洗顔 比較。 〔比較〕敏感肌向け洗顔フォーム人気5ブランドを比べてみました!

泥洗顔(クレイ洗顔)を14種比較。目的別おすすめはコレ!

洗顔 比較

今回比較するのはこちらの10種類! ドラッグストアで購入できる泡洗顔10種類。 ポンプタイプだけではなく、スプレータイプのものも入れています。 価格は公式サイト、Amazon参照。 ブランド名 商品名 価格(税抜き) 専科 スピーディーパーフェクトホイップ モイストタッチ 600円 ビオレ マシュマロホイップ モイスチャー 480円 ダヴ ビューティーモイスチャー泡洗顔料 461円 肌ラボ 極潤ヒアルロン酸泡洗顔 600円 なめらか本舗 サナなめらか本舗泡洗顔 810円 ナチュサボン ナチュサボンセレクトウォッシングフォームホワイト 544円 カウブランド 無添加泡の洗顔料 680円 なめらか本舗 パーフェクト泡洗顔 1,100円 白茶爽 白茶 泡ムース洗顔 700円 ビフェスタ 炭酸泡洗顔モイスト 650円 スポンサーリンク 【専科】スピーディーパーフェクトホイップモイストタッチ• ブランド名:専科• 商品名:スピーディーパーフェクトホイップモイストタッチ• 内容量:150ml• 有効成分:天然シルクエッセンス、Wヒアルロン酸• 香り:やさしく香るみずみずしいフローラルの香り• オイルクレンジングやチューブタイプの洗顔料も人気ですね。 適量はポンプで2、3回。 顔全体を包むのには十分な泡の量です。 1度で出てくる泡の量が多く、何しろ香りがいい! 洗顔を想定して、5回程度手のひらの泡を握りつぶしてみました。 程よく弾力が残り、泡の気泡も小さく目立ちません。 もっちりとした泡が手から離れることなく、密度の濃い泡です。 泡立てネットを使わずにこの泡ができるのなら大満足です! 【ビオレ】マシュマロホイップモイスチャー• ブランド名:ビオレ• 商品名:マシュマロホイップモイスチャー• 内容量:150ml• 香り:優しいフレッシュフローラル• 皮膚の角層へ浸透しにくく肌に優しい洗浄成分の技術、SPT(Skin Purifying Technology)を採用し、洗顔後も肌が乾燥しにくく、うるおいを保ちやすい機能を備えています。 ポンプを押して泡を出してみると、なんだか泡がぷるんとしているような・・・! これがCMで見た『マシュマロ泡』なのか・・・!!! と一人興奮。 泡が手に当たってもへたらず、ふんわりとした状態を保っています。 何度か泡をつぶしてみると、ふわふわの泡も大きめの気泡が入ってしまいました。 シュワシュワと音を立てながら、泡がどんどん減ってしまいます。 はじめ手に取った印象はやわらかかったのですが、泡の密度はそんなにきめ細かくないのかもしれません。 【ダヴ】ビューティーモイスチャー泡洗顔料• ブランド名:ダヴ• 商品名:ビューティーモイスチャー泡洗顔• 内容量:160ml• 香り:ナチュラルなホワイトフローラルの香り• ボディソープやボディクリームが有名ですね! 泡洗顔料は今回取り上げた、『ビューティーモイスチャー』意外に、 テカリを取りながらうるおいのある肌へ導いてくれる『ディープピュア』と うるおいを与え、なめらかで明るい肌に導いてくれる『クリアニュー』の2種類があります。 ダヴの泡洗顔料は時間がたってもくずれない、クリーミーな泡が特徴だそう。 たしかにポンプから出てきた泡は、きめが細かく濃密な印象。 手で数回つぶしてみても、大きな気泡ができることなくクリーミーな泡を保っていました。 