マスコミ 信用度 世界。 だから世界的に「メディア不信」が広がっている (1/4)

マスコミを信頼する日本人の感覚はなぜ生まれたのか ――世論史の断片から――|織部ゆたか|note

マスコミ 信用度 世界

パリに本部を構える国際NGO団体 「国境なき記者団」が4月26日、最新の報道の自由度ランキングを発表しました。 日本は2016年から順位を11落とし72位で、主要7カ国(G7)のなかで最下位となりました。 上位は北欧諸国が占め、下位はシリアや北朝鮮など独裁国家が大半です。 日本は2010年には11位と上位に位置していましたが、年々下降。 5段階評価では「問題あり」との烙印を押されてしまいました。 また、国境なき記者団は、世界的に報道の自由度が下がっていると警告、ナショナリズムの台頭により、報道の自由が奪われていると危惧しました。 なぜ日本の順位はなぜこれほどまでに低いのか、またなぜ世界で報道の自由度が下がっているのでしょうか。 1-1• 1-2• 1-3• 2-1• 2-2• 3 1 報道の自由度ランキングとは 国境なき記者団(Reporters Without Borders=RWB)は、情報の自由、報道の自由を目的に、1985年にフランス・パリで設立された非政府組織です。 戦争地域などで活動するジャーナリストの金銭的・物的支援や、拘束されたジャーナリストの救出、メディア攻撃に対する非難声明、情報の自由に対する攻撃の監視などの活動を行います。 国境なき記者団は世界各地の約130名の記者と協力して、欧州、アジア、中東、北アフリカ、およびアメリカの地域で、報道の自由に違反している情報を調査・収集し、「報道の自由度指数」に関する報告書を作成しています。 報告書では各国のジャーナリストや法律家、人権活動家のアンケートに基づいて作成された「報道の自由度」をランキング化したものを毎年公表しており、今年は180の国・地域が対象となりました。 1-1 日本、イタリアに抜かれてG7最下位に 2017年「報道の自由度ランキング」では、1位ノルウェー、2位スウェーデン、3位フィンランド、4位デンマークなど北欧諸国が上位を独占しました。 また、6位にコスタリカ、8位にジャマイカがランクインするなど、中央アメリカの躍進も特徴的でした。 東アジア地域では、台湾が最高で45位、韓国63位、日本72位、香港73位、中国176位、そして世界最下位の北朝鮮となりました。 ・2017年の報道の自由度ランキング(上位10カ国とG7) 順位 国名 2016年の順位 2015年の順位 1 ノルウェー 3位 2位 2 スウェーデン 8位 5位 3 フィンランド 1位 1位 4 デンマーク 4位 3位 5 オランダ 2位 4位 6 コスタリカ 6位 16位 7 スイス 7位 20位 8 ジャマイカ 10位 9位 9 ベルギー 13位 15位 10 アイルランド 9位 11位 : 16 ドイツ 16位 12位 22 カナダ 18位 8位 39 フランス 45位 38位 40 イギリス 38位 34位 43 アメリカ 41位 49位 52 イタリア 77位 73位 72 日本 61位 61位 ・ 東アジア抜粋版 順位 国名 2016年の順位 2015年の順位 45 台湾 51位 51位 63 韓国 70位 60位 72 日本 61位 61位 73 香港 69位 70位 124 インドネシア 130位 138位 127 フィリピン 138位 141位 142 タイ 136位 134位 144 マレーシア 146位 147位 151 シンガポール 154位 153位 175 ベトナム 175位 175位 176 中国 176位 176位 180 北朝鮮 179位 179位 (参照:) 1-2 順位が下がった理由 「報道の自由度」ランキングは、意見の多様性、政府機関・宗教からの独立性、報道の内容によって政府や特定団体などからいやがらせや脅迫を受けていないかなど、7つの質問項目を基準に採点されます。 最新版では日本はイタリアに抜かれて主要7カ国のなかで最下位、アジアのなかでも韓国に抜かれ3位に後退してしまいました。 日本について国境なき記者団は、「日本のメディアの自由は、安倍晋三が2012年に首相に再就任して以降、衰えてきている」と指摘。 一方、日本の記者クラブについては、フリージャーナリストや外国人記者を選り好みしており、自己検閲を増大させていると批判しました。 また、日本政府はメディアに対する敵意を隠さず、ジャーナリストに対してハラスメント(いやがらせ)をしていると非難。 さらに、SNS上のナショナリスト達は、政府に批判的な記者や、慰安婦問題や南京問題などの論争に取り組むジャーナリストに対して脅迫・いやがらせをしていると問題視しました。 特定秘密保護法も批判の対象となっており、違法に取得された情報を公表したとして有罪判決を受けた場合、内部告発者に10年の懲役を科す法律を「国連の抗議を無視して成立させた」と非難しました。 