ファスティング 体脂肪。 【実践】筋肉維持×脂肪だけ落とすオプティマムファスティングのやり方と効果を解説

岡山の7日間ファスティング/ボディ&バランス辰巳店

ファスティング 体脂肪

ファスティングは、モデルや芸能人など多くの女性がやっている人気のダイエット方法です。 人気の秘密は、驚異のダイエット効果です。 ファスティングをすると、他のダイエットに比べて、効果的に体重を減らすことができます。 短期間でできるので、時間がない人、忙しい人にもおすすめです。 ファスティングって実際どれくらい体重が減るの?• ファスティングってなんで体重が減るの? そんな疑問に答えるために、ファスティングをするとどれくらい体重が減るのか、わかりやすく丁寧に紹介します。 ファスティングで減る体重とペース ファスティングは、ご飯を食べない時間を作ることでやせることができるダイエットです。 運動を頑張ってするより、ご飯を食べない方が早くやせることができます。 ファスティングは、短期間で体重を減少させることができるのでダイエットにおすすめなんです。 女性誌でよく紹介される理由も、高いダイエット効果があるからです。 それでは、具体的にどれくらいファスティングでやせられるのか紹介していきますね。 1日1キロ、3日間で3キロやせられる ファスティングをすると、 1日1キロのペースで体重が減少していきます。 3日間ファスティングをすれば、一気に3キロもやせることができちゃうんですよ。 ファスティングでやせる目安は下の表を参考にしてください。 ファスティングのやせる目安• 1~5日 体重の2%• 6~10日 体重の0. 11日目以降 体重の0. 5% ファスティングをすれば5日目までは、たいだい1日1キロのペースで体重が落ちていきます。 1日で1キロ、3日で3キロ、5日で5キロですね。 適正体重よりも太っている人は、もっと体重を減らすことができます。 すごいと思いませんか? 普通のダイエットに比べて効果的 普通のダイエットは1ヵ月頑張っても、体重が2~3キロ減ればいいほうです。 いざ運動を始めても、ついついサボってしまって長続きしなかったりすると、全然やせてなかったりします。 ファスティングをすれば、たった3日で、普通のダイエットの1カ月分の体重を減らすことができます。 ご飯を食べない時間を作るので、確実にやせることができるんですね。 人は食べなければ、絶対にやせます。 いままで長期間のダイエットが苦手で失敗した人や、短期間でやせたい人には一番おすすめのダイエット方法なんです。 ファスティングを初めてやる人は3日間ファスティングがおすすめ ファスティングをやってみようかな?と考えている人は、3日間ファスティングから初めてみるのをおすすめします。 3日間ファスティングはダイエット効果も高いですし、期間も長すぎないので、初心者の人がやるのにうってