マットレス おすすめ 一人暮らし。 絶対買いたくなる!安いおすすめマットレス|人気寝具のコスパ比較

マットレスの値段相場はいくら?サイズ別の平均価格

マットレス おすすめ 一人暮らし

引っ越しする時のベッド選びはピンからキリまであるので迷いますね。 そして持ち運びもかなりの労力を費やします。 特に部屋のドアを通過する時はかなり苦労しました。 まさかベッドを入れるだけでこんなにエネルギーを使いはめになるなんて夢にも思いませんでした。 一人暮らしするなら簡単に持ち運びができて、熟睡するくらいの良いベッドを使いたいですね。 そこで 一人暮らしにぴったりなのがニトリベッド 脚付マットレス。 ベッドとマットレスがセットになっていて持ち運びが簡単。 マットレスを取り付けるだけのシンプルな造りになっています。 私も前のベッドでは寝心地が悪かったのでニトリペット脚付マットレスに変えました。 すると デコとボコがくっつくように体とマットレスがフィットして、すぐに入眠でき気持ち良い朝を迎えるようになりました。 マットレスも女性でも持ち運びできるようにコンパクトに梱包してたので本当にありがたいです。 フィット感あって快眠に導いてくれるニトリベッド脚付マットレスが一人暮らしにもってこいな訳をご紹介します! ニトリベッド脚付マットレスのメリットは? 持ち運びができる ニトリベッド脚付マットレスは組み立て式で持ち運びが可能です。 引越しする時の移動も分解できるので女性でも簡単に運べます。 そしてニトリベッド脚付マットレスとベッドは別々になっているので、マットレスを自由に取り外すことが出来るんです。 なんと言ったってマットレスは「圧縮ロール」で梱包! 購入した方はもうご存知かと思いますが、マットレスは最初に袋にペチャンコの状態に入れてる上にグルグル巻きに圧縮してるんです!コンパクトに梱包しているので、買ってすぐに車に詰めるし簡単に家に入れられます。 ニトリの圧縮技術はすごいですね!袋にハサミを入れるとみるみる膨らんで立体化します。 但し一度取り出したら再圧縮はできません。 寝心地の良いフィット感 マットレスはボンネルコイルとポケットコイルの2種類あります。 ポケットコイルはマットレスの中に450個のスプリングがあり、体を点で支えています。 肩や腰回りなどの重い部分だけが沈んでいるので、体がフィットしているんですね。 スプリング同士が独立しているので、寝返りしても横揺れしません。 なので朝は疲れを残さずに目覚めることができます。 一方でボンネルコイルはバネ同士が連結しているのが特徴です。 敷布団のような感触で体を面で支えてくれます。 マットレスは程よい硬さで必要以上に沈み込まないので、体の負担がありません。 また、衛生面ではボンネルコイルは通気性が良く、マットレス内の湿気を残さないようになっています。 いつでも洗濯できるカバー マットレスのカバーは取り外しできて家で洗濯できちゃいます!汚れることがあってもきれいにして、日干しも可能です。 いつでも清潔を保ててスッキリしたい人には嬉しいことですね! 収納可能なベッドの下 ベッドの下は20cmのスペースがあるため、薄型の収納ケースを置くことができます。 私物やコレクションが多い人にはベッドの下を利用しない手はありません! 掃除をする時も便利です。 ベッドと床の間が狭いと掃除機が途中までしか入らず、奥まで届きませんよね。 ベッドの下はホコリがたまりやすいですが、視界が悪く汚れの場所もわかりにくいです。 奥まで見れないのでモップで手探りでホコリを取るしかありません。 ところがニトリ脚付マットレスの場合は足高が20cmもあるので難なく掃除ができます。 ソファとして使える ニトリベッド脚付マットレスはソファーとして兼用できます。 テレビを見たい時などにくつろげる場所としてちょうど良いです。 背もたれでしてクッションを置いたら立派なソファーに変身しますよ! ニトリベッド脚付マットレスおすすめ3選 ニトリベッド脚付マットレスはマットレスの素材や特徴を知って、自分に合ったベッドを選びたいですね。 脚付ボンネルコイルマットレス 画像引用 : ボンネルコイル仕様で理想の寝姿勢を重視しています。 マットレスの生地も柔らかめを選んでおり、寝心地の良さを目指してコイル数もこだわっています。 さらに外周一列にポケットコイルを取り付けており、柔らかい座り心地です。 普通のシングルよりもさらにサイズを小さくしたスモールシングルもあるので部屋のスペースを取りません。 ワンルームマンション住まいの方にオススメです。 脚付マットレス(ラーム2DK) 画像引用: ポケットコイル仕様の一体型マットレスでフィット感が優れています。 こちらは体を点で支えているのが特徴で、無理のない寝姿勢で快眠できます。 ベッドの下は木製脚4本、スチール製脚2本で安定感バッチリです。 床板にはウッドスプリングを導入しています。 ウッドスプリングは弾力性のある板バネが上からかかる重量を受けてめて分散させるのが特徴です。 寝返りを打っても体重移動に対応できるようになっています。 通気性も抜群で湿気を分散させてくれます。 特にジメジメした夏場には最適です。 そして何よりもウッドスプリングは体の寝姿勢のラインを合わせることができるので、質の良い睡眠を手に入れられます。 脚付きマットレス コットDGY 画像引用: こちらはボンネルコイルを使っており、床板はウッドスプリングです。 他の脚付マットレスと特徴はほぼ同じですが、ベッドの脚は木目仕様のプラスチック製で軽量化を図っています。

