コロナ 口臭。 新型コロナでマスク、臭いの原因は口臭? 見直すべき4つの習慣

自粛生活が口臭の原因に?マスクの中で細菌繁殖、緊張やストレス

コロナ 口臭

新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクを手放せない日々が続いています。 一日中マスクを着けていると、臭いが気になる人もいるのでは。 マスクの臭いの元は口臭にあるケースも少なくないようです。 女性のための口臭専門クリニック「東京ブレスクリニック」(東京・銀座)院長・上田恵子さんに原因と対策を聞きました。 ニオイの原因は「雑菌」「唾液」「口臭」 上田さんによると、マスクについた臭いには三つの原因が考えられるといいます。 一つ目は、「雑菌」による臭い。 マスクをつけると、その内側は自分の呼気で温度と湿度が高い状態になっています。 呼気に含まれた雑菌が繁殖し、臭いが発生しやすい環境になるのだそうです。 二つ目は、マスクについた「唾液」の臭い。 マスクをつけたまま話した時に飛んだ唾が臭っているおそれがあります。 そして、三つ目が「口臭」です。 アース製薬が2016年に20~50代の男女400人を対象に実施したアンケート調査では、マスクの臭いが気になると答えた人は74.5%。 マスク内の臭いの原因は自分の口臭だと思っている人は、92.0%にも上っています。 普段は気にならなくても、マスクをつけると吐息がこもり、自分の臭いに気づきやすくなります。 口の中が渇くと臭くなる マスクが臭ってくる前に、こまめに新しいものに取り替えるのが理想ですが、マスク不足の今、それは難しいという人も。 できれば自分で口臭を和らげたいものですが、そもそもなぜ口は臭くなるのでしょうか。 「虫歯や歯周病といったお口のトラブルはもちろんですが、大きな原因は『口の中の渇き』です。 口の中は、常にサラサラの唾液で満たしておかなければいけません」と上田さんは指摘します。 写真はイメージです 唾液には自浄作用があるので、口内をトラブルから守ってくれます。 ところが、ストレスなどによって唾液がドロドロしたり、分泌量が減ったりして口内が乾くと、臭いの元となる細菌「嫌気性菌」が増殖してしまうそう。 さらに、今は新型コロナへの不安などでストレスがたまりやすいうえ、マスクをつけると口呼吸になりがちなので、口臭がきつくなる傾向にあるのです。 歯の磨き過ぎに注意 上田さんによると、日常生活の癖を直すだけでも、唾液が出やすくなるとのこと。 口臭を抑えるために、見直すべき四つのポイントを教えてもらいました。 〈1〉 歯を磨き過ぎない 口臭を気にして、一日に何度も歯磨きをする人がいます。 「磨いた直後はすっきりしますが、やりすぎると、口の中の粘膜を傷つけて唾液の分泌が減ってしまいます」と、上田さんは注意喚起します。 食後は、歯磨き粉は使わず、歯ブラシで目に見える汚れを落とすだけで十分。 その後、水を飲むと、だ液の分泌が促されます。 「歯磨き粉を使うのは、一番細菌が多いといわれる朝起きた直後と、夜寝る前だけにしてください」(上田さん)。 〈2〉 スマートフォンやパソコンから、時々目を離す 外出自粛で、自宅でスマートフォンやパソコン画面を見る時間が増えた人も多いのではないでしょうか。 唾液を出すためには、舌を動かすことが重要。 ところが、下を向いてスマホなどを見ていると、舌が動きづらくなってしまうそうです。 そこで上田さんは、意識的に「『ら』スマイル」をするよう勧めます。 東京ブレスクリニック提供 背筋を伸ばして正面を向き、舌先を上あごの奥につけたまま、にっこりと口を横に開くだけ。 テレワーク中もこまめに取り入れてみましょう。 硬めのガムを、舌の上で転がしておくのもおすすめです。 〈3〉コーヒーや紅茶を控える 自宅にいると、コーヒーや紅茶が好きな人は、つい何杯も飲んでしまいます。 コーヒー、紅茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、体内の水分が抜けやすくなってしまいます。 さらに、熱い飲料も口内が乾く原因になります。 喉が渇いたら、常温の水を飲むように心がけましょう。 〈4〉生活習慣を見直す 生活習慣の乱れはストレスにつながります。 早寝早起きはもちろんのこと、アルコールや間食はなるべく控えましょう。 朝は、白米を食べることがおすすめ。 よくかむことで唾液が出やすくなり、口腔環境も整います。 「臭い対策のスプレーなどもありますが、これを機に自分の癖や習慣を見直してみてはいかがでしょう。 それでも口臭が気になるときには、専門家に相談してみてください」と上田さんは呼びかけています。 (取材/読売新聞メディア局 安藤光里) 【あわせて読みたい】.