特定秘密の漏えいを防止し、国と国民の安全を確保することを目的とする。 日本弁護士連合会によれば、「特定秘密」はとても範囲が広く曖昧で、どんな情報でもどれかに該当してしまうおそれがあると指摘。 「特定秘密」を指定するのは、行政機関であるため、行政機関が国民に知られたくない情報を「特定秘密」に指定して、国民の目から隠してしまえる危険性があるとも言われている。 (参照:) 1-3 トランプの影響? 米国も順位を落とす 米国の「報道の自由度」は昨年より順位を2つ落として、43位となりました。 国境なき記者団は、トランプ大統領による相次ぐメディア批判や、マスコミへの報復としてホワイトハウスへのアクセスをブロックしていることなどを非難しました。 米オンラインメディアのハフィントンポストは記事のなかで、 「例えば元CIA職員のジェフリー・スターリング氏は、ニューヨーク・タイムズの記者に機密情報を漏らしたために2015年に有罪判決を受け、いまだ獄中にいる。 スターリング氏と家族、それに数万人の支持者は彼の無罪を主張し、赦免するよう求めている」 と語ります。 ジャーナリストの義務あるいは権利で、ジャーナリストの最高の倫理の1つとされる。 情報源との信頼関係を保護すると同時に、情報源を萎縮させずにさまざまな情報を取材し国民に伝達していく上で不可欠とされ、米国では、いわゆるシールド法によって取材源の秘匿を保護している州も多いが、連邦レベルでは認められておらず、2005年7月に、CIA情報員の身元をメディアに漏らした政府高官の氏名の証言を拒否したニューヨーク・タイムズ紙の記者が、法廷侮辱罪で収監された。 (参照:コトバンク 出典:朝日新聞「知恵蔵」) 2 ブラックリスト化された国々 国境なき記者団のホームページでは、180の国・地域を報道の自由度が高い順に色別で表していますが、報道の自由がなく、情報統制が敷かれている国は黒色で表示され、その数は20に及びます。 ・ 報道の自由度ランキング ワースト10 順位 国名 2016年の順位 2015年の順位 171 赤道ギニア 168位 167位 172 ジブチ 172位 170位 173 キューバ 171位 169位 174 スーダン 174位 174位 175 ベトナム 175位 175位 176 中国 176位 176位 177 シリア 177位 177位 178 トルクメニスタン 178位 178位 179 エリトリア 180位 180位 180 北朝鮮 179位 179位 2-1 金正恩率いる北朝鮮が最下位 (出典:RSF) 北朝鮮は2015年、2016年と179位でしたが、今年ついに最下位となりました。 国境なき記者団は、2012年以降、金正恩が第一書記を務める北朝鮮の全体主義は、市民を外界の情報から遮断し、国外からラジオ放送を聴けば強制収容所に送るという恐怖で縛っていると非難。 ジャーナリストが北朝鮮の情報を得る手段は、北朝鮮運営の朝鮮中央通信(Korean Central News Agency=KCNA)のみとなっている点も低評価に影響しました。 フランス通信社は2016年9月、独自に北朝鮮の情報を得るため、朝鮮中央通信と協力して情報局を開設しましたが、利用可能は北朝鮮当局によって厳しく制限されているのが現状です。 2-2 ジャーナリストにとって最も悲惨な国はシリア 国境なき記者団は、シリアについてジャーナリストにとって世界で最も悲惨な国であると語ります。 シリアで2011年から始まった民主化を求める民衆蜂起後、市民ジャーナリストは戦争のさまざまな側面を明らかにするために専門家と協力して新たな報道機関を設立しました。 しかし、市民ジャーナリストの多くは戦争当事者であるクルド族やジハードを掲げるIS(イスラミック・ステイト)に拘束されており、国境なき記者団は、頻発する脅迫、逮捕、拉致、殺人は、メディアにとって非常に過酷な環境であると指摘しました。 これは、レイアウト P タグのコンテンツです トランプ米大統領がメディアに対して「無能」「不快」「フェイクニュース」などと口撃するように、公然と批判する風潮が世界的に広まっていることについて、ハフィントンポストは、 「あからさまなメディアバッシングであり、世界を『ポスト真実(客観的事実よりも感情的な訴えが世論に影響すること)』やデマ、フェイクニュースの新時代に引きずり込む、極めて有害な反メディアの言葉である」 と批判。 報道の自由が世界的に蝕まれる傾向にあると危惧しました。 また国境なき記者団の人道問題・広報担当のマーゴ・イーウェン氏は、「(世界の「報道の自由」に対する圧力は)悪化の傾向が続いている」と語ります。 イーウェン氏はトランプ氏が大統領でいる限り、この傾向が続く可能性があると見ています。 (参照:) メディアの自由が確保されていなければ、他の自由は保証されません。 果たして「報道の自由」はこのまま権力によって奪われてしまうのか、注視する必要がありそうです。