次の

一人暮らしにおすすめのベッドまとめ!人気の折り畳みやセミダブルも! モノナビ

マットレス おすすめ 一人暮らし

一人暮らしにベッドは不要!床にマットレスだけで良い理由 ワンルームにベッドは圧迫感が強すぎる 例えばフローリングのワンルーム物件だと「床にマットレスだけってなんか変」と違和感を持つ人も多いでしょう。 あるいは「なんか貧乏くさい」という偏見を持つ人もいるかもしれません。 そういう意見を聞くと「ベッドを買ったほうが良いかなぁ」と悩んでしまいますが、悩む位なら買わない方が良いです。 なぜなら、ワンルームのベッドは圧迫感が強すぎてオシャレもクソもないため。 正直ワンルームをベッドが占拠しているほうが狭苦しくて変です。 僕もワンルームで生活していたことがありましたが、ベッドよりも床に直敷きの方が部屋が広く見え開放感がありました。 ワンルームっぽいオシャレは空間にゆとりが感じられる低い目線で構成することが重要だと考えます。 例えば下記のようなローアングルなインテリアはどうでしょう。 正確には「」というスノコみたいなベッドを使っているんですけど、それが無くても雰囲気は作れます。 ベッドなしでオシャレに見せるポイント• 厚みのあるマットレスを使う(10cm以上)• 白いボックスシーツで真っ平らな清潔感を出す(三つ折りマットレスなどの折り目を隠す)• 布団ではなく大きなブランケットを敷く(布団は寝る時だけ)• 枕ではなく正方形クッションを2個くらい置く(枕は寝る時だけ)• 近くに間接照明や観葉植物などを床置きしてみる 逆に「スノコの上に敷布団と枕とぐしゃぐしゃになった掛け布団」の組み合わせではオシャレ感ゼロなのがイメージできるはず。 間接照明などは背が高いものではなく、例えば下記のような背の低いタイプが良いですね。 あとはマットレスの向かいにテレビを置くなり木製のトレーを置くなりすればワンルームでもそれっぽくなります。 ちなみにソファベッドやソファーマットレス(折りたたむとソファーになるマットレス)はおすすめしません。 ソファーベッドは背もたれを後ろにリクライニングさせてベッドにする訳ですから、壁に直付けできず無駄なスペースを使うことになります。 加えて重量がある上に分解不可で邪魔ですし、捨てる時も大変でしょう。 ソファーマットレスは単純に見た目がダサいのと、いちいち折りたたむのが面倒になるのでダメです。 質の悪いベッドを買うくらいなら床がいい 僕は冒頭でも書いた通り7年間の一人暮らしで2回ベッドを買い、2つとも処分する結果となりました。 一人暮らしを始めた僕は資金も乏しく、寝具にも興味がなくドン・キホーテで間に合わせた布団一式と親から届いたニトリのマットレスで寝てたんですよね。 しかし、床にウレタンをマットレスを敷きっぱなしにしていたせいでマットレス裏側に黒カビが繁殖。 ウレタンまで侵食されており、気持ち悪くてそのマットレスは捨てました。 その後「床に直敷きはダメかなぁ」と2万円程度の組み立て式パイプベッドを買いましたが、購入後数ヶ月でギシギシ軋むんです。 対策としてオイル(クレ556)を塗ったり、ネジをキツく締めなおしたりゴム片を挟み込んでみたりと出来る限りの対策をしました。 でも完全な解決策はなく、そうこうしているうちに床板となっているワイヤーの溶接が破断。 2人で寝てたとかじゃなく1人で使ってこれですからね・・・しかも身長170cm58kgの普通体型がですよ? その後に分割できる脚付きマットレスを1万円台で購入しましたが、こちらは硬い部分が腰に当たり寝心地が悪いんですよね。 「上にマットレスを敷けば解決できるか?」とも思いましたが、そもそも脚付きマットレスの存在意義を見失い捨てました。 捨てるとなれば粗大ごみで1000円くらい取られ(中古でも売れない)、良いことが何もない安物ベッドには嫌な思い出しかありません。 引っ越しする予定があるなら将来的に邪魔 進学で一人暮らしする若い方なら最初の物件に住み続けることってあまりないです。 (自分はもちろん、周りを見ても学校を卒業して就職したら引っ越す可能性が大) 転勤で日本中を転々としている会社員なら、社宅や独身寮を数年ごとに移り住むパターンもありますよね。 そういう方の場合、ベッドの存在は邪魔でしかなく三つ折りマットレスを使った方が圧倒的にコンパクト。 引っ越し業者に頼むときも荷物は少ないほうが見積もりで安くなりますからお得です。 「床にマットレスだけ生活」で気をつけるべきこと 敷きっぱなしは高確率でカビに繋がる 床にマットレスを敷きっぱなしにすると、素材にもよりますが高確率でカビます。 特にウレタンマットレスは要注意です。 たとえ10cmくらい厚みがあっても寝ている時の湿気が床に冷やされて水分となるので油断はできません。 (窓が結露するみたいな) 朝起きたらマットレスを持ち上げて背中真下あたりの床を触ってみると湿っているはずです。 そのまま放置するとカビの原因になるので、上記画像のようにZ字型に乾燥させるなどの対策が必要です。 しかし「それも面倒だなぁ」と思う方は高反発ファイバー素材を用いた「エア系マットレス」がおすすめ。 春雨を固めたような素材でできており、通気性がよく水洗いできるのが特徴です。 僕の環境では1年間ほど床に敷きっぱなしにしてもカビることはありませんでした。 この素材を推している有名メーカーといえば「エアウィーブ」ですが、メーカー自体が高級路線なため値段が高いのがネック。 だいたいシングルサイズで5万円〜10万円くらいします。 しかし、他メーカーでもこの手の素材を使ったマットレスを販売しているので、そこから選べば比較的安く手に入ります。 特に個人的に品質と価格のバランスが良いと思うのはライズの「スリープオアシス エントリー」です。 ライズは2011年に設立した日本に寝具メーカーであり、マットレスを主力に知名度を伸ばしているのが特徴。 スリープオアシスは高反発ファイバーを使ったモデルとして人気ですが、シングルサイズで2万円を切る「エントリー」があります。 用途しては寝心地を変えたり通気性(寝具と自分の)を上げる目的になるため、カビ対策には不適なので注意してくださいね。 また、マットレスパッドは薄いため1枚で使うと底づきしやすいでしょう。 (だからこそ上に重ねて使う) さいごに ベッドを買うならある程度予算を 結論としてはベッドは不要ですし、ベッドがなくても快適に生活することは可能です。 そして、もしベッドを買うならある程度予算を持っておいたほうがよいでしょう。 少なくとも1万円程度で買える無名品ではなく、寝具メーカー品を選びたいですね。 参考になれば幸いです。

