トイレブルー。 トイレの壁はブルーグレー

トイレの壁はブルーグレー

トイレブルー

1リットルで100リットル分になる大容量100倍希釈タイプです。 悪臭と化学的に反応することで無臭物質に変換します。 臭いの元を絶つことで結果的に虫よけ効果を発揮します。 仮設トイレの必需品です。 品名・・・トイレ用消臭剤 成分・・・テトラ他 外観・・・芳香を有する青色液体 液性・・・弱酸性 FRP素材屋さんの常設、仮設、おくだけ簡易トイレはこちらから! 頻繁に持ち運びする方にぴったり!高強度ポリエチレンタイプ 事務所などに置く常設型本格タイプエポックトイレはこちらから! smtb-TK 仮設トイレ用に特化した仮設トイレ専用、消臭液・ブルートップです。 便層を傷めないタイプでもちろんキャンピングカー・ポータブルトイレや汲取り用トイレにも使用出来ます。 汲取り用トイレなどは土中にFRP製の便層が埋まっていることがあります。 FRP素材屋さんのブルートップならば素材を傷めることがありません。 1リットルで100リットル分になる大容量100倍希釈タイプです。 希釈タイプのため必要な時に薄める事で収納が楽でかさばることがありません。 悪臭と化学的に反応することで無臭物質に変換します。 臭いを変質させる物タイプは通常の芳香剤 よりきつい芳香臭で臭いをごまかすもの とは異なります。 優しい芳香臭があります。 仮設トイレの必需品です。 営業時間:月〜金:10:00〜17:00 お客さまダイヤル:0575-49-4001 送料一律690円 8990円 税抜 以上お買い上げで送料無料。 北海道: 59,990円 税抜 以上お買い上げで送料無料。 沖縄:59,990円 税抜 以上お買い上げで送料無料。 他離島:59,990円 税抜 以上お買い上げで送料無料。 ボード・仮設トイレは各商品ページに送料表があります。 午前11時までにご入金確認ができれば、最短でお届けいたします。 クレジットカード決済: 当店ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。 ご安心ください。 当店ではクレジットカード用紙の『お客様控え』の発行を行っておりません。 ご了承の程お願いいたします。 ---当店の商品は高い専門性を有する商品です。 お客様サイドである程度の知識・その他技術を有しているものと判断します。 商品到着後 お客様サイドでの施工時、加工時 に発生した不備について、 不具合の詳細を確認してできる限りサポートは致しますが、原則自己責任にてお願いいたします。 返品交換の期限切れ、事前連絡がない場合は承れません。 当方費用負担で返金、交換をいたします。 返品送料:お客様負担 手続き:返品商品が弊社に到着後、商品を確認。 5営業日以内にご指定口座にご返金いたします。 万一、お客様サイドで商品の受け取りが出来ない場合は、速やかにお知らせ下さい。 発送後1週間以内に受け取りいただけない場合は自動キャンセルとなります。 発送後のキャンセルの場合は、送料分はお客様に負担いただきます。 Copyright C 2009-2011 FRP素材屋さん All Rights Reserved.

