高瀬耕造 面白い。 高瀬耕造アナウンサーのガンダム愛がかわいい!面白い闇の名言を暴露

高瀬耕造アナがNHKおはよう日本司会に!妻は川野美咲アナで子供は

高瀬耕造 面白い

人物 [ ] 出身で、同県、育ち。 身長175cm。 小学校・中学時代の同級生にの 、高校時代の同級生にの がいる。 関西の大学に進学するが、関東への憧れがあり予備校に通い関東の大学を再受験 し、に入学。 大学卒業後、に入局。 東京異動後はニュース・報道番組を中心に担当しており、災害時等の緊急報道での出演機会も多い。 嗜好・挿話 [ ]• 兵庫時代の思い出の味は加古川の「」、思い出の風景は「から見たと」。 早稲田大学時代はに所属しており 、現在の特技はであるという。 とが大好物。 初任地に勤務していた時代に、現在では妻で当時アナウンサーだった(の元契約キャスターでもあった)と知り合い、2003年12月頃に結婚した。 に発生したM7. 3の()ではが発令されたことによる緊急報道を担当し、「を思い出してください」、「命を守るために一刻も早く逃げてください! 」と強い調子で避難の呼びかけをした。 このときの三陸沖地震をきっかけにの資格を取得したという。 調べによる、2014年1 - 6月期のテレビ番組出演本数ランキングにおいて、総本数が452本でタレント・アナウンサーを合わせたランキングで1位となった。 『』のエンディングの締めで、続いて放送されるについて一言触れる「朝ドラ送り」をすることが通例となっている。 逆に「おはよう日本」担当前にを担当していた頃は、連続テレビ小説(再放送)について表情で反応する「昼ドラ受け」を行っていたと言及されている。 太めの眉毛が特徴で「まゆ造」と称されることも。 2016年度の番組改編時の記者会見では「NHKがSMAPのニュースを伝えたことが民放の番組で紹介された時のイラストが、若干眉毛が太すぎるのではないかと、不満でした」と自ら言及している。 同級生には著名人がおり、・九段は小学校・中学校時代の同級生。 また、兵庫県加古川東高校ではと同級生であったことが知られている。 現在の担当番組 [ ]• - キャスター(6:00 - 7:45・祝日を除く月曜 - 金曜)(2017年4月3日 - )• - キャスター(7:45 - 8:00・祝日を除く月曜 - 金曜)(2017年4月3日 - )• (Eテレ)(「オドモニュース」のニュースキャスター) 過去の担当番組 [ ] 新潟放送局時代 [ ]• - キャスター(2001年4月 - 2002年3月)• - キャスター(2002年4月 - 2004年3月) 広島放送局時代 [ ]• スペシャル「ちゅうごく人口減少社会」 - キャスター(2006年4月 - 2007年3月) 東京アナウンス室時代 [ ]• NHKニュースおはよう日本 (キャスター:4:30 - 5:55)(2008年3月31日〜2010年3月)• (2007年8月13日 - 17日)。 :の夏休み、の森本健成の代理に伴う• (2009年4月 - 2010年3月)• (2009年10月31日、2010年10月23日、30日放送分、の代理)• (2010年度 (4月1日以降)・・)(ディレクター兼務)• - ニュースリーダー(2010年8月9日 - 20日)• (2010年8月9日 - 20日)• 上記2つはの代理で出演• シリーズ 日米安保50年 第4回 「日本の未来をどう守るのか」サブキャスター(2010年12月11日)• サブキャスター(土曜・日曜) (2011年4月9日〜2012年4月1日)• メインキャスター(土曜・日曜・祝日)(2016年4月9日 - 2017年4月2日)• の休みで、平日も代理で担当した事があった。 (午後8時45分:土曜・日曜)• 関東甲信越ローカル枠〔20:55〜21:00〕のニュース・気象情報も兼務• 2011年4月9日 - 2012年4月1日• 2016年4月9日 - 2017年3月26日• 平日はNHK各放送局の若手アナウンサーを対象に、選挙報道やニュースの伝え方などの研修を担当していた。 (選挙速報) - サブキャスター(2012年12月16日)• (選挙速報) - サブキャスター(2013年7月21日 - 7月22日)• 」 - キャスター(2013年10月26日)• 「緊急報告 列島大水害」 - キャスター(2015年9月12日)• 「欧州緊迫 」 - キャスター(2016年3月26日)• (選挙速報) - サブキャスター(2014年12月14日)• 「アトミック・ガールズ~米秘密都市 英雄と呼ばれた女たち~」 - ナレーション(2015年12月12日)• 「社員たちの/東京電力 復興本社」 - ナレーション(2016年1月14日)• (選挙速報) - サブキャスター(2016年7月10日 - 7月11日)• (開票速報) - メインキャスター(2016年7月31日)• その他、政局・災害等緊急報道対応• 「第50回」 司会(2018年8月18日)• 朝ドラ100作 ファン感謝祭 - 司会(2019年3月30日)• 開票速報 - キャスター(2019年7月21日)• 「」関連ニュース(メインキャスター、2019年10月22日)• ゆく年くる年キャスター 2019年12月31日~2020年1月1日 同期のアナウンサー [ ]• 脚注 [ ] []• ORICON NEWS 2019年6月9日. 2019年7月29日閲覧。 2019年7月29日閲覧。 日本放送協会. 2015年4月12日時点のよりアーカイブ。 2019年6月23日閲覧。 日刊ゲンダイ 2014年7月17日. 2019年7月29日閲覧。 ザテレビジョン. 2019年7月29日閲覧。 レイザーラモンHGインスタグラム• 早稲田大学グリークラブOB会. 2018年10月8日. 2019年6月23日閲覧。 NHK アナウンス室 2018年• 2019年7月29日閲覧。 日本放送協会. 2015年4月2日閲覧。 女性自身 2018年9月6日. 2019年10月14日閲覧。 - リアルライブ・2014年7月16日• 2018年11月10日. 2019年3月28日閲覧。 2019年11月8日号• 日刊スポーツ. 2016年4月2日. 2019年4月15日閲覧。 ORICON NEWS 2016年2月3日. 2019年10月13日閲覧。 