全体的に泡の密度が均一なので、全体が白くきれいに見えます。 【肌ラボ】極潤ヒアルロン酸泡洗顔• ブランド名:肌ラボ• 商品名:極潤ヒアルロン酸泡洗顔• 内容量:160ml• 有効成分:スーパーヒアルロン酸• 香り:無香料• スキンケア商品の豊富なアイテム数と、低価格が魅力です。 泡の密度はまあまあといったところでしょうか。 1回で出てくる泡の量が少し少ない気もしました。 ちなみに極潤の泡洗顔料は通常よりも2倍水分を抱え込むことのできるアセチルヒアルロン酸と、 洗顔後も肌から離れにくい、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、 さらに保湿力の高いワセリンを使用しているそう。 洗顔料にワセリンと聞くと驚いてしまいますが、使い心地はいたって普通の洗顔料です。 泡の崩れ具合もいたって普通です。 大きな気泡こそできませんが、手のひらでつぶすと、シュワシュワ音を立てて泡がなくなっていきます。 普段使いには問題なさそうですが、こだわって選ぶ必要もなさそう、というのが正直な感想です。 【なめらか本舗】サナ なめらか本舗泡洗顔• ブランド名:なめらか本舗• 商品名:サナ なめらか本舗泡洗顔• 内容量:200ml• 有効成分:豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ダイズタンパクなど• なじみのない社名かもしれませんが、メイクアップブランドの「エクセル」、敏感肌スキンケアラインの「NOV」、 そしてなにより「南天のど飴」の会社です!!! 減殺のなめらか本舗ブランドの広告塔は指原莉乃さんです。 有効成分に大豆由来の成分を多く配合しています。 自然の持つ力で肌をきれいに、というコンセプト。 泡のきめの細かさはまあまあ、手前の部分を見ると少し粗いかな・・・という印象。 何度か泡をつぶしてみると、大きめの気泡がいくつもできてしまいました。 泡の弾力がなく、キメの細かさとは程遠い印象です。 【ナチュサボン】セレクトウォッシングフォームホワイト• ブランド名:ナチュサボン• 商品名:ナチュサボンセレクトウォッシングフォームホワイト• 内容量:180ml• 有効成分:オーガニックキューカンバー抽出エキスなど• 香り:カモミール&ペア• 洗浄成分はアミノ酸系洗浄料を使用し、肌に刺激の強いと言われているラウレス硫酸ナトリウムなどの高級アルコール系洗浄成分は使用していません。 さらに、パラベン、鉱物油、アルコールも不使用なので、これらの成分で肌トラブルを起こす人には非常に魅力的だと思います。 泡もきめ細かさはまずまずです。 少し気泡も目立ちますね。 数回泡を手で握ると、かなり気泡が目立ってきてしまいました。 顔全体を洗顔するには少しゆるいかもしれません。 しかし、香りがとってもいい! 一般的な洗顔フォームにありがちなフローラルの香りとは違い、カモミールのすっきりとしたいい香りが好印象です。 【カウブランド】無添加泡の洗顔料• ブランド名:カウブランド• 商品名:カウブランド無添加泡の洗顔料• 内容量:200ml• 有効成分:天然由来セラミド• 香り:無香料• とことん肌にやさしく、負担となる成分を避けた泡洗顔料です。 植物性アミノ酸系洗浄成分を採用し、人間がもともと持っている保湿成分、セラミドに近い天然由来のセラミドを配合。 さらに、着色料、防腐剤、鉱物油、アルコールなどの肌に負担となる可能性のある成分も極力避けられています。 