ボブ パーマ 前髪なし。 前髪なしのボブの髪型まとめ!丸顔さんも面長さんも、大人っぽい小顔ボブにチャレンジ

小顔になれる前下がりボブ21選!前髪なし/パーマ/ショート/ミディアム

ボブ パーマ 前髪なし

前髪なしのショートが似合う人の特徴1つ目は、顔立ちが整っているということです。 前髪なしのショートというのは、やはり他の髪型よりも顔が目立ってしまうヘアスタイルなので、顔立ちが整っている人の方が確実に似合いますよね。 顔のパーツの位置や輪郭がシャープで綺麗だったりすると、前髪なしショートは素敵です。 さらにいうと、前髪なしにするのであればおでこが綺麗で広い人がより似合うと言えます。 おでこが狭い人も似合わないわけではありませんが、広い人の方が顔全体が綺麗に見えるのです。 ですので、おでこが狭いだけで前髪ショートを諦めることはしないでくださいね。 綺麗なおでこがあれば、前髪ショートは誰でも似合いますよ。 目が大きい人は、顔全体がインパクトがあり、可愛らしく見えますよね。 そのため、少しボーイッシュなショートヘアにしても大きな目が女性らしさをキープして綺麗な印象を与えてくれます。 女の子らしい顔立ちのショートヘアは、とてもおしゃれです。 次の記事は、ショートヘアが似合う女性の特徴についてです。 ショートヘアに挑戦してみたい人にとって、自分はショートヘアが似合う顔なのかということは気になるところですよね。 次の記事では、ショートヘアに似合う女性の特徴やメイク、ファッションまで紹介されているので早速読んでみて、参考にしてみましょう。 前髪なしのショートヘアが似合わない人の特徴と対処法は? 前髪なしのショートヘアが似合わない人の特徴はおでこが汚い人 前髪なしのショートヘアが似合わない人はおでこが汚い人です。 前髪なしショートヘアは、全部のおでこがしっかり前面にでる髪型になるので、おでこが綺麗でないと似合いません。 おでこが汚いというのは、おでこにニキビや吹き出物がたくさんあったり、おでこが肌トラブルをおこして赤くなっていたりなどです。 これらは、おでこにかかっている前髪が原因でできていることも多いです。 前髪ショートに挑戦したい人で、自分のおでこをチェックしてみて今おでこが汚いという人は、必ずおでこの状態をよくしてから前髪なしショートにするようにしましょう。 そうでないと、前髪ショートにしても心からその髪型を楽しめなくなりますよ。 前髪なしのショートヘアが似合わない人の対処法はスキンケアをしっかりする 前髪なしのショートヘアが似合わない人の対処法としては、スキンケアをしっかりするということです。 おでこの状態を綺麗にするには、やはり毎日のスキンケアを徹底する必要があります。 前髪がある人にとって、おでこはあまり人に見せない部分でもあるのでケアを怠っている人も多いかと思います。 しかしそれではいけません! これから前髪ショートヘアにするのであれば、おでこも自信を持って見せることができるように、ニキビや吹き出物をなくしておきましょう。 今では、たくさんのスキンケア商品が販売されているので、その中から自分にあったものを選んで使ってみてください。 治りにくいのであれば、皮膚科の薬に頼ってみるのもおすすめです。 このカールショートヘアは、前髪を横に流してショートにした髪全体に、無造作にカールをかけています。 無造作カールにすることで、全体的にもこなれ感がでておしゃれですよね。 カール自体もそこまで強くないので、大人の女性でも挑戦しやすい髪型です。 髪全体、特に毛先にはしっかりボリュームも出ているので、女性らしさも出すことができます。 また、無造作カールショートは自分でセットするときも、しっかりカールされた他のヘアスタイルよりもセットが簡単なので、忙しい朝の時短にもなりますよ。 大人可愛い無造作カールショートも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 ショートでもインパクトのあるきついパーマをかけたい!という人には、このようなきつめのパーマをかけたショートヘアがおすすめです。 片方に集められた前髪からサイドにかけて、カールがしっかり入っていいるのがとてもおしゃれですよね。 また、前髪に関しても、バックから前下がりにしてより長い髪にカールをつけることで、さらにボリュームを出すことができ、インパクトのある髪型になります。 黒髪にもよく似合うショートパーマヘアなので、髪を染めたくない人にもおすすめですよ。 こちらは、マッシュヘアというキノコのような形をした髪型にカールをかけたヘアスタイルです。 マッシュヘアは、全体的に丸みを帯びているのが特徴で、前髪はあるのが普通ですが、なしにする場合にはセンター分けがおしゃれに決まっておすすめです。 全体にかかったゆるいパーマが、マッシュの形とともに優しい印象を与えるので素敵ですよね。 また、マッシュカールショートは、黒髪などの暗めの色から、明るい茶髪など明るめの色にも合うので髪色が何色でもトライしやすいです。 優しく可愛らしい印象を与えるマッシュパーマヘアも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 ショートボブにふんわりカールを取り入れたこの髪型も、見た目がとてもキュートですよね。 毛先をしっかり内巻きにして、途中はゆるい大きなカールをかけることでふんわり感が出て可愛く仕上がります。 ボリュームも程よく出るのでおすすめです。 次の記事は、ショートボブのヘアスタイルに関しての記事です。 ショートボブは、ショートよりも少し髪が長めなので、大人っぽさの中にも女性らしさを残して仕上げることができると人気です。 次の記事でも、そんなショートボブの大人ヘアスタイルをいくつか紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみましょうね。 こちらは、段をつけたショートヘアになっていて、女性の中でも人気のショートカットです。 毛先の跳ねた感じが可愛く、少しくびれた形が上品に見せてくれます。 大人可愛く仕上げたい人にもおすすめの前髪なしショートヘアなのでぜひトライしてください。 次の記事は、堀北真希の髪型やヘアスタイルに関してです。 サイドの髪も持ってこれない人は、トップの髪を持ってきても可愛くできますよ。 髪が結べる長さの人はぜひ試してみましょう。 次の記事は、飾りピンを使った前髪アレンジです。 ショートヘアの人にとって、前髪のアレンジは、キュートなヘアにするには欠かせませんよね。 次の記事では、そんな時に使える前髪のおしゃれなアレンジが豊富に紹介されています。 早速読んで、明日からでも試してみてはいかがですか?友達から褒められること間違いなしです。