次の

がんは本当に「臭う」のか? 特有の臭いを発する病気とは?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

コロナ 口臭

新型コロナウィルスが猛威をふるい、マスクを日常的につけるのはマナーになった。 そこで、ふと「あれ、口が臭いかも?」と思う読者も多いのではなかろうか? 唾液が乾燥したにおいで、口臭というワケではないと思いたいが……。 唾液は減っているのに、マスクの内側は湿度が高くて蒸れやすく、細菌類が繁殖しやすい環境にある。 つまり、今、世の大人たちの口臭レベルは非常に上がっています!」 そう厳しく断言するのは、歯学博士の角祥太郎氏だ。 なぜ、コロナ禍で唾液の分泌量は減るのだろうか? 「リモートワーク中心になり、しゃべる量が極端に減ると唾液の分泌量は減少します。 また、外出自粛によるストレス、日々緊張や不安も口を乾燥させ、唾液を減らします。 マスク装着中は自分ににおいを感じさせ、はずせば相手の鼻腔を刺するという状態です」 ちなみに、マスクをはずしたときの口臭は、相手にどのようなにおいと思われているのだろうか? 「代表的なものは、玉ねぎが腐ったようなにおいの『メチルメルカプタン』、キャベツが腐ったようなにおいの『ジメチルサルファイド』、卵が腐ったようなにおいの『硫化水素』です。 マスク装着時は、この3つの細菌が繁殖しやすい状態です。 さながら温泉地で腐った生ゴミを持って歩いているようなもの、口の中は地獄です」 このままケアをしなければ、虫歯や歯周病など口内の病気に発展してしまうと角氏。 今すぐ歯医者に駆け込みたいが、現在は外出自粛中。 自宅でできるケアはないのか? 「口の中を清潔に保つことが大切です。 毎食後の歯間フロスとハミガキ、朝晩の舌磨きでかなり改善されるはずです。 舌磨き用のブラシなどがなければ、タオルで軽くこするだけでも効果はありますよ」 口を清潔に保つこと以外にも改善方法はあると角氏は続ける。 「なるべくストレスを溜めないこと。 今のコロナ禍では特にですが、人と話してコミュニケーションを取り、口を動かすことも改善に繋がります。 あとは湯船に浸かったり、オンライン飲み会などに参加してリラックスすることも大事ですね」 口が臭いと自覚しているなら、今のタイミングで改善させるのが吉! 【角祥太朗氏】 歯学博士。 clapping hands代表。 診療の傍ら、医療法人グループの代表の経験を基に、講演・執筆活動を行う <取材・文/松嶋三郎> 【松嶋三郎】 浅く広くがモットーのフリーライター。 紙・web問わず、ジャンルも問わず、記事のためならインタビュー・潜入・執筆・写真撮影・撮影モデル役など、できることは何でもやるタイプ。 Twitter: matsushima36 外部サイト.

