レモン 堂 再販。 【檸檬堂】再販後の味は?再開後はまずいと噂の埼玉産も山口みたいに美味しい?

こだわりレモンサワー「檸檬堂」4つの味で10月28日(月)から全国発売開始: The Coca

レモン 堂 再販

4種類の製品のうちの一つ「定番レモン」。 檸檬堂はいわゆるレモンサワーであり、レモン果汁を7%から17%と多く含む。 レモン果汁はレモンを丸ごとすりおろしてつくり、それをあらかじめ酒になじませておくという製法を採用している。 この製法は「前割り焼酎」を参考にしたもので、「前割りレモン」と呼称している。 また、果汁の割合の多さから、一般的なレモンサワーと異なり、アルコールのみでは殺菌が十分に行えず、加熱処理で殺菌を行っている。 檸檬堂には「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」「鬼レモン」の4種類の味の商品があり、それぞれが3%から9%の範囲で異なっている。 このように製品の種類によってアルコール度数に幅をもたせたのは、従来より缶チューハイにはアルコール度数が高いものもあれば低いものもあり、消費者に様々なニーズがあると考えたためであるという。 例えば、アルコール度数3%の「はちみつレモン」は、8月や12月に売上が大きくなっており、これは盆休みなどで、日常的には酒を飲まない消費者が購入したためであると考えられている。 パッケージデザインは従来の缶チューハイとの差別化を図るため、藍染の前掛けをイメージしたレトロなものとなっている。 4種の製品のパッケージは共通して大きなレモンが描かれているが、レモンの周辺の紋のディテールに差異があり、それによって各商品の味を表しているとされる。 檸檬堂の4種類の製品はいずれも1缶あたり容量が350ミリリットルで、希望小売価格を税別150円に設定している。 他社の缶チューハイは100円前後の価格となるなか、あえて高価格帯で販売することで、収益性を高めているという。 販売の経緯 [ ] 俳優の阿部寛。 檸檬堂のCMに起用されている。 日本のチューハイ市場の規模は2018年で3000億円弱にも及び、2010年から比較しても2倍程度にまで拡大しているという成長市場となっている。 一方、サントリースピリッツの「」、キリンビール「」といった有力な既存商品があり、競争も激しい状態であった。 こうした状況下で、レモンサワーは缶チューハイのなかでも最もよく飲まれている商品であり、市場の中心的存在であった。 以上のような市場動向を踏まえ、コカ・コーラは新たに発売するアルコール飲料としてレモンサワーを選んだという。 コカ・コーラはこれまでアルコール飲料を販売したことがなく、檸檬堂はコカ・コーラのブランドで発売される初のアルコール飲料となった。 一方で、コカ・コーラは果汁飲料の製造技術の蓄積があるため、レモンサワーであれば、そうした技術を活かすことができるということも、レモンサワー市場への参入の理由の一つとなった。 開発に1年ほどの期間をかけ、「檸檬堂」という和風の名称と独特のパッケージデザインを使用することで、ブランドとしての定着を意図した。 当初の生産は山口県のが受託しており、2018年5月から行われた販売も九州地域に限定されていた。 九州でテスト販売を行ったのは、焼酎の消費量が多い地域で売れるかどうかを試すためであったとされる。 九州は従来よりチューハイがあまり飲まれない地域であったが、目標のおよそ2倍の販売量に達し、スーパー等だけでなく、九州限定のお土産として空港や駅でも売られるようになった。 こうした販売の好調さを受けて、コカ・コーラは2019年10月28日から全国販売を行うことを決めた。 これに合わせて、コカ・コーラボトラーズジャパンの工場がを取得し、自社生産にも乗り出すこととした。 全国発売により、俳優のの出演するCMを全国放送した他、に檸檬堂とおつまみを無料で提供する期間限定店舗を設置するなどの企画を行っている。 また、2019年12月には、主催の「第38回食品ヒット大賞」の選考対象にノミネートされ、の「アサヒ 極上〈キレ味〉」とともに、酒類部門の優秀ヒット賞に選ばれた。 受賞について、日本食糧新聞は「前割りレモン」の製法に言及し、檸檬堂を「新たな価値提案を行った商品」だと評している。 2019年の11月-12月の日経POSでも、缶チューハイ部門の売り上げで、「定番レモン」が首位、「鬼レモン」が5位となったが、販売量が当初の予想を上回り、生産が間に合わなくなったため、2020年1月に一時的に出荷中止となっている。 脚注 [ ] []• 2019年10月11日. 2020年1月26日閲覧。 G-searchにて閲覧。 社ニュースWEB 2019年10月11日. 2019年12月10日時点のよりアーカイブ。 2020年2月9日閲覧。 『Coca-Cola Journey』編集部 2019年10月10日. Coca-Cola Journey. 日本コカ・コーラ. 2020年1月28日閲覧。 日本経済新聞 2020年1月16日. 2020年1月18日時点のよりアーカイブ。 2020年1月26日閲覧。 檸檬堂. 日本コカ・コーラ株式会社. 2020年1月26日閲覧。 「九州経済・ひと=檸檬堂のこだわりPR コカ・コーラボトラーズジャパン(東京) 本坊俊一郎アルコールプロジェクト統括部長」『』2019年6月7日付朝刊、26頁。 G-searchにて閲覧。 「2019 新時代へ トップインタビュー<10>・西村 松次社長 コカ・コーラボトラーズジャパン・吉松 民雄社長-連載」『』』2019年1月18日付朝刊、26頁。 G-searchにて閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