次の

40代50代 ボブ&ミディアム髪型カタログ☆手入れが楽なパーマ/くせ毛/面長丸顔に似合う/薄毛が目立たない/白髪グレイヘア/おしゃれ女性芸能人のヘアスタイル

ボブ パーマ 前髪なし

前髪なし・あり、前下がりベース、くびれシルエット、黒髪系などパーマなしでもカット法やスタイリングで様々なスタイルを楽しめます。 40代以上の大人女子におすすめな髪型やアレンジ法も! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 前髪なしの技ありボブヘア セニング&スライドカットの計算ずくワンレンボブ \ヘアスタイルのポイント/ 前髪なしの技ありワンレンボブで、大人の抜け感を演出。 ダークカラーと好相性なこちらのワンレングスボブ。 ワンレングスは重さが出やすくシンプルに見えがちなスタイルですが、セニング&スライドカットの卓越したカットテクニックにより、今どきの抜け感をプラス。 一気におしゃれヘアに昇華させてくれます。 程よい束感が出ることで、柔らかさや立体感のあるクールフェイスなボブ。 レングスとしてオーダーの多いギリギリ結べる長さもキープした優秀ヘアです。 ノンレイヤーなので、美しくまとまるのもポイント高し!肩につかない長さは、ハネ知らずでストレスフリーにも。 ちょっぴりクールに大人っぽく攻めたい、そんな人にぴったりのデザインです。 \How to ベース&カラー/ ベースを肩上のギリギリ結べる長さでワンレングスにカット。 前髪はサイドと同じ長さに揃えます。 ハネにくく自然な内巻きとなるようベースの内側はイングラデーションに。 質感をセニングとスライドカットで調整し、柔らかさと束感のあるスタイルに仕上げます。 カラーリングは、暗めの5レベル・アッシュベージュをチョイス。 赤みを押えつつ透明感があり、ダークカラーでも柔らかい表情の色味になります。 \How to スタイリング/ ドライ時のポイントは、分け目がつかないようにふんわりと乾かすこと。 生えグセに逆らうようにドライヤーの風を当てるとナチュラルなボリューム感になります。 乾いたら32mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけで、簡単にスタイルがキマります。 保湿力があり立体的なスタイルをキープできるバター系のスタイリング剤を毛先に馴染ませ、揉み込んでから軽く崩したら完成です。 ボブは首元にボリュームがある三角形スタイルでかわいらしい印象。 ショートボブはボブをグッと短くしたスタイルで、全体的に短めですが顔周りは長いのでボーイッシュにはならず女性らしさがあります。 前髪を作らずおでこを出せば、よりすっきり見えてデキる女風に。 まさにショートボブは、女性らしさを残しながらカッコ良さを表現できる大人女子に嬉しいスタイルです。 また、前髪を作らず顔周りに縦のラインを作る、頬ラインにボリュームを出しあごラインに沿ってシャープになるようひし型にカットする、などを考慮すれば、丸顔をカバーし小顔効果にも期待大。 大人っぽく見せたい、きちんと感がほしい、小顔になりたい…そんな人は今すぐショートボブにTRYすることをおすすめします! \How to ベース&カラー/ 全体をあごとリップラインの間の長さでカット。 サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残します。 襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作ります。 正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見えます。 カラーは8トーンのブラウンベージュ。 好感度の高いツヤのある落ち着いたカラーです。 短くても軽く見えず上品な印象に。 \How to スタイリング/ トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かします。 左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすくなります。 分け目はセンターではなく6:4に。 ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見えます。 表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせます。 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整えます。 顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成です。 前髪に立体感が出ない人は、前髪の根元に極少量のシアバターをなじませると髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。 スタイリングが簡単なので、忙しい女子にも嬉しいショートボブ。 