エアコン 水 漏れ 放置。 エアコン水漏れの原因とたった2つの対処法!

エアコンから水の音がしたら修理が必要?その見極め方をご紹介|生活110番ニュース

エアコン 水 漏れ 放置

エアコンを使用する季節になり、さぁ運転、と思ったらエアコンから水がポタポタと。 そんな経験はありますか?水漏れはエアコントラブルの上位にランクインする、起こりやすいトラブルです。 急いで業者に駆け込む前に、その原因次第では、自分で解決できるかもしれません。 そんなエアコンの水漏れ。 原因や解決方法などをお伝えします。 エアコンから水漏れ?原因3つ 1. 送風口が結露している 少量のしずくがポタポタと垂れているケースは、送風口の結露などがあります。 冬に良く見られる症状です。 外気との寒暖差が大きいと、アルミフィン部分に結露が出来やすくなります。 故障ではないため、部屋が乾燥すれば自然と解消します。 フィルターが汚れていても、結露の原因となります。 フィルターの汚れを放置しておくと結露ができる以外に、嫌な匂いや、部屋のホコリや汚れを送風することによる健康被害なども考えられます。 フィルターの清掃頻度のめやすは2週間に一度が望ましいと言われています。 難しすぎる掃除ではないので、しっかりと掃除しましょう。 ドレンホースの詰まり エアコンの水漏れのおよそ9割を占めると言われるのが、ドレンホースの詰まりです。 ドレンホースとは、エアコンの内部で発生した水を室外に排出する管を指します。 このドレンホースにホコリなどが詰まり、本来外に排出されるはずの水が漏れだしてきます。 ドレンホースの内部が詰まっていなくても、折れ曲がっていたり、破損していたり、形状変化によって詰まってしまっているケースもあります。 その他に考えられる原因 その他の原因としては、エアコンが傾いている、ガス漏れによるガス不足、などが考えられます。 エアコンの傾きは目視で分かりますね。 ガス不足の時は、エアコン自体の効きも弱くなります。 エアコンのガスはそれほど漏れるものではないので、新規購入や移設による取り付け時の施工不良や配管の破損によるガス漏れが考えられます。 水漏れを直す!対処法2つ 1. ドレンホースの詰まりを取り除く ドレンホースの詰まりの解消には2つの方法があります。 1つ目は掃除機を使用すること、2つ目は専用のサクセションポンプの使用です。 掃除機を使用するのであれば、ドレンホースの口元を手で隙間ができないよう握り、握った手に掃除機をくっつけて吸います。 この時注意するポイントは、2~3秒程ですぐ掃除機を離すことです。 何が詰まっているかわからないため、少しずつ、状況を確認しながら詰まりを吸い出します。 注意点は掃除機が水濡れに対応するか?壊れないか?という点です。 ドレンホース内部にはゴミ以外に水も溜まっていますので、水を吸えない通常の掃除機であれば、ドレンホースの詰まりは解消できても、掃除機が故障する原因となります。 サクセションポンプは、ホームセンターやインターネット通販で売っています。 使用方法は簡単で、ドレンホースに差込み数回ポンプを引くだけです。 ガス漏れは素人で判断できても修理は専門業者やプロに頼む ガス漏れをしているかどうか自分でも確認できる方法があります。 室外機本体の右側にあるカバーを外し、2本ある配管の細い方に霜が出来ていればほぼガス漏れです。 自分で直せなくもないですが、配管の補修、ガスの充填の手間を考えると、プロに頼むのが無難だと思います。 最後に エアコンの水漏れはドレンホースの詰まりやフィルターの汚れなど、掃除で解決するケースが多いです。 いざエアコンを使おうと思った際、思わぬトラブルで困らないよう、本格的に使用するシーズンが到来する前に、一度しっかりとクリーニングしておくことをおすすめします。

次の

エアコン水漏れの原因とたった2つの対処法!

