インスタ 今日 アクティビティ が ありま した と は。 【ばれてる⁉】インスタのログイン履歴の見方と相手に知らせない方法!

アカウントでのアクティビティの表示と管理

インスタ 今日 アクティビティ が ありま した と は

このアクティビティは、どこで確認ができるのかその方法について紹介しておきます。 アクティビティを確認するには、まずインスタグラムのアプリを起動して トップ画面を表示してください。 画面下部にアイコンが並んでいいますが、その中の 「ハートマーク」のアイコンをタップしましょう。 すると画面が切り替わり、「フォロー中」「あなた」のタブがあるアクティビティエリアが表示されるはずです。 ここで 「あなた」のタブに切り替えてみると、自分に対していいねやフォローをしたユーザーを一覧で確認が可能。 ユーザー名とその人があなたに対してどんな行動をしたのかが、メッセージという形で表示され「〇時間前」と時間も表示されています。 ですから、誰が自分に対して何をどのぐらい前にやったのか、アクティビティを見るとすぐに分かるのでとても便利。 ですが 裏を返せば自分が違う人に対して、いいねしたりフォローしたら、相手のアクティビティにあなたの名前が載る訳です。 さて、 「フォロー中」のタブでは、フォローしているユーザーが他の人に対していいねしたりフォローしたりといった行動をしたらメッセージが表示されるようになります。 フォローしている人が、どんな事柄に興味を抱いているのかが 視覚的に把握できるため参考になる部分も多いでしょう。 このように、インスタグラムでは簡単にアクティビティの確認ができるので、この機能を知らなかった人は早速確かめてみてください。 2.インスタグラムのアクティビティの公開範囲を変更するには? 自分に対してどんな行動をしたのか、フォローしている人がどんな活動をしているのか、アクティビティ欄はそうした情報が載っています。 フォローもフォロワー数も多い人で頻繁に投稿をしているなら、アクティビティの項目は目まぐるしい速度で更新されるでしょう。 誰が何をしているのか、行動履歴を閲覧できるのは楽しいですが、その一方で 自分の行動も他人に見られている事に繋がります。 それはちょっと嫌だな…と感じる人がいても、決して不思議ではありませんよね? そこでまずは、アクティビティの公開範囲はどこまで及ぶのか、この点を理解しておきましょう。 インスタグラムのアクティビティが公開、つまり自分の行動が他人のアクティビティ欄に表示される範囲はアカウントの状況で変わります。 あなたのアカウントが、非公開設定(鍵アカ)になっているならば、承認したフォロワーのみに公開されるのです。 もし非公開設定を設けていないオープンなアカウントであれば、フォローをされている関係なら誰でも閲覧ができてしまいます。 ですから、公開範囲を変更するには 非公開設定にして、フォロワーを承認制にして厳選する必要があるでしょう。 3.インスタグラムのアクティビティを非公開にすることは可能なの? フォローされている人、あるいはあなた自身が他人の投稿に「いいね!」やそのアカウントをフォローしたりすると、相手のアクティビティに行動履歴が記録されます。 自分が誰に対してどんな行動をしたのか、フォローしている人に見られてしまうのは、現実世界で知り合い同士なら少し気まずい思いをするパターンかもしれません。 たとえば、気になっている異性が、別の異性の投稿に対して反応を示していたことが分かるなら嫉妬してしまい、 感情的な行動に出る恐れがありますね。 このように知り合い同士なら気まずい思いをする可能性があるので、アクティビティをできるだけ見られたくないと考える人は多いです。 