すっきりした首元なのでマフラーや襟元にボリュームのある秋冬ファッションとも相性抜群。 大人気だったショートヘアから、気分を変えたいなら少しだけ伸ばしたストレートボブヘアはいかがでしょうか。 カットとさっと仕上げるスタイリングで、ナチュラルだけど女性らしい印象に。 毛先がハネないように入れられたカットが、髪を顔の形に沿うようにするため、面長・丸顔のどんな顔型もカバー。 ぱっつん前髪ですが、シースルーバングにすることで、重い感じもなく、甘くもなりすぎません。 また、これまでの白っぽいアッシュから一転。 地毛っぽいニュアンスを与えてくれるアッシュブラウンが、カジュアル感も女性らしさもかなえてくれる今っぽボブです。 ストレートアイロンで毛先を軽く整える程度のスタイリングなので、巻くのが苦手な人におすすめです。 朝のセットも楽なので、時短に! \How to ベース&カラー/ あごラインでベースをカット。 毛先がハネないように、イングラデーションを少し入れて、髪が顔に沿うように自然な丸みを持たせます。 前髪は目元の上くらいの長さで、重くならないように透け感を。 カラーは7レベルのアッシュブラウンをチョイス。 地毛っぽく見せてくれるカラーなので、自然体な印象で透明感を与えてくれます。 \How to スタイリング/ 3cmのストレートアイロンで軽く毛先を内巻きにします。 巻きすぎると横に広がってしまうので、顔に沿うスタイルを残すため、さらっと通す程度で。 前髪も同様に。 アイロンを使うことでツヤがアップし、よりキレイな髪に見せてくれます。 仕上げのオイルはあまりつけすぎないように、毛先や前髪に指先で塗布。 大人女性がチャレンジするならこちらの内巻きボブはいかが?オルチャンスタイルを日本人にマッチするようアレンジし、幅が狭めのシースルーバングを採用しました。 サイドバングを外ハネにすることで、頰骨のシルエットをカバーして小顔効果もあり。 また、アウトライン&顔まわりのシルエットを両方共にひし形にするW効果で、さらなる小顔見せに!トレンドを取り入れつつ、毛先のまとまり感と重さがツヤ感をプラスしてくれるボブ。 品のある女性らしさと可愛らしさの絶妙なバランスで、女心を掴むおしゃれヘアです。 \How to ベース&カラー/ ベースは肩下くらいの長さで前上がりにカット。 ひし形シルエットとなるよう顔まわりにレイヤーをしっかり入れます。 前髪は横幅を狭めにとりシースルーバングに。 サイドバングは長めにつくり、ハネさせることで頬骨をカバー。 カラーリングは、9レベルのアッシュベージュに。 赤みをしっかり抑え、外国人のような透明感があり肌色をキレイに見せてくれる色です。 \How to スタイリング/ 根元を後ろから前方に髪を乾かすだけで内巻きベースとなり、キレイにまとまるようカットに施されているため、ドライヤーの風は前から当てないように。 乾いたら32mmのアイロンで、全体を内巻きワンカール。 前髪は軽く熱を当てる程度にするか、マジックカーラーで。 サイドバングは外ハネにする時、横に流すようにクセづけするとよい。 最後に、アウトバス用トリートメントオイルやクリームタイプのワックスなど、うるおいとツヤ感を与える軽い質感のものを毛先中心に馴染ませます。 ぱっつん系ドーリーミディアムボブ \ヘアスタイルのポイント/ 前髪ありのパッツン系ボブはおしゃれだけど、個性的に見える不安あり。 また毛量が多い人はボリュームが出過ぎて、なおさら野暮ったく見える印象も…。 でも大丈夫、ハネない長さ&内側を短く毛量調整したカットならボリュームが出過ぎず、ストンと落ちたカジュアルかわいいボブに仕上がります。 また前髪の幅を広めにとったワイドバングなら今っぽさがプラスされ、グッとこなれた印象に。 毛量が多くてボブを諦めていた人こそ、計算づくなこのボブをぜひ試してみて。 \How to ベース&カラー/ 毛先が内巻きなので清楚さもきちんとKeep。 前髪は眉毛がギリギリ隠れるくらいの長さで、横幅が広めのワイドバングにカット。 ワイドバングにすることでパッツン系ボブが今っぽく仕上がります。 裾はハネないように、肩につかない長さでカット。 まとまりやすくするため内側は短めにカットし、表面は束感が出るストロークカットで動きをつけます。 カラーは透明感のある10トーンのフォギーベージュ。 室内だと落ち着いて見えますが、光に当たると透けて見えて明るい印象に。 ベージュの柔らかさでかわいらしさもプラスされます。 \How to スタイリング/ ストレートにブローした後、32mmのアイロンで毛先をサラッと内巻きに。 しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽいです。 巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。 前髪の毛先にも少し隙間ができるように束感を作ると、個性的に見えず程よくカジュアルに仕上がります。 内巻きの清楚さとベージュカラーで、かわいらしさも手に入るのがこのボブの優秀ポイント。 また顔周りの毛束がストンと落ちているので、エラが気になる人にもおすすめです。 清楚なバルーンミディアムボブでメンズ受け \ヘアスタイルのポイント/ ふわっとしたバルーンシルエットがモテのカギに。 メンズウケするモテ髪を知っておいて損はナシ。 そこでご紹介したいのがこちらのミディ。 ふんわり丸いシルエット、長過ぎず短過ぎない女性らしいレングス、清楚な落ち着きカラー、そしていつの時代だってメンズが好きな王道内巻きストレート。 どんなにこなれた女が好きだというオシャレ男子でも、この髪型を嫌いな人はいないはず。 さらにモテ髪の秘密は前髪にもアリ。 おでこを隠す前髪を作ると顔が幼く見え、かわいらしい印象を与えます。 \How to ベース&カラー/ サイドは鎖骨にかかる長さで前上がりにカット。 