ダイソー ブルートゥース スピーカー 2。 「ダイソーの300円スピーカーをブルートゥース化」!ビアンキ!のブログ | ジャンクカメラ中毒

100均マニアが太鼓判!ダイソーの「史上最高のスピーカー」(サンキュ!)

ダイソー ブルートゥース スピーカー 2

ダイソーのBluetooth(ブルートゥース)スピーカーといえば、防滴加工が施された「」が思い浮かぶ。 も発売されたが、思いのほかポンコツだったのも良い思い出だ。 そんななか、防滴ではない、ポータブルタイプのブルートゥーススピーカーが発売されていたので情報共有しておきたい。 予想してたよりも良かったぞ! まず価格は500円。 防滴仕様のモノより100円安いが、サイズは2倍強あるくらいのデカさを誇っている。 正確なサイズは、ヨコ12cmの、タテが7. 9cm、そして奥行きが3. 9cmだ。 より正確なスペックは説明書を参照してもらうとして…… 3. 5時間の充電で2. 5時間は動くという。 何にも接続しないでそれだけ動けば十分だ。 本体上部には再生や音量、音源入力先の切り替えボタンがあって…… 裏面には、電源スイッチ、充電用USBスロット、メディア用USBスロットにメディア用マイクロSDカードスロットがある。 んで、こちらのスピーカー、音源は3パターンに対応している。 まずは商品名にもなっているBluetooth(ブルートゥース)接続から試してみたが…… 特になんのトラブルもなく、電源オンしたらスマホに機器名が表示され、あっという間にペアリングできた。 そして、いざ再生してみると…… A post shared by rockethatori on Jan 15, 2020 at 2:15am PST おお……! ちょっとこれは予想外。 ぶっちゃけ、もっとスカスカのヘボい音が出ると思っていたのだが、 わりかし良い音が出ているなという印象を受けた。 音は高めで、スカーンと抜けるような感じ。 重低音的なサウンドではないが、逆にそれが聴きやすい。 音楽も良いけど、声……そう、 ラジオなんか聴きやすいのではないだろうか? そんな音質のスピーカーである。 あとは、思ったよりも音がデカく放てることも好印象。 ためしに最大の音量にしたところ、隣の部屋から「うるせー!」と壁ドンされるくらいの音量にはなった。 屋外で使ったとしても耳に入るであろう音量だ。 スピーカーの話はそれくらいにして、のこり2つの音源を試してみよう。 まずは、USBメモリから。 また、なぜかUSBメモリよりも、マイクロSDのほうが反応が早かったことも付記しておきたい。 転送速度の関係かなぁ……。 ともあれ、アンカーや、JBLなど、さまざまな有名メーカーのBluetoothスピーカーを使ってきた私だが、 アリかナシかで言えば「この値段なら、まあアリかな」といったところ。 なにせ500円。 Bluetoothスピーカーの入門用として買ってみるのも良いだろう。 「失敗した〜!」とは、ならないはず。 Report:100均評論家・ Photo:RocketNews24•

次の

ダイソー(100均)の「500円小型Bluetoothスピーカー」が凄い!おすすめ度をレビュー!

