関東の梅雨入りはいつから。 気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

【関東の梅雨入り予想】2020年はいつ?例年の平均との違いを気象予報士が解説

関東の梅雨入りはいつから

関東 関西の梅雨入りは2020 いつ 桜や花見を楽しんだ春も終わり、初夏を迎えると、次は梅雨の季節がやってきますね。 季節の移り変わりって本当に早いものです。 しかしこの梅雨、雨もたまに降るならいいんですが、 毎日続く梅雨時期は本当憂鬱になりますよね。 皆様はもう、今年の梅雨対策や準備はお済みでしょうか? まだ準備どころか、今年2020年はいつから梅雨入りなのか知らない、 分からないという方も多いかもしれませんね。 梅雨ってだいたいこのあたりの時期だろうというのは分かっていても、 毎年微妙にズレたりするので、なかなかきちんと把握しずらいんですよね。 今回はそんな、気になる梅雨入りがいつなのかについて、 特に関東と関西の2020年の梅雨入り時期を調べてみました。 梅雨入り時期を把握することで、もうすぐやってくる梅雨の対策に役立ててくださいね。 2020年の関東・関西の梅雨入りはいつ? 2020年の梅雨入りがいつなのか、検索してみたのですが、 気象庁からはまだはっきりと「いつから梅雨入り」という発表はありませんでした。 ですので、過去の梅雨入り~梅雨明けのデータを参考にしてみましょう。 ちなみにですが、wikipediaによると関西地方の定義は 「大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県」 近畿地方の定義は 「大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県」となっていたので、 関西の気象庁データは「近畿」を見ています。 これは、勢力の強い台風の影響や気象状況によって早まったからみたいです。 また、気象庁の3ヶ月予報の5月、6月予報も役立ちます。 念のため「早ければ5月末から始まる」と覚えておけば、梅雨準備には役立ちそうです。 正式な梅雨入りはいつ発表される?どうやって決まるの? 前項はあくまで過去データを見て判断した予想ですが、そうすると、 気象庁からの「正式な2020年の梅雨入り」の発表がいつなのかが気になりますよね。 気象庁からの梅雨入りの発表は主に「速報値」と「確定値」があり、 速報値は「現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、 梅雨の入り明けの速報」で、確定値は「梅雨の季節が過ぎてから、 春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、 統計値として確定したもの」だそうです。 雨天の日が続いた後にニュースの気象情報などで流れる 「〇月〇日から梅雨入りとしました」というような発表が、速報値なんですね。 梅雨入りしたかどうかの決め方は、各気象台が主に1週間後までの中期予報と それまでの天候の推移から晴れが比較的多い初夏から曇りや雨の多い梅雨へと変わる 「境目」を推定して、それを「梅雨入りの日」として決定し、発表しているそうです。 梅雨入りの判断基準のひとつとしては、 「管轄地域で曇りや雨が今後数日以上続くと 推定されるときにその初日を梅雨入りとする」ってことみたいです。 また逆に梅雨明けは、 「晴れが数日以上つづくとき」を基準のひとつにしています。 ただし、毎年すべて同じ気象現象が起こるわけではないので、 そういったことからちょっと曖昧な部分もあり、中期予想が外れることもありますから、 たまに梅雨入り宣言がされたのに晴れたり、梅雨明けが発表されたのにまた降ったり… ということが起こったりします。 つまり、梅雨入りが発表されるのは 「しっかり梅雨に入ってしまってから。 」 ということになります! 「2020年は何月何日から梅雨入りするのか、 はっきりした予報を早く教えてよ気象庁~!」というのは、無理なので 過去データや長期天気予報を見ながら自分で予想しつつ、 梅雨の時期が近づいてきたらこまめに気象庁のホームページなどを チェックするしかないようです。 早めの梅雨対策グッズ準備で楽しく乗り切ろう 知っての通り、梅雨は雨や曇りの多い期間ですから、 お出かけ時の雨対策はしておきたいですよね。 また、除湿機などの室内の湿気対策も必要です。 これらの購入は、梅雨が始まる前、早めの購入がおすすめ。 梅雨入り後に買おうとすると、皆が殺到して品薄になったり 値段が上がってしまっている可能性があるからです! せっかくならゆっくり気に入ったものを選びたいですから、 今からちょっとづつ準備を始めて、しっかり対策をしておきましょう。 じっくり選んで納得したものを使うことによって、 気分よく、楽しく梅雨時期を乗り切れますよ。 とりあえず、梅雨に入る前に準備しておきたいものは以下のものです。 様々な種類がありますので、参考までに除湿機ランキングを貼っておきますね。 今から始める早めの梅雨対策で、しっかり今年の梅雨を乗り切るためにも、 この記事がお役に立てれば嬉しいです。

次の

2020年関西地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで?

