トリカエナハーレ展示物。 あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」 【終了】

愛知・大村知事、表現の自由めぐる二枚舌が物議…トリカエに「中止すべき」、トリエンと真逆

トリカエナハーレ展示物

騒動が収まらないなかで今度は「 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」が開催され、新たな論争を巻き起こしている。 「トリエンナーレ」で問題視されたのは、「表現の不自由展・その後」における展示内容だ。 元従軍慰安婦を象徴する少女像や、昭和天皇らしき人物の肖像を燃やす映像作品などに抗議が殺到し、一時展示中止へと至った。 10月8日には「表現の不自由展・その後」が展示再開を迎え、再び注目を浴びたことも記憶に新しい。 一方、10月27日に開催されたのが、ある政治団体が主催した「表現の自由展」だ。 また、ヘイトスピーチに反対する市民団体が会場施設に中止を申し入れたとも報じられている。 29日の定例会見で大村知事は「表現の自由展」の展示内容について、「報告でしか聞いていない」と前置きしつつ、「明確にヘイトに当たるのではないかと思います。 その時点で中止を指示すべきだった」と明言。 また「今後どういうふうに毅然と対応していくか検証して、きちんと対応していかなければならない」とコメントし、法的手段を講じられるのかも含めて検討していく考えを示した。 対して擁護派からは「表現の自由を行使した芸術なのに、なぜ問題視されるのか」「これはトリエンナーレに対するパロディであり芸術のひとつだと思う」といった反応が見られる。 また、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。 それは芸術に対するダブルスタンダードでは?」「不自由展の内容が表現の自由を認められたのに、トリカエナハーレが批判されるのはおかしい」という意見も上がっている。 (文=編集部).

次の

嫌韓かるたが話題!「表現の自由」論争ネットで再燃!

トリカエナハーレ展示物

京都造形芸術大大学院学術研究センター所長を務める浅田彰氏が「誰も傷つけない表現には、ほとんど意味がない」と主張したと報じられていた。 一体、今回の件では、どのような発信をするのか。 確かに、今回の展示会で、在日朝鮮人や韓国籍の方々は傷つくだろう。 だが、「誰かが傷つくのが芸術なのだ」という詭弁(きべん)を弄すれば、これも芸術であり、「表現の自由」ということになってしまう。 事の発端は、大村氏が「表現の自由」の名の下で、日本国の象徴だった昭和天皇の写真を焼き、踏みにじるような「作品」の展示を認めたことだ。 ヘイトスピーチを含む展示を「表現の自由」と認めないのであれば、すべての表現の自由が認められるわけではないことを認めるべきだ。 そのうえで、「表現の不自由展」の再開は誤りであったことを認め、日本国民に謝罪すべきであろう。 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、同大学院修士課程修了。 拓殖大学客員研究員などを経て、現在、大和大学政治経済学部政治行政学科専任講師。 専攻は政治哲学。 著書に『「リベラル」という病』(彩図社)、『偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る』(イースト・プレス)など多数。 ユーチューブに「岩田温チャンネル」を開設した。

次の

嫌韓かるたが話題!「表現の自由」論争ネットで再燃!

トリカエナハーレ展示物

29日、大村秀章愛知県知事(59)は27日に同県の施設「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開催された「芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」について「内容からして明確にヘイトにあたると言わざるを得ない」と発言、法的措置を考えていることを明らかにした。 「あいちトリカエナハーレ」は政治団体「日本第一党」の党首・桜井誠氏(47)が企画。 タイトルは愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を意識したものだ。 あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」では慰安婦問題を象徴する「平和の少女像」、昭和天皇とみられる人物を含む肖像画が燃える映像「遠近を抱えて」などを展示。 芸術なのか? 芸術作品なら許されるのか? 公金投入の是非など大きな議論を巻き起こった。 桜井氏は「あいちトリカエナハーレ」開催にあたり「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたいと思っております」と呼びかけ、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する「ライダイハン像」、不自由と大きく書かれたバッグ、「ルンルン楽しい日韓断交」「犯罪者はいつも朝鮮人」と書かれた「かるた100連発」などを展示した。 大村知事に「あいちトリカエナハーレ」はヘイトと認定された桜井氏は、同日夜にユーチューブの公式チャンネルで「重大な名誉毀損。 これから先もトリカエナハーレを展開しようとしていたところで、あのような発言をされて我々の芸術活動が妨害された」と反発。 「愛知県知事、大村を相手どって法的措置を取ります。 検討じゃないです。 直ちに行うよう、指示を出しました」と法的措置の手続きに入ったことを明かした。 桜井氏は「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。 それがヘイトというのは検閲じゃないですか」と説明。 表現の不自由展の再開での大村知事の「表現の自由は守られなければいけない」発言を争点にする意向だ。 ネットでは2つの芸術祭について「表現の自由ならOK」「どちらもヘイト」「大村知事はダブルスタンダート」など様々な意見が出ている。 芸術祭での大村知事の対応に反発してきた、明治天皇のやしゃごで作家の竹田恒泰氏(44)は自身のツイッターを更新。 大村知事が「明確にヘイト」とした記事を引用し、「大村知事よ、お前がいうな!」とつぶやいた。

次の