ジャグジー 風呂。 お風呂に付いているジャグジーの掃除の仕方について

お風呂用ジャグジーのグッズ!おすすめグッズをご紹介

ジャグジー 風呂

世界で最も有名なジェットバスメーカー「米国ジャクージ社」のバスタブと出会い、皆様にジェットバスを紹介するようになってはや約30年間の歳月が流れました。 「お風呂につかる」という習慣のない海外で生まれたジェットバス。 その開発目的は関節炎のリハビリのためでした。 古来から日本人は湯治と呼ばれる温泉治療を行ってきました。 また、今でも温泉やスーパー銭湯に人気があるように娯楽、社交場として お風呂を愛用してきました。 元来「お湯につかる」という日本の文化は「リラクゼーション」と名前を変えて今では世界各国に広がっています。 海外の国々と日本を比較してみると「ジェットバス・マイクロバブルバス」などのリラックスバスタブの普及が相当遅れているのが目立ちます。 日本でのジェットバスの普及率は、先進国の中で一番低い数字となっていて、今や韓国よりも下回ってしまいました。 韓国の人口は日本の37%ですが、ジェットバスは年間10万台出荷されていて、戸建住宅だけに止まらず集合分譲住宅でもジェットバスはかなり高い装備率となっています。 日本の「お風呂好き」文化を尻目に、「リラクゼーション」は遥かに日本の先を行っているのです。 中国でも、最近の不動産バブルの影響もあり、豪華マンションの建設ラッシュですが、そのほとんどの大型浴槽にジェットバスが標準装備されています。 「日本が生んだ至福のリラクゼーション」お風呂文化なのにこれで良いのでしょうか? 「日本のすべてのお風呂を快適なお風呂場へ」本気で考えております。

次の

お風呂用ジャグジーのグッズ!おすすめグッズをご紹介

ジャグジー 風呂

お家で使える?家庭用ジャグジーの選び方 家庭用ジャグジーには大きく分けて4つのタイプがあります。 それぞれに強みがあり取り付け方やお値段も多少異なるので、ご自身の用途に1番あったタイプのものを選ぶことをおすすめします。 ここではその4つのタイプについて解説します。 家庭用ジャグジーを選ぶ時の参考にしてみてください。 取り付けタイプ 取り付けタイプの家庭用ジャグジーは4つの中でも1番気軽に使うことができるタイプのものです。 小型で、構造もとてもシンプルなものが多く、簡単に使用することができるのが取り付けタイプの家庭用ジャグジーの特徴です。 ジャグジーに吸盤がついていて、 浴槽に直接取り付けるものが多いです。 ダイヤルやスイッチを使ってジェットの種類や強さを調節することができるので、その日の気分に合わせて変えることができます。 また、コード式のものと充電式のものがあり、充電式のものですと近くに電源がない場合でも使用することができます。 ただ手ごろなゆえに機器からしかジェットが出ないため、本格的なジャグジーと比べると物足りなさを感じてしまうと思います。 マットタイプ マットタイプはジェットが出るマットを 浴槽の底に敷いて使うタイプの家庭用ジャグジーです。 マットを浴槽の底に敷くだけなので設置がとても簡単です。 浴槽の底からジェットが出るので、浴槽全体に泡が広がります。 また、はじけた泡でミスト効果も期待できるのが嬉しいポイントです。 しかし、マットタイプの家庭用ジャグジーはコード式のものがほとんどなので、お風呂の近くに電源がないと使用することができません。 またジャグジーの動作音が比較的大きいことも難点です。 組み立てタイプ 組み立てタイプの家庭用ジャグジーは、ご自宅の浴槽ではなく、ご自分でジャグジー付の 浴槽を組み立てて使うものです。 そのため、ベランダやお庭などでジャグジーを楽しむことができます。 大きさもいろいろあり、大きいものだとスパプールのような感覚で何人かで楽しむこともできます。 取り付けタイプやマットタイプと比べると高額になりますが、その分、より本物に近いジャグジーを楽しむことができます。 設置タイプ 設置タイプはリフォームなどで 浴槽ごとジャグジーを設置する方法です。 設置タイプはジェットに専用のモーターを使用するので動作音も静かなのに、パワーも文句なしのジャグジーです。 また、準備する手間がないので、ボタン1つでジャグジーを楽しむことができます。 ただ、工事費用が50~100万円ほどかかってしまうので、お風呂のリフォームを検討している方はジャグジーの設置も考えてみてはいかがでしょうか? 家庭用ジャグジーのおすすめをご紹介 ・ ターボスパ(取り付けタイプ) ホットジェットバスが販売する取り付けタイプの家庭用ジャグジーです。 こちらは、ジェットの向きを180度変えることができるのが特徴です。 防水加工がされているので浴槽の中に直接入れて使用することができます。 また、中のフィルターの取り換えも簡単なのでお手入れがしやすいのもポイントです。 ・ ホットバブルスパ LBS-603(マットタイプ) オンライン生活が販売しているマットタイプの家庭用ジャグジーです。 PSE承認を受けているため安全面でも問題ありません。 本体に湯冷め防止機能がついているため、心行くまで楽しむことができます。 なによりもこのジャグジーは、泡の量がとても多いことが魅力です。 ・ ジャグジー機能付きスパプール(組み立てタイプ) UFCが販売している組み立てタイプの家庭用ジャグジーです。 空気を入れるだけで使うことができるので、1人でも簡単に準備することができます。 また、ヒーター機能が内蔵されているため外でも長時間楽しむことができます。 そして、温度調節や、ジェット稼働など様々な操作をコントロールパネルでおこなうことができるのが嬉しい特徴です。 ・ ジェットバス 3232-S(設置タイプ) 円形に近い形をしている設置タイプの家庭用ジャグジーです。 円形に近い形なので大人2人で入っても十分な広さがあります。 ハンドシャワー付きで、操作もボタンで簡単にできるなど便利な機能がたくさんです。 また、オーバーフロー機能もあるのも嬉しいポイントです。 まとめ 家庭用ジャグジーについてお話ししてきました。 家庭用ジャグジーには4つのタイプがありそれぞれに強みがあります。 家庭用ジャグジーの購入を検討している方はご自分のほしい機能によってどのタイプの家庭用ジャグジーにするか考えてみると良いと思います。 家庭用ジャグジーがあれば、毎日の入浴時間がよりリラックスできると思います。

