コナン ラム 声優。 名探偵コナン1029話

灰原哀の声優が変わった?林原めぐみの経歴や代表作についても

コナン ラム 声優

ポニーテールでタートルネックを好み、美人と言うよりもかわいい系な顔立ちです。 初対面のコナン達ともすぐ打ち解ける社交的で明るい性格です。 さらに料理も上手でピアノもうまい。 もう男性だとは思えないですね。 そう、浅井成実(あさいなるみ)は実は男性で、本名は麻生成実(あそうせいじ)です。 その前の旧姓は麻生成実(あそうせいじ)だったのです。 本来の一人称は「オレ」と、イメージが全然違って違和感でしかないですね。 名前を間違えられる!? アニメのみだと音でしか判断できないから名前の漢字を間違えることは多々あるかもしれませんが、成実先生はスタッフにも間違えられた記録があります。 アニメプロデューサーの諏訪道彦さんはアニメ日記に「成美」と書いてしまっていたし、アニメのエンディングクレジットまで「成美」になっていました。 青山剛昌先生もイベントで読者の「浅井成美」というペンネームを見て「昔描いたキャラだ」と発言しています。 成実先生は美しいからイメージが先行しちゃっているのでしょうか。 浅井成実の声優 折笠愛さんは、東京都出身の声優、女優、歌手です。 アクセルワンに所属しています。 日本工学院専門学校演劇科を卒業し、劇団文芸座や劇団創演で女優としてデビューしました。 主に幼女から女性役、少年役など幅広いキャラクターを担当しますが、特に色気ある女性、強気で姐御肌の女性を得意しています。 主演作では少年の声を担当することが多いです。 代表作は、『パッコロリン』パックン、『血界戦線』K・K、『愛・天地無用』魎呼などがあります。 『名探偵コナン』では、(代役)、ヒロキ・サワダ、ノアズ・アークなどを担当しています。 そして一人残された麻生成実は、浅井家に引き取られ、浅井成実(あさいせいじ)として過ごします。 しかし、家族がそろって自殺したことを不審に思っていた成実は麻生との関係性を疑われないために女装し、24歳の時に浅井成実(あさいなるみ)医師として月影島に戻り、家族の死の詳細を調査します。 調査は進まなかったが、ある時、成実が麻生の息子だと気付いた亀山はおびえながら真実を暴露。 家族の死の真相を知った成実はそれから2年後、復讐を実行します。 麻生圭二と名乗り、に殺人予告を出し、月影島に彼らを呼び寄せました。 そして、川島、黒岩、西本を殺害しました(亀山は暴露後に心臓麻痺で偶然死亡)。 その後、コナンによってトリックを暴かれると、公民館に火をつけ音楽室で自殺を図ります。 助けに来たコナンを窓から逃がし、最後はコナンへの感謝を暗号化した楽譜をピアノで弾きながらこの世を去りました。 成実先生は止めてほしかったのです。 自分の中にある復讐心を。 に殺人予告を送り付けたのも「家族の死の真相を暴いてほしい」という気持ちと、「これから自分が行う殺人を止めてほしい」という願いが込められていたのです。 復讐の計画を思いついてから実行に移すまでに2年の年月が経っていたのは、ずっと犯行を思い悩んでいたのだと思います。 殺人犯とはいえ、過去の事件の被害者だった成実先生を止められなかったことは、コナンの中で最大のトラウマになってしまいました。 コナンは後に、平次から「お前、人を殺しちまった事はあるか?」と聞かれ、「犯人を自殺させちまう探偵は殺人者と変わらねーよ。 」と、成実先生の姿を思い浮かべていました。 この会話は平次の行動にも影響を与え、別の殺人事件にて自殺をしようとした犯人を平次が全力で阻止していました。 浅井成実のまとめ.

次の

コナン毛利小五郎の声優交代理由がやばい…現在は神谷さんに戻った?