敏感肌の人はもちろん、お子さんと親子で使用するにも問題なさそうな成分ですね! この時点での泡の密度はいたって普通。 1回のプッシュで出てくる泡の量がすこし少ない印象です。 泡をにぎると、すぐに大きな気泡が目立ってきました。 泡自体も緩くなり、手から流れ落ちてしまいます。 成分は魅力的ですが、がっつり洗顔したい人にとっては少し頼りないかな、という印象です。 【なめらか本舗】パーフェクト泡洗顔• ブランド名:なめらか本舗• 商品名:なめらか本舗パーフェクト泡洗顔• 内容量:110g• 有効成分:豆乳イソフラボンなど• 香り:無香料• 有効成分はやはり大豆由来の成分が多いのですが、炭酸泡での洗顔なので、古い角質を落としたり、 血行促進で肌色が明るくなったりする効果も期待できるそう! さすがスプレータイプ、泡の密度が全然違います! 泡を押し出す際のノズルも固くなく、スムーズに出すことができました。 泡をつぶしてみようとしましたが、弾力がすごくて押し返されるほど。 泡も垂れることなく、その形を保っています。 泡をつぶしてみましたが、密度と固さがそのまま保たれています。 まるで生クリームのよう。 全顔パックにも使えそうなほど、濃密なもちもち泡です!これはいい! 【白茶爽】白茶泡ムース洗顔• ブランド名:白茶爽• 商品名:白茶泡ムース洗顔• 内容量:150g• 有効成分:チャ葉エキス• 香り:やさしい柚子風味の緑茶の香り• 先ほど紹介した『肌ラボ』の他に、この『白茶爽』も展開しています。 こちらのスプレータイプの泡洗顔料なので、ポンプタイプよりは濃密な泡です。 しかし、さきほどのなめらか本舗の泡洗顔料よりは少し密度に欠ける印象。 何度か泡をにぎると、予想より簡単に泡がやわらかくなってしまいました。 ふわふわの泡だったのですが、密度はそんなに濃くなかったようです。 あとは、お茶のいい香りがしたのですが、少しガスのにおいもあり、その点も気になりました。 【ビフェスタ】炭酸泡洗顔モイスト• ブランド名:ビフェスタ• 商品名:ビフェスタ泡洗顔モイスト• 内容量:180g• 有効成分:ヒアルロン酸、コラーゲン• 香り:無香料• スプレータイプの洗顔料で、濃密な炭酸泡での洗顔が可能。 このほかにも、皮脂汚れをしっかり落とす『泡洗顔クリア』と、 角質を柔軟にして肌のブライトニングを図る『泡洗顔部ライトアップ』があります。 さすがの濃密泡。 キメがとっても細かく、みているだけでもうっとりするレベルのきれいな泡です。 つぶしてみると、泡の気泡は若干目立つものの、固さはしっかりあります。 洗顔に使用するには問題ないと言えます! しいていうならば、スプレー缶の押す部分が細く丸くなっているため、少し握りにくいのが難点でした。 置いた状態で押し出して使うのがよさそうです。 保湿ができる洗顔、ポイント高いです! 【第1位】なめらか本舗 パーフェクト泡洗顔 お値段は1,000円を超えてしまいますが、泡のきめ細かさはダントツ1位! スプレーから出した泡はしっかり重みがあり、洗顔してもへたることはありませんでした! スポンサーリンク まとめ 泡洗顔料と一言で言っても、泡のきめの細かさや弾力には結構違いがあることを実感しました。 スプレータイプの方が泡の密度は濃いですが、使用量が多くなるのですぐになくなってしまうこと、 金額が効果になりがちなデメリットもあります。 香りもそれぞれなので、自分が気に入って使える洗顔料を見つけてみてくださいね!.