次の

自宅にジャグジー(ジェット)バス!メリットとデメリット、かかる費用について

ジャグジー 風呂

お家で使える?家庭用ジャグジーの選び方 家庭用ジャグジーには大きく分けて4つのタイプがあります。 それぞれに強みがあり取り付け方やお値段も多少異なるので、ご自身の用途に1番あったタイプのものを選ぶことをおすすめします。 ここではその4つのタイプについて解説します。 家庭用ジャグジーを選ぶ時の参考にしてみてください。 取り付けタイプ 取り付けタイプの家庭用ジャグジーは4つの中でも1番気軽に使うことができるタイプのものです。 小型で、構造もとてもシンプルなものが多く、簡単に使用することができるのが取り付けタイプの家庭用ジャグジーの特徴です。 ジャグジーに吸盤がついていて、 浴槽に直接取り付けるものが多いです。 ダイヤルやスイッチを使ってジェットの種類や強さを調節することができるので、その日の気分に合わせて変えることができます。 また、コード式のものと充電式のものがあり、充電式のものですと近くに電源がない場合でも使用することができます。 ただ手ごろなゆえに機器からしかジェットが出ないため、本格的なジャグジーと比べると物足りなさを感じてしまうと思います。 マットタイプ マットタイプはジェットが出るマットを 浴槽の底に敷いて使うタイプの家庭用ジャグジーです。 マットを浴槽の底に敷くだけなので設置がとても簡単です。 浴槽の底からジェットが出るので、浴槽全体に泡が広がります。 また、はじけた泡でミスト効果も期待できるのが嬉しいポイントです。 しかし、マットタイプの家庭用ジャグジーはコード式のものがほとんどなので、お風呂の近くに電源がないと使用することができません。 またジャグジーの動作音が比較的大きいことも難点です。 組み立てタイプ 組み立てタイプの家庭用ジャグジーは、ご自宅の浴槽ではなく、ご自分でジャグジー付の 浴槽を組み立てて使うものです。 そのため、ベランダやお庭などでジャグジーを楽しむことができます。 大きさもいろいろあり、大きいものだとスパプールのような感覚で何人かで楽しむこともできます。 取り付けタイプやマットタイプと比べると高額になりますが、その分、より本物に近いジャグジーを楽しむことができます。 設置タイプ 設置タイプはリフォームなどで 浴槽ごとジャグジーを設置する方法です。 設置タイプはジェットに専用のモーターを使用するので動作音も静かなのに、パワーも文句なしのジャグジーです。 また、準備する手間がないので、ボタン1つでジャグジーを楽しむことができます。 ただ、工事費用が50~100万円ほどかかってしまうので、お風呂のリフォームを検討している方はジャグジーの設置も考えてみてはいかがでしょうか? 家庭用ジャグジーのおすすめをご紹介 ・ ターボスパ(取り付けタイプ) ホットジェットバスが販売する取り付けタイプの家庭用ジャグジーです。 こちらは、ジェットの向きを180度変えることができるのが特徴です。 防水加工がされているので浴槽の中に直接入れて使用することができます。 また、中のフィルターの取り換えも簡単なのでお手入れがしやすいのもポイントです。 ・ ホットバブルスパ LBS-603(マットタイプ) オンライン生活が販売しているマットタイプの家庭用ジャグジーです。 PSE承認を受けているため安全面でも問題ありません。 本体に湯冷め防止機能がついているため、心行くまで楽しむことができます。 なによりもこのジャグジーは、泡の量がとても多いことが魅力です。 ・ ジャグジー機能付きスパプール(組み立てタイプ) UFCが販売している組み立てタイプの家庭用ジャグジーです。 空気を入れるだけで使うことができるので、1人でも簡単に準備することができます。 また、ヒーター機能が内蔵されているため外でも長時間楽しむことができます。 そして、温度調節や、ジェット稼働など様々な操作をコントロールパネルでおこなうことができるのが嬉しい特徴です。 ・ ジェットバス 3232-S(設置タイプ) 円形に近い形をしている設置タイプの家庭用ジャグジーです。 円形に近い形なので大人2人で入っても十分な広さがあります。 ハンドシャワー付きで、操作もボタンで簡単にできるなど便利な機能がたくさんです。 また、オーバーフロー機能もあるのも嬉しいポイントです。 まとめ 家庭用ジャグジーについてお話ししてきました。 家庭用ジャグジーには4つのタイプがありそれぞれに強みがあります。 家庭用ジャグジーの購入を検討している方はご自分のほしい機能によってどのタイプの家庭用ジャグジーにするか考えてみると良いと思います。 家庭用ジャグジーがあれば、毎日の入浴時間がよりリラックスできると思います。

次の