バックは立体感が出るように段差を入れます。 前髪は毛先が流れるように少し隙間を作りながら目の上でカット。 こめかみに落ちる毛束をやや長めにすることで顔効果を狙えます。 ふわっとしたバルーンシルエットを作りやすくするためトップや表面、顔周りにはレイヤーを。 赤みを消すブルー配合で、落ち着きつつも重たくないブラウンカラーに仕上がります。 \How to スタイリング/ 太めのアイロンで全体の毛先を内巻きワンカールに。 しっかり巻かず軽く滑らせる程度でokです。 前髪も毛先が内巻きになるように軽く滑らせます。 ソフトワックスを手のひらでしっかり伸ばしてから、全体の毛束の中間から毛先に揉み込んでふわっとした立体感を作ります。 片側だけ、こめかみに落ちる毛束を残して耳掛けを。 耳掛け&表面のふわっと浮いた毛束でバルーンシルエットが完成します。 清楚さが際立つ髪型なのでモテはもちろん誰からも愛されること間違いなし。 前髪や表面にレイヤーを入れて、ニュアンスのある束を。 スモーキーなカラーセレクトも決め手。 \BACK/ 前下がりベースで作る美人スタイル あえて肩でハネるようにカットした美人ロブ \ヘアスタイルのポイント/ 柔らかニュアンスで女らしく、目力UPも。 肩に当たるハネを活かしつつ、ストレートアイロンで仕上げたナチュラル感が魅力のロブヘア。 くるっとしたカールではなく、サラっとした質感が今どきカジュアルのポイントになります。 また、前髪はおでこが見える抜け感&束感をつくりシースルーバングに。 目の上ギリギリの長さにすることで、目の印象をアップしてくれます。 ベースの重さを残しながら、前髪の軽さをプラスすることで、ふわっと柔らかい印象を与える美人ロブ。 簡単スタイリングなのに、トレンドを取り入れたおしゃれ感のあるデザインに。 ぱぱっと時短でもキマるので、セットが苦手な人にもオススメです。 \How to ベース&カラー/ 肩ぐらいの長さでハネやすいようにやや前下がりにベースをカット。 フェイスラインの角は残しながら、ニュアンスのある軽さを出すため表面に少しだけレイヤーを入れます。 前髪は、ほんのりウザバングとなる長さで、幅を狭くしてシースルに。 カラーは10レベルのオリーブベージュをチョイス。 赤みを押さえる寒色でも、アッシュのようなくすみがなく柔らかい雰囲気に仕上げてくれる色味です。 \How to スタイリング/ 手ぐしで肩に沿わせてハネるようにドライします。 その後、ストレートアイロンをさらっと通すくらいのナチュラルな仕上がりにして、カール感が強くならないようにするのがポイントです。 前髪はスルッと通す程度に。 アイロンを使うことでツヤ感もアップします。 ヘアオイルかヘアバターを手の平になじませ、内側から中間〜毛先までまんべんなく塗布して、束感をつくればフィニッシュ。 鎖骨の長さで前下がりにカットし軽やかなレイヤーをON \ヘアスタイルのポイント/ 骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ。 外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。 ふわっとした雰囲気はもちろん、ウェットな質感もハマるので、トレンド感を出すことができます。 顔まわりに入れたレイヤーが、骨格補正をしてハチ張りをカバー。 小頭に見せる効果も。 ひとつ結びにした時は、顔まわりの短い毛がゆるっとした後れ毛となり、柔らかいニュアンスを演出。 長めの前髪は透け感を出すことで、より涼やかに見せることが可能です。 エアリーな動きのあるボブスタイルは、ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージを与えます。 スタイリングも簡単で、自然なボリューム感が欲しい人にもおすすめなデザインです。 \How to ベース&カラー/ 鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。 顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。 サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットします。 頬ラインに設定することで、柔らかい印象となります。 カラーは、6レベルのフォギーベージュ。 フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。 \How to スタイリング/ スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。 ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。 ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつけます。 ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整えます。 四角おでこをカバーする前下ボブ \ヘアスタイルのポイント/ 高さをプラスして縦ラインを意識。 ほつれかきあげバング。 丸顔がカバーできる、肩ラインの前下がりボブにカット。 毛先に重さを残しつつ、毛量を調節してエアリーな質感に。 光に当たったときに透け感が出る、アッシュベージュカラーに。 \TOP/ イカつく見える四角のおでこは、こめかみを斜めに隠して丸く見せるのが大事。 さらに縦長に見せるため、サイドからジグザグに分けて根元を立ち上げること。 ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか。 切りっぱなしの前下がりで重いグラデーションに、レイヤーの軽さをプラスしたロブ。 こちらのスタイルが今っぽく見えるのは、ぷつんとした毛束感にあり。 