次の

図録▽世界各国における組織・制度への信頼度

マスコミ 信用度 世界

たとえば、公益財団法人 新聞通信調査会による全国世論調査の結果を発表したが、各メディアの情報の信頼度に関する質問で「全面的に信頼している」を100点とした場合、 NHKテレビが73・5点、新聞が70・9点、民放テレビは63・6点、インターネットは58・2点であった。 2010年末 いわばマスコミ報道の「鵜呑度」を国際比較すると、日本人は、先進国中ダントツに「鵜呑度」が高く70%、最も低い国民は英国で14%です。 日本に近い国は、ナイジェリア、中国など、途上国と新興国となります。 日本人は世界で一番、マスコミの報道を鵜呑みにする、いわば「情報民度が低い」国民といえます!! 以下が国際調査における主な国の%です。 イギリス 14% アメリカ 26% ロシア 29% イタリア 34% フランス 35% ドイツ 36% インド 60% ナイジェリア 63% 中国 64% 韓国 65% フィリピン 69. 5% 日本 70. 2% 日本リサーチセンター 2000年 その後調査したところ以下のデータがありました。 以下のデータでも日本が人がダントツに新聞、テレビを信用している、すなわち「鵜呑度」が高いことが分かります。 ただし、以下の調査ではデータのまとめ方及び尺度が上記の4調査とことなるので、70%という数字はでていないが、日本がマスコミ報道を鵜呑みする点で世界有数、先進国ではダントツであることが分かる! 世界各国における新聞・雑誌への信頼度 2005年 非常に信頼・やや信頼の% 出典:世界主要国価値観データブック 2005年 世界各国における新聞・雑誌への信頼度 2005年 非常に信頼・やや信頼の% 出典:世界主要国価値観データブック 2005年 別の言い方をすれば、日本人の70%は、自分の頭で考えず(思考停止)、テレビ、新聞、週刊誌などのマスコミの情報を鵜呑みにしていること、情報操作による世論誘導をされやすい国民性であることを意味します。 青山は以前からこれを「観客民主主義」と言っています。 さらに昔からある民度という言葉で言えば、日本人の民度は先進国中ダントツの最下位にあるとも言えます。 自分で中身を確かめず、ブランド、権威で判断してしまうことにも通じます。 マスコミに対して、「ヒラメ」(上ばかり みている)であり、 「ヒツジ」(何でも信用しついて行く) とも言えます。 日本人の70%は情報民度が著しく低く、マスコミに「付和雷同」しているとも言えます。 観客民主主義は、マスコ ミの情報操作による世論誘導に最も陥りやすく、独裁にも呼応しやすい特性を持っています。 一方、インターネット時代、YouTube、USTREAM, Daily-motionなど、ソーシャルメディア全盛、またKindle、各種PC,iPad、スマホ全盛の社会では、日本にあっても70%以外の人々は、自分でさまざまなルートで情報を得、自分で考え、自分で判断しています。 5新聞で2500万部、全国テレビネット、それも世界に存在しない記者クラブやクロスオーナーシップなどと相まって、画一的で恣意的、とりわけ政治分野では偏見に満ちた報道内や解説が、鵜呑みにしやすい国民性と連動し、日本の異常な世論を形成しているのです。 本動画では、なぜ独立系メディアが必要かについても、青山、池田が共同代表でこの10年近く行ってきた独立系メディアE-wave Tokyoを事例として語っています。