エアコン 水 漏れ 放置

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に 「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4人に1人以上は、エアコンの水漏れを経験したことがあるという結果に!案外たくさんいるのですね。 ただ、そんな水漏れも原因を突き止められれば、落ち着いて対応することができますよ! ということで、今回は、 水漏れの原因と解決する方法がカンタンにわかるフローチャートを作りました。 フローチャートを使って、原因を突き止めてみましょう! そして、エアコンが水漏れした時にどうするのか、原因別にそれぞれ解説しました。 水漏れに焦る方は必見ですよ! ・外のホースからきちんと排水されているか? ・お掃除をして水漏れが直らないか? この2つを確認するだけで、エアコンからの水漏れの原因と対処法がすぐにわかるんです! エアコン水漏れの原因は7つ エアコンからの水漏れには、 7つの原因が考えられます。 そして、その7つの原因は、次の 3つのパターンに分けることができるんです。 パターン1: ドレンホースに原因がある 原因1. ドレンホースの詰まり 原因2. ドレンホースのたるみ・劣化 パターン2: エアコン内部に原因がある 原因3. フィンの結露 原因4. ドレンパンの汚れ 原因5. 部品の故障 パターン3: 超例外 原因6. エアコン(室内機)の傾き 原因7. 実は、 暖房の時は、ほとんど水漏れしません。 暖房を使っていて水が漏れるとしたら 室外機。 ただ、室外機から水滴が落ちるのは 正常です。 故障ではないの安心してくださいね。 約8割の原因はドレンホースの詰まり エアコンから水漏れが……! 実は、その水漏れの原因の多くが「 ドレンホースの詰まり」なのです。 ・エアコン(室内機)の吹き出し口にタオルなどを当てておく ・ハンドルを押すときには、ドレンホースからポンプを取り外す 部品の交換 家の中以外でも、水漏れは発生しているんですよ。 具体的に言うと、ドレンホースの 屋外に露出している部分ですね。 プラスチックでできているドレンホースは、 紫外線により劣化していきます。 当初はやわらかかったホースも、時間が経てばカチカチに。 ふとした拍子にひび割れて、水が漏れてしまうなんてことも。 こうなると 交換するしかありませんね。 直径を意味する記号ですね。 こう聞くと、難しくないですよね。 ではどんな違いがあるのか、見ていきましょう。 ・排水の容量 上でもお話したように、一番の違いは 直径の大きさです。 ですが、エアコンの水はそれほど大量に流れる訳ではありません。 常に少しずつ排水されていきます。 あれ?大きさに意味が無いように思えてきましたね。 ・詰まりにくさ そう、 ゴミなどの詰まりにくさに関係しています。 通常運転の時もそうですが、お掃除の時にもゴミが出ますよね。 これらが詰まってしまうと、水がうまく排出されずに溢れてしまいます。 これが上でもお話した、 ドレンホース詰まりの水漏れ。 聞きなれない単語ですが、とても大切なポイントなので覚えておきましょう。 ・耐候性とは 読んで字のごとく、 気候変化に耐性があるということ。 直射日光に含まれる紫外線が、ドレンホースをボロボロにするとお話しましたね。 この 紫外線に対して強い作りになっているのが、耐候性と呼ばれる商品です。 他にも、温度変化や雨風にも強いと言った特徴があります。 ですが、ドレンホース自体にも大きな違いがあるので、そちらもご紹介。 ポイントはホースの 内側。 外側は白い素材なのに対して、内側には 黒い素材が使われています。 この 二重構造こそが耐候性の特徴なんです。 交換の時に見てみるのも、おもしろいかもしれませんね。 プロにエアコンクリーニングを頼む手もある ちなみに、ドレンホースは「 エアコンクリーニング」でも綺麗にしてもらうことができます。 自分でお掃除するのはちょっと…、という場合には、プロにお願いしましょう。 そこで 「ユアマイスター」では、エアコンクリーニングのプロに「」と聞いてみました! プロにお掃除を頼むときは、エアコンクリーニングを予約した後に、 「ドレンホースの掃除もお願いしたいです」と伝えておきましょう。 事前にちゃんと伝えておくことで、クリーニングもスムーズに進みますよ。 ドレンホースの劣化は自分で解決できない? ドレンホースの詰まりを解消したのに水漏れがする! そんなときは、 ドレンホースのたるみや劣化を疑いましょう。 ドレンホースがたるんだり、劣化したりしていると、そこに水が溜まって、水が流れなくなります。 そして、水が外に排出されないと、水が逆流してきて水漏れになってしまうのです。 劣化したドレンホースは、取り替えなければなりません。 自分で取り替えるのは難しいですよね… そのため、 エアコンの取り付け業者さんや、修理業者さんを呼びましょう! エアコン内部に潜む3つの原因も掃除で解決 外のホースからきちんと排水されているのに水漏れしてる! そんなとき、原因はエアコン(室内機)の内部にあると考えられます。 エアコン内部にある原因として考えられるのは、 3つ。 雨水の侵入 雨が降る時にばかり、水漏れが発生する場合、雨水が侵入していることが原因の可能性があります。 いわば雨漏りの一種ということですね。 雨水の侵入も、自分で解決するのは難しいです。 修理業者さんに連絡しましょう! まとめ 今回は、 エアコンが水漏れする7つの原因とそれぞれの解決方法を紹介しました。 水漏れする原因の圧倒的No. 1は「 ドレンホースの詰まり」。 お掃除で解決しましょう! 他にも、 フィンの結露や ドレンパンの汚れが水漏れの原因になっていた場合も、お掃除で解決できますよ。 ・自分でお掃除するのは、大変…。 ・お掃除する時間が作れない! そんな方には、 プロのエアコンクリーニングがおすすめです。 水漏れ以外にも、 カビや嫌なニオイもいっぺんに解決できますよ! これからエアコンが大活躍する季節です!突然の水漏れにも、焦らず対応できるようになりたいですね!.