先細りの毛先ではなく、切りっぱなしの雰囲気が程よいカジュアルさを演出します。 また、首元のくびれと後頭部の丸さが女らしさを引き出しナチュラル美人ヘアに。 また、フルバングにすることで、面長や三角顔のシャープな印象を緩和してやさしいイメージへ。 退色してもキレイ色をキープできます。 \How to ベース&カラー/ ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。 切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルになります。 顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるようにします。 カラーはブラウンに紫とロゼをミックスしたショコラブラウンに。 イエベ、ブルベ、どちらにもマッチし、深みがある色持ちのいいカラーです。 \How to スタイリング/ 乾かす際は、髪を後ろに向かってドライしながら、表面の髪を根元からふんわり仕上げます。 乾いたら32mm、もしくはストレートアイロンを使って、顔まわりを外ハネに、表面は内巻きにします。 ヘアオイルを手に伸ばしたらまず、襟足から付けるのがポイント。 その後、全体になじませて毛束感を出します。 スタイリング剤はやや多めの方がニュアンスのあるヘスタイルに仕上がります。 憧れのボリュームヘアに見え、さらに今っぽおしゃれ感もプラスした髪型をご紹介します! ポイントは外ハネボブにレイヤーを入れ、ややウルフっぽく作ること。 ウルフは70年代に流行ったトップが丸く裾が軽いスタイル。 昔ほど裾を軽くせず重たさを残すのが、ウルフを今っぽく見せるコツ。 この髪型は裾がキュッとくびれた外ハネが特徴で、むしろ毛量が少ない方が作りやすいことも。 またくびれがある分、トップのふんわり感が強調されボリュームアップして見せる効果もあり。 前髪を作るとクールになり過ぎず、柔らかさが出るのでおすすめです。 スタイリングも簡単なので、毛量少なめな人だけでなく朝が忙しい人や今っぽいおしゃれ髪になりたい人にもぜひTRYしてほしいスタイルです! \How to ベース&カラー/ 襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。 裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。 表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。 前髪は目の上ギリギリでカット。 隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。 カラーは8トーンのアッシュブラウン。 程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。 \How to スタイリング/ 乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かします。 トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。 26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。 しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOKです。 全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。 ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成です。 ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできます。 スタイリングで外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツ。 外ハネにしなければ落ち着いた印象にもなるので、ボブの中でもアレンジの幅を楽しめるレイヤースタイルです! 黒髪系ダークカラーのボブスタイル 地毛風カラーでナチュラルに美しく \ヘアスタイルのポイント/ 外にゆるっと巻くくらいが今っぽいボブ。 ワンカールボブに飽きている人におすすめしたいのが、じわじわと来ている、外ハネボブ。 子どもっぽい印象にならないか心配…と思うかもしれませんが、顔周りだけ外ハネさせるスタイルならその悩みを解消!全体を同じ方向に巻かずに、部分だけ外ハネさせることで抜け感を演出できます。 \How to ベース&カラー/ 肩にぎりぎりつかないくらいの長さでカット。 毛先がハネにくい長さなので、巻いても下ろしてもキマる扱いやすいレングスです。 前髪は、流すようにサイドに向かって長くしていきます。 頬のラインが隠れるようにすると、自然な流れを演出できます。 カラーは7レベルのラベンダーアッシュ。 レベルは、6だと暗く、8だと明るすぎるので、7レベルがお仕事女子には程よい色味です。 パープル系は肌なじみがよく、ツヤがある髪に見せてくれる効果も。 \How to スタイリング/ 26mmのアイロンで、顔周りの毛先は外ハネに。 その他は内巻きにします。 部分的にゆるく外巻きにすることで、自然な印象に。 前髪は、ストレートアイロンでさらっと通す程度で、少しカールがつくようにするとキレイな流れに。 仕上げのオイルは、全体的に軽く手ぐしを通すくらいでつけます。 赤みを抑えたアッシュカラーで暗めでも透け感を \ヘアスタイルのポイント/ 大人気でおしゃれ偏差値の高い髪型といえば、外ハネボブ。 フェースラインを包むので小顔効果も絶大です。 でもひとつ、TRYするのを躊躇しがちな問題が…。 