次の

世界各国民のマスメディア信頼度(=鵜呑み度)詳細データ 青山貞一

マスコミ 信用度 世界

博聞仙人がこれまでナレーションを努めてきた歴代世界の通貨ランキングシリーズはこのサイトで特に人気の記事なのでもう博聞仙人の主戦場になってます。 w 過去の通貨ランキングへの記事は下のリンクからどうぞ。 国際為替FXで使われている通貨を調べてみようと思います。 が、その前に一体どれくらいの通貨がFXで取引されているのか気になりますよね。 調べてみたところ、なんと61種類の通貨が日々取引されているそうです。 61種類と言いながらも通貨があれば取引は行われるわけでして、全種類の通貨でFXは行われているでしょうね。 ですよね、博聞仙人。 北欧の通貨はやはり信用が高い通貨じゃの。 スウェーデンのクローナはかつてユーロに併合するかどうか揉めたほど拮抗したんじゃな。 じゃが、今ではユーロにならずともしっかり高い信用を維持しておる通貨じゃ。 為替取引でよく使われる通貨とは裏を返せば信頼がある通貨ということです。 信頼が高い通貨なのでFXトレードされる訳でして。 理由はスウェーデンという国柄が大きいです。 スウェーデンは国際的にも治安が良い国と評価が高く経済も安定しています。 つまり通貨価値の変動も低いのでFXトレードしやすい通貨なんですね。 またスウェーデンは世界で最もキャッシュレス化に力を入れている国なんです。 今後進むキャッシュレス社会の先端をいく国なだけに楽しみです。 スウェーデン・クローナは常に数字だけになる日も近いかも!? 世界信用通貨ランキング!第9位!香港ドル! 為替取引が最も行われる通貨第9位になったのは 香港ドルです。 香港ドルがFX取引でよく使われるのは理由があるんじゃ。 香港は歴史でイギリスと繋がり地理で中国と繋がっとるの。 その両方は世界経済で重要な役割を果たしておる国々じゃ。 香港はその基地みたいな存在なんじゃな。 FX取引が最も行われているアジアの通貨は珍しいです。 香港ドルと中国元は全くの別物です。 中国元は価値が高くなってきましたが、中国というお国柄がちょっと特殊なのでFX対象にはなりにくい様子。 ただ中国元も取引自体たくさんあります。 でもランキングの外でした。 では香港ドルの市場価値が高い理由として、米ドルと為替連携している点が挙げられます。 2018年現在、香港ドルは米ドルに対して若干の為替変動をしています。 米ドルと為替が固定レートで取引される香港ドルは信頼が高いんですね。 世界信用通貨ランキング!第8位!ノルウェー・クローネ! 為替取引が最も行われる通貨第8位は北欧の ノルウェー・クローネです。 ノルウェーは非EU加盟国じゃからな。 他のEUの国々で使われるユーロと違ってクローネを使うんじゃ。 国の人口は少ないが天然ガスや石油の産出国じゃから経済も安定しておる。 第10位のスウェーデン・クローナも同じく北欧出身ですからね。 北欧の経済はまさに安定のイメージが強い。 事実安定している通貨なんですね。 更にノルウェーはスウェーデンと違って非EU加盟国なので独自で信用の高い通貨を維持してます。 他の通貨の例でいえばスイスと同じ。 天然資源もあるので経済の安定性があります。 これによりノルウェー・クローネの通貨価値は高いんですね。 