分割払い と リボ 払い の 違い。 分割払い、リボ払いどっちがお得?!完全比較!![CardRepo]

クレジットカードのリボ払いとは?金利や分割払いとの違い、注意点まで徹底解説!

分割払い と リボ 払い の 違い

分割払いとリボ払いの手数料を比較 初めに分割払いとリボ払いの手数料について比較してみたいと思います。 どちらも分割払い手数料、リボ払い手数料が必要となります。 分割払いは回数によって手数料の実質年率が変わる• 一般的に分割払いよりもリボ払いの方が手数料の実質年率が高い• 分割払い手数料は各商品個別にかかり、リボ払いは利用残高全体にかかる まず分割払いの場合、手数料の実質年率は回数によって違います。 例えば12~15%といった感じに分割回数が少ない方が実質年率が低く設定され、逆に分割回数が多くなるほど実質年率が高く設定されている場合が多いです。 一方のリボ払いの場合は手数料の実質年率は15%程度で固定されている場合がほとんどです。 項目 分割払い手数料 (実質年率) リボ払い手数料 (実質年率) A社 12~14. 75% 15% B社 10. 05~12. 42% 15% C社 12. 2~15% 15% D社 12. 25~15% 15% E社 15% 15% この他にも、分割払いの場合は各商品に個別に手数料がかかります。 従って各商品の分割回数が異なればそれぞれ手数料も異なります。 一方のリボ払いの場合は、何個商品を購入しても利用残高全体に対して手数料がかかる仕組みになっています。 クレジットカードの2回払いも分割払いではありますが、一般的に2回払いは手数料が発生しない場合がほとんどです。 実際の数字で比較 5万円の利用で比較 例えば5万円の利用で分割払いとリボ払いの比較をしてみます。 リボ払いは毎月5千円で設定しプラス手数料が毎月の支払いとなります。 項目 手数料総額 (実質年率) 支払総額 分割払い (10回) 3,223円 (14. 25%) 53,223円 分割払い (24回) 7,920円 (14. 75%) 57,920円 リボ払い (毎月5千円) 3,352円 (15%) 53,352円 5万円を24回払いすることはあまりないと思いますが、金額が少なければ分割払いもリボ払いもそこまで大きな差があるわけではありません。 20万円の利用で比較 次に20万円の利用で同じ条件で比較してみます。 項目 手数料総額 (実質年率) 支払総額 分割払い (10回) 12,907円 (14. 25%) 212,907円 分割払い (24回) 32,710円 (14. 75%) 231,710円 リボ払い (毎月5千円) 50,946円 (15%) 250,946円 リボ払い (毎月1万円) 25,949円 225,949円 金額が大きくなると、やはりリボ払いよりも分割払いの方が手数料的にはお得になります。 もちろんリボ払いも毎月の支払い設定額を上げれば、分割払いとそこまで大きな差は有りません。 カード会社によって分割払い、リボ払い手数料は異なりますので必ずこの数字になる訳では有りませんので注意が必要です。 毎月の支払いで比較 次に分割払いとリボ払いの毎月の支払いについて比較してみたいと思います。 分割払いは各商品代金を指定回数で割った額を毎月支払う• リボ払いは回数や購入件数に関係なく一定額を支払う どちらも1回の支払額を抑える事ができますが、リボ払いは利用件数に関わらず利用残高から毎月一定額を支払うのに対し、分割払いの場合は利用件数分の支払いが必要なので、分割で購入する商品が多くなるほど毎月の支払額はリボ払いよりも分割払いの方が大きくなります。 また、分割払いは分割回数が少ないほど当然ながら1回の支払額は多くなります。 スポンサードリンク その他の違い その他の違いとしては、分割払いは個々の商品を分割して支払いをするので、今どの商品の支払いがどれだけ残っているのか把握することができます。 一方のリボ払いは、利用額全体に対して一定の金額を支払っていくので個別の商品の支払いという概念が無く、どの商品の支払いが残っているかなどが分かりません。 また、リボ払いは毎月の支払いが一定なのでついつい使いすぎてしまう可能性も出てしまい、いつの間にか残高が膨れ上がっていたと言うような事もあります。 総合的に考えると分割払いの方がお得な場合が多いが… 手数料的にみると金額や回数などの要素によって変わってきますが、一般的には分割払いの方がリボ払いよりも手数料が低く支払利息は少なくて済む傾向にあります。 もちろんリボ払いも繰り上げ返済を行えば、残高が早く減りますので手数料の支払いを少なくさせることも出来ます。 ただ、結局は支払額がその分増えるのでリボ払いの毎月の支払額を抑えるというメリットも薄れてしまいます。 分割払いは回数が少ない程、毎月の支払額は多くなり、手数料は少なくて済む• 分割払いは回数が多い程、毎月の支払額は少なくなり、手数料は多くなる• リボ払いは毎月の支払額が多い程、返済が早まり、手数料は少なくて済む• リボ払いは毎月の支払額が少ない程、返済が長くなり、手数料は多くなる• 分割回数が多い場合、リボ払いで毎月多く返済している方が手数料が少なくて済む この様に分割払いもリボ払いもそれぞれ特徴があるので、家計の状況などによって分割払いかリボ払いを上手く選択するすることがポイントとなります。