それは毛量が多い人は、ボリュームが出過ぎて頭でっかちな印象になること。 ヘルメットみたいになるのを恐れて躊躇する人も多いのだとか。 でも、大丈夫。 毛量が多い人でも、カットとスタイリング次第でキュッとタイトな外ハネボブに仕上げることができます!ポイントは、後頭部の内側にグラデーションカットを入れることと、前髪を薄め、短めに作ってヌケ感を出すこと。 さらに外ハネを大きく作らずラフにハネさせてから、耳掛けをすること。 内側に入れたグラデーションカットで、頭にフィットするようなミニマムボブに!また乾かす前にオイルをなじませしっかり保湿しつつ、仕上げにバームの重たさでボリュームを抑えることも重要です。 これらを考慮して作ればスッキリミニマムな外ハネボブに。 今旬で絶対的におしゃれな髪型だから、毛量が多くて躊躇していた人は熟読してぜひTRYを! \How to ベース&カラー/ あご下のワンレングスベース。 後頭部などボリュームの出やすい部分の内側にグラデーションカットを入れると、毛が頭に沿うようにまとまりコンパクトに。 レイヤーを入れると毛先が外にいきボリュームが出やすくなるので避けて。 前髪は目の上で薄く取り、隙間ができるようにカット。 眉尻の毛束はやや長めにカットしサイドに流すと小顔に見えます。 カラーは10トーンのラベンダーアッシュ。 赤みを抑えた透け感のあるアッシュで、重たい印象を与えません。 光の加減で陰影ができるカラーなので自然と立体感を演出できます。 \How to スタイリング/ タオルドライした後、オイルをしっかりなじませてから乾かすと乾燥によるボリュームを防いでまとまりやすくなります。 毛束を少量取り、28mmのアイロンを毛束の中間から毛先に向かって滑らせて軽く外ハネに。 全体を少しずつハネさせることで、大きなカールになることを防ぎます。 さらにトップ表面の毛束だけ、持ち上げて高い位置から軽く外巻きに。 表面にリバースカールができて軽いヌケ感が出ます。 前髪は毛先だけクセ付け程度に軽く内巻きに。 全体の中間から毛先を中心にバームをなじませ、ボリュームをおさえつつ束感をプラス。 しっとりツヤが出て今っぽい質感に仕上がります。 前髪の毛先にもなじませ束感を。 最後に軽く耳掛けをすれば完成です。 外ハネボブは毛先に透け感があり、毛量が多くても重たく見えにくいスタイル。 大流行中の今こそ、まだの人はサロンに急ぐことをおすすめします! パーマなしナチュラルな黒髪ひし形ボブで大人顔 \ヘアスタイルのポイント/ 短くなり過ぎるのが心配でバッサリカットできずに、中途半端な長さになっちゃった…というときに、ぜひCheckしてほしいボブがこちら。 スッキリ見えるのにカジュアルな短さは感じさせない絶妙なバランスです。 その秘密は、長め前髪とひし形シルエットにあり。 長め前髪で大人っぽさを、サイドをふわっとさせたひし形シルエットでボリューム感を出します。 このふたつでスッキリしつつ上品な、短く見えすぎないボブに。 また襟足の長さも重要です。 首に沿うようにやや長めに残すと、短い印象を与えない効果があります。 \How to ベース&カラー/ 前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。 搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れます。 ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。 カラーは7トーンのアッシュブラウン。 ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出します。 落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えません。 \How to スタイリング/ 顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなります。 全体の毛束の中間から毛先に向かって32mmのアイロンで軽くワンカール。 やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイントです。 ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出します。 前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。 すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。 重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。 よりスッキリ感が出ます。 襟足を少し長くするなど微妙なテクニックで短過ぎる印象を与えません。 艶のある黒髪ワンレンボブスタイル \ヘアスタイルのポイント/ 黒髪のリッチさが束感でモードに。 ランダムな分け目とウエットな束感でモードな雰囲気に。 黒髪のワンレンボブという強さに、ウエットな束感でモーそな雰囲気をプラスした、エッジの効いたスタイル。 アイロンで毛先をワンカールさせてフェミニンな要素を作ると、グッと取り入れやすくなります。 40代に似合うノンパーマボブの髪型 作りすぎない大人のモテ系ボブ \ヘアスタイルのポイント/ 作り込まないナチュラルさが魅力のピュアフェミニンヘア。 ナチュラルな抜け感が魅力のミディアムボブ。 作り込みすぎないことで、柔らかい雰囲気の女性らしさを醸し出してくれます。 こなれ感もバッチリで、おしゃれでかつ、男ウケも狙いたい、そんなわがままを叶えてくれるスタイルです。 また、パッツン気味のバングが、ほんのり甘さをプラス。 目の上ギリギリの長さで目元を強調しながら、サイドと緩やかに繋ぐことで、頰のラインをカバー。 小顔効果も狙える優秀ヘアです。 