タイプ 相性。 タイプ相性表

エニアグラムの相性のタイプ一覧!恋愛・結婚・仕事・人間関係

タイプ 相性

MBTI診断とは このブログで紹介しているMBTI診断テスト 16TEST, 16分類テスト は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。 この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。 適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。 このようなMBTI診断はというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。 まずは受験してみましょう! MBTIの相性論について は、自己理解や他者理解のツールとして使うことができるという話をしたり、適職や人間関係の話題は当ブログでも取り上げてきました。 しかし、実はMBTIの書籍や文章でも語られているように「MBTIは相性論を語るものではない」ということ。 つまり、多くのMBTIのサイトで語られている相性論は根拠のないものや、そのサイトの管理人の主観による独断と偏見で決定する危険性がるということです。 当ブログでは、MBTIの他に、MBTIを発展している研究であるネオ・ユングやソシオニクスの考え方を取り入れています。 ソシオニクスではそれぞれのタイプによる関係性を語ることも多いです。 これは立派な理論・研究に基づいているもので、比較的信頼できるものと考えることができるでしょう。 (ソシオニクスとMBTIの違いについては以下の記事を参考にしてみてください) つまり、当ブログでMBTIの相性論を紹介している場合には、ソシオニクスやネオユングの理論より、解説しているということです。 タイプ別の相性論 上記が、16タイプごとの関係を示す表です。 この表は、それぞれのタイプ間での関係を一つの表にしています。 厳密にはクアドラという考え方もあり、このクアドラも同じ価値観・情報認知・処理をしているという意味で距離が近づきやすいと考えられる相性論の一部ではあります。 今回は、純粋に1:1を考えた時の関係について説明します。 双対関係 Dual 双対関係となるタイプは、アルファベットがすべて異なるタイプになります。 例えば、ENTPであれば、その対象のタイプはISFJとなります。 双対関係にあるタイプでは、一見全く異なるタイプに見えますが、潜在意識の中でお互いを理解することができ、また片方の自覚している弱い価値観をもう片方が補うことができる理想の関係値になります。 双対関係はソシオニクス上では最も相性の良い関係と言われており、同じクアドラの上に居ます。 クアドラはその人の見えている世界を概略したような考え方に基づいているので、見えている世界に近い部分を感じる部分もあるでしょう。 ENTPとISFJ• ESFJとINTP• ESTPとINFJ• ENFJとISTP• ESFPとINTJ• ENTJとISFP• ENFPとISTJ• ESTJとINFP 同一関係 Identity 同一関係になるのは、自身と同じタイプになります。 同一関係は、クアドラも同じであり、価値観や思考パターンも似ていることから、最も容易に仲良くなりやすいタイプといえるでしょう。 自分自身もしっくりくる友達やパートナーはこのタイプになる可能性が高いでしょう。 同じ価値観を持っており、同じ思考をするために、同じシーンでミスを犯したり、同じ領域で自分を発揮しようとするため場合によっては相性が悪くなることもあるでしょう。 しかし、自分と近い価値観を持っていること、思考をしていることから、お互いの強みや弱みを理解し合えるところは良い関係だといえるでしょう。 鏡像関係 Mirror 鏡像関係になるのは、ENTPであればINTP、ESFPであればISFPと、頭のイニシャルが1文字他のタイプになったタイプになります。 これらのタイプは使っている心理機能は似ているものの、優先度合い(第一機能・第二機能が逆転している)が異なるタイプで、双子のような関係性となるタイプになります。 ENTPとINTP• ENFJとINFJ• ESFPとISFP• ENTJとINTJ• ENFPとINFP• ESFJとISFJ• ESTPとISTP• ESTJとISTJ 活性化関係 Activity 活性化関係になるタイプは、お互いに違った認知・処理パターンを使うアルファベットの2文字目・3文字目・4文字目が逆転したタイプになります。 (ENTPであればESFJ、INTPであればISFJ)これらのタイプはお互いの精神的ストレスを和らげたり、支えあうことができ、気持ちがプラスな方向に向かう関係性です。 ENTPとESFJ• INTPとISFJ• INFPとISTJ• ESTPとENFJ• ISTPとINFJ• ESFPとENTJ• ISFPとINTJ• ENFPとESTJ 超自我関係 Super-Ego 超自我関係になるタイプは、真ん中の2文字目、3文字目のみが異なるタイプで、これらのタイプはお互いに自分の中に無いものを持っていると感じるタイプです。 時には、自分の理想形として見えることもあるでしょう。 ENTPとESFP• INTPとISFP• ESTPとENFP• INFJとISTJ• ENFJとESTJ• ISFJとINTJ• ISTPとINFP• そのため、準同一関係では、似て非なるタイプといえるでしょう。 ENTPとENTJ• ENFJとENFP• ISTPとISTJ• ISFJとISFP• ESFJとESFP• ESTPとESTJ• INFJとINFP• INTPとINTJ 消化関係 Extinguishment 消化関係になるタイプは、アルファベットの1文字目と4文字目が逆転するタイプになります。 (ENTPならばINTJ,ISFPならばESFJ)これらの関係では、二人で語り合う分には相手の魅力を感じることができるかもしれませんが、社会の中では対極的な意見から水の刺し合いになるような関係になることが多いでしょう。 ENTPとINTJ• INFJとENFP• ISFJとESFP• ESFJとISFP• INTPとENTJ• ENFJとINFP• ISTPとESTJ• ESTPとISTJ 衝突関係 Conflict 衝突関係になるタイプは、アルファベットの4文字目以外が全て逆転しているタイプ(ENTPであればISFP、INTPであればESFP)が該当します。 