次の

トイレの壁はブルーグレー

トイレブルー

概要 [ ] 6月10日発売開始。 後に小林製薬の四代目社長となる小林一雅が訪米した際に見かけたトイレ洗浄剤をモデルに開発を思い立ったという。 しかし、アメリカと異なり当時の日本ではの普及率がまだ低く、で使用後の汚水を一旦貯めて濾過し、汚れを取り除いてから放流する方法が主流であり、浄化槽内のに影響するためが使用できないという制約があった。 開発の際、大阪工場の屋上には十数基の水洗トイレが設置され、試作品を作っては屋上のトイレで実験し、欠点が改善されれば再び屋上へという地道な作業が繰り返され、色を一定にするまでには約1年を要した。 その後も香りや水温の問題、製造方法や製造コストにも取り組み、実際に製品として完成したのは開発着手から4年後のことだった。 当初は、水洗トイレのタンク内に針金で容器を吊す形式(現在の「ブルーレットつり下げ」に相当)で、重いタンクの蓋を取り外す必要に加えて、容器から漏れ出す薬液で手が汚れるなど、主婦の女性には設置が煩わしい製品であったこと、効果の持続性が短いなどの難点があった。 そうした悪条件を克服するにつれて売り上げを徐々に伸ばし始め、数年後には採算ラインに到達するまでになった。 粘り強い販促活動に加えて、都市部を中心にが急増し、下水道普及率やトイレの水洗化率の向上といった社会的条件も追い風となり、リピート率の高さも手伝って累計出荷個数1億個を超える典型的なロングセラーブランドに成長した。 更に市場への定着を促す上で転機となった商品は、に発売された「ブルーレットおくだけ」(水盆の上に設置するオンタンクタイプ)、に発売された「ブルーレットドボン」(タンクの底に固着する投げ込み式固形タイプ)であり、設置の手間を劇的に減らし、販売数が飛躍的に増加した。 また、にはオシャレ路線を訴求した「ブルーレット陶器のおくだけ(後の「ブルーレットSelect」)」を発売。 には無色の液体タイプ「液体ブルーレットおくだけ」を発売。 初期の製品は青色のみで、「ブルーレット」の名もそれに由来するが、現在は他にグリーンの水仕様や、に発売を開始した無色タイプを加えた三本建ての展開となっている。 特に無色タイプは排泄物の健康チェックに支障をきたさないという点で一定の需要があるとされる。 小林製薬にとっては、このブルーレットが家庭用品()参入第一号の製品であり、従来は医薬品専業メーカーでありながら、その後急速に家庭用品事業を拡大していく端緒となった。 2014年6月には、タンクレストイレの普及に対応し、便器に直接ジェルを貼り付ける「ブルーレットデコラル」が発売され、2015年4月には繰り返し使用可能のスタンプ式「ブルーレットスタンピー」も発売された。 同年11月10日に、「最新の年間売上に基づく、水洗トイレのタンクに設置するトイレケアの最大ブランド」としてに認定された(洗剤・日用雑貨のカテゴリにおける売上No. 1認定はギネス世界記録史上初)。 記録として認定された2013年の累計売上は過去最高額である138億1345万5655円(正式認定数値)であった。 これら全ての製品は便器洗浄時に薬剤洗浄により便器の表面は常に薬剤で防汚コーティングされ芳香される。 また便器の待機時においても給水タンクや便器のに滞留した薬剤の溶液からも芳香を発散する。 現行製品 [ ] 2020年4月に「ブルーレット」のブランドロゴが変更されており、既存の「液体ブルーレット」シリーズ全品(おくだけ・おくだけアロマ・おくだけ除菌EX・Premium PERFUME・BOTANICAL)、ドボン2倍(無色の水を除く)、デコラル除菌効果プラスも同年6月にブランドロゴ変更に伴うパッケージデザイン変更を行いリニューアルされた。 汚れ付着防止成分を配合したブルーレットの基盤製品。 2007年からは薬剤の包装が袋からポーションカップ容器に変更されている。 2011年10月にはライトブルーの水とした「ブルージャスミンの香り」と「心地よいピンクソープの香り」の2種類を追加した。 他に、「の香り(ブルーの水)」、「の香り(グリーンの水)」、「の香り(ブルーの水)」があり、全部で5種類ある。 