縦長シルエットですっきりした印象を与えるボブヘア。 艶やかな女性らしさも、おしゃれ感も楽しめるスタイルにチェンジしてみませんか? \How to ベース&カラー/ ベースは鎖骨ラインでワンレングスにカット。 ふわっと仕上がるように表面のみに軽くレイヤーを入れて、毛先に軽さが出るよう毛量調整をします。 前髪は、目の上ギリギリの長さでカットし、サイドと繋ぐことで頬骨をカバー。 カラーは10レベルの柔らかい印象を与えるラベンダーベージュに。 透明感があり、肌色のキレイ見せ効果もあるカラーリングです。 \How to スタイリング/ ドライ時、根元を起こしながら乾かすとふわっと仕上がり美しいシルエットに。 乾いたら32mmのカールアイロンで、内巻きにワンカール。 その後、耳周りをメインに外ハネを4パネルほどランダムに巻きます。 スタイリング剤は、広がりやすい人はオイルを、ぺたっとしやすい人は水分が少なめのものがおすすめ。 手の平に伸ばし、乾燥しやすい毛先から塗布して毛束感を演出してから、表面、前髪の順に塗布します。 束感で楽しむ大人のショートボブ \ヘアスタイルのポイント/ 前髪の束感とツヤ感でつくる、ほめられショートボブ。 かわいさやカジュアル路線ではなく、上品で女性らしいショートボブを狙うならこのスタイル。 前髪の束間がポイントとなり、一気に今どきヘアに。 短めの襟足でありながら、前下がりラインで顔まわりの長さを残しているので、色っぽさを感じる仕上がりになっています。 前髪を軽く横に流せば雰囲気を一変させられ、ギリギリ結べる長さでカットしているためアレンジも自由自在。 こなれ感のあるコンパクトなフェミニンショート。 シルエットに丸みを出さないようにタイトにしつつ、ツヤ感と毛先の遊びで女らしさを演出して。 ショートボブで叶えるコンパクトなあか抜けフェミニン。 \How to ベース&カラー/ 襟足を浮かない長さに設定し、やや前下がりのワンレングスでカット。 襟足にイングラデーションを入れることでコンパクトなフォルムに。 表面にはレイヤーを入れて毛先の軽さを出します。 前髪は奥行きを浅めでやや幅広くとり、肌が見えて束間が出やすいようにカットします。 カラーは7レベルのオリーブグレージュに。 オリーブとグレーをミックスすることで、赤みをしっかり消しつつ透明感のある髪色に仕上げます。 \How to スタイリング/ 髪をドライする時、前髪はその日の気分で下ろしも流しも対応できるように分け目がつかないように乾かします。 ドライ後、ストレートアイロン、もしくは26mm のカールアイロンで毛先を外ハネにします。 クルッとしたカール感ではなく、軽く丸みをつける程度でOK。 ツヤ感の出るソフトワックスを全体に揉み込んだらフィニッシュ。 毛先がパサついているとNGなので、セミウェットな質感を目指して品良く仕上げて。 切りっぱなし感がおしゃれ度を底上げ \ヘアスタイルのポイント/ シャープなカットラインが甘さを払拭。 コンサバ服に差をつけるスタイルは必見!また、目元が隠れる程長くて薄い前髪も、実は計算あってのもの。 「仕事で着る機会の多いコンサバ服をよりこなれた感じに着こなしたいと思い、少しだけエッジのあるスタイルに変えました。 コンサバコーのハズし役にはもちろん、プライベートでよく着るカジュアル服とも相性がいいんです。 流したり巻いたり、融通が利くのがいい所。 ストレートボブのアレンジテクニック こなれ感抜群のハンサムオールバックアレンジ \ヘアサロンchobbi スタイリスト wacoさんが教えてくれました/ 髪質:太めの直毛。 量も多い。 髪の長さ:肩にかからない長さのボブ。 前髪は目にかかるくらいの長さ。 ヘアカラー:髪が柔らかく見えるように明るめのベージュブラウン パーマ:ナシ 髪コンプレックス:毛量が多い上、直毛で動きがつきにくい。 \ふんわり柔らかな女っぽいオールバックの作り方How to/ 【STEP1】 髪全体にバームとオイルを混ぜてなじませる。 髪に動きをつけやすくするために、バームとオイルを1:1で混ぜたスタイリング剤を全体になじませます。 オイルだけだとバーコードのように髪が割れてしまいやすいので、ワックスを混ぜて、ツヤと毛束感を出します。 \使用アイテム/ 右/リッカ リレイ トリートメントバーム 40g ¥2,500 「トリートメント効果が高く、ベタつかずまとまりの良い髪に」 左/Dr. イフイング TOKIO IE OUTOKARAMI PLATINUM OIL. TREATMENT 100ml ¥3,200 「キレイなツヤを与えてくれるオイル」 【STEP2】 毛先を内巻きにして女らしさを出す。 オールバックは襟足部分がくびれていて毛先が外ハネになるのが一般的ですが、女らしさを出すために、私は毛先を軽く内巻きに。 コテで手首を返すくらい、軽く巻いて、柔らかな印象にします。 【STEP3】 ドライヤーでしっかりとオールバックに。 手ぐしで前髪とサイドの髪を後ろにとかしながら、ドライヤーを当ててオールバックのスタイルに。 仕上げに冷風を当てると、しっかり後ろに流れます。 【STEP4】 もみあげを出して色っぽさのエッセンスに。 サイドの髪を全部後ろに流すとすっきりとしますが、髪が少し耳にかかるだけで色気も出る気が。 少しだけ毛束を耳前に持ってきます。 【STEP5】 トップのふわふわとした毛を抑える。 トップからふわふわと飛び出す毛は抑えた方がすっきりと見えるので、マスカラ型のジェルでピンポイントに抑えていきます。 ピンポイントに髪を抑えるのにとっても便利です。 ふんわりとしたトップと内巻きの毛先で、柔らかなオールバックスタイルに。 バームとオイルで出したツヤ感と動きのあるスタイルが、女性らしさをバックアップ。 タイトにまとめたコンパクトポニー \大人すっきりなポニーテールHow to/ 【STEP1】 髪全体にバームとオイルを混ぜてなじませる。 