世界信用通貨ランキング!第7位!スイス・フラン! 第7位は世界でも信用が高いと言われるこの通貨! スイス・フランです。 スイスは永世中立国として有名じゃな。 それ故、国としての信頼性も高いんじゃ。 周りがフランスやドイツなど列強がたくさんありながらも中立を保ち続けるスイスの信頼は高いじゃろ。 スイスは世界一の秘密保持の国と言われるほど堅実な国なイメージがありますよね。 事実、世界で一番秘匿性の高い銀行と言われるのはスイス銀行。 そのスイスで使われているスイス・フランの信頼が低いわけはない。 ってことです。 スイス・フランは世界で最も大きなサイズの紙幣をかつて発行していたそうで。 そのサイズは何とA5用紙と同じ。 凄いですよね。 A5サイズの財布もあるのかしら? 笑 世界信用通貨ランキング!第6位!加ドル! FX取引が最も行われている通貨第6位は拮抗しましたが カナダドルに決定! カナダドルは安定した通過じゃからな。 FX取引でもよく使われるわい。 カナダは国土が広く人口が少ない。 そして何より未開の地がまだまだたくさんある上に天然資源も豊富じゃからな。 カナダは熱いじゃろ。 カナダは国土が世界で2番目に大きく人口はわずか3500万人程度と日本より圧倒的に少ない国なんです。 でも天然資源があるので経済も安定している国なんですね。 経済が安定しているということは通貨価値の変動もそこまで大きくないわけで。 カナダは政治や経済が安定している定番の国と言ったところ。 FX為替取引を見てみると米ドルと親和性が高いようです。 また日本円とのペア取引も盛んに行われています。 僅差でオーストラリアドルと迷いましたが、カナダドルを6位に選出しました。 世界信用通貨ランキング!第5位!豪ドル! 第6位のカナダドルと接戦でしたが、ランキング5位に選んだのは オーストラリアドルです。 カナダと同じくオーストラリアも面積が広く人口の少ない国じゃな。 そして経済力もある国なんじゃ。 オーストラリアも上位の為替取引の上位の国として登場するのは必然的じゃな。 カナダと同じくオーストラリアも経済と政治が共に安定している国です。 経済の安定性があるから為替取引の変動もそこまで大きくないですよね。 安全性のあるFXを行いたい人はカナダ、オーストラリアがオススメです。 FX為替取引はカナダとオーストラリアでほぼほぼ同じ程度でしたが、オーストラリアの方が僅かに上と判定しました。 世界信用通貨ランキング!第4位!英国ポンド! いよいよランキングも終盤に入ってきました。 信用通貨ランキング第4位は 英国ポンドです。 世界帝国を作ったイギリスの通貨ポンドの強さはいまだ健在じゃな。 イギリスポンドの信頼性が高いのは言うまでもなく世界への影響力じゃろう。 英国ポンドの価値は高いぞ。 イギリスポンドの信頼が高いのは仙人が言うようにイギリスが持つ世界への影響力でしょう。 ただイギリスポンドは為替取引において大きな転換を迎える可能性がありそうです。 それは非EUになることです。 これまでユーロは使わずともEU加盟国だったイギリスは来年2019年にEUを離脱する方向です。 もし非EUになればイギリスの経済は何かしら変化があるでしょうね。 このタイミングはFXトレーダーにとって吉となるか凶となるか。 