名鉄 3100 系。 名鉄車両博物館:3700系・3100系

名鉄3100系

名鉄 3100 系

名鉄3100系|編成別写真集 3100系 3100系は、1997年に登場した2両編成を組む通勤型車両である。 名鉄の電気指令式ブレーキを採用した通勤車 所謂3R車 では初めての2連であり、これにより既存3500系も組成自由度が大幅に向上している。 車体は3500系を基本にしつつも裾絞りを止め屋根高さを高くしたほか、側窓は側窓に合わせて天地寸法を大きくしている。 また冷房装置の変更 冷却能力向上 でクーラーキセの形状が変わったほか、パンタグラフにはシングルアーム式を初めて採用した。 車内も3500系ベースの設計であるが1同系は座席数が少なく不評だったため扉間6人掛け席は9人掛けに、車端も4人掛けを5人掛けに改めて着席定員を増加させた。 単独での支線運用を考慮し、冗長性を高めるためデュアルモード式としている。 台車は3500系と同等のボルスタレス式を用いている。 1次車は1997年に10編成が製造された。 続いて1998年には2次車が9編成製造されたが、1次車に比べ前面窓を上に移動 窓寸法は同一 、また前面・側面とも方向幕を拡大し英字併記のものを使用している。 2000年には3次車4編成が製造されたが、このグループは前年登場の1600系で採用された新機軸を反映したため運転台は右手ワンハンドル式で補助モニタが設置されたほか、客室内ではカーテンが巻き上げ式からフリーストップ式に改良された。 なお現在3次車は前照灯が白いHIDのものであるが当初はすべてが黄色のものであった。 2002年の300系以降、名鉄通勤車はステンレス車体を採用したため本形式が名鉄最新の「赤い電車」となっている。 現在は3150系と共通で特急・急行系の増結から支線の普通列車まで幅広く使用されている。 なお特急には全車一般車のものが休日2本 本線の上下最終特急・3R4と併結 、平日は加えて2本 河和線・本系列の重連 が存在している。 2019年からは塗装を2200系並みに、座席モケットも同系一般車と同様のものに張替える変更が行われている。 特急増結時に特急車との一体感を出すためで、全23編成に施工の予定とされている。

次の

名鉄3400系電車

名鉄 3100 系

河和線ローカル(阿久比〜坂部) FREE 撮影日:[2008,9,14] New!! 夏の日の思い出@各務原線(新加納〜高田橋) 画像提供:しろともさん[2008,8,15] New!! 流し撮り(豊明〜富士松) 画像提供:しっぴきさん[2008,10,2] New!! ブツ6(新安城〜宇頭) 画像提供:名鉄安城支線さん[2009,5,3] New!! 3104F(神宮前) 画像提供:名鉄安城支線さん[2009,6,14] New!! 堀田駅発車シーン(堀田) 画像提供:コダフキンさん[2009,11,23] New!! 犬山線快特(岩倉〜石仏) FREE 撮影日:[2009,11,3] New!! 3100系in東笠松 画像提供:豊川稲荷駅さん[2004,11,14] New!! 3100 3次車(神宮前) 画像提供:風の旅人さん[2010,6,13] New!! 8連の佐屋行き(神宮前) 画像提供:鈴木到志郎さん[2010,6,1] New!! 全車一般車特急(堀田) 画像提供:でっくりぼーさん[2004,4,23] New!! 本線ローカル FREE 撮影日:[2012,4,14] New!! 常滑線急行(太田川〜新日鉄前) FREE 撮影日:[2014,5,4] New!! 犬山検車場内の3100系と1000系 FREE 撮影日:[2002,2,9] 1600+3100(犬山) 画像提供:とさかさん[2002,8,11] フルカラーLED(中部国際空港) 画像提供:とさかさん[2009,6,3] 1800系と3100系の離合(二ツ杁) 画像提供:テニボーさん[2002,7,27] 2000+3100(知立) 画像提供:とさかさん[2005,5,31] 3105F+2001F異種併結試運転(富士松〜豊明) 画像提供:でっくりぼーさん[2004,5,28] 水鏡(島氏永〜国府宮) 画像提供:とさかさん[2005,5,20] ステンレス車と鋼製車の併結(岐南〜茶所) 画像提供:とさかさん[2004,12,10] 混色(新木曽川〜石刀) 画像提供:とさかさん[2006,6,10] 銀電サンド(笠松〜岐南) 画像提供:名鉄羽島駅さん[2007,7,15] 3100系を挟み込んだ編成(藤川〜名電山中) FREE 撮影日:[2009,8,30] 2方向列車(神宮前〜金山) 画像提供:名鉄電写CVN-78さん 3100系と3500系の車体断面の比較(常滑) FREE 撮影日:[1997,3,26] 3100+3500による内海急行(高横須賀〜南加木屋) FREE 撮影日:[2002,12,31] 3500系と3100系の並び(犬山検車場) 画像提供:harukiさん[2002,4,20] 3500系+3100系パトトレ(河和) 画像提供:ドリ犬さん[2003,5,1] パト電2両+4両の6両編成(岩倉) 画像提供:ゆーちゃんさん 3100系2次車と3700系2次車(富貴) 画像提供:とさかさん[2004,9,15] 3100ラッピング車と5300系(河和) 画像提供:ドリ犬さん[2003,5,1] 5500系と3100系3次車(南宿) 画像提供:とさかさん ありがとうパノラマカー(名電赤坂) 画像提供:504Dさん[2009,8,30] 併走(神宮前〜金山) 画像提供:ひだDXさん[2005,6,20] 北アルプス号と3100系の並び(新岐阜) 画像提供:harukiさん[2001,2,15] 名市交7000形と顔を合わせる3100系 画像提供:ドリ犬さん AGUI NET 2016,2,19 E-mail:.