次の

マッサージ洗顔ジェル比較!プルエストとビオレはどっちが買い?

洗顔 比較

アベンヌ ニキビや毛穴の開きが気になる敏感な肌を、さっぱり洗い上げるフォーム。 アルビオン 不要な角質や毛穴の黒ずみを酵素で分解。 イヴ・サンローラン 不要な角質や、肌に付着した大気中の汚れさえも落とす便利なポンプ式。 オルビス アクアフォースホワイトウォッシュ(医薬部外品) 120g ¥1600(6/23発売) くすみの原因、メラニンを含んだ古い角質まで優しく洗って透明感アップ。 クラランス 世界中の植物のなかから洗浄成分やスキンケア成分を選び、贅沢に配合。 THREE トラブルの原因となる汚れを包み込んで洗浄。 肌のpHバランスも整える。 デュウ クリームソープ 125g ¥2500(編集部調べ)/カネボウ化粧品 肌に負担をかけずに汚れを落とす、きめ細かく密着感の高い泡が特徴的。 ノブ ニキビの原因となる古い角質や皮脂を、マイルドピーリング作用でオフ。 リサージ i 不要なものをおだやかに取り去り、明るい肌へ。 スキンケアの浸透も高まる。 【TEST. 1】泡立ちのよさは? 同量の洗顔料を手のひらに取り、一定量の水を足して泡立てる。 泡で出てくる03. イヴ・サンローランと05. クラランスは4プッシュ分を出して、それぞれの泡の立ち具合を観察する。 上はマイクロスコープ画像で、泡の細かさを見るのに使用。 泡がキメ細かいものほど弾力があり、粗いものほどへたりやすいという傾向あり。 アベンヌ 量は少なく、やわらかくベタッとした水っぽい泡。 拡大すると泡は大きめだ。 アルビオン やわらかくキメ細かい泡がたっぷり立つ。 拡大すると大小の泡が混ざっている感じ。 イヴ・サンローラン 空気を含んだやわらかく軽やかな泡が出てくる。 拡大すると、泡はかなり大きめ。 オルビス 泡の量は多め。 比較的弾力のある泡が立つ。 キメ細かいが少し大きめの泡も混在。 クラランス やわらかく軽いピンク色の泡。 ちょっとヘタッとした感じ。 泡も全体的に大きい。 THREE 量は少なめで、空気を含んだふんわり軽い泡になる。 キメは粗く大小の泡が混在。 デュウ しっかりめで弾力のある泡が立つ。 キメは細かく、気泡のサイズも均一な感じ。 ドクターシーラボ やわらかくこんもりした泡で、量は多め。 拡大すると細かい中に大きめの泡も混在。 ノブ ふんわりと空気を含んだやわらかい泡がたっぷり。 拡大すると気泡は大きめだ。 リサージ i 泡の量は普通~多め。 やわらかく軽い泡が立つ。 キメは細かく、大小の気泡が混在。 【TEST. 2】泡のなめらかさは? 泡立てた泡を人工皮革にのせて摩擦係数を測定する。 グラフの数値が低いほど、肌触りがなめらかな泡。 洗顔するときの肌当たりなどを想定すると、摩擦が少ないほうが肌には優しいということに。 水と比較すると10品すべて摩擦は少なくなっている。 そんな10品の中でも泡がなめらかなのは 07. デュウで、2番目は 03. イヴ・サンローラン、3番目が 08. ドクターシーラボ、4番目は 04. オルビス、5番目が 01. アベンヌという結果に。 イヴ・サンローランはポンプタイプでさらっとした感触なのが、なめらかさにつながったと考えられる。 ドクターシーラボのようなやわらかめの泡が上位に来そうだが、もっちり弾力のある 07. デュウが1位になったのは特筆すべきこと。 【TEST. 3】汚れ落ちは? 肌色の肌模型に、口紅を塗布してから泡をのせる。 指でこすったあとに洗い流し、表面の状態を60倍のマイクロスコープで観察。 洗浄力をわかりやすくチェックする目安として、口紅を採用した。 アベンヌ 少しは落ちるけれど、表面とくぼみに口紅がわずかに残っているのがわかる。 アルビオン 表面の口紅は落ちているが、溝に入り込んだところは残ってしまった。 イヴ・サンローラン すばらしい洗浄力! 表面の口紅も溝に入った口紅もほとんど落ちている。 オルビス 表面の口紅は落ちるけれど、溝に入り込んだものは残ってしまった。 クラランス 洗浄力の高い洗顔料と判明。 口紅はぱっと見わからないぐらい、落ちている。 THREE 落ちたところもあるけれど、表面とくぼみにはしっかり残ってしまった。 デュウ 表面に付着した口紅は落ちたけれど、溝の間には少しだけ残っている。 ドクターシーラボ 洗浄力高め。 溝の間に少しだけ残ってしまったが、ほとんどは落ちた。 ノブ 洗浄できた部分もあるけれど、表面とくぼみにしっかり残ってしまった。 リサージ i 洗浄力イマイチ。 表面は落ちたけれど、溝に入り込んだ部分は残ってしまった。 【TEST. 4】うるおいキープ力は? 洗顔料で前腕内側を洗った前後で水分量がどう変化するかを測定する。 洗浄前と比較して、洗浄5分後の水分量の変化をグラフ化したものがこちら。 洗顔後、顔がつっぱりにくいのはどれ? ただの水で洗浄したときと比較して、10品すべて数値が高くなっていることがわかる。 中でも数値がよかったのは 10. リサージ i。 2位は 07. デュウで、この2品のうるおいキープ力は素晴らしい。 3位 08. ドクターシーラボ、4位 09. ノブ、5位 06. THREEとこの3品も肌が乾きにくい洗顔料である。 0より数値の低い洗顔料は、洗顔後すぐにスキンケアしたほうがよさそうだ。 撮影/石田健一、木村元明 実験/エフシージー総合研究所 取材・文/穴沢玲子 構成/佐野桐子.