次の

エアコンから水が落ちてくる原因とは?ポタポタ?吹き出し口から?

エアコン 水 漏れ 放置

プラスチックの細いホースが「ドレンホース」 「エアコンをつけたら、冷房の吹き出し口から水が垂れてきた」。 こんな水漏れトラブルを経験されたことはありませんか? 実は、私もそのひとり。 エアコンが壊れたんじゃないかと思って、慌ててメーカーに問い合わせたことがあります。 そのときのメーカーさんの話によれば、水漏れのおもな原因は屋外へ水を排出する「ドレンホース」の詰まりにあるとのこと。 ドレンホースに詰まったゴミを吸い取る あらためて説明すると、ドレンホースとは、冷房時の結露により発生したエアコン内部の水を、屋外に排出するためのホースで、エアコンから屋外へ直接延びています。 したがって、ドレンホースがゴミなどで詰まると、水の出口がなくなってしまいホースの中にどんどん水が溜まっていってしまいます。 吹き出し口から垂れてくる水は、このようなことが原因で発生している水なのです。 そこで、ドレンホースに詰まったゴミを取り除かなければなりません。 ただし、構造上、エアコン側からゴミを取り除くことはほぼ不可能で、屋外に延びているドレンホースの口から詰まりを吸い取る必要があります。 まさか、ドレンホースに口をつけて、ゴミを吸い取るわけにもいきませんよね。 そこで、インターネットでゴミを吸い取る方法を調べてみると、掃除機の吸い口をドレンホースの口にあてて吸い取る方法がたくさん紹介されていました。 しかし、これではゴミと一緒に、ドレンホースの中に溜まっている水も掃除機に吸い込んでしまうことになり、掃除機が故障してしまう恐れがあります。 そこで、私が注目したのが「つまり取り真空ポンプ」でした。 幸い、水が漏れたエアコンは、リビングや寝室のように、エアコンを頻繁に使うお部屋ではありませんでした。 すぐにゴミを吸い取らなければならないというわけでもないので、インターネットで真空ポンプを購入して、翌日にゴミを吸い取ることにしました。 吸い取ってみてビックリ!真空ポンプで1回吸っただけで、水分を含んだホコリが出てきて水がサーッと流れ出てきたのです。 こうして、水漏れ問題が一気に解消されたのでした。 ドレンホースにさして一気に引くと水とホコリが出てきました フィルターとドレンホースのお掃除で詰まりを防止 おもにドレンホースの詰まりは、エアコンの内部に溜まった「ホコリ」が、水と一緒にホースへ流れ込むことで発生します。 エアコンの「ホコリ取りフィルター」が汚れていると、エアコンの内部にたくさんのホコリが運ばれてしまうので、フィルターの定期的なお掃除を心がけましょう。 エアコンをフル稼働する季節には、2週間に1回のペースを目安にお掃除をします。 また、屋外に延びているドレンホースの口からは、落ち葉などのゴミや虫が入り込むことがあり、これが原因で詰まることがあります。 エアコンを使うシーズンを迎える前には、必ずドレンホース内のゴミを真空ポンプで吸い取りましょう。 こちらは、ホコリ取りフィルターと違って、シーズン前に一度お掃除すればまず問題ありません。 気密性の高いマンションでよく起こる水漏れの原因 実はもうひとつ、気密性の高いマンションでよく起こる水漏れがあります。 最近のマンションは、気密性が高い上に、シックハウス対策用に屋外から空気を取りいれ、空気を屋外へ排出する「24時間換気システム」が設置されています。 ちょっとしたことが水漏れの原因になっていることも こうしてみると、エアコンの水漏れを解決する方法は、それほど難しくないことが多いようですね。 エアコンから水が漏れてきたら、はじめに「詰まり」「気圧」「ホースのつぶれ」 の3つを疑ってみましょう。 「つまり真空ポンプ」の便利な使い方 つまり真空ポンプは、ドレンホースのお掃除以外にもトイレやシンク、そして洗面台の排水管詰まりにも大活躍します。 つまり真空ポンプは、詰まった場所に応じて吸引口のカップが替えられるので、トイレの場合は「トイレ用吸引カップ」、洗面台の場合は「洗面台用吸引カップ」を取りつけて、詰まりを取り除きくことができます。 家にひとつあると、万が一のときに活躍しそうですね。 エアコンの水漏れにしても、トイレや洗面台の詰まりにしても、「原因を知っていれば、高いお金を出してプロに頼まなくても済む」ことって、実はたくさんあるんです。

次の