小泉 語録。 小泉信三の名言

小泉進次郎のポエムが大喜利にwツイッター大喜利&ポエム発言まとめ

小泉 語録

私のなかで30年後ということを考えた時に、 30年後の自分は何歳かなと、あの発災直後から考えていました。 だからこそ、私は健康でいられれば、その30年後の約束を守れるかどうかの節目を見届けることができる可能性がある政治家だと思います。 だからこそ、果たせる責任もあると思うので。 小泉進次郎 要は 30年後も生きて見届けることが出来るというビジョンを語ったのですが、具体的な質問の回答になっておらず「何言ってんだ!」とバズってしまいました。 日常会話への応用は難しく「 30年後の自分は何歳かな?」の部分が使えるくらいか。 でも、 プロポーズにも使えるワンフレーズに使える気がします。 質問の答えになっていない返答に繋げることで、それっぽさが増します。 ハッピーにセクシーに取り組めば若者も楽しく向き合えるだろう。 ということです。 一理あるのですが、マスコミにやたらと取り上げられ苦言を呈されるハメに。 しかし語録としての汎用性は高く、とりあえず 日常でもセクシーと使えば笑いを取れそうな雰囲気。 正直小泉進次郎氏に対して思うところはないのだけども あの発言のせいで、弊社のオッサン幹部が盛んに 「つまりだねえ…今度の新規商品はァ……セクシィーなんだよぉ…💕」「いや部長!!世の中に敏感!!」 とか、会議でひたすらセクシー連呼するキッカケを作ったことには 遺憾の意を表したい — よんてんごP yontengoP すでに『セクシー』は社会現象になっているようで。 2019年の流行語大賞も狙えるんじゃないですかね? ちなみに最初にセクシーと言い出したのは小泉進次郎氏ではなく、別の女性が言い出したことだそうです。

次の

小泉 八雲の名言(Yakumo Koizumi)

小泉 語録

10月15日に「セクシーとは魅力的という意味」と閣議決定 で報じられる通り、政府は「セクシーの意味は魅力的」と閣議決定しました。 そもそも閣議決定とは、なんでしょうか? 国会に対して、政府が連帯して責任を負う意思決定をすることです。 原則、閣僚全員一致で決定されます。 閣議決定に反対の場合、その閣僚は職を辞することになります。 端的にいえば、政府の統一見解を決定することです。 大の大人が、顔を突き合わせて閣議決定したのです。 きっと何かしらの、セクシーでクールで楽しい意味があるに違いない。 安倍政権の意味のない閣議決定一覧• 「そもそも」という言葉には「基本的に」という意味もある• 安倍首相の妻・昭恵氏は公人ではなく私人• 小泉進次郎環境相が述べた「セクシー」の意味は「魅力的な」だということ• 森友学園の国有地払い下げで政治家からの不当な働きかけはなかった• 島尻沖縄北方大臣が「歯舞」の読み方を、知らないという事実はない• 安倍首相はポツダム宣言を当然読んでいる• 自衛隊は国際法上、一般的には軍隊と取り扱われる 安倍内閣は、度々「意味のないこと」を閣議決定します。 の「そもそも」なんて、国語辞典を見ればよいだけです。 昭恵さんには秘書をつけていたのですから、公人です。 というより「事実関係や実態」は、政府の意志とは関係がありません。 閣議決定して、どうこうなるものでもありません。 Twitterでは安倍内閣の閣議決定を、ダブルスピークでは? との指摘もありました。 安倍内閣の閣議決定は度々、意思決定ではなく自己正当化で使用されます。 小泉進次郎「セクシーを説明することが野暮」。 政府は野暮ったかった 若手の小泉進次郎環境相の「セクシー発言」を、政府はかばったのでしょう。 しかし、以外なところから矢が飛んできます。 上記によれば、小泉進次郎環境相は「セクシーの意味を説明することが野暮」と、一刀両断。 つまり閣議決定は野暮ったく、セクシーじゃない! のでした。 よって安倍内閣は、楽しくクールではないのかも知れません。 小泉進次郎環境相のメッキが剥がれたのはなぜ? 連日メディアでも、批判されるポエムな発言。 ほんの1年前まで、小泉進次郎環境相は人気者でした。 しかし今や「中身がない」「質疑応答がポエム」「政策がない」などの批判続出。 滝川クリステルさんとの結婚で、女性ファンも離れ気味なのだとか。 どのメディアも報じませんが、今まで「空っぽの小泉進次郎環境相を持ち上げてきた」国民にも、責任があるのではないでしょうか? 「民主主義は国民を映す鏡」ともいいます。 当然ながら、小泉進次郎環境相を任命した安倍内閣だって「空っぽで中身がない」ことになりはしませんか? 政治の空洞化は、今そこにある危機です。