コナン ラム 声優

高明が安室を知っている理由 さて、前回の記事で予想した通り、高明がテレビ電話越しに安室を発見しましたね。 高明「この後ろの金髪の男…以前どこかで…」 (名探偵コナン1029話より引用) どうやら安室に見覚えがあるようですが、 一体どこで知ったのか。 これはおそらく、高明が 東都大学に通っていた頃に知ったのだと思います。 こちらも前回の記事に書きましたが、当時、景光は東京に住んでいました。 兄弟仲は良好だったようなので、この期間に 高明と景光が会っていた可能性は高い。 おそらく高明はその際に、なんらかの形で安室を知ったのではないでしょうか。 ただし、景光が 安室を高明に紹介したわけではなさそう。 もし安室を紹介されたなら、「この男どこかで…」ではなく普通に気づくはず。 もし景光から安室を紹介されていたなら、すでに思い出していないとおかしい。 となると、高明と安室は明確に顔見知りというわけではなく、 景光と一緒にいる姿を見たとか、 部屋に飾られている写真を見たとか、そんなところじゃないかなと。 景光の手紙には写真が同封されていたので、可能性が高いのは後者ですね。 もしかしたら 東都大学の在学中ではなく、手紙に同封された安室の写真を見ただけかもしれません。 安室のヒント「せっかち」の意味とは? 安室「ヒントとして君に言えるとしたら…その人物はとてもせっかち…って事ぐらいかな?」 (名探偵コナン1029話より引用) 続いて注目したいのが、やはりこのセリフ。 これにより 「脇田=ラム」の可能性はさらに高まったと思います。 まず、このヒントには2通りの解釈があります。 安室はラムのアナグラムのヒントを与えた• 結論から言うと、このセリフには どちらの意味も込められていると思います。 なぜならヒントを出すからには、それが ヒントとして機能しないと無意味だから。 一方でアナグラムのヒントなら、 「せっかち」はヒントとして機能します。 コナンの周囲で該当するのは脇田だけなので、 きちんとヒントから答えにたどり着ける。 そして、 若狭や黒田にはそれがクリアできません。 せっかちな性格かどうかで言えば、安室に報告を催促する黒田も、ドジっ子な振る舞いをしている若狭も、せっかちと言えなくはないでしょう。 けれど、「だからラムだ」と言えるようなヒントにはならない。 つまり、 「せっかち」がヒントとして機能するのは脇田だけ。 「脇田=ラム」の可能性はさらに高まったのではないでしょうか。 なぜなら「脇田=アナグラム」であり、安室もその由来を知っているとなると、 ラムは偽名を使っていることになるから。 当たり前のように思われるかもしれませんが、これは ラムの性格を紐解く上でとても重要です。 これまでは脇田兼則のアナグラムについて、2つの解釈がありました。 脇田兼則をもじったアナグラム=Time is money• Time is moneyをもじったアナグラム=脇田兼則 なにが違うかというと、前者は 「脇田兼則」という人物が先にいて、そこからアナグラムを作っている。 そのため、メールの「Time is money」という文章も、安室に対して「送り主は脇田だよ」と伝えるサインだったとも考えられました。 一方の後者は 「Time is money」というフレーズが先にあり、そこからアナグラムを作っている。 つまり、ラムにとって「Time is money」というフレーズは、 偽名にするほど特殊な意味を持っていることになります。 それこそ口癖や信念のような。 そして、ラムが偽名を使っているということは、 正しいのは後者。 実際にラムが「Time is money」を特殊な言葉として位置づけている以上、多かれ少なかれ「せっかち」な性格なので。 どの程度せっかちなのかはさておき、 時間に対する思い入れの強い人物なのは間違いありません。 ここで気になるのが「 時間」というキーワード。 これ、 組織の目的ともリンクしているのではないでしょうか。 高飛車な女「 我々は神であり悪魔でもある…なぜなら…時の流れに逆らって…死者を蘇らそうとしているのだから…」 (名探偵コナン37巻より引用) 組織の目的の一つは、時の流れに逆らって死者を蘇らせようとすること。 もちろん比喩表現ですが、それでも「時間」が大きな鍵を握るのは確実。 青山先生「まぁ、世界というか、金の流れを牛耳ろうとしています」 (名探偵コナン新聞第2号より引用) そして同時に、 組織は金の流れも牛耳ろうとしています。 もしかしたらラムの野望は、 文字通り「時間を金に換えること」なのかもしれません。 たとえば、APTX4869を完成させ、時間を金で購入できる世界に変えようとしているとか。 だとしたら、まさに人類の範疇を超えた「 神でもあり悪魔でもある」行為です。 安室「ペアを組みませんか?