関東の梅雨入りはいつから

もうすぐ夏・・・の前に、梅雨がやってきます! 年によって気象条件が異なりますので、毎年同じ日から梅雨が始まるわけではありませんよね。 ですが、「この頃が梅雨入り、梅雨明けなのかな?」という大体の予想をすることはできます。 今回は、2020年の関西地方の「梅雨入り」「梅雨明け」はいつなのか調べてみました! 2019年関西地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで? 気象庁が発表している平年値によると関西(近畿)地方の「梅雨入り」「梅雨明け」は以下の通りとなっています。 「梅雨入り」は6月7日頃 「梅雨明け」は7月21日頃 この平年値から、「梅雨入り」「梅雨明け」は大体この時期であることが予想できます。 平年値とは30年間の「梅雨入り」「梅雨明け」の平均値で、現在は1981年から2010年までの平均値が使われています。 平年値は10年経つごとに更新され、2021年からは1991年から2020年までの平均値が使われることになります。 次に平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けがどれほど違うのか、関西(近畿)地方の2011年から2019年の記録で確認してみましょう。 西暦 梅雨入り 梅雨明け 2011年 5月22日頃 7月8日頃 2012年 6月8日頃 7月16日頃 2013年 5月27日頃 7月8日頃 2014年 6月3日頃 7月20日頃 2015年 6月3日頃 7月24日頃 2016年 6月4日頃 7月18日頃 2017年 6月20日頃 7月13日頃 2018年 6月5日頃 7月9日頃 2019年 6月27日頃 7月24日頃 平年値 6月7日頃 7月21日頃 このように平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、年によってばらつきがあるのがわかりますね。 梅雨入り・梅雨明けの時期は平年値から予想できますが、過去の記録と見比べると大体当たっていることもあれば、大幅にはずれることも有り得るのでその点はご考慮ください。 梅雨入りや梅雨明けはどのように決まるの? 梅雨入りや梅雨明けは、気象庁が発表します。 そのとき「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道がありますね。 気象庁はさまざまな気象条件をみて、梅雨入り・梅雨明けの判断材料とします。 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこない(北上・消滅などで)と判断されたら梅雨明け」 このような判断基準があるともいわれていますが、毎年同じ気象現象が生じるわけではなく、確実に予測することは不可能なため、ある程度の予想で「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行います。 そして、最終的に9月に気象台の観測結果を再検討してその年の梅雨入り・梅雨明けを決め、記録として残します。 そのため、6月に「6月10日に梅雨入りしたとみられます」と報道があっても、9月の再検討で「梅雨入りは6月11日」となることもあるのです。 気象庁の梅雨入り宣言があった直後から晴天が続くこともよくありますし、梅雨明け宣言があったのに全然雨がやまないこともあります。 9月に気象台の観測結果を再検討して梅雨入り・梅雨明けが決定しますので、それまでは梅雨入り・梅雨明けがいつなのかはわからないのですね。 今回ご紹介した予想は、あくまで平年値を元にした予想ですので、参考程度になさってくださいね。

次の

梅雨2020年はいつからいつまで 関東地方、関西・近畿地方の予想

関東の梅雨入りはいつから

もうすぐ夏・・・の前に、梅雨がやってきます! 年によって気象条件が異なりますので、毎年同じ日から梅雨が始まるわけではありませんよね。 ですが、「この頃が梅雨入り、梅雨明けなのかな?」という大体の予想をすることはできます。 今回は、2020年の関東地方の「梅雨入り」「梅雨明け」はいつ頃なのか調べてみました! 2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで? 気象庁が発表している平年値によると関東甲信地方の「梅雨入り」「梅雨明け」は以下の通りとなっています。 「梅雨入り」は6月8日頃 「梅雨明け」は7月21日頃 この平年値から、「梅雨入り」「梅雨明け」は大体この時期であることが予想できます。 平年値とは30年間の「梅雨入り」「梅雨明け」の平均値で、現在は1981年から2010年までの平均値が使われています。 平年値は10年経つごとに更新され、2021年からは1991年から2020年までの平均値が使われることになります。 次に平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けがどれほど違うのか、2011年から2019年の記録で確認してみましょう。 西暦 梅雨入り 梅雨明け 2011年 5月27日頃 7月9日頃 2012年 6月9日頃 7月25日頃 2013年 6月10日頃 7月6日頃 2014年 6月5日頃 7月21日頃 2015年 6月3日頃 7月10日頃 2016年 6月5日頃 7月29日頃 2017年 6月7日頃 7月6日頃 2018年 6月6日頃 6月29日頃 2019年 6月7日頃 7月24日頃 平年値 6月8日頃 7月21日頃 このように平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、年によってばらつきがあるのがわかりますね。 梅雨入り・梅雨明けの時期は平年値から予想できますが、過去の記録と見比べると大体当たっていることもあれば、大幅にはずれることも有り得るのでその点はご考慮ください。 梅雨入りや梅雨明けはどのように決まるの? 梅雨入りや梅雨明けは、気象庁が発表します。 そのとき「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道がありますね。 気象庁はさまざまな気象条件をみて、梅雨入り・梅雨明けの判断材料とします。 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこない(北上・消滅などで)と判断されたら梅雨明け」 このような判断基準があるともいわれていますが、毎年同じ気象現象が生じるわけではなく、確実に予測することは不可能なため、ある程度の予想で「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行います。 そして、最終的に9月に気象台の観測結果を再検討してその年の梅雨入り・梅雨明けを決め、記録として残します。 そのため、6月に「関東地方は6月10日に梅雨入りしたとみられます」と報道があっても、9月の再検討で「関東地方の梅雨入りは6月11日」となることもあるのです。 気象庁の梅雨入り宣言があった直後から晴天が続くこともよくありますし、梅雨明け宣言があったのに全然雨がやまないこともあります。 9月に気象台の観測結果を再検討して梅雨入り・梅雨明けが決定しますので、それまでは梅雨入り・梅雨明けがいつなのかはわからないのですね。 今回紹介した「梅雨入り」「梅雨明け」の時期は平年値を元にした大体の予想ですので参考程度になさってくださいね。

次の