次の

リボ払いと分割払いの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説します

分割払い と リボ 払い の 違い

クレジットカードでショッピングをした利用代金は、基本的にカード利用月の翌月の支払日までに、1回払いで返済します。 しかし、支払日までの間に急な旅行や出張、冠婚葬祭で予期せぬ出費が発生することもあります。 「この後、別の出費があるけど、このタイミングで購入したい商品・サービスがある」というときに、便利な方法が 分割払い・リボ払い・スキップ払いの3つの支払い方法です。 支払いの回数を増やす、支払日までの期間を先延ばしにすることで、急な出費にも対応できます。 また、ショッピングをしたときに1回払いで申告していたにもかかわらず、返済が難しくなった場合、 後から支払い方法を変更することも可能です。 今回は分割・リボ・スキップ払いの特徴やメリット、注意点について解説します。 支払い元金 手数料 支払い合計 支払い後残高 16,153 1,068 17,221 83,847 16,354 1,048 17,402 67,493 16,559 843 17,402 50,934 16,766 636 17,402 34,168 16,975 427 17,402 17,193 17,193 214 17,407 0 分割払いは初月の支払金額が最も低く、後の支払いほど高くなっていきます。 リボ払いとは リボ払いとは、 毎月の支払額を自分であらかじめ設定した金額に固定して、金利を加えて返済していく方法です。 分割払いが「回数」を決めて支払うという仕組みに対して、リボ払いは「金額」を決めて支払います。 高額商品を購入した場合でも、毎月の返済額を一定にできるため、手元にまとまったお金がない場合でも、リボ払いを選択すれば購入機会を逃すことがありません。 ただし、リボ払いを利用しすぎると、金利が膨らんで支払い総額が高額になるケースがあります。 支払い元金 手数料 支払い合計 支払い後残高 17,000 1,068 18,068 83,000 17,000 1,023 18,023 66,000 17,000 840 17,840 49,000 17,000 604 17,604 32,000 17,000 407 17,407 15,000 15,000 191 17,191 0 リボ払いは初月の支払金額が最も高く、後の支払いほど低くなっていきます。 お金の都合がついたときには、いつでも繰上返済ができ、返済スピードがアップすれば、手数料を軽減させることもできます。 スキップ払いとは スキップ払いとは、ショッピング1回払いの支払い月を、最長6ヶ月先までの指定の支払い月に変更できる支払い方法で、日本のカードブランドである JCBが直接発行している「 プロパーカード」のみで利用できる支払い方法です。 jcb. いつもより多めに収入が見込める月や、大きな出費がない月に支払いを先延ばしできるため、支払い計画に余裕ができます。 ただし、分割払いやリボ払いと同様、スキップ払いも手数料がかかります。 スキップ手数料は、先延ばしの期間が長いほど高くなります。 00%、 3ヶ月先にスキップした場合 支払い合計金額 103,750円(内手数料 3,750円) スキップ払いと似た支払い方法にボーナス一括払いがあります。 ボーナス一括払いは次章で詳しく解説します。 ボーナス一括払いとは もうひとつ、通常のショッピング1回払いとは異なる支払い方法に、ボーナス一括払いがあります。 ボーナス一括払いは、一定期間内のカードの利用代金を、ボーナス月の翌月にまとめて支払う方法です。 通常の1回払いは、締切日の翌月の支払日に利用代金を支払います。 一方で、会計時に「ボーナス一括払い」を申告すれば、カードの利用代金をボーナス月(夏or冬)の翌月まで先延ばしにできます。 カード会社によって異なりますが、一般的なボーナス一括払いの利用期間と支払日は、以下のとおりです。 夏:12月16日~6月15日の利用代金を8月にまとめて支払い 冬:7月16日~11月15日の利用代金を翌年1月にまとめて支払い 支払いを先延ばしにするという点ではスキップ払いと共通していますが、ボーナス一括払いは 手数料がかからない点、夏、冬の支払い月に一括して支払う点が異なります。 手数料で比較すると、スキップ払いよりもボーナス払いを選ぶとお得です。 ただし、約6ヶ月間の利用代金をボーナス月に全額まとめて支払うことになるため、計画的に利用しないと返済額が膨らんでしまい、ボーナスが支給されても支払えないという事態になりかねません。 分割・リボ・スキップ払いにするメリット 分割・リボ・スキップ払いに共通するメリットが、高額の商品をカードで購入、1回払いでは返済が難しい場合に、いずれかの方法で支払額を分けたり、先延ばしにしたりして、 返済負担を減らせることです。 