次の

名鉄車両博物館:3700系・3100系

名鉄 3100 系

65 ハイブリッド適用IGBT- 制御装置 SVF106-C0 (併用)付 名鉄9500系電車(めいてつ9500けいけいでんしゃ)は、(名鉄)が(元年)12月から運用しているである。 導入経緯 [ ] 本系列は旧式車両の置き換えを目的に製造された通勤型車両である。 2017年(平成29年)より仕様検討が開始され、2019年度の設備投資計画で16両(4両編成・4編成)の製造が発表された。 運用車両統一のため車両構造はに準拠したものとし、各所に時代に合わせた改良を施している。 2019年度の新造は4両編成のみとしたが、中間車編成を抜いた各先頭車2両による2両編成の構成も容易な設計となっている。 車体構造 [ ] 外観 [ ] 片側3扉の製で 、車体が採用された。 先頭部は衝突安全性と変形時の保守性向上のため普通鋼製となっている。 乗降扉は幅1,300mm の両開き式で、開閉時にLED式のが点灯する。 側窓は連結部(フリースペース側のぞく)のみ上面一部が開閉可能で、他は固定窓である。 前面および側面に備えるはフルカラーLED式を採用している。 先頭部には付の自動密着連結器を備える。 ベースとなる3300系のうち、2015年度以降に製造された編成は車体前面下部や 排障装置 にも塗装を施していたが、本系列では先頭部におけるスカーレットの使用範囲を車体前面から側面の乗務員扉付近まで拡大している。 は横8粒のを縦3段に斜め状に配し、減光時は上段のみが点灯する。 標識灯は前照灯を縁取るように配置され、シャープな印象を与える外観デザインとなっている。 はシングルアーム式のPT7118-Bで、動力車のモ9550形およびモ9600形に各1基搭載している。 座席のモケットはクロスチェック柄で、識別のため一般席は青、は赤をベースとしている。 室内の配色にはを多用し、落ち着いた空間を演出している。 室内照明はLED式で、停電時の予備灯は1両につき3ヶ所設置されている。 バリアフリー対応設備として全車両にフリースペースと優先席エリアを設けている。 フリースペースはやの利用を想定しており 、同区画には車椅子固定ベルト、、手すりを設置したほか、立席利用時のための腰当も装備している。 優先席エリアは先述した座席の他に床や吊り手の配色を変えることで区画を目立たせている。 このほか、吊り手の高さを1,580 mm (従来比50 mm下降)、荷棚の高さを1,750 mm (従来比45 mm下降)とすることで、小柄な利用客の利便性を向上させている。 各扉上にはLED式の扉開閉動作表示灯が取り付けられ、開閉のタイミングで点灯するほかチャイムによる注意喚起を行う。 扉上部にはとが千鳥配置されている。 車内案内表示装置は17インチ画面によるトレインビジョンで、、、、による案内表示を行っている。 インバウンド対応設備としての「MEITETSU FREE Wi-Fi」を搭載しており 、車内にステッカーが掲出された。 次いで同年10月15日から翌16日にかけて9502Fの、同年11月6日から7日にかけて9503F・9504Fの甲種輸送が行われ、2019年導入予定の全編成が出揃った。 営業運用開始は12月で 、それまでに地上信号設備への影響を確認する誘導障害試験、を確認するPQ測定、加速およびブレーキ性能を確認する走行性能試験などを行った。 3150系との併結試験も行われ 、営業運転開始後も同系や3100系と連結し、、3300系とは共通運用となっている。 8 t 36. 1 t 28. 2 t 37. 8 t 定員(座席) 125 44 137 49 137 49 125 44 脚注 [ ] []• 鉄道ファン. 2019年12月2日閲覧。 119. 114. マイナビニュース 2019年3月25日. 2019年9月17日閲覧。 マイナビニュース 2019年10月1日. 2019年10月2日閲覧。 マイナビニュース. 2019年12月5日閲覧。 115. 116. , pp. 116-117. 鉄道ファン 2019年7月9日. 2019年12月5日閲覧。 鉄道ファン 2019年11月7日. 2019年12月5日閲覧。 「旅と鉄道」編集部『鉄道まるわかり008 名古屋鉄道のすべて』天夢人、2019年、5頁。 日本車両. 2020年5月19日閲覧。 参考文献 [ ]• 中井祐輔「名古屋鉄道9500系」『鉄道ピクトリアル』第969巻、鉄道図書刊行会、2020年2月。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の