2008年3月〜2009年3月までは、2009年4月〜2010年3月まではと隔週での担当• 4時台のみ• - ニュース7ブログ・2016年5月25日• 外部リンク [ ]• - (2015年3月31日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 、、NHKニュース7歴代キャスター 期間 平日 土日 メインキャスター 気象 スポーツ メインキャスター 土曜気象 000000001960-04-01-0000 1960年4月 - 000000001961-03-01-0000 1961年3月 松野喜弘 小林利光 (不在) (不在) (平日と同様) (不在) 000000001963-04-01-0000 1963年4月 - 000000001966-03-01-0000 1966年3月 (〜1970年) 新藤丈夫 (〜1966年) 000000001966-04-01-0000 1966年4月 - 000000001972-03-01-0000 1972年3月 000000001972-04-01-0000 1972年4月 - 000000001980-03-01-0000 1980年3月 (月、火) (水、木) (金) (土) (日) 000000001980-04-01-0000 1980年4月 - 000000001985-03-01-0000 1985年3月 000000001985-04-01-0000 1985年4月 - 000000001986-03-01-0000 1986年3月 000000001986-04-01-0000 1986年4月 - 000000001986-08-01-0000 1986年8月 000000001986-09-01-0000 1986年9月 - 000000001987-03-01-0000 1987年3月 000000001987-04-01-0000 1987年4月 - 000000001988-03-01-0000 1988年3月 000000001988-04-01-0000 1988年4月 - 000000001989-03-01-0000 1989年3月 000000001989-04-01-0000 1989年4月 - 000000001990-03-01-0000 1990年3月 000000001990-04-01-0000 1990年4月 - 000000001991-03-01-0000 1991年3月 000000001991-04-01-0000 1991年4月 - 000000001993-04-04-0000 1993年4月4日 000000001993-04-05-0000 1993年4月5日 - 000000001994-04-03-0000 1994年4月3日 000000001994-04-04-0000 1994年4月4日 - 000000001995-04-02-0000 1995年4月2日 000000001995-04-03-0000 1995年4月3日 - 000000001996-03-30-0000 1996年3月30日 000000001996-04-01-0000 1996年4月1日 - 000000001997-03-01-0000 1997年3月 (不在) 000000001997-04-01-0000 1997年4月 - 000000001998-03-29-0000 1998年3月29日 000000001998-03-30-0000 1998年3月30日 - 000000001999-03-28-0000 1999年3月28日 田口晶彦(月〜水) (木〜金) 000000001999-03-29-0000 1999年3月29日 - 000000002000-03-26-0000 2000年3月26日 000000002000-03-27-0000 2000年3月27日 - 000000002000-10-01-0000 2000年10月1日 (月〜水) 島津尚子(木〜金) (不在) 000000002000-10-02-0000 2000年10月2日 - 000000002002-09-29-0000 2002年9月29日 島津尚子 000000002002-09-30-0000 2002年9月30日 - 000000002003-03-30-0000 2003年3月30日 000000002003-03-31-0000 2003年3月31日 - 000000002004-03-28-0000 2004年3月28日 期間 平日メイン 平日気象 週末・祝日メイン 週末・祝日気象 000000002004-03-29-0000 2004年3月29日 - 000000002005-03-27-0000 2005年3月27日 荒嶋恵里子 000000002005-03-28-0000 2005年3月28日 - 000000002006-04-02-0000 2006年4月2日 000000002006-04-03-0000 2006年4月3日 - 000000002008-03-30-0000 2008年3月30日 000000002008-03-31-0000 2008年3月31日 - 000000002011-04-03-0000 2011年4月3日 000000002011-04-04-0000 2011年4月4日 - 000000002012-04-01-0000 2012年4月1日 000000002012-04-02-0000 2012年4月2日 - 000000002014-03-30-0000 2014年3月30日 000000002014-03-31-0000 2014年3月31日 - 000000002014-08-01-0000 2014年8月 000000002014-09-01-0000 2014年9月 - 000000002014-12-23-0000 2014年12月23日 000000002014-12-24-0000 2014年12月24日 - 000000002015-03-29-0000 2015年3月29日 不定 000000002015-03-30-0000 2015年3月30日 - 000000002016-04-03-0000 2016年4月3日 000000002016-04-04-0000 2016年4月4日 - 000000002017-04-02-0000 2017年4月2日 000000002017-04-03-0000 2017年4月3日 - 000000002018-04-01-0000 2018年4月1日 000000002018-04-02-0000 2018年4月2日 - 000000002019-03-31-0000 2019年3月31日 000000002019-04-01-0000 2019年4月1日 - 000000002020-03-29-0000 2020年3月29日 000000002020-03-30-0000 2020年3月30日 - 2020年7月• がした1989年1月7日は土曜日だったが、当時平日を担当していた松平が担当。 それに伴い、休日担当の菊池が、2017年11月5日から2018年2月23日まで、平日を代理で担当。 菊池も、2018年2月23日放送分以降出産のため休養入り。 休日はが2017年11月11日から代役の形(ニュース7公式サイトに明言無し)で担当している。

