就職に備える人もいます。 とくに「愛玩動物飼養管理士」やペットの美容師である「トリマー(グルーマー)」の資格は就職に有利でしょう。 動物関連の民間資格には、公益社団法人「日本愛玩動物協会」認定の「愛玩動物飼養管理士」、一般社団法人「日本ペット技能検定協会」認定の「ペット販売士」「トリマー」「家庭犬トレーナー」、動物看護師(士)(日本動物看護学会ほか)などがあります。 ペットショップ店員の給料・年収 熱帯魚の専門店など商品の範囲が限られることもありますが、通常は扱う動物の種類は豊富です。 さまざまな動物が好きで根気強く世話を続けることができる人はペットショップ店員に向いています。 また何らかのペットを飼ったことがある人は仕事を覚えるのが早いでしょう。 食事や排泄の世話、清潔維持といった日常作業からペットそれぞれの体調を把握し、健康管理をすることができるはずです。 命を預かる仕事ですから責任感の強い人は適性があります。 接客するにあたり来店者からペットについて相談を受けることも多くあります。 過酷な労働を苦にせず、人の話を親身になって聞き、動物に関する知識や愛情が豊かで、的確なアドバイスができる人はペットショップ店員に向いています。 ペットショップ店員の勤務時間・休日・生活 ペットショップの営業時間はおおむね10:00~21:00前後です。 土日祝や夏季・冬季など一般的な休日に来店者数は増加します。 そのため土日祝を含めた週5日、シフト制で出勤し、平日2日が休みというペットショップ店員がほとんどでしょう。 また年中無休のペットショップが一般的で、年末年始や通常の夏季休暇も出勤し、正社員は残業も多いでしょう。 商品のペットは動物ですから、24時間365日、健康管理をする必要があります。 アルバイトやパートでも1日6時間以上またはフルタイム勤務の場合が多く、土日祝や通常の休暇期間に出勤できる人は優遇される傾向があります。 大好きな動物と触れ合う毎日ですが、命を預かるという責任感の大きな職業です。 ペットショップ店員の求人・就職状況・需要 ペットショップ店員の雇用形態は正社員や契約社員、アルバイトやパートなどさまざまです。 またペット業界には動物看護師、トリマー(グルーマー)、ドッグトレーナー、動物介護士、ペットシッターなどの職業が存在します。 おもな勤務先は動物病院、トリミングサロン、犬のしつけ教室、老犬ホームやデイケア(通所型介護)施設、ペットホテルやペット保育園、ペットシッター派遣会社など。 ただし上記以外のペットショップで働く人も多いでしょう。 ペット市場は拡大傾向にありますが、売り上げはブーム全盛期ほどではなく、就職は難しくなっています。 そのため愛玩動物飼養管理士やペット販売士のほか上記の民間資格を取得するか、動物関連の専門学校で学ぶ過程で求人情報を得るなどの努力が必要です。 ペットショップ店員の現状と将来性・今後の見通し 有史以来、動物とともに暮らしてきた人間は愛玩動物としてペットを飼うようになり、江戸時代には金魚、明治時代にはウサギがブームになりました。 昭和に入ると、熱帯魚や小鳥、スピッツやマルチーズといった小型犬のブームが起きています。 バブル期にあったペットブームにおいては、シベリアンハスキーやゴールデンレトリーバーなどの大型犬やハムスターに人気が集まりました。 現在は、ペットを「コンパニオンアニマル」と呼ぶなど、ペットを家族の一員として考えるような文化が定着しています。 また、トリミングサロンやペットホテル、動物病院を併設する総合ペットショップの増加に伴い、より専門的な知識や技術をもったペットショップ店員が今後は活躍すると考えられます。 トリマーの技術はペットの世話という日常業務に非常に役立ちます。 また、動物看護師やドッグトレーナー、動物介護士、ペットシッターなどの資格、知識があれば、少子・高齢化社会に即した新たな動物との関わり方を提案できるかもしれません。