これらのタイプでは、距離を近づけることさえ乗り越えれば学ぶことの多い双対関係に似ているタイプと言えるでしょう。 ENTPとISFP• INTPとESFP• ENTJとISFJ• ISTPとENFP• ESTJとINFJ• ISTJとENFJ• INTJとESFJ• ESTPとINFP 準双対関係 Semi-duality 準双対関係になるタイプはアルファベットの3文字目以外が全て逆転してしまうタイプで、ENTPであればISTJ、ESTJであればINTPとなります。 これらの関係では、関係性を築くことが難しいタイプであり、親密になることに抵抗があるタイプである可能性が高いでしょう。 お互いの妥協と譲歩により関係性が成り立つ関係と言えるでしょう。 ENTPとISTJ• INTPとENFJ• ESTPとINTJ• INFJとESFP• ISFJとENFP• ESFJとISTP• ENTJとINFP• ISFPとESTJ 同属関係 Comparative 同属関係にあるタイプは、アルファベットの3文字目以外が同じタイプであり、ENTPであればENFP・ESTJであればESFJとなります。 これらのタイプは、似ているタイプであり、相手の弱みを理解できたり、特徴を理解しやすいので、仲良くなりやすいですが、意思の決断部分が異なるために長い間時間を共にすること喧嘩も起こりやすいと言えるでしょう。 ENTPとENFP• ISFJとISTJ• INFJとINTJ• ENTJとESTJ• ESFJとENFJ• INTPとISTP• ESTPとESFP• ISFPとINFP 幻想関係 Illusionary 幻想関係にあるタイプは、根本的な価値観が全く異なることで相手が何を考えているのかよくわからない幻想的に感じるタイプですが、何故か仲良くなるようなタイプです。 相手の価値観を理解しにくいために、一緒に何かを行うことは難しいかもしれませんが、学ぶことは多く、友達にはなりやすいタイプでしょう。 ENTPとINFJ• ESFPとISTJ• INTJとENFP• INTPとENFJ• ISFJとESTP• ENTJとINFP• ESFJとISTP• ISFPとESTJ ビジネス関係 Business ビジネス関係は、アルファベットの2文字目以外が同じタイプとなります。 ビジネス関係にあるタイプはお互いのことを理解することができるので、表面上は楽しく仲良くやりとりすることができるタイプですが、物事の受け取り方・見え方が全く異なるために、親密に接することは難しいタイプになるでしょう。 ENTPとESTP• ESFJとESTJ• ISFJとINFJ• ESFPとENFP• INTPとINFP• ENFJとENTJ• ISTPとISFP• INTJとISTJ 監督関係 Supervision 監督関係は片方の立場が、ポジションを取っていると理想的な立場関係です。 例えばENTPの監督関係にあるのはISTPですが、ENTPはISTPに対して監督的立場を取っている、という意味になります。 つまり、監督関係である場合には、部下や後輩という場合には良い関係を築くことができるでしょう。 一方で立場が逆転する場合には対立しやすい関係にあります。 すなわち、ENTPであればINFPを上に立たせることができれば、良好な関係を築くことができるでしょう。 支配関係の相手に対して、自分が優位に立とうとした場合には対立することもあるので注意が必要でしょう。 喧嘩がやりにくいタイプとも言えるでしょう。 ENTPにとってINFP• ISTPにとってENTP• ESFPにとってISTP• INFPにとってESFP• ISFJにとってESTJ• ENFJにとってISFJ• INTJにとってENFJ• ESTJにとってINTJ• ESFJにとってINFJ• ISTJにとってESFJ• ENTJにとってISTJ• INFJにとってENTJ• INTPにとってESTP• ENFPにとってINTP• ISFPにとってENFP• ESTPにとってISFP 恩恵関係 Beneficiary 恩恵関係とは、相手が自身の先生である場合に最も良い関係になるようなタイプと言えるでしょう。 恩恵関係では、自分に足りないものを相手から受け取ることができ、魅力的に感じることでしょう。 自身の価値観や哲学であるクアドラが異なりますが、クアドラの壁を超えて他の価値観と繋がるきっかけになるタイプとも言えるでしょう。 ENTPにとってESTJ• ENFJにとってENTP• ESFPにとってENFJ• ESTJにとってESFP• ISFJにとってINFP• ISTPにとってISFJ• INTJにとってISTP• INFPにとってINTJ• ENFPにとってESFJ• ENTJにとってENFP• ESTPにとってENTJ• ESFJにとってESTP• ISTJにとってINTP• ISFPにとってISTJ• INFJにとってISFP• INTPにとってINFJ 先生関係 Benefactor 先生関係とは、自身が先生として相手に対して足りないものを補ってあげるような関係であるときに最適な関係になります。 相手は自身が与えた相手に足りないものの情報に対して魅力的に感じることで、自然と相手の成長につながる関係を期待することができるでしょう。 ENTPにとってENFJ• ENFJにとってESFP• ESFPにとってESTJ• ESTJにとってENTP• ISFJにとってISTP• ISTPにとってINTJ• INTJにとってINFP• INFPにとってISFJ• ENFPにとってENTJ• ENTJにとってESTP• ESTPにとってESFJ• ESFJにとってENFP• ISTJにとってISFP• ISFPにとってINFJ• INFJにとってINTP• 入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。 1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。 16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット 心理機能 を理解することで16性格診断を理解することができます。 この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。 エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。 9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。