次の

高瀬耕造の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

高瀬耕造 面白い

8日に放送された『おはよう日本』 で、司会の高瀬耕造アナが「謎の自虐ネタをぶっこんだ」と話題になっている。 この日、番組のコーナーの一つである「まちかど情報室」では、バーベキューの便利グッズやアイデアなどを紹介。 共演している林田理沙アナと保里小百合アナが「マシュマロを焼くのが好き」などと話を盛り上げていた。 しかし、何を思ったか、高瀬アナは「特にバーベキューの予定、この夏ございませんね、私」と自虐発言をし、少し微妙な空気に。 保里アナらが「まだ夏は終わっていませんからね」とフォローしたが、なんだか気まずい雰囲気に包まれてしまった。 しかし、高瀬アナの自虐は止まらなかった。 次のコーナーで、ウェットスーツメーカーの代表を務める男性が、週2回ほど朝食にケーキを食べるというVTRが流れたのだが、それを見た高瀬アナは「私も一晩経って冷えて固くなった生クリーム、結構好きです!」と言いカメラ目線に。 これには共演アナらも苦笑いを浮かべるしかなかった。 これを受け、ネット上では「心の闇に己を呑み込まれてしまった高瀬アナ…」「安定のクラッシャーぶり」「朝からどんな告白!」などとツッコミがさく裂。 ただ、「高瀬アナに朝から癒しをいただきました」「高瀬アナ、顔にカミソリあててるときに面白いこと言うのやめてほしい」「可愛さに朝からにっこり」と朗らかな気持になった人も少なくはないようだ。 高瀬アナといえば、これまでにも自虐発言で番組を盛り上げる ? ことも多く、スマホを家に忘れ焦ったものの、帰宅して見てみると一通もメールが来ていなかったことや、大学デビューを目指すべくストレートパーマをあてるも大失敗したことなどをネタにしている。 NHK広報局のTwitterでも、高瀬アナのことをネタにツイートすることもあり、異色の存在として重宝されているようだ。 これまでは、元NHKの影に隠れて、その面白さが世間に伝わることが少なかった高瀬アナ。 しかし、有働アナが退局した今、NHKの新たな注目アナとして期待を持たれているようだ。 あわせて読みたい•