【チューハイレビュー】祝再販🎊工場によって味が違う?!檸檬堂定番レモン山口工場産と埼玉工場産を飲み比べてみた!

レモン 堂 再販

先日、コカコーラが日本限定で展開しているアルコール飲料『檸檬堂』が一時出荷停止となったことが話題になりました。 出荷停止の原因は、 予想外の『売れすぎ』によって生産体制が追いつかなくなったというものであり、コカ・コーラ KO の株主としてはこれ以上ない嬉しい悲鳴である。 もちろん、生産体制を整えていれば出荷停止となっていた期間も売上に寄与したということを考えれば機会損失ではあるものの、予想外に売れてしまったのだから仕方ありませんね。 初めに生産体制をしっかり整えたのに、大して売れなかったというよりはよほど良い結果と言えるでしょう。 私自身も普段は家でお酒を飲むことはめったにないのですが、檸檬堂は何度か買って美味しく飲ませていただきました。 さて、そんな檸檬堂が出荷停止となってからはや半月、もともと コカコーラの発表では今月中の出荷再開を目指しているという話でした。 公式に発表はないですが、 一部の地域では、塩レモンを中心に檸檬堂の再販が開始しているとのこと。 しごおわ&帰宅😊近所のスーパーが檸檬堂の販売を再開してましたぁ〜😍— エアロスター🐻 エアロさん🐻 pc7001f 私は今週は繁忙期のため、スーパーマーケットに行けていないのですが、もしかしたらすでに関東でも取り扱いが再開しているのかもしれませんね。 檸檬堂シリーズでも大人気で、日本で今一番売れている缶チューハイである『定番レモン』味もAmazonではすでに取り扱いが再開しており、通常の配送スケジュールでお手元に届くようになっています。 私は、実際に自分で利用してみた上で、これはオススメ!というモノしかAmazonのリンクを貼り付けないようにしていますが、檸檬堂シリーズは、はちみつレモン以外は飲んでみましたがどれも本当に美味しいです。 お店でレモンを絞ったようなフレッシュさを感じれるレモンサワーというのは缶チューハイでは檸檬堂シリーズが初めてだと思います。 多分甘いものが好きな私からすればはちみつレモンも美味しくいただけるんだろうなぁ。 再販を確認したら、はちみつレモンも一度買って見たいと思います。 さて、今回、檸檬堂が出荷停止となったことはニュースにもなりました。 そして、もともとアナウンスしていた予定通り、1月末現在で入手することができる環境が整っていますので、まだ飲んだことがないという潜在的なユーザーも、出荷が停止になるくらい売れてるレモンサワーってどんなだろう?と興味を持って手にとってもらえることでしょう。 そして何より、檸檬堂の強みは、 他のレモンサワーよりも少し割高な値段設定となっているにも関わらず販売開始以降、一気にトップをとるほどの人気商品となっているのである。 この事実だけでも、コカ・コーラのさらなる成長に貢献してくれるだろうことは期待できるのではないでしょうか。 今はまだ日本限定で世界的な展開をする予定はないようだが、 アルコール飲料は値上げしやすく、利益率も高い商品ですので、もし世界中でコカ・コーラのアルコール飲料が親しまれるようになった時、コカ・コーラはさらに大きく成長していくのではないでしょうか。 コカ・コーラの飲料メーカーとしてのネームブランドは世界中の投資家の耳にも十分すぎるほど届いており、高級ブランドとは違うものの、一般大衆にまで広まっており、最も親しみのあるブランドと言っても過言ではないのではないでしょうか。 さらに、どれだけ人が健康志向になろうとも、生物である以上、飲料がなければ生きていくことができません。 飲み物を飲むということは、どれだけ技術が進歩しようと、 人間が人間である限り決してなくならない生命維持になくてはならない必須の行動なのです。 コカ・コーラはコーラのような炭酸飲料だけでなく、ミネラルウォーターやお茶に加えて、エナジードリンクや檸檬堂のようなアルコールなど、様々な分野の飲料に手を広げており、その優位性のある販促ルートとブランド力でいち早く社会に溶け込ませることができるのです。 今の世の中では、 飲み物を手にとればほとんどのジャンルでコカ・コーラの影響を受けることとなり、その事実こそがコカ・コーラに投資すべき何よりの理由であると自信を持って言えるのです。 週末で月末の今夜は、再販しているかもしれない檸檬堂で一杯やってみるのも良いのではないでしょうか。