2016年4月にリニューアルされ、「ブルージャスミンの香り」・「心地よいピンクソープの香り」と「ブーケの香り」・「ハーブの香り」・「ラベンダーの香り」で形状が異なっていた容器が楕円形状のワンタッチ式容器に統一された(なお、つめ替用は従来の「ブルーレットおくだけ」の容器にもつめ替え可能である)。 ブルーレットおくだけ 漂白剤(固形・無色) 1995年発売。 塩素系のトイレ用漂白剤(塩素系だが、他の「ブルーレット」同様、浄化槽に影響がない製品設計となっている)。 販売当初の名称は「ブルーレットおくだけ 洗浄漂白剤」。 微香性で、星型容器となっている。 無色のブルーレットおくだけ(固形・無色) 1990年発売。 「ブルーレットおくだけ」の無色タイプ。 販売当初の名称は「ブルーレット無色のおくだけ」。 ソープの香り。 「ブルーレットおくだけ」同様に、2016年4月にリニューアルされ、楕円形のワンタッチ式容器となった(つめ替用は従来の「無色のブルーレットおくだけ」の容器にもつめ替え可能)。 液体ブルーレットおくだけ(液体・無色) 2001年発売。 洗浄・防汚成分を配合。 「ブルーレット」内で香りの種類が多く、2020年6月時点で「の香り」、「せっけんの香り」、「ピーチの香り」、「清潔なブルーミーアクアの香り」、「の香り」、「洗い立てほのかなの香り」、「やすらぎそよぐの香り」、「ピンクローズの香り」、「心なごむの香り(本品のみ消臭効果もあるため、 芳香消臭剤に区分される)」、「心やすらぐの香り」、「心やすらぐスパフラワーの香り」の11種類が発売されている。 なお、2016年春までは下容器の足部が4本足で、つけ替用は「液体ブルーレットおくだけ」専用(「液体ブルーレットおくだけアロマ」と互換使用は可能)だったが、同年より下容器の足部を2本足に改良されたことで、現行(2016年以降製造)「おくだけ」の下容器は「おくだけアロマ」以外の「液体ブルーレット」シリーズ(おくだけ除菌EX・Premium PERFUME・BOTANICAL・除菌効果プラス)のつけ替用も使用可能となった。 液体ブルーレットおくだけアロマ(液体・無色) 2012年3月発売。 「液体ブルーレットおくだけ」にアロマ調フレグランスを採用し、香りに重点を置いた製品。 「フローラルアロマの香り」、「リラックスアロマの香り」、「リフレッシュアロマの香り(2013年3月発売)」、「心ときめくプリンセスアロマの香り(2014年9月発売)」、「南国リゾート ハワイアンアロマの香り(2017年4月発売)」、「エキゾチックな オリエンタルアロマの香り(2017年9月発売)」の6種類。 「液体ブルーレットおくだけ」同様、2016年春までは下容器の足部が4本足で、つけ替用は「液体ブルーレットおくだけアロマ」専用(「液体ブルーレットおくだけ」との互換使用は可能)だったが、同年より下容器の足部を2本足に改良されたことで、現行(2016年以降に製造)の下容器は「おくだけ」以外の「液体ブルーレット」シリーズ(おくだけ除菌EX・Premium PERFUME・BOTANICAL・除菌効果プラス)のつけ替用も使用可能となった。 液体ブルーレットおくだけ除菌EX(液体・無色) 2013年3月発売。 既存の「液体ブルーレットおくだけ」に除菌処方をプラスした製品("EX"は製品名であって除菌レベルを表現していないため、パッケージや製品情報サイトにその旨が記載されている)。 「スーパーミントの香り」、「ロイヤルブーケの香り」、「スーパーオレンジの香り(2014年4月発売)」、「パワースプラッシュの香り(2015年3月発売)」、「パワーウォッシュの香り(2016年4月発売)」、「スーパーアクアソープの香り(2017年9月発売)」、「無香料」の7種類。 「スーパーオレンジの香り」の発売時には既存の香りも青を基調としたパッケージへリニューアルされた。 発売当初、つけ替用は「液体ブルーレットおくだけ除菌EX」専用だったが、2018年秋に仕様変更され、他の「液体ブルーレット」シリーズ(おくだけ・おくだけアロマ・Premium PERFUME・BOTANCAL・除菌効果プラス)の下容器(おくだけ・おくだけアロマは2016年以降に製造された下容器に限る)にも使用可能となった。 