これにより、高くて敬遠していた商品の購入機会を逃すことなく、欲しいときに購入することができます。 また、記事の冒頭でも触れたように、ショッピング利用時には1回払いのつもりだったのに、急な出費が発生して1回払いが難しくなった場合に、後から支払い方法を変えることも可能です。 支払方法の変更は、カード会社に電話で連絡、あるいは会員サイトのマイページからの手続きで行います。 分割・リボ・スキップ払いの注意点 分割・リボ・スキップ払いに共通するデメリットは、以下の2点です。 手数料がかかる クレジットカードの1回払いは、カード利用者が購入した商品の代金を、いったんカード会社が立て替え、立て替えた分の支払いを翌月の支払日までの「ツケ」にしておく仕組みです。 カード利用者が手数料を支払う必要があるのは、 3回以上あるいは返済まで2ヶ月を超える1回払いの場合ですので、1回払いと2回払いは手数料がかかりません。 一方で、分割(3回以上)払い、リボ払い、スキップ払いは、月々の返済額をコントロールできる反面、手数料がかかります。 この手数料は キャッシングの利息と同じ扱いになるため、 完済までの回数、期間が延びるほど返済総額は大きくなります。 「知らずにカードを使いすぎて、カード破産になってしまった」という事態を避けるためにも、計画的な利用が重要です。 割賦残債があるとローン審査で不利になる可能性がある 前述の通り、分割(3回以上)払い、リボ払い、スキップ払いは、キャッシングのように 金利に応じた利息が発生するため、事実上の 借金として扱われます。 3回以上あるいは返済まで2ヶ月を超える1回払いの残債額を 割賦残債といい、信用情報機関のに契約期間中および契約終了後 5年以内記録されます。 さらに、割賦残債は 住宅ローンの審査に影響します。 すでに借入があったり、支払いの延滞履歴があったりすると、住宅ローンの可否に影響を及ぼすことは知られていますが、実はショッピングの分割・リボ・スキップ払いを利用した場合も、審査に影響を与えるのです。 割賦残債は 借金残高として扱われるため、借金が残っているほど審査で不利になってしまいます。 したがって、将来的に住宅ローンを組んでマイホームを購入する計画がある人は、それまでに割賦残債を完済しておく必要があるでしょう。 分割・リボ・スキップ払いは、何度でも利用できますか? A. クレジットカードには、ショッピング枠に内包される形で「割賦利用可能枠」という枠があります。 これはショッピング分割払いの利用可能枠で、この枠内であれば分割・リボ・スキップ払いが可能です。 割賦利用可能枠を増額することはできますか? A. ショッピング枠が増額されれば、割賦利用可能枠も引き上げられます。 カード会社は定期的にカード契約者を審査しています。 良好な取引履歴がある、収入がアップしたなどの事実が確認されれば、自動的にショッピング利用枠が増額されることがあります。 また、契約者がカード会社に増額を依頼することもできます。 リボ払いの「残高スライド方式」と「定額方式」の違いは? A. 「残高スライド方式」とは、あらかじめ決められている支払残高(利用残高)に応じて、毎月の支払額が変動する仕組みのことです。 支払残高が大きくなれば、毎月の支払額も大きくなります。 「定額方式」とは、あらかじめ指定した支払金額を毎月支払う仕組みのことです。 さらに分類すると「元利定額方式」と「元金定額方式」があり、元利定額方式は、手数料を含んだ上で支払金額を一定にする方法で、元金定額方式は、毎月の支払金額を固定した上で、利用残高に応じた手数料を上乗せする方法です。 リボ払いは「怖い」「ヤバい」とよく目にしますが? A. リボ払いは、月々の支払い負担を軽くする代わりに手数料を支払う方法で、計画的に利用すれば非常に便利なことは間違いありません。 ただし、自身の返済能力を超えるような高額な商品・サービスをカードで購入し、無計画にリボ払いにすれば、月々の返済負担は軽くなりますが、返済総額は大きくなります。 そのような使いかたが「怖い」「ヤバい」というイメージにつながっているのではないかと考えられます。 分割・リボ・スキップ払いは計画的に 分割・リボ・スキップ払い、それぞれの特徴とメリット・注意点を解説しました。 いずれも1回では返済できないカード利用残高を、数回に分ける・先延ばしにすることで、 より計画的な返済ができるようにする仕組みです。 決して、「返済が楽になるから、(自身の返済能力を超えるような)ショッピングが可能になる」ではありません。 使い方を間違うと、あたかも自分にお金があり、何でも買えるような錯覚に陥ってしまい、気づいたときにはカードの利用残高が膨れ上がって、最悪の場合はカード破産になってしまいます。 分割・リボ・スキップ払いは計画的に、急な出費であらかじめ考えていた返済計画が実行できない場合に、限定的に利用すべきです。 どうしても返済できない場合は、すみやかにカード会社に連絡して、支払いの相談をしましょう。