次の

携帯ショップ店員から転職!辞めたい原因を解消できる転職先一覧

ショップ店員

前職をやめて1年以上。 転職しても結局関わりのある仕事をしているけれど、たびたび「よくあんな仕事をやっていたもんだな」と他人事のようにおもうことが今でもあります。 いまだに現職じゃなくて前職の仕事してる夢とか見ることあるし。 携帯ショップの店員を長いことやってました。 noteを始めて、お題の中に「 私の仕事」っていうのがあるのを見たとき、しばらく離れたからこそ見えてきたり「こうしてればよかったのかもしれないな」と考えたことをちょっと書きたいな~って考えてまして。 ざっとしか探してないけど、同じ職の人が細かく書いているnoteはあんまり見当たらなかったです。 (性質なのかクリエイティブな仕事の人が多いねnoteは) 信じてはいけない店員と、信じていい店員の見分け方 携帯ショップって代理店運営なので、各携帯会社の社員が働いているわけではないんですよ。 派遣も多いし。 本当に入れ替わり激しいから3年以上働いてたら「へ~長いんだね」みたいなこと平気で言い合います。 そんなレベルです。 わたしがこの職についた理由も「そのとき派遣で募集してた仕事の中ではいちばん時給が高かったから」に他なりません。 この仕事がやりたくて、大好きでやってます!って人より仕方なくやらされてるって人の方がよく見ました。 まぁこれは代理店によるかもしれませんが。 ショップで手続きするとアンケートのお願いが届くんですけど、あれは回答するとガチで受付してくれた店員さんの成績に反映されるんですね。 顧客満足度として。 わたしはたしかに志低く仕事をしていたけど、その満足度を85%以上に保つことだけは真面目に取り組んでいました。 アンケートの自由記述欄に様々なお礼を書いてもらったときが、いちばんやりがいを感じていました。 だから7年続けられたけど、結局やめました。 最終的に商売だから、売らないといけないのはわかっている。 けど人の心がないような同僚の売り方や店の方針が本当に無理だった。 今は機種変更も新規契約もプラン変更も住所変更も解約以外はほとんどのことがネットでできるようになっているので、ショップに行く必要性っていうのは低くなってます。 それでもわからないから聞きたい、なんとなく自分で全部するのは不安って気持ちもよくわかります。 でも絶対に 「タブレットと一緒に持ったほうがお得」とか価格を前面に出して勧めてくる店員の言うことは聞いちゃダメです。 絶対です。 価格で訴求してくる店員は 自分のことしか考えてないので。 売ったあとはどうでもいいんです。 逆に お客さんの話をたくさん聞いてくれて、その中からサービスの話につなげる人の話は信じていいです。 「月額は〇〇円で、これだけいろんなことができる」とかその サービスや商品の価値をしっかり説明してくれる人は、売ったあともちゃんと対応してくれます。 ショップ店員のコスプレをしている、という考え方 わたしが新人時代仕事を教えてもらった、めっちゃ仕事ができる先輩はよく「自分はショップ店員のコスプレをしている」と言っていました。 ということを夏ごろにバズってたこの元ホストの携帯ショップ店員さんの漫画を見て思い出しました。 正直、こういう人確かにいるけどごくごくひと握りで、ほかは だいたいコミュ障が接客してることが多いです。 かくいうわたしも仕事だからと割り切って接客してたし、仕事中なら自分から電話かけられるけど客の立場から電話かけるの本当に嫌いだし、よく行く飲食店とかコンビニで「あ、いつもありがとうございます~」とか声かけられるだけでウワッもうこの店来たくないな~~!! って思う程度にはコミュ障です。 あと 携帯ショップで働いている男性店員にはクセが強い人しかいない説。 女性は、まあ男性に比べたら数が多いからかもしれんけどあんまりクセの強くないあっさりした人も多いけど、一緒に働いたことある男性は 全員もれなくキャラが濃かった。 なんでなんでしょうね。 量販店スタッフ時代も合わせて10年くらいこの仕事携わりましたけど キャラの濃くない男性は一人もいなかったです。 いやわたしが行きつけのショップ店員さんは男性だけどそんなキャラ濃くないぞ! って人がいたら それは非常に稀有な存在か、接客時だけ猫かぶってるかのどちらかです。 毎日頭を使っていたはずなのに、思考停止状態だった 携帯電話屋なのに光回線契約もしたり、クレジットカードの契約したり、電話を売るだけじゃなくてサービスも勧めないといけなかったり、プランも手続きのうち何%はこのプランで契約を取れとか指定されてたり…。 ハチャメチャにやることも覚えることも多くてサービス変更が頻繁にあって拘束時間も長くて残業当たり前で、それなのに年収250万もない。 なんだこの仕事ってなります。 最初は時給が高いって入ったはずなのに。 7年勤めて派遣から正社員にもなってリーダー的立場に就いて責任だけは増えたのに一向に収入は増えなかった。 なんなんだこの仕事。 コミュ障だけど接客自体は楽しくて好きだったし、それこそ「ショップ店員のコスプレ」を楽しんでいたところはあります。 でも本当に最後の2年間は苦しかった。 もうちょっと、なんの手続きをしてどのサービスを勧めればどれくらいの手数料が入ってくるのかということをきちんと知っていればよかったかなと、今となっては考えたりします。 本当に知らなかったし、知ろうともしていなかった。 考えたこともなかった。 わたしは毎日とても頭を使っていたと思っていたけれど、なんにも大切なことは考えてなかったし考えられなかった。 思考停止で、目の前のことだけなんとかこなそうと必死になっていたからダメになっていったのかなと思います。 今はやめてよかったです。 先述どおり現職も関連した仕事なので、現役のショップ店員さんとお話しする機会もまだたくさんあるんですが、そのたびよく「大変だなあ。 わたしも本当に大変なことをしていたんだなあ、偉かったなあ」と、昔の自分を褒めてあげたりしています。

次の