液体ブルーレットPremium PERFUME(プレミアム パフューム、液体・無色) 2018年3月発売。 従来発売されていた「ブルーレットPerfume」の後継製品で、既存の「液体ブルーレットおくだけ」にフレグランスオイルを配合した製品。 香りは「フルールシャボン」、「ホワイトフローラ」、「アロマフルール(2019年10月発売)」の3種類。 2020年6月のリニューアルに伴い、「ブルーレットPremium PERFUME」から製品名が変更された。 「アロマフルール」の発売に合わせてつけ替用が仕様変更され、他の「液体ブルーレット」シリーズ(おくだけ・おくだけアロマ・おくだけ除菌EX・BOTANICAL・除菌効果プラス)の下容器(おくだけ・おくだけアロマは2016年以降製造の2本足仕様に限る)にも使用可能となった。 なお、ツインタンク仕様である「ブルーレットPerfume」との互換使用は不可となる。 液体ブルーレットBOTANICAL(ボタニカル、液体・無色) 2018年4月発売。 既存の「液体ブルーレットおくだけ」にオーガニック調の香り成分を加えた製品。 タンクには「BOTANICAL」の立体文字が施されている。 香りはピンク色のタンクの「ボタニカルフローラルの香り」とグリーン色のタンクの「ボタニカルリーフの香り」の2種類。 2020年6月のリニューアルに伴い、「ブルーレットBOTANICAL」から製品名が変更された。 つけ替用は他の「液体ブルーレット」シリーズ(おくだけ・おくだけアロマ・おくだけ除菌EX・Premium PERFUME・除菌効果プラス)の下容器(おくだけ・おくだけアロマは2016年以降製造の2本足仕様に限る)にも使用可能である。 液体ブルーレット 除菌効果プラス(液体・無色) 2020年4月発売。 を高配合した水洗トイレ用合成洗剤。 使用方法は水洗タンクの上に置くタイプの「ブルーレット」と同じである。 香りは「EXミントの香り」と「EXオレンジの香り」の2種類。 また、つけ替用は2個入で、他の「液体ブルーレット」シリーズ(おくだけ・おくだけアロマ・おくだけ除菌EX・Premium PERFUME・BOTANICAL)の下容器(おくだけ・おくだけアロマは2016年以降製造の2本足仕様に限る)にも使用可能である。 2014年9月現在、2倍容量の120g入り長持ちタイプ「ブルーレットドボン2倍」が主流で、香りも「ブルーミントの香り」、「ラベンダーの香り」、「ハーブの香り」、「せっけんの香り」、「の香り」の5種類で、「せっけんの香り」、「グレープフルーツの香り」は無色タイプである。 なお、「ブルーミントの香り」には標準サイズ(60g)の「ブルーレットドボン」もラインナップされている。 ブルーレットドボン漂白剤(無色) 1996年発売。 塩素系のトイレ用漂白剤。 販売当初の名称は「ブルーレットドボン 洗浄漂白剤」。 ブルーレットつり下げ(青色) 1969年発売。 ブルーレットの元祖製品で、3つの洗浄成分を配合した吊り下げタイプ。 発売から45年経過しているが、細やかな改良を行いながら現在でも販売されている。 便器にジェルを貼り付けるタイプ [ ] ブルーレットデコラル ブルーレットデコラルを介して薬剤が注ぎこまれた和風便器 2014年9月発売。 容器先端を便器に押し当て、容器を押すことで花びら型のジェルができ、2箇所貼り付けて使用する。 洗浄・防汚成分配合。 1本で約10日間使用でき、貼り付けてから2週間以上経過した場合やジェルが小さくなったらトイレブラシで擦ってトイレ用洗剤として使用できる。 1本使いきりタイプで、3本入り(約30日分)である。 香りは「リラックスアロマの香り」、「爽やかな森と花の香り」、「アロマピンクローズの香り(2015年9月発売)」、「フローラルアロマの香り(2016年9月発売)」の4種類。 薬剤ジェルの色も香りによってピンク色の他に透明(クリア)、水色、青色、緑色等のものがある。 