次の

【檸檬堂】再販後の味は?再開後はまずいと噂の埼玉産も山口みたいに美味しい?

レモン 堂 再販

2018年5月に 九州限定で コカ・コーラから発売された、 コカ・コーラ社初の レモンサワー専門ブランド「檸檬堂」のこだわりレモンサワー。 発売後、他地域のお客様からの「早く飲みたい」との声に応えて、 昨年10月ついに 沖縄県を除く全国発売となりました! 「 檸檬堂」では、日本各地の酒場で提供される おいしいレモンサワーの こだわりに学び、 焼酎を美味しく飲む方法として知られる 「 前割り焼酎」にヒントを得て、 丸ごとすりおろしたレモン果汁と お酒を あらかじめ馴染ませた「 前割りレモン製法」を採用。 酒場で人気の味を、アルコール度数や果汁率の 異なる4種類の レモンサワーとしてラインナップしています。 人気が出過ぎて、 年明けからしばらく販売休止になっていたようですが、 無事に 再販開始となりました! 正直、わたくし個人の好みとしては、 全体に甘すぎて 美味しいのは美味しいけど、とにかく ご飯に合わないという理由で 発売以来そんなにリピして飲んだこともなかったのですが、、、、 SNSでは 普段チューハイを飲まない方が結構周りに美味しいと勧められて 買ってみた・・・的な投稿がかなり多かった気がいたします。 味としては全体的に しっかり作りこんであり、 甘~くて濃厚で人工甘味料無添加の手作り感のある味わいです。 自社ブランド商品は 全商品山口県産の農作物を使っているようです! 上の商品ですね!おいしそう~ 2018年3月の 日経のニュースにこんな記事がありました! 果汁飲料メーカーの日本果実工業(山口市)は、 市内の山口工場の隣接地に新たな工場を設ける。 販売が好調な大手飲料メーカー向けのOEM(相手先ブランドによる生産)の清涼飲料水を中心に製造する。 20日に市と建設協定を結び、2019年3月からの操業開始を目指す。 特に、 発売当初の 鬼檸檬なんかは 色まで違って 果実感も全然違ったようです! 埼玉産の方は 色も薄くてアルコール臭かった・・・と 九州出身の方が(元々全国販売する前から飲んでいらっしゃったようで) SNSでかなり怒っていらっしゃいました。 メーカーに問い合わせたところ、 果汁を使っているので、 どうしても個体差はある、しかし配合自体はすべて同じだとのこと。 西日本の方が濃い目とか東日本の方がさっぱり目に作っているとか そういう差はないようです! 中身の違いは? 自然光の下で撮りたくて下の部屋で撮影しました! おなじみの台湾ビールのグラスです! 左が山口工場産、右が埼玉工場産。 光の加減もありますが、 基本的にはほぼ同じ💛 それでは、気になるお味です・・・・・。 💓💓 味の違いは? 今回は 旦那さんにも同時に飲んでもらいました! 最初に飲んだ味の印象は どちらも同じで全く違いがわかりませんでした。 ただ、冷蔵庫に入れていた時間が若干違ったので、 埼玉工場産の方が若干ぬるめではありました。 何度も飲んで、 旦那さんに聞いたけど 「わからん!」の一点張り。 まず、 山口工場産の方がすっきりとした甘さで果実味が多い気がした。 埼玉工場産の方がとろんとしたテクスチャーでなんとなく甘い気がした。 まぁ、チューハイの 温度の差も若干関係しているかもしれませんが、 私のその時感じた正直な感想です。 315• 293•

次の