では、アクティビティを非公開(こちらの行動を相手に分からないようにする)ことは、可能なのでしょうか? インスタグラムの機能の一部になっているアクティビティは、操作側で非公開にすることは出来ません。 もし自分の行動を相手に知られたくないなら、該当する人をフォロワーから外してブロックするという方法が手っ取り早いです。 現実世界で知り合い同士なら、この行動をするのは勇気が必要ですし、気まずい雰囲気に発展しかねないので難しい場合もあるでしょう。 インスタグラムの仕様が非表示設定などが出来ないようになっているので、 残念ながら諦めるしかありません。 4.インスタグラムのDMにおけるアクティビティ表示の意味 インスタグラムで基本的に使われている「アクティビティ」は、トップ画面下部にある 「ハートマーク」アイコンをタップした先に表示されるものです。 ところが、インスタグラムには別の場所でもアクティビティという言葉が使われており、そこでは少し用いられている意味が異なっています。 これまで1回でもその人とDMでやり取りをしたことがあれば、「紙飛行機」アイコンをタップすると、その履歴が一覧で表示されます。 アイコンと名前の下に、 「昨日アクティビティがありました」などの表示があるのにお気付きでしょう。 ここで使われているアクティビティの意味は、 「ログイン状態」を指しており、単純にインスタグラムを起動したらアクティビティがあったと記録されます。 24時間以内にログインをしていたならば、 「〇分前にログイン」のように変わり、24時間以上が経過すると 「昨日アクティビティがありました」のように変わるのです。 相手がいつログインしているのか、そうした情報が分かるようになっているのでインスタグラムへのログイン頻度が確認できます。 5.インスタグラムのDMのアクティビティを非表示にする方法 インスタグラムのDMにも、アクティビティが表示されるようになりました。 フォロー関係にある人でなければ、アクティビティの時間まで表示されることはありませんが、それでも自分がどのタイミングでログインしたのかが 相手にバレるのは嫌ですよね? 消極的になりログインするのを躊躇ってしまう場合もあり、そうするなら友達の近況を知ることが出来なくなります。 ログインはしたいけれど、ログインの情報が相手に知られるのは嫌と感じる場合、DMのアクティビティを非表示にしましょう。 方法は簡単で、まずはインスタグラムアプリを起動して トップ画面を表示してください。 そして 「人型」アイコンをタップすると、プロフィール画面になるので画面右上の 「歯車」アイコンを選択しオプションメニューに切り替えます。 オプションに関する項目がズラリと並んでいるので、そこから 「アクティビティのステータスを表示」をオフにしましょう。 これで自分がいつオンラインになったか、その情報が知られるようなことは無くなります。 しかしそれと同時に、相手のステータスも非表示になるので、 相手がいつログインしたのかも分からなくなる事も覚えておいてください。 インスタグラムのアクティビティまとめ ここでは、アクティビティの見方や非表示設定の方法などについて紹介していきました。 アクティビティは自分に対して、あるいはフォロー中の人がどんな行動をしたのか リアルタイムで把握できる便利な機能です。 しかし逆を言えば、こちらの行動も相手に筒抜けとなるのでそれが嫌ならアカウントに鍵をかけて、フォロワーを厳選するしかありません。 インスタグラムでは相手の状況が分かる機能が多いので、慎重に使うことが求められるでしょう。