ブルーレットデコラルPREMIUM 2017年4月発売。 「ブルーレットデコラル」の香りに香水調フレグランスを採用した製品。 容器も香水瓶風のデザインに変更されている。 発売当初、香りは「パルファム フラワリー」と「パルファム エレガント」の2種類だったが、同年10月に「パルファム オリエンタル」が追加発売され、3種類となった。 ブルーレットデコラル 除菌効果プラス 2017年10月発売。 「ブルーレットデコラル」に除菌成分(黒ズミの発生原因となる菌の増殖を抑える成分)を配合した製品。 1本あたりの持続日数が約1週間(1日15回流した場合)のため1パック(3本)で約3週間分となる、香りは「フレッシュフローラルアロマの香り」と「フレッシュソープの香り(2019年4月発売)」の2種類。 2019年4月に「フレッシュフローラルアロマの香り」がリニューアルされ、入数が4本から他の「ブルーレットデコラル」シリーズと同じ3本に変更された。 ブルーレットスタンピー 2015年4月発売。 使用方法・使用日数は「ブルーレットデコラル」と同じだが、1本で約4回分(約40日分)使用でき、グリップにジェル容器を装着するスタンプ式で、ジェル容器2本入り(約80日分)のつけ替用が設定されている。 また、本体には保管用のスタンドも同梱する。 2018年11月にキャップの形状と組立手順を変更(ジェル容器のキャップを外すタイミングがグリップ差し込み 前からグリップ差し込み 後に変更)するリニューアルが行われ、後述する「スタンピー 除菌効果プラス」や「かんたんスタンピー」への移行に伴い、香りのラインナップが「心なごむリラックスアロマの香り」1種類のみに集約された。 ブルーレットスタンピー 除菌効果プラス 2016年4月発売。 「ブルーレットスタンピー」に除菌成分(黒ズミの発生原因となる菌の増殖を抑える成分)を配合した製品。 1本あたりの使用回数は「ブルーレットスタンピー」と同じだが、1回あたりの使用期間が約1週間のため、1本で約30日分(3本入り包装のつけ替用は約90日分)となる。 発売当初は「スーパーミントの香り」のみだったが、2016年9月に「フレッシュコットンの香り」、2017年4月に「フローラルアロマの香り」、2019年9月に「無香料」が順次発売され、4種類となっている。 「スタンピー」同様、2018年11月のリニューアル時にキャップの形状と組立手順を変更(ジェル容器のキャップを外すタイミングがグリップ差し込み 前からグリップ差し込み 後に変更)。 2020年4月にリニューアル。 ブランドロゴの変更を含めてパッケージデザインが変更され、つけ替用は2本(約60日分)から3本(約90日分)に増量した。 ブルーレットスタンピー 除菌フレグランス 2020年4月発売。 「ブルーレットスタンピー 除菌効果プラス」をベースに香りを重視した製品。 香りは「フレグランスフローラルの香り」と「フレグランスソープの香り」の2種類。 つけ替用は3本入(約90日分)で、グリップは「除菌フレグランス」以外の「ブルーレット スタンピー」シリーズのグリップでも使用が可能である。 ブルーレットかんたんスタンピー 2018年4月発売。 「ブルーレットスタンピー」の1回使い切りタイプ(組立不要)。 既存の「デコラル」や「スタンピー」とは異なり、貼付の箇所は1ヶ所のみ、1本あたりの使用期間が約2週間に延び、1箱(2本)で約1ヶ月分となる。 香りは「リラックスアロマの香り」のみ。 2019年に後述する「ブルーレットかんたんスタンピー 除菌効果プラス」に準じたパッケージデザインに変更されている。 ブルーレットかんたんスタンピー 除菌効果プラス 2019年4月発売。 「ブルーレットかんたんスタンピー」に除菌成分(黒ズミの発生原因となる菌の増殖を抑える成分)を配合した製品。 1回あたりの使用期間は「ブルーレットスタンピー」と同じである。 香りは「フレッシュコットンの香り」と「パワーシトラスの香り」の2種類。 トイレ掃除用品 [ ] ブルーレットトイレ洗浄中(錠剤) 便器のトラップに投入する水洗トイレ用洗浄剤。 