髪に動きをつけやすくするために、バームとオイルを1:1で混ぜたスタイリング剤を全体になじませます。 オイルだけだとバーコードのように髪が割れてしまいやすいので、ワックスを混ぜて、ツヤと毛束感を出します。 【STEP2】 毛先をコテで軽く内巻きに。 ポニーテールにしたときに、毛先がツンツンしていると毛量の多さが目立つので、コテで軽く巻いてまとめます。 【STEP3】 前髪ジグザグに取って斜めに持っていく。 前髪を斜めにするときは、トップから指先をギザギザと動かして分けます。 これなら分け目がきっちりつかず、生えグセも目立たなくなります。 【STEP4】 耳下の高さでひとつに結ぶ。 低めの位置でまとめるとぐっと大人っぽい印象に。 耳下の高さの、襟足近くでヘアゴムを使って結びます。 【STEP5】 前髪をアメピンで留める。 前髪の毛先をヘアピンで留めて、斜め前髪をキープ。 ヘアピンは下から入れこむと留まりが良く、動いてもズレてきません。 【STEP6】 両サイドの耳に毛束をかける。 サイドの毛束を少し引き出し、耳にかけます。 タイトなスタイルでもきっちりしすぎず、しゃれ感がUP。 【STEP7】 トップの髪をふわっと引き出す。 全体のバランスを見ながら、トップの髪を引き出してふわっとさせます。 タイトな前髪とテンションを揃えるため、少しずつ毛束を引き出すのではなく、トップの毛をひと握りして、ぐっと持ち上げるようにふんわりさせるのがコツ。 斜めの前髪と低めのポニーテールで大人っぽいタイトなスタイルが完成。 でも、耳にかけた毛束やトップのふんわり感のおかげで、こなれた印象に。 分け目と質感を変えるだけですっきりアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ 分け目と質感を変えてボリュームを抑える!ワンパターンだったアレンジも、これで解消できそう!雨の日も広がらなそうな所も魅力的です。 「湿気で膨らむ多毛さん。 抜け感がなくて重く見えるので、サイドパート+耳かけのテクと、夏らしいウエット感にチェンジ。 これで広がりも予防できます」( drive for garden トップスタイリスト 一番合戦さん) \How to/ 【STEP1】 分け目を横に変える。 分け目の位置を少し横にずらし、指先をジグザグさせて左右に分ける。 分け目が戻らないように、しっかり押さえつけて。 【STEP2】 オイルでウエットな束感に。 オイルを500円玉大手のひらに広げて、髪の中間~毛先になじませる。 束を作ってから、分け目側のサイドを耳にかける。 外ハネアレンジでシンプルストレートボブを大人っぽく \ヘアスタイルのポイント/ 顔周りを外ハネにして大人っぽく!少しの外ハネでおしゃれになり、アレンジ幅が広がりました! 「シンプルなストレートボブは、スタイリング次第で子供っぽく見えてしまうことも。 顔周りの毛束に少し遊びをプラスすると、大人っぽいこなれ感が生まれます」(drive for garden トップスタイリスト 一番合戦さん) \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 前髪~サイドを外巻きに。 32mmアイロンを使用。 前髪は、外側に流しながら毛先は内巻きに。 【STEP2】 顔周りの髪も、毛先だけ外ハネにする。 毛束をほぐしながらスプレーを吹きつけ、動きをキープして。 トップをねじってふんわりとしたボリュームを出すことで、丸顔+地味顔をカバーしながら、優しい印象を醸し出すことができます。 毛束を2分して、交差させツイスト編みにしていきます。 顔まわりの毛を少しずつすくい、交差させて前側にきた毛束と合わせて編み込み風に。 そのまま耳うしろまでツイスト編み込みを続けます。 トップはゆるめに、サイドは少しタイトにツイストさせるのがコツ。 ツイストした毛先を片手でしっかり押さえ、もう片方の手でトップの毛を部分的に引き出して、ボリュームとルーズ感を出します。 同様に片手でツイストした毛を押さえ、もう片方の手でサイドの編み目を少しずつ引き出してルーズ感を出します。 ツイストした毛先をアメピンで固定します。

次の

小顔になれる前下がりボブ21選!前髪なし/パーマ/ショート/ミディアム

ボブ パーマ 前髪なし

丸顔に似合うミニボブの条件2つ 丸顔に似合うミニボブの条件2つは、 前髪なし・長め、前下がりのカットラインのミニボブです。 前髪なし・長め 前髪なし、前髪長めは、気になる頬・輪郭をカバーすることができ、丸顔が目立ちにくくなります。 そして、 額がでる事で顔のでる範囲が縦長の長方形になります。 その結果、丸顔が気になりにくくなり、理想的なタマゴ型に見えやすくなります。 前下がりライン 前下がりのカットラインにすることで、 シルエットが丸くなりにくくなります。 シルエットが丸くなると丸顔が目立ちやすくなるので、カットラインは前下がりがおすすめです。 【丸顔に似合う】前髪なしミニボブのヘアスタイル・髪型 前下がりワンレングスのミニボブ 出典: 前下がりカットラインのワンレングスの前髪なしミニボブ。 無造作でラフなスタイリング、 毛束感がこなれたオシャレな雰囲気に。 ハイライトカラーによる陰影が生まれ、かきあげたり、髪を動かしたりした時に立体感がでます。 スタイリングはへオイルかヘアバームが束感がでるのでおすすめ。 トリートメント効果と濡れ髪スタイリングが同時にできるオイルスフレ オイルのうるおい感はそのままに動きをプラスできるアイテム。 ヘアオイルとヘアバームの中間っぽい、他にない独特なテクスチャー。 ふわっと質感のスフレクリーム。 トリートメント効果と濡れ髪スタイリングを同時に楽しめます。 透明感のあるクリアガーデンの香り。 TOPはシトラス、グリーン。 MIDDLEはミュゲ、ローズ。 LASTはムスク、ホワイトシダーウッド。

次の