次の

アカウントでのアクティビティの表示と管理

インスタ 今日 アクティビティ が ありま した と は

インスタグラムでは『アクティビティ』という機能があります。 アクティビティとは元々は自分がフォローしている人やフォロワーの行動によって表示される機能で、インスタアプリの画面下にある『ハートアイコン』をタップすると表示される情報がアクティビティと呼ばれていました。 』といった情報や、フォローしている人が他の人をフォローしたりコメントを書いたりすると表示される内容です。 上記のような情報をアクティビティと呼ばれていたのですが、いつの間にかアクティビティという表示もなくなってアクティビティの意味も少し変わってきたようです。 現在では友達やフォロワーのオンライン状態がわかる機能の中にもアクティビティという言葉が使われていますよね。 インスタではどのような意味でアクティビティが使われているのか改めてまとめてみました。 元々、アクティビティとは『活動』や『行動』という意味があり、IT用語的に見ると以下のようにまとめられています。 アクティビティとは、一般的には「活動」や「活気」といった意味の英語である。 IT用語としては、FacebookやTwitterをはじめとするソーシャルメディアにおいて、ユーザーの最近の活動状況を表す語として用いられることが多い。 参照: つまり、いいねやコメントやシェアやリツイートといった行動自体は全てアクティビティと呼ばれているのです。 2018年以降のインスタではオンラインやログイン時間が相手にバレる機能でアクティビティという言葉が使われています。 SNSにおける基本的な行動をアクティビティと呼んでおり、インスタの場合はそれらの行動に加えて、ログインしている事で『アクティビティがありました』という扱いになっている感じですね。 また、インスタの利用時間がわかるアクティビティ項目や、セキュリティ対策用のログインアクティビティといったものも追加されています。 『昨日アクティビティがありました』の場合は、上記でも解説したようにインスタを放置してから日付が変わっている状態。 『オンライン中』の場合は、リアルタイムでインスタを利用している(操作している)状態です。 更に細かくアクティビティの表示が変わる時間をまとめると以下のような感じになります。 アクティビティとアクセスという表現が似ているのでどういう違いがあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。 私自身も個人的に気になったので詳しく調査してみました。 『今日(昨日)アクティビティがありました』という表示はiphoneで見た時に表示され、『今日(昨日)アクセスがありました』という表示はandroidで見た時に表示されるようです。 実際に同じアカウントを使ってiphoneとandroidでDM画面の確認をしてみました。 iphoneでDM画面を見た時 上記を見てもわかる通り、同じアカウントでもiphoneで見ると『アクティビティがありました』という表示なのに対し、androidで見ると『アクセスがありました』と表示されています。 つまり、『アクティビティがありました』と『アクセスがありました』は表現が違うだけで同じ意味という事になります。 自分のプロフィール画面にアクセスがあると『今日アクセスがありました』という表示になるといった情報もありましたが、そういうわけではなかったようです。 プロフィールの閲覧に関係なく、『アクティビティがありました』も『アクセスがありました』も同じ意味で、単純にそのユーザーのログインが確認できた状態と認識すれば良いでしょう。 ・いいねやコメントをキャンセルする ・フォロワーを削除する ・フォロワーをブロックする 例えば、特定のいいねやコメントをフォロワーに見せたくない時には、それらをキャンセルするとアクティビティ表示も自動的に削除されます。 また、フォロワー自体を削除したり相手をブロックすればその相手にはアクティビティを見られません。 少し例外的なやり方ですが、上記のような方法を使えばいいねやコメントのアクティビティを消す事も可能です。 個人的にはいいねやコメントなどのアクティビティはあまり見る事も少ないので消さなくても気にする必要はないかなぁと思ったりします。 それにフォローしている人のいいねが全て表示されるので、自分のアクティビティなんてすぐに流れてしまうという理由もあるので。 とりあえず、どうしても気になる時にだけこういう方法で消す事が出来ると覚えておくと良いでしょう。 ・インスタと他のアプリ連携を解除する ・インスタのパスワードを変更する インスタと他のアプリを連携させていたりすると知らない場所からログインされてログインアクティビティに表示される可能性があります。 特にインスタ非公式アプリなどでログインが必要なアプリを利用しているとログインアクティビティに影響があるようです。 アプリ連携なので乗っ取りなどではないでしょうが、アカウント連携はセキュリティ的な影響が多少はあるという事を覚えておくと良いでしょう。 他のアプリとの連携を解除したり、パスワードを変更する事でそういった知らないログインを防ぐことができます。 パスワードの変更やリセットは以下で詳しく解説してるので参考にして下さい。 関連リンク• このページで解説したログイン時間がわかるアクティビティステータスもそうですが、ストーリーやライブ配信の足跡機能、そしてDMのスクショ通知機能などもそうですよね。 関連リンク• 自分の行動が相手にバレるというのはどうも気になってしまいます。 筒抜けになっているような気がして気兼ねなく楽しむ事ができないという方も多いのではないでしょうか。 世界中で使われているインスタですが、こういった通知機能が今後も増えてくるとユーザーが離れてしまう可能性もありそうです。 facebook離れやsns離れといったキーワードもよく聞きますが、数年後にはインスタ離れという言葉が普通に使われているかもしれませんね。 一人のインスタファンとして、そうならないように更にインスタが楽しく発展していく事を期待したいです。