次の

洗顔料のタイプ別違い!6種類の洗顔の違いを徹底的にご紹介します♪|新作・人気コスメ情報なら FAVOR(フェイバー)

洗顔 比較

酵素洗顔料の検証ポイントは下記の4つになります。 各項目を順位の高いほうから点数をつけ、総合点が一番高いアイテムを判定しています。 保湿力:洗顔後なにもつけない状態で、お肌に乾燥やつっぱり感を感じるかどうか• 泡立ち:洗顔ネットを使って立てた泡の質感やボリューム、キメなどの評価• 肌への優しさ:刺激性のある成分はないか、全成分の安全性をチェック• 洗浄力:皮脂だけでなくメイクを落とす事が出来るパワフルさがあるか 点数は上記各項目で1位が10点、以降は2位で8点、3位で6点…と2点ずつ引き、6位以降は0点です。 合計点の高さで順位を決定しました。 それでは、最新の酵素洗顔料ランキングをご覧ください! コーラルクリアパウダーウォッシュ 洗顔後5分ほど何もせずに放置しても、全くもって乾燥を感じる事もなく、内側にしっかりとうるおいをキープ。 つっぱることもなく、洗顔だけでお肌がうるおいます。 泡立て開始してすぐ、細かい泡がぶわっと出てきて密度の濃いもっちり泡に。 へたりもなく、指で押すと強い弾力があります。 誰でも簡単にたっぷり泡洗顔が出来ると思います。 刺激のある成分は4種。 とはいえ、影響が少ないショウガや樹皮エキス等が主で化学系で気になるのは1つだけ。 酵素は天然成分で角質や皮脂を取りすぎることはありません。 クレンジングではないのでメイクを完全にオフまではいきませんが、濃いめのBBクリームや口紅等もかなり強力に落とすほどで、洗顔料としては充分な実力を備えています。 お肌の不要な角質・皮脂・角栓だけを選んで分解してくれる天然パパイン酵素と、泡立ち&汚れ落ちにパワフルな力を発揮するサンゴ粉末が抜群の相性。 洗顔後はお肌の色がワントーン上がり、触り心地もツルツルです。 泡立てもネットを使えばとっても簡単で、パウダー洗顔料初心者でも1分かからずたっぷり濃厚な泡が完成、摩擦ゼロで心地よく洗えます。 お肌を健やかな状態に導いてくれる成分はすべて自然由来のエキスなので、化学的な刺激に弱いお肌をお持ちの方でも安全安心。 上でも触れた天然パパイン酵素、サンゴ末以外にもクマタケラン(エイジングケア・肌あれ防止)、ショウガ(エイジングケア)、シルク(保湿)、サリックスニグラ樹皮(美肌)でお肌を優しくケアします。 また、洗浄成分は石けんのなかでも安全性が極めて高くベーシックなカリ含有石ケン素地ですから、パワフルな洗浄力と優しさを同時に期待できる処方になっています。 cosmeの洗顔パウダー部門で1位を獲得した事もあり、永く愛用するファンも多いアイテムです。 きれいに落としてしまえば洗顔後は特にケアしなくてもうるおいを感じられるお肌になりました。 手ではうまく泡立ちませんでしたが、ネットを使うと密度が高くキメ細かい泡がどんどん増加。 泡が指を押し返すほどの弾力もあり、今回実験した中では一番濃厚な泡でした。 メインの洗浄成分「ラウレス硫酸Na」は、安全性に少々疑問が残る成分。 その他、刺激が報告されている成分は合計9種配合と、他商品に比べても多めです。 海洋酵素にはパパインと同程度の力強さがあり、強いメイクも8割方落とし、べたつきも軽減してくれます。 こちらも洗顔料としては充分な洗浄力で、皮脂や角栓にも効果がありそう。 