次の

【小泉進次郎】構文ポエム発言&新年会参加も「謝罪拒否反省」で話題に!「おっしゃる通り」名言まとめ。

小泉 語録

あなたの話、あなたの言葉、あなたの考えでなければいけません。 Yakumo Koizumi ギリシャ出身の新聞記者 紀行文作家 随筆家 小説家 日本研究家 1850〜1904 たくさんの情報を、簡単に手に入れられる、 便利な世の中になっていますが、 知識や情報は、得ただけではあまり意味と価値はありません。 それを、誰かの幸せのために、自在に活用できてこそ、 意味と価値があるものになりますし、 その知識や情報が、自分のものになった状態でしょう。 知ることと、できることは全くの別物です。 現代は、どちらかと言うと、 知ったことで、できるようになった、 錯覚に陥ってしまっている人が多くなっています。 その状態で、誰かに伝えようとしても、 伝わるはずもありません。 仮に、完全にマスターしていたとしても、 自然界では、届くのは2割程度ですから、 知識として知っているレベルでは、 限りなくゼロに近い確率でしか届けられないでしょう。 ただ一方で、自分自身の身につける最良の方法が、 誰かに届けようとすることでもあります。 例えば、初めて知った情報を、 誰かに伝えようと、言葉、文字にしようとしても、 なかなか上手く伝えられるものにはなっていきません。 知っているレベルの、2割程度届けばいい方でしょう。 10知ったとしてしても、届くのは1〜2程度です。 2割で必要十分な情報などにしていくには、 知っている、身についているレベルを、 例えば、10のレベルを届けたいのであれば、 50〜100のレベルを知り、身につけておく必要があります。 そのレベルを高めることも、 現代人は、単に思考で知るレベルを、 高めようとする傾向にありますが、 それよりも、実際に届けよう、伝えようとした方が、 どう知れば、どう身につけていけばいいかを、 実践の問題として知り、感じることができます。 インプットだけでは、 自分では満足できるレベルになっていると考えても、 いざ、実際に届けよう、伝えようとした時には、 全く届かないことを実感することになります。 いずれにしても、情報、知識などは、 たくさんのものが、簡単に手に入るようになっている代わりに、 真偽が定かではないような情報も溢れるほどにあります。 これは、最低限、自分の中で、 しっかりと検証して、再現性などを持たせておくことは必須でしょう。 届ける時には、自分がどの程度知り得ていることなのかを、 明確にしておくことも大切なことでしょう。 制限時間のある人生の中で、 知り得る情報には、おのずと限りがあります。 たったひとつの情報でさえ、 深く追求していけば、無限の深さがあります。 ぜひ、知り得た情報、知識は、あなたの血肉にして、 また、深い情報、知識をインプットできるように、 高いレベルで届けられるようにもチャレンジしてください。 高いレベルで届けようとしていけば、 深いレベルの、姿が見えた、必要な情報が見えてきます。 情報を循環させることで、 あなたの才能、能力も確実に高まっていきます。 愛は循環させることで、大きくなる自然界の原理を、 どうぞ、あなたの素晴らしい才能にも授けてください。 (浜本哲治) あなたの話、あなたの言葉、あなたの考えでなければいけません。 Yakumo Koizumi ギリシャ出身の新聞記者 紀行文作家 随筆家 小説家 日本研究家 1850〜1904 たくさんの情報を簡単に手に入れられる便利な世の中になっていますが、知識や情報は得ただけではあまり意味と価値はありません。 それを誰かの幸せのために自在に活用できてこそ、意味と価値があるものになりますし、その知識や情報が自分のものになった状態でしょう。 知ることと、できることは全くの別物です。 現代はどちらかと言うと、知ったことでできるようになった錯覚に陥ってしまっている人が多くなっています。 その状態で誰かに伝えようとしても伝わるはずもありません。 仮に完全にマスターしていたとしても、自然界では届くのは2割程度ですから、知識として知っているレベルでは限りなくゼロに近い確率でしか届けられないでしょう。 ただ一方で、自分自身の身につける最良の方法が、誰かに届けようとすることでもあります。 例えば、初めて知った情報を誰かに伝えようと言葉、文字にしようとしても、なかなか上手く伝えられるものにはなっていきません。 知っているレベルの、2割程度届けばいい方でしょう。 10知ったとしてしても、届くのは1〜2程度です。 2割で必要十分な情報などにしていくには、知っている、身についているレベルを、例えば、10のレベルを届けたいのであれば、50〜100のレベルを知り身につけておく必要があります。 そのレベルを高めることも、現代人は単に思考で知るレベルを高めようとする傾向にありますが、それよりも実際に届けよう、伝えようとした方がどう知れば、どう身につけていけばいいかを実践の問題として知り、感じることができます。 インプットだけでは、自分では満足できるレベルになっていると考えても、いざ実際に届けよう、伝えようとした時には全く届かないことを実感することになります。 いずれにしても情報、知識などはたくさんのものが簡単に手に入るようになっている代わりに、真偽が定かではないような情報も溢れるほどにあります。 これは最低限自分の中で、しっかりと検証して再現性などを持たせておくことは必須でしょう。 届ける時には、自分がどの程度知り得ていることなのかを明確にしておくことも大切なことでしょう。 制限時間のある人生の中で、知り得る情報にはおのずと限りがあります。 たったひとつの情報でさえ、深く追求していけば無限の深さがあります。 ぜひ知り得た情報、知識はあなたの血肉にして、また深い情報、知識をインプットできるように、高いレベルで届けられるようにもチャレンジしてください。 高いレベルで届けようとしていけば、深いレベルの姿が見えた必要な情報が見えてきます。 情報を循環させることで、あなたの才能、能力も確実に高まっていきます。 愛は循環させることで大きくなる自然界の原理を、どうぞあなたの素晴らしい才能にも授けてください。 (浜本哲治).

次の