次の

クレジットカードリボ払いと分割払いの違い!リボと分割ならどちらが有利?

分割払い と リボ 払い の 違い

クレジットカードとか、消費者金融とか、銀行のカードローンなどを利用しての分割返済方法は、分割回数をきちんと決めて毎月返済していく典型的な「分割払い」の方法の場合、最初に分割回数を決めないで毎月々返済していく「リボ払い」の方法の場合、そのほかボーナス2回払いとか、種々あります。 「期限の利益喪失条項 約款 」とは、債務者が一回でも支払いを怠ったときは「期限の利益」を放棄され、直ちに借金の残額を一括で支払う義務を負う旨の特約をいいます。 つまり、債権者は直ちに債務者に残額の一括請求ができるということです。 その意思表示がなければ、月一回の個々の返済期日ごとに時効は順次開始するということです。 4 もし「期限の利益喪失条項 約款 」の特約が付いていなかった場合 この場合は、そのような特約がないわけだから月一回の個々の返済期日ごとに時効は順次開始するということになります。 ただ、返済が滞った月の返済分について相当期間定めて〇〇日までに返済しなければ契約の解除すると通知して、もしその期間内に返済がなければ契約解除の通知とまだ返済期日が来ていない返済分も含めて借金の残額すべてを請求できることになります。 だからその時点から時効が開始します。 5 借金問題の無料相談・診断 もし、はるか昔の返済しないままそのままになっていた借金 貸金業者の借金 の返済催促書が突然に届いたら、それは借りた先の債権者からではなく、そこからその債権を買った債権回収会社からの返済通知と考えていいです。 その場合、あなたからその債権回収会社に連絡することは避けてください。 あなたの借金は時効によって既に返済しなくてもいい状況になっているかもしれません。 債権回収会社は債権回収のプロです。 時効中断とか時効完成後の利益放棄等々を狙って手練手管を駆使して、再度返済請求できる債権に復活させて請求しようと考えています。 でも、その通知を無視することもできません。 もし、そのような通知が来たら、まずはその借金が時効消滅しているか 原則5年です 調べてみましょう。 そのためにアヴァンス行政書士法人は無料で相談にのります。 そして、今後どうしたらいいか一緒に考えましょう。 せっかく、借金が時効消滅しているのに、あるいは時効消滅寸前なのに、また復活して返済しなければならなくなってしまうのは、本当にもったいないことです。 ぜひ「アヴァンス行政書士法人」をご利用ください。 もし、借金の整理をともなう「債務整理」をご検討されている方は、下記の各無料相談ツール、または法律・法務事務所の無料相談をご利用ください。

次の