それは2019年のお楽しみですね。 世界信用通貨ランキング!第3位!日本円! 信用通貨ランキングも3位に突入しました。 なんと世界で最もFX取引されているランキング3位に輝いたのは 日本円です。 サイトによっては4位の英国ポンドと逆になってる場合もあります。 だけど、自分の調査結果では日本円の方が3位になっている場合が多く見受けられたので日本円を3位にしました。 エコヒイキじゃありませんよ。 笑 言っておくが日本円は強いんじゃぞ。 日本の経済力は国際順位が下がったと言われるがそれでも3位。 上位の2つの国はどちらも面積・人口において日本をはるかにうわ待っておる国じゃからな。 日本円は国際的に強いんじゃ。 日本円はかなり多くの国でも両替できる通貨で個人的に驚きました。 アフリカのジンバブエの国では日本円が出回ってるそうです。 ジンバブエドルの破産に関連する記事はこちらから。 世界信用通貨ランキング!第2位!ユーロ! 信用通貨ランキングもいよいよ、2位の発表です。 2位にランクインしたのは欧州連合の通貨 ユーロです。 為替取引はユーロとペアすることが多いじゃろうな。 日本円もそうじゃがユーロも安定した通貨じゃ。 それにEU全体で使われているから信頼の高い通貨にもなっておるな。 ユーロの市場価値はEU全体で使われるので高いです。 ただEUは大きすぎるし、多様すぎるので他の通貨の様にマネージメントするのは大変かと。 通貨価値の変動はそこまで大きくないですが、EU全体で見ると出来事が多い。 取引する際は、他の通貨よりは考慮する要素が多い通貨になります。 世界信用通貨ランキング!第1位!米ドル! それではお待ちかねの世界信用通貨ランキング、堂々の第1位は!? 米ドル! 世界中で圧倒的にFX取引されている通貨は 米ドルでした! 言わずもがな、米ドルが非常に価値の高い通貨なのはわかるじゃろう。 日本じゃ使えんがいくつかの国じゃ国の通貨として米ドルを使用しておるくらいじゃからな。 取引全体の 41. これは凄い! んですが、米ドル一人勝ちの時代にも影が。 以前はもっとたくさんの取引がされていた米ドル。 更に比率は落ちる見込みだそうです。 米ドルが栄枯盛衰となりそうな予感。 そうなったらアメリカにべったりな日本は大丈夫かな? FXするなら信用価値が高い通貨でなければダメ? FX取引が最も行われている通貨ランキングを出してみました。 結局、信用価値が高い通貨じゃなければFXはダメなのか? については諸説あると思いますが「そうですね。 」と回答です。 信用価値が低い通貨は変動が大きかったり利便性が低いのでオススメできないです。 信用価値が高いからOKというわけではなく、信用価値が高くなければ為替取引の継続は難しい。 と回答するのが適切かと。 しかしながら、個人的には米ドルのシェア率がどんどん下がっているのは気になるところ。 w まとめ 以上、FX為替取引の多い通貨を調べて世界信用通貨ランキングを作ってみました。 信用を築く通貨の特徴はやはり政治と経済の安定ですね。 不安定な国の通貨はFX取引だとギャンブル要素が強くなるみたいですね。 とは言え、仮想通貨などギャンブル性の高い通貨も今は流行りなので皆そう言うの求めてるんだよね? そんじゃ、また。

次の