信用のおける人と、絶えず2人1組で動けるように…」 (名探偵コナン1029話より引用) 「脇田=ラム」と考えた場合、その狙いは小五郎を調査すること。 そこで安室はペアを提案し、 小五郎と脇田の距離を近づけることで、表向きは脇田をサポートしています。 ですが、本当の狙いは コナンを脇田から遠ざけること。 安室自らコナンを指名したのもこのためだと思います。 つまり安室は、叩いても何も出てこない 小五郎の潔白を証明しながら、コナンのことも調査の対象にならないように守っている。 この鮮やかな手際は、さすがの一言。 事件についての考察 おまけみたいになってしまいましたが、最後に 事件について。 は結構当たっていましたね。 ボーガンについては、身長に向きを合わせても姿勢次第で外れてしまうため、もう少し込み入った仕掛けかと思ったんですが……。 さて、だいたいツイッターに書いた通りなので、殴り書きでご容赦ください。 まずはガラスの割れたタイミング。 これは西野が「何か飲み物もらっていいか?」と聞きながら 荷物に手を入れた直後なので、このときに仕掛けを作動したのかなと思います。 次にタブレットを取り出すシーンですが、 西野は全員に背を向けています。 おそらくこのとき、西野はこっそり3箱すべてを空にした。 あるいは2箱を空にし、あらかじめ用意していた空箱を紛れ込ませた(お菓子を大量に持ち込んでいるのはその布石?)。 つまり、 ケースはすべて空箱だった。 小五郎の「ん?」は、ケースがどれも当たりだったため、見分けられずに違和感を覚えたということです。 では、どうして空箱は「カラカラ」と音を立てているのか。 おそらくこれは、箱ではなく 右手に握った別の何かから鳴っているのかなと思います。 あるいは袖口に仕込んでいたか。 ここも西野が大量に持ち込んだお菓子がキーになりそうです。 また、毒殺の詳しい方法はわかりませんが、毒はおそらく 川崎のハンカチに仕込んだのかなと。 前回、川崎はコナンとトイレに行った際、不自然にハンカチを咥えていたので。 犯人はここまで「郁絵のタブレット」「川崎のティッシュ」など、 彼らの癖を利用してトリックを仕掛けているので、ハンカチについても知っていたはず。 一つ引っかかるのは、 西野さん露骨に怪しすぎる(笑)。 もしかしたら誰かと共犯で、「書斎でチェンジ」のタイミングで実行犯を変更するとか……ないか(笑)。 ボーガンにしても毒殺にしても、遠隔で殺せるやり方をするのは単独犯だから。 複数犯ならお互いのアリバイを作るような殺し方をするはず。 それにしてもバレバレなので、どんでん返しを勘ぐってしまう次第です。 お返事めちゃくちゃ遅くなってごめんなさい!いつもご覧いただきありがとうございます。 なるほど、かなり目ざとく観察されてますね。 左手を使ってることに関しては、脇田が左利きである可能性は頭に入れといたほうが良さそうです。 ラムの目が務武のジークンドーによって負傷してた場合、ラムは務武の利き手側の目を負傷してると考えられます。 これは直接関係ないですが、ラム編において利き手が重要になる可能性はあるかなと。 歯については作画ミスかな〜とは思いますが…どうなんでしょうね。 仮に意図した描写だった場合、脇田は変装してることになりますが、歯が出たり引っ込んだりしてしまう変装ってかなり雑な気が。 変装してる可能性自体は大いにあると思いますが、それと今回の描写は関係ないという見解です! 若狭先生は何故まだ存在しているのか疑問です。 波戸の件でベルモットとバーボンに組織は始末させようとしました。 そして若狭先生のお手柄のニュースで組織にも若狭留美という情報が入ったと思います。 でも組織が動かないのに疑問を感じています。 黒の組織のメンバーとしての仕事 ということで若狭先生は黒の組織の人間。 ただ実はNOC MI6所属 と考えました。 ラムを追っている人間は赤井務武でしょうし、黒の組織としての仕事と見せかけてメアリーに協力してる?のかもしれないのかなと思ってます。 僕の考えをざっと書いてしまいましたが、何故若狭先生に対して組織は動かないのかもしくはもう動いてたなど考えを聞かせていただければ嬉しいです。 お返事遅くなってごめんなさい!ご質問ありがとうございます。 おっしゃる通り、組織が若狭に刺客を送らないのは理由があると思います。 ただ、個人的にはラム=脇田が「トンチが利いてる」の時点で若狭の意図(ラムをおびき出す)を読み、簡単に食いつかないようにしてると考えてます。 黒田は若狭の名前を聞いてわざわざ接触しにきてるし、脇田も「トンチが利いてる」という反応なので、どちらも若狭がテレビに映るまで面識はなさそうなんです。 それなら若狭=ラムなのか?となりますが、コナンの正体を見抜いてることや灰原の信頼、将棋の駒を握りしめる描写からして、ラムだと色々と矛盾してしまう。 という感じなので、今はまだ動きがないけど、今後ラムから若狭に接触する回がどこかであるんじゃないかなと思います!.