次の

アカウントでのアクティビティの表示と管理

インスタ 今日 アクティビティ が ありま した と は

アクティビティは、Google アカウントにログインしている状態のときに保存されます。 では、アカウントに保存されるアクティビティのほとんどを管理できます。 アクティビティの検索と表示 アクティビティは、最近のものから順に個別の項目として表示されます。 こうした項目はバンドル(類似するアクティビティをグループにまとめたもの)の一部である場合もあります( 注: 類似するアクティビティのすべてがバンドルに含まれるわけではありません)。 アクティビティの検索• に移動します。 左側のナビゲーション パネルで、[ データとカスタマイズ] をクリックします。 [アクティビティとタイムライン] パネルで [ マイ アクティビティ] をクリックします。 アクティビティを確認します。 日付と時刻の新しい順に表示されたアクティビティをブラウジングします。 特定のアクティビティを見つけるには、上部の検索バーとフィルタを使用します。 アクティビティはバンドルまたは個別の項目として表示できます。 表示を変更するには、右上のその他アイコン [ 項目ビュー] または [ バンドルビュー] をクリックします。 アクティビティの詳細の表示• バンドル内のすべての項目を表示するには、バンドルで、その他アイコン [ 詳細] をクリックします。 項目の詳細を表示するには、項目の [ 詳細] をクリックします。 アクティビティの日時や保存された理由が表示されます。 位置情報、デバイス、アプリの情報も表示されることがあります。 アクティビティを削除する マイ アクティビティで方法をご確認ください。 また、することもできます。 検索内容やウェブサイトのアクセス履歴などのアクティビティがマイ アクティビティに表示されない場合は、次の点を確認します。 ログインしているかどうか。 アクティビティは、Google アカウントにログインしているときにのみ保存されます。 デバイスがインターネットに接続しているかどうか。 オフライン時に行ったアクティビティは、デバイスがインターネットに接続するまでマイ アクティビティに表示されません。 適切な設定がオンになっているかどうか。 [] で、希望するアクティビティの種類が保存されていることを確認します。 ログインしているアカウントが 1 つだけかどうか。 同じブラウザやデバイスで同時にしている場合、アクティビティはデフォルトのアカウントに保存されていることがあります。 注: 一部の Google サービスは、アカウントへのアクティビティの保存に対応していません。 覚えのないアクティビティがマイ アクティビティに表示されることがあります。 そうしたアクティビティには次のような種類があります。 Google のサービスを利用しているウェブサイトやアプリからのアクティビティ 一部のウェブサイトやアプリでは、検索、地図、広告などに Google のサービスを利用しています。 Google アカウントにログインした状態でこうしたウェブサイトやアプリにアクセスした場合、アクティビティがマイ アクティビティに表示されることがあります。 共有デバイスを使用している場合や、複数のアカウントでログインしている場合は、別のログインしているアカウントでのアクティビティが表示されることがあります。 一部のウェブサイトやアプリでは、特定のアクティビティを Google と共有する場合があります。 詳しくは、をご覧ください。 予測されたアクティビティ ユーザーが次に表示するコンテンツを Google が予測し、そのコンテンツを提供することがあります。 以下に例を示します。 がオンになっている場合、視聴履歴に基づいて自動再生された動画がマイ アクティビティに表示されることがあります。 その他の不審なアクティビティ 以下の場合、覚えのないアクティビティが表示されることがあります。 同じブラウザやデバイスで同時にした場合。 ログインしている他のアカウントのアクティビティも保存されることがあります。 不特定多数の人が使うパソコンなど共有デバイスからログアウトしていなかった場合。 デバイスに設定されている日付と時間が異なる場合。 このデバイスのアクティビティは誤った日付で表示されることがあります。 他のユーザーが場合。 アカウントのアクティビティが他のユーザーによって行われたと考えられる場合は、する手順を行ってください。 その他のアクティビティの表示 アカウントに保存されたすべてのアクティビティがマイ アクティビティに表示されるわけではありません。 たとえば、を有効にしている場合、そのアクティビティは に保存されます。 アカウントに保存されたその他の種類のアクティビティを表示する手順は、次のとおりです。 に移動します。 左側のナビゲーション パネルで、[ データとカスタマイズ] をクリックします。 [アクティビティとタイムライン] パネルで [ マイ アクティビティ] をクリックします。 ページの右上のその他アイコン [ 他の Google アクティビティ] をクリックします。 表示するアクティビティの下で、適切なオプションを選択します。 詳しくは、についての説明をご覧ください。 他のアカウント情報を表示し、管理するには、を開きます。

次の