次の

一人暮らしにおすすめのベッドまとめ!人気の折り畳みやセミダブルも! モノナビ

マットレス おすすめ 一人暮らし

ポケットコイル• やわらかい全身を包み込む寝心地が良い• 相手に寝返りの振動を伝えたくない ボンネルコイル• 通気性と耐久性を重視したい• 体重で沈み込むと腰を痛めてしまうので硬めがいい こういったそれぞれのタイプの方におすすめしたいです 脚付マットレスのサイズと値段 続いて、 サイズと値段についてまとめていきます まずは ポケットコイルタイプの脚付マットレスは• スモール 税込25900円• シングル 税込27900円• セミダブル 税込37900円• ダブル 税込47900円 の4種類のサイズ展開となっております 続いて ボンネルコイルタイプの脚付マットレスは• シングル 税込17900円 とシングルサイズのみとなっています ボンネルコイルはシングルサイズのみで、値段も比較すると安いのでより一人暮らしの方におすすめですね ちなみに私はお金がなかったのでこちらのボンネルコイルのタイプにしました!(笑) 続いて脚についてもみていきましょう 脚のサイズと値段 出典 脚のサイズと値段についてみていきましょう 脚は4本で1組となっており、ベッドフレームに取り付けるものですね サイズ展開は• 12cm 税込2000円• 20cm 税込2000円•

次の