次の

喉から臭い塊、口臭気になる 膿栓、予防は口中を清潔に

コロナ 口臭

新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクを手放せない日々が続いています。 一日中マスクを着けていると、臭いが気になる人もいるのでは。 マスクの臭いの元は口臭にあるケースも少なくないようです。 女性のための口臭専門クリニック「東京ブレスクリニック」(東京・銀座)院長・上田恵子さんに原因と対策を聞きました。 ニオイの原因は「雑菌」「唾液」「口臭」 上田さんによると、マスクについた臭いには三つの原因が考えられるといいます。 一つ目は、「雑菌」による臭い。 マスクをつけると、その内側は自分の呼気で温度と湿度が高い状態になっています。 呼気に含まれた雑菌が繁殖し、臭いが発生しやすい環境になるのだそうです。 二つ目は、マスクについた「唾液」の臭い。 マスクをつけたまま話した時に飛んだ唾が臭っているおそれがあります。 そして、三つ目が「口臭」です。 アース製薬が2016年に20~50代の男女400人を対象に実施したアンケート調査では、マスクの臭いが気になると答えた人は74.5%。 マスク内の臭いの原因は自分の口臭だと思っている人は、92.0%にも上っています。 普段は気にならなくても、マスクをつけると吐息がこもり、自分の臭いに気づきやすくなります。 口の中が渇くと臭くなる マスクが臭ってくる前に、こまめに新しいものに取り替えるのが理想ですが、マスク不足の今、それは難しいという人も。 できれば自分で口臭を和らげたいものですが、そもそもなぜ口は臭くなるのでしょうか。 「虫歯や歯周病といったお口のトラブルはもちろんですが、大きな原因は『口の中の渇き』です。 口の中は、常にサラサラの唾液で満たしておかなければいけません」と上田さんは指摘します。 写真はイメージです 唾液には自浄作用があるので、口内をトラブルから守ってくれます。 ところが、ストレスなどによって唾液がドロドロしたり、分泌量が減ったりして口内が乾くと、臭いの元となる細菌「嫌気性菌」が増殖してしまうそう。 さらに、今は新型コロナへの不安などでストレスがたまりやすいうえ、マスクをつけると口呼吸になりがちなので、口臭がきつくなる傾向にあるのです。 歯の磨き過ぎに注意 上田さんによると、日常生活の癖を直すだけでも、唾液が出やすくなるとのこと。 口臭を抑えるために、見直すべき四つのポイントを教えてもらいました。 〈1〉 歯を磨き過ぎない 口臭を気にして、一日に何度も歯磨きをする人がいます。 「磨いた直後はすっきりしますが、やりすぎると、口の中の粘膜を傷つけて唾液の分泌が減ってしまいます」と、上田さんは注意喚起します。 食後は、歯磨き粉は使わず、歯ブラシで目に見える汚れを落とすだけで十分。 その後、水を飲むと、だ液の分泌が促されます。 「歯磨き粉を使うのは、一番細菌が多いといわれる朝起きた直後と、夜寝る前だけにしてください」(上田さん)。 〈2〉 スマートフォンやパソコンから、時々目を離す 外出自粛で、自宅でスマートフォンやパソコン画面を見る時間が増えた人も多いのではないでしょうか。 唾液を出すためには、舌を動かすことが重要。 ところが、下を向いてスマホなどを見ていると、舌が動きづらくなってしまうそうです。 そこで上田さんは、意識的に「『ら』スマイル」をするよう勧めます。 東京ブレスクリニック提供 背筋を伸ばして正面を向き、舌先を上あごの奥につけたまま、にっこりと口を横に開くだけ。 テレワーク中もこまめに取り入れてみましょう。 硬めのガムを、舌の上で転がしておくのもおすすめです。 〈3〉コーヒーや紅茶を控える 自宅にいると、コーヒーや紅茶が好きな人は、つい何杯も飲んでしまいます。 コーヒー、紅茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、体内の水分が抜けやすくなってしまいます。 さらに、熱い飲料も口内が乾く原因になります。 喉が渇いたら、常温の水を飲むように心がけましょう。 〈4〉生活習慣を見直す 生活習慣の乱れはストレスにつながります。 早寝早起きはもちろんのこと、アルコールや間食はなるべく控えましょう。 朝は、白米を食べることがおすすめ。 よくかむことで唾液が出やすくなり、口腔環境も整います。 「臭い対策のスプレーなどもありますが、これを機に自分の癖や習慣を見直してみてはいかがでしょう。 それでも口臭が気になるときには、専門家に相談してみてください」と上田さんは呼びかけています。 (取材/読売新聞メディア局 安藤光里) 【あわせて読みたい】.

次の