ダイソー ブルートゥース スピーカー 2

100円ショップとおなじみのダイソーですが、ライバルのキャンドゥやセリアと違って200円や、300円など100円以外の商品を扱っているのが戦略の大きな違いです。 100円にする努力をしてないだけでは……と思う商品もありますが、100円ではできない品揃えを実現しているのも確かです。 そんなダイソーに、600円 税別 の防滴仕様なBluetoothスピーカーが並んでいたので、早速購入してみました。 購入した店舗にはグリーンしかありませんでしたが、パッケージを見るとホワイト、グリーン、ブルーの3色をラインナップをしているようです。 製品名は「Bluetoothスピーカー ワイヤレス、防滴仕様 」、型番は「BTS-032A」と書かれています。 端子部はカバーされています 操作ボタンは「-」「再生」「+」3つだけ。 「-」を短押しで前の音楽、長押しで音量ダウン、「+」を短押しで次の音楽、長押しで音量アップ、「再生」は短押しで再生・停止・応答、長押しでBluetooth接続解除ができます。 実際に使ってみると、音量の調整が曲の前後と同じボタンなのは操作しづらいところはありますが、最低限の操作はできます。 音質面では低音が出ず、音量を上げていくと、かなりこもりますが、価格を考えればしかたないところ。 ただ、音量は最大にすれば、かなり大きくなるのが嬉しいところです。 なお、スマートフォン側で設定した音量を上限に「BTS-032A」で調整する形になります。 分解してみた! ・この記事の情報は編集部が購入した個体のものであり、すべての製品に共通するものではありません。 ・この記事を読んで行なった行為(分解など)によって、生じた損害はネタとぴ編集部および、メーカー、購入したショップもその責を負いません。 ・ネタとぴ編集部では、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。 この価格で防滴って、どういう構造になっているんだろうということで、早速分解してみました。 プラスティックの本体を、吸盤一体型のシリコンゴムのカバーが覆う構造で、このカバーが本体への防滴となっているようです。 このカーバー外すと、プラスティックの丸い本体があらわれます。 この本体は上下がネジ止めされていて、ネジ穴が4つあるのですが、実際に使われているのは2本だけでした……。 防滴や耐久性には疑問が残るものの価格を考えればアリ 600円 税別 という価格ながら、音質面ではソコソコではありますが、機能面では価格からの想像を上回るものがあり、Bluetoothスピーカーを試してみたい、お風呂にお手軽に音楽が欲しいといった用途にはぴったりな製品です。 ちなみに、実はほぼ同じものだと思われるスピーカーが、Amazpn. jpで417円 2018年5月4日現在 で販売されていますが、ダイソーの方は技適マークが付いており、店頭で確認して購入できる安心感もあり、価格差分の価値はありそうです。

次の

第2世代 SR9001型

ダイソー ブルートゥース スピーカー 2

ダイソーのBluetooth(ブルートゥース)スピーカーといえば、防滴加工が施された「」が思い浮かぶ。 も発売されたが、思いのほかポンコツだったのも良い思い出だ。 そんななか、防滴ではない、ポータブルタイプのブルートゥーススピーカーが発売されていたので情報共有しておきたい。 予想してたよりも良かったぞ! まず価格は500円。 防滴仕様のモノより100円安いが、サイズは2倍強あるくらいのデカさを誇っている。 正確なサイズは、ヨコ12cmの、タテが7. 9cm、そして奥行きが3. 9cmだ。 より正確なスペックは説明書を参照してもらうとして…… 3. 5時間の充電で2. 5時間は動くという。 何にも接続しないでそれだけ動けば十分だ。 本体上部には再生や音量、音源入力先の切り替えボタンがあって…… 裏面には、電源スイッチ、充電用USBスロット、メディア用USBスロットにメディア用マイクロSDカードスロットがある。 んで、こちらのスピーカー、音源は3パターンに対応している。 まずは商品名にもなっているBluetooth(ブルートゥース)接続から試してみたが…… 特になんのトラブルもなく、電源オンしたらスマホに機器名が表示され、あっという間にペアリングできた。 そして、いざ再生してみると…… A post shared by rockethatori on Jan 15, 2020 at 2:15am PST おお……! ちょっとこれは予想外。 ぶっちゃけ、もっとスカスカのヘボい音が出ると思っていたのだが、 わりかし良い音が出ているなという印象を受けた。 音は高めで、スカーンと抜けるような感じ。 重低音的なサウンドではないが、逆にそれが聴きやすい。 音楽も良いけど、声……そう、 ラジオなんか聴きやすいのではないだろうか? そんな音質のスピーカーである。 あとは、思ったよりも音がデカく放てることも好印象。 ためしに最大の音量にしたところ、隣の部屋から「うるせー!」と壁ドンされるくらいの音量にはなった。 屋外で使ったとしても耳に入るであろう音量だ。 スピーカーの話はそれくらいにして、のこり2つの音源を試してみよう。 まずは、USBメモリから。 また、なぜかUSBメモリよりも、マイクロSDのほうが反応が早かったことも付記しておきたい。 転送速度の関係かなぁ……。 ともあれ、アンカーや、JBLなど、さまざまな有名メーカーのBluetoothスピーカーを使ってきた私だが、 アリかナシかで言えば「この値段なら、まあアリかな」といったところ。 なにせ500円。 Bluetoothスピーカーの入門用として買ってみるのも良いだろう。 「失敗した〜!」とは、ならないはず。 Report:100均評論家・ Photo:RocketNews24•

次の