元々は単独製品で発売されていたが、2017年に「ブルーレット」ブランドへ編入され、製品名が変更された。 ブルーレットさぼったリング(粉末・塩素系) 便器のトラップに投入する水洗トイレ用洗浄剤。 元々は「トイレ洗浄中」のシリーズ品として「トイレ洗浄中さぼったリング」の製品名で発売されていたが、2017年に「ブルーレット」ブランドへ編入され、製品名が変更となった。 ブルーレットさぼったリング 大盛り泡(粉末・塩素系) 2019年10月発売。 既存の「ブルーレットさぼったリング」の2. 75倍の容量(1袋110g、通常の「ブルーレットさぼったリング」は1袋40g)とすることでより多くの泡を発生させて広範囲の洗浄を可能にした製品。 製造終了品 [ ] ブルーレット(初代) 1990年代にブルーレットつり下げに承継。 かつては本体容器にロゴマークが印刷されていた。 液体ブルーレット(初代) 1980年代初頭に存在した。 現在のものとは異なり、洗浄液の入ったボトルをタンクに入れる形で液は色付きだった。 ブルーレットおくだけ2タンク 1987年発売。 前年発売の「ブルーレットおくだけ」に続く商品。 洗浄剤と漂白剤が付いているが、1990年代前半ごろに発売を終了した。 なお、洗浄剤は後の「ブルーレットおくだけ洗浄漂白剤」と「ブルーレットドボン洗浄漂白剤」に引き継がれた。 ブルーレット液体トイレ洗浄中 2009年春製造終了。 濃縮洗剤と漂白玉(塩素系)を組み合わせた。 ブルーレットおくだけ 黒ズミ対策(固形・ライトブルー) 2008年発売。 通常の「ブルーレットおくだけ」と互換対応。 「銀のブルーレットおくだけ」の代替製品であった。 液体・無色タイプの「液体ブルーレットおくだけ除菌EX」が実質的な代替製品となる。 従来発売されていた「ブルーレット陶器のおくだけ」の改良品。 発売当初はガラス製容器を使用した「シンプルタイプ」もラインナップされていたが、その後「陶器タイプ」のみのラインナップとなった。 また、つめかえ用は「陶器のおくだけ」と互換対応している。 香りは「優雅な」、「清楚な」、「穏やかなハーブ」の3種類。 2013年3月製造終了。 ブルーレットPerfume(液体・無色) 2009年3月発売。 芳香液と洗浄液を分けたツインタンクタイプ。 従来発売されていた「液体ブルーレットおくだけ Wリキッド」の改良品。 香りは「ベビーフルール」、「スウィートリッチ」、「フローラルフルーティ」、「フローラルソープ」の4種類。 「ブルーレットPremium PERFUME」へ継承の為、2018年3月製造終了。 ブルーレット泡ブラシ 2012年9月発売。 便器の内側全面にスプレーし、約1分放置して流すタイプのトイレ用洗剤。 香りはクリアミントとホワイティーローズの2種類。 地区限定発売。 2014年3月製造終了。 ブルーレット香るトイレ用洗剤 2013年9月発売。 「液体ブルーレットおくだけ」の技術を応用することで使用量が少ないのが特徴。 ふち裏を確認できるミラーシールも装着されている。 香りはホワイティーローズの香りと爽やかフローラルの香りの2種類。 塩素系成分不使用のため、つめ替用も設定されていた。 2015年3月製造終了。 回収された商品 [ ] 銀イオンの殺菌効果を謳う商品が流行している中で、9月に「銀のブルーレットおくだけ」が発売された。 パッケージには、便器の黒ズミの発生を防ぐ効果を謳っていたが、実際には銀イオンの配合量が少なく効果が認められず、6月、小林製薬はから第6条第1項の規定に基づく排除命令を受けている。 なお製品自体は、先立つ同年2月中に公正取引委員会からの指摘を受け、回収を始めている。 備考 [ ] スタンプクリーナータイプの「スタンピー」 を除き、ブルーレットシリーズ製品の注意書きに「には使用できない」の旨があるので、への使用が不可となる。

次の

ティファニーブルーのトイレにプチリフォーム

トイレブルー