次の

NHK高瀬アナの朝ドラ送りが面白すぎw和久田アナ失笑?コメントまとめ

高瀬耕造 面白い

高瀬耕造アナウンサーというと、NHKニュースを淡々と読むイメージがあります。 それ以外の、番組にも出演していないのかと思う程そのイメージが強いアナウンサーです。 今回は高瀬耕造アナウンサーを掘り下げます。 プロフィール• 氏名 高瀬耕造• 生年月日 1975年12月26日• 血液型 ?• 出身地 兵庫県• カテゴリー NHKアナウンサー NHK高瀬耕造アナの全て。 出身大学、嫁や子供は?身長は高い? まず、出身大学は 早稲田大学の商学部を卒業しており、早稲田大学にはアナウンス研究会が、存在するほど放送局へ入るのに適している大学と言えます。 最近のアナウンサーで言うと、羽鳥慎一さんが有名なところです。 大学時代には、グリークラブに所属しており、卒業した今でも趣味は男声合唱のようです。 元々はアメリカや日本で良く使われている名称で本流は17世紀イギリスが発症と言われています。 1999年に、NHKに入局し新潟放送局に配属されました。 NHKの場合は色んな地方を転々として、東京のアナウンス室に戻ってくるパターンが殆どです。 新潟放送局時代は、地元密着の番組を担当していました。 同じく広島でも番組を担当しますが、新潟ほど番組を担当したりはしていませんでした。 そして東京放送局へ異動してからは、主に選挙や国会中継やNHKスペシャルのアナウンサーを担当し、着実にニュースを読むその姿は、まさにNHKのアナウンサーの本来のスタイルではないかと、言われるほどに実直に見え当たり前のことを当たり前にこなすそんなイメージがあります。 家族の話に入って行きますが、すでに既婚者で奥さんは、元新潟テレビのアナウンサー 川野美咲さんです。 子供の存在に関してはインターネット上に情報がオープンになっていないので、定かではありません。 居ても可笑しくないし、居なくてもというところですね。 身長についてもデータがオープンされていないので、はっきりしたことはいないのですが、推定で160後半から170中盤ぐらいでしょうか まとめ 東京放送局に入局したからでしょうか?ますます、真面目さに磨きが掛かったような気がしますね。 当然NHKニュースは全国でいろんな世代が視聴しているので間違った情報を伝える訳にはいきません。 それと同時に同業者であるアナウンサー仲間も、その雄姿を見る事になります。 そのため読み間違いや噛むなどといったことは許されませんし、もししてしまえば全国から抗議の電話がNHKに殺到する事になるため、他局のアナウンサーよりも緊張感は半端なくそこを切る抜けていると言えます。 最近ではNHKのアナウンサーでも、若手の男性アナウンサーは、バラエティー番組にも積極的に、出演して行きますが、一昔前のNHKアナウンサーだとしたら報道なら報道しか担当しない事の方が多いようです。 そのため、地方局在籍中の高瀬アナウンサーを知っている人も多いのかもしれませんが東京の放送局に入ってきてからは、ニュースばかりを読まされるなど所謂アナウンサーとしての本来の業務を着実に行っています。 しかし、バラエティーを熟す高瀬耕造アナウンサーも個人的には見てみたいものです。 どういった笑顔をするのか?誰に突っ込まれたらどんな切り返しをするのかなどの対応能力を見てみたいところがありますね。 意外と面白いかもしれませんし、見た目通りだったという場合もあるかもしれません。 NHKも一度冒険の意味を込めて担当させてみても面白いのではないかと思いました。 NHKは真面目な顔して意外と面白い逸材が隠れているかもしれません。 また、今後東京以外の放送局への異動の可能性も無いとは言えず、何処の放送局へ行くというのも本人たちも戦々恐々としているのかもしれません。

次の