固形石けんタイプの酵素洗顔料が2位にランクイン。 酵素である「マリン・プロテイン・エキストラクト」は全世界中のコスメの中でメコソームの製品のみに配合されている期待の成分です。 また、お肌に優しい植物成分やコエンザイムQ10など、お肌の状態を上向きにする成分がたっぷり入っており、肌質向上にも期待大です。 パパウォッシュ 洗顔後タオルドライしてすぐ、顔全体がバリバリに乾燥してしまいました。 植物性保湿成分などが配合されているはずですが、それより洗浄成分が強く勝ってしまっているようです。 ネットを使いましたが、キメがとても粗く弱々しい泡しか作る事が出来ません。 弾力もほぼ感じられず、指で泡をつまんでみたところ、気泡がつぶれてしまいました。 化学的な成分は控えめで、安全性の高い植物性成分がメインで使われており、刺激となりうる成分は3種のみ。 これで刺激を感じてしまう方は、マイルドタイプをおすすめします。 BBクリームや口紅の油分が皮膚表面に少しと、キメの間に残る程度までになり、濃い目のメイクでもしっかりとオフできる模様。 薄いメイクであればこれ1本で充分かもしれません。 30年以上前から人気の酵素洗顔、パパウォッシュが3位にランクイン。 洗浄力がとても強いので、使用の際にはすぐに保湿ケアできるよう準備をしておいたほうがベター。 また、ベビーパウダー系の香りがとても強く、泡洗顔をした後も少しお肌に残るので、使い勝手の好みをサンプルで確かめてからの購入が良いと思います。 ビューティクリアパウダーa タオルドライして1分くらいで、目元・口元の小じわが出やすい部分がピリピリと乾燥。 肌全体が乾燥するまではいきませんが、さすがに洗顔料だけではうるおい不足を感じます。 初めは泡が弱いのですが、徐々に弾力のあるもっちり泡に変化。 指で押しても充分な弾力があり、キメも細かく質の良い泡です。 ボリュームも充分で摩擦のない泡洗顔ができます。 化学的な物質がメインで構成されており、刺激の報告がある成分は8種も配合されています。 合成界面活性剤と合成酵素で、たんぱく質を分解しすぎる恐れがあります。 軽いパウダー系メイクなら落ちますが、油分が入ると太刀打ちできず。 しっかりと角質・角栓・皮脂を除去したいのなら、メイク落としをしっかり確実に行ってください。 こちらはエイジングケアブランド「suisai」のアイテム。 評価は肌へのやさしさは少し気をつけたほうが良いですが、その他は可も無く、不可もなくといったところ。 他の商品が通販や特定のショップ・デパートなど限定された場所でしか購入できないのに対し、こちらはドラッグストアで販売しています。 また、個包装なので管理も簡単。 ファンケル 洗顔パウダー 洗顔後何もつけなくてもしっとり感がかなり長続き。 つっぱる感じも無く、内側からふっくらとしてお肌が柔らかくなりました。 急いでスキンケアをせずとも大丈夫そうです。 品質改良され、パウダーの水溶けがよく、泡になるのもスピーディー。 泡の質感はやや軽くキメが粗いので、ライトな泡が出来ます。 濃密な泡を求める方には向かないかも。 無添加が自慢のファンケル…ですが、今回調査した中では最多の刺激成分10種(配合量は少ないのかもしれませんが)と、お肌に負担をかける可能性がやや高いです。 メイクに触れても泡はへたれずしっかりしていましたが、油分の多いメイクが完全に残っています。 低刺激処方な分、洗浄力も弱めに作られているようです。

次の