次の

名探偵コナン1029話

コナン ラム 声優

〜もくじ〜• 灰原哀の声が変わった、と言われる真相は? 名探偵コナンは長い期間放送されているアニメなので、声優の交代や代役は、あっても仕方のないものです。 現に、 毛利小五郎役の声優さんが変わった、というのは話題になりましたよね。 しかし、灰原役の林原さんに関しては、過去のアニメのエンドロールを見ても、 今まで代役が務めたということはありません。 声が変わった、と言われているのは、 単にレコーディングの日の声の調子が悪かったとか、風邪気味だった とか、そうした理由かもしれませんね。 にしても、加齢と共にどうしても声は低くなってしまうものですが、あんな可憐な少女の声が出せるなんて、プロはさすがです。 灰原は作品内でも子供のフリをしたり、 演技力が必要なポジションなだけに、難しさは素人でも分かるレベルですもんね。 林原さんはやっぱりすごい! 林原めぐみさんの経歴は? ではそんな林原さんの経歴について迫っていきましょう。 林原さんは、 1967年3月30日生まれの51歳 、東京都のご出身です。 高校卒業後、過去に父親が倒れたことから看護の道を志すも、 たまたま見つけて受けた声優無料養成オーディションを、特待生として合格。 しかし、 「声優になるなら、正看護婦免許を取得しなさい」という両親の条件により、看護学校と声優養成所を3年間両立して通いました。 その後、声優の先輩達から指導を受け、声優としての実力をつけていきます。 先輩の中には初代、毛利小五郎役の神谷明さんもいたよう。 ファンだけではなく、スタッフからも愛されていた林原さんの、その人柄の良さが伝わってきますよね!実力がつくにつれて、様々なメインキャラクターも演じるようになります。 そこから人気がついて、日本を代表する声優へと成長、第三次声優ブームの火付け役にもなりました! 現在は、声優業だけにとどまらず、 歌手やナレーター、ラジオパーソナリティ、作詞家としても活動を続ける林原さん。 「声優アーティスト」という言葉の礎を築いたのも、林原さんと言われています。 林原めぐみさんの代表作は? 林原さんは長きに渡って活躍しているだけに、様々な役柄を演じています。 」という決め台詞も、林原さん含める声優陣がアドリブで演じた のが定着したとのこと。 声優さんのアドリブ能力って、現場が盛り上がるんでしょうね。 ちなみに、灰原役のキャスティングに関しては、 青山先生の弟さんが「新世紀エヴァンゲリオン」のファンだったから 、らしいですよ。 まとめ いかがでしたでしょうか?灰原の可愛らしさは、ルックスだけではなく、その声からも滲み出ていますよね。 連載開始から時が経っていてもなお、その可憐さは変わることがありません。

次の