「こんにちは。 健康診断レポートとメディカルアドバイスがあります」。 近い将来、トイレからこんなふうに話しかけられるかもしれない。 現在、センサー内蔵のスマートトイレは、人の健康に関するミニ「診断所」となっている。 用を足すと、トイレに装備されている分析測定モジュールとチップが自動的にデータを収集し分析する。 測定結果は携帯電話のアプリなどの健康管理プラットフォームに送られユーザーに健康相談サービスを提供するという仕組みだ。 このような健康管理機能付きのスマートトイレを開発した「幾何科技公司(GEOMETRY HEALTHTECH)」の創業者兼CEOの陳良程氏は、「スマートトイレは家庭で利用でき、大変すばらしい健康管理ポータルだ。 使いやすく、応用性が高い。 スマート化に伴い、トイレは検査測定器具としての活用が期待され、人の生活との密着度がより高まっている。 今、人体のデータをモニタリングするのにトイレに代わる方法はない」と語る。 中国国内において、健康データのモニタリング機能を持つスマートトイレは完全なブルーオーシャン市場だ。 「命を救う」トイレ トイレで身体データをモニタリングするなどということが、本当にできるのだろうか。 この問題について、米国の「トイレ・ボード・コーリション(Toilet Board Coalition)」のマイケル・リンデンマイヤー(Michael Lindenmayer)氏は次のように述べている。 「現代人は病気になってから診察を受ける。 体のデータが語る言葉によく耳を傾けようとするならば、トイレの方が人間よりそれを十分かつ明確に実行できている」しかし、現在、大量の身体データは十分に利用されることなく、そのトイレを通じて無駄に下水道に流されているのだ。 画像出典: Rochester Institute of Technology 充電しなければ使えないウェアラブルデバイスと異なり、トイレは対象者の習慣を変えることなく、黙々とデータを収集し、定期的にモニタリングするだけだ。 さらに便座は実際に皮膚に触れることで、より正確にデータを読み取ることができる。 現在のスマートトイレは心疾患をモニタリングするだけではなく、尿のモニタリングを通じてがんや糖尿病の初期症状を早期発見することもできる。 がんを早期発見できるFitLoo(画像出典: Fredzone) トイレのビジネス Numi 2. 0 スマートトイレ 画像出典:コーラー 大手企業はすでに動き出している。 世界最大の家電技術見本市である「CES2019年」では、アメリカの水まわり製品ブランド「コーラー(KOHLER)」が音声アシスタントAlexaを活用した音声制御トイレやスマートバスミラーなどの製品を出展している。 グーグルは2016年にバスルームの特許を取得したことを発表した。 設計図によると、未来のスマートバスルームには超音波バスタブと圧力センサートイレが設置され、心臓や血管の健康状態について全面的な検査測定ができるという。 またグーグルの親会社Alphabetは2015年に血圧測定用の圧力センサートイレの便座の特許を申請している。 グーグルのバスルーム関連の特許 日本メーカーのTOTOとパナソニックはWi-Fiに接続できるトイレを設計している。 尿と大便の成分分析により、肥満度を示す体格指数BMI、身体の生化学的構成物質(糖分、たんぱく質)と尿の温度を測定することができる。 幾何科技のスマートトイレ 前述の陳良程氏によると、幾何科技の全自動スマート健康管理トイレは2019年下半期に正式に商用化されるという。 欧州宇宙機関(ESA)のプロジェクトマネージャー、デビッド・コッポラ(Davide Coppola)氏は、スマートトイレのより大きなビジョンを描いている。 「もし一つの地域に1000個の人体データを収集できるスマートトイレがあれば、空間データを利用してその地域の疾病をモニタリングすることが可能だ。 そして疾病が広まる可能性を計算できる」と語る。 トイレのセンサーデータと衛星の観測データの結合により最終的には疾病予防のための健康情報システムを構築することができるのだ。 ひょっとしたら、トイレはもはや汚いものの代名詞ではなく、より健康的かつスマートなイメージに結びつく存在なのかもしれない。 (翻訳・桃紅柳緑).

次の