次の

MBTIと相性論について|今すぐ使える心理学

タイプ 相性

タイプごとの思考・行動の傾向を理解することで、相手の言動や行動の理由が分かるようになるからです。 今まで自分とは異なるタイプの人に抱いていた「なぜ理解してくれないの?」「なぜそんなことをするの?」といった疑問を解決に導くことができます。 漠然と相性が悪いと思っていた相手に対して、なぜ相性が悪いと感じるのかという根拠がはっきりします。 逆に相性の良いタイプや、学ぶ部分の多いタイプが周囲で見つかれば、自分や物事を発展させるにあたって必要なことが見えてきます。 良い人間関係を築くには、お互いを尊重し合うことが大切です。 相性が悪い相手であっても、その特性を知ることでその人を尊重しやすくなり、円滑なコミュニケーションを目指すことができます。 エニアグラムは、自分や自分と関わる人たちのことをより深く理解し、人間関係や人生そのものをより良くしていくのに役立つツールです。 気をつけるべきは、エニアグラムのタイプは9つでも、人間の性格はきっちり9つに分けることはできないということです。 例えばタイプ1の中でも、タイプ2に寄っている人とタイプ9に寄っている人がいます。 また、人生経験などによっても価値観が変わるため、この人はエニアグラムのこのタイプだから絶対にこうだということはありません。 そのため相性についても幅があり、女性・男性や上司・部下が入れ替わるなどすると変化することもあります。 相性の良し悪しにとらわれすぎず、気になるあの人との関わり方や苦手なあの人への接し方の一つの指標として、エニアグラムを活用していくと良いでしょう。

次の

16タイプ別の相性相関図

タイプ 相性

コミュニケーションは難しい。 〜問題は相手?自分?相性?それとも?〜 一緒に仕事をするときに、やりやすいと思う相手もいれば、やりづらさを感じる相手もいます。 いろいろな理由がありますが、 相手との関係性に大きく影響する一つの要素が「コミュニケーション」です。 「なぜいつもうまく伝わらないのか」 「この人と話しているとイライラするのはなぜだろう」 「なんでもっとはっきり言ってくれないんだろう」 コミュニケーションでつまづいたとき、あなたはどんなことを考えますか。 自分の責任だと感じたり、相手のせいだと思ったり、相性の問題だと思ったりしないでしょうか。 人は、一人ひとり違います。 見かけや考え方が異なるだけではなく、ものごとの理解のプロセスや、得意な表現方法も違います。 「一人として同じ人間はいない」 頭の中ではそのことを理解しつつも、私たちはふだん、気づかないうちに自分を基準にしたコミュニケーションをとっているものです。 しかし、すべての人に一様なコミュニケーションを取れば、そこには緊張、抵抗、対立、不満、齟齬、ストレスといった問題が生じることになりかねません。 加えて、今日の世界は、グローバル化、価値観の多様化が加速的に進んでいます。 時代は、相手に合わせた「テーラーメイド」なマネジメント、リーダーシップ、そしてコミュニケーションを求めるようになってきているのです。 そこで重要になってくるのが、「違い」を活かすこと、そして、「違い」を可能性へと高めるスキルです。 相手に合わせて関わり方を変えることで、より効果的なコミュニケーションを交わすことができるようになります。 この2つの軸は、企業に勤める2万人(20歳以上)を対象に、対人関係やリーダーシップに関する調査を実施し、その結果から導き出されました。 それぞれのタイプの特徴を簡単に示すと下記のようになります。 なぜなら、多くの場合、 人は無意識に自分のタイプを基準に周囲の人と関わろうとし、自分がしてほしいように相手にコミュニケーションをとってしまうからです。 自分のタイプを知り、自分では当たり前と思っていたことが、自分特有の考え方やアプローチだと気づくことで、「では相手はどうなのか?」と興味関心をもって向き合うことができるようになります。 それこそが、相手に合わせたコミュニケーションを始める最初の一歩です。 下記の一覧を参考に、自分は何タイプか考えてみましょう。 当てはまる項目が多いものが、あなたのタイプです。 周囲の人にも聞いてみてください。 周囲からのあなたに対する認識が、自分の認識と一致するとは限りません。 タイプを見分けるためのポイント コントローラー プロモーター サポーター アナライザー 反応速度 速い やや速い ややゆっくり ゆっくり 話す速さ 速い 速い ゆっくり ゆっくり 話の長さ 結論から単刀直入に話すので、短い 話があちこちに飛び、展開が速いので、長い 前置きが入る、すべてのことを話すので、長い 順を追って、ロジカルに話すので、長い 声の調子 断言口調 抑揚がある 穏やか、温かい 単調、冷静 表情 頼れそう 楽しそう 優しそう まじめそう 姿勢 腕組み、足組み、硬い 身振り手振り、くだけた感じ うなずき、相づち 直立不動、硬い 話の主題 仕事や課題について 人や人間関係について 人や人間関係について 仕事や課題について スタンス 要点を話そうとする 人に影響をあたえるように話す 期待に応えるように話す 正確に話そうとする より詳しく診断したい方は、下記を参考にしてください。 それが難しい場合は、自分のタイプと同様に、上記のリストを参考に相手の行動パターンを観察し、タイプを予想します。 以下は、それぞれのタイプの特徴と関わるときのヒントです。 コントローラー 特徴 常に自分が判断する立場にいたいと望み、自分をコントロールする人に意識的、無意識的にかかわらず反発します。 またスピードを重視する戦略家であるため、くどくどと話をされることを嫌います。 「人間関係より仕事」、「プロセスより結果」を優先し、人の話を聞かずに、結論を急ぐ傾向も特徴的です。 コミュニケーションのポイント 彼らと接するときは、次のポイントを意識してみましょう。 結論から単刀直入に話す• 何かについて知りたいときは、質問ではなく、「〜について教えてほしい」と教えを請う表現をつかう• 提案するときには選択肢を複数示し、相手が判断(選択)できるようにする• 何かを任せるときは口出しをせず、全面的に任せる プロモーター 特徴 他者に影響することを大切にしています。 自分の影響力を周りの人からの反応で判断しているため、承認を代表とする、こまめな働きかけがないと、一気にやる気を失います。 また、オリジナルなアイディアを大切にするため、自分のアイディアを否定されることを嫌います。 常に行動的でありたいので、自由度が低かったり、詳細さを求められると本領を発揮しません。 コミュニケーションのポイント 彼らと接するときは、次のポイントを意識してみましょう。 話を聞くときは相づちをうつなどして明確に反応する• 質問は間口の広い質問をして自由に話をさせる• たくさんほめる(特に彼らの影響力をほめると効果的)• 彼らのオリジナルなアイデアに耳を傾ける サポーター 特徴 人の期待に応えようと行動し、対立を避ける傾向があります。 そのため、サポーターはつい「いい人」になってしまい、リクエストやお願いに対して「YES」と言いがちです。 サポーターとのコミュニケーションでは、言葉だけでなく、ノンバーバル(表情など)な部分にも注意する必要があります。 また、「合意」があることが彼らの行動の源になります。 サポーターと何かをするときは、彼らが「合意」を確認できる機会を用意するとともに、彼らの貢献を明らかにすることで行動が促進されます。 コミュニケーションのポイント 彼らと接するときは、次のポイントを意識してみましょう。 穏やかであたたかみのある対応を心がける• 些細なことに対してもねぎらいの言葉をかける• 話を聞くときは忙しくても手を休めしっかりと聞く• リクエストをするときはYESと言いがちなことを念頭に、無理がないかなど何回か確認をする アナライザー 特徴 自分の行っていることが「正しい」と実感できるとき、彼らの行動は促進されます。 また、彼らは情報収集や分析を強みとしているため、物事に取り組むときは、そうした事前準備をする時間を設けることを重要視します。 そのステップを抜かして急かしても、彼らは動きません。 正しさを重視するため、失敗や間違いを嫌います。 そのため漠然とした指示を嫌います。 コミュニケーションのポイント 彼らと接するときは、次のポイントを意識してみましょう。 質問をするときは具体的に答えやすい間口の狭い質問をする• 承認をするときには相手の専門性を認知するような具体的な承認の言葉を使う• 質問の返答はじっくりと待つ(彼らは正しい答えを出すために熟考してから答えます。 アナライザーに何かを任せるときは次のことを明らかにしてから。 彼らがそれをする意味、ゴールまでのステップ、リスクなど。 決めつけに使わない• それぞれのタイプに優越はない• ほぼ100%コントローラーの人もいれば、2つのタイプを併せもつ人、また、立場や役割、場、さらには相手によって表出する出るタイプが違うというケースも珍しくありません。 また、タイプによる優劣もありません。 そもそも、人をたった4つのタイプに分けることなどできません。 しかし、ともすると、自分と「同じか、違うか」「いいか、悪いか」「好きか、嫌いか」といった二極化に陥ってしまう傾向がある私たちにとって、こうした新たな切り口で相手との関わりを見直すことは、新たな可能性の入口となります。 最後に いかがでしたか? 繰り返しになりますが、私たちは無意識のうちに、自らのコミュニケーションのパターンを、他者とコミュニケーションを交わすときの基準としています。 たとえば、あまり話さない相手を前に、沈黙に耐えられず、しゃべりすぎてしまうことはないでしょうか。 威圧的な態度の相手を前に黙ってしまったり、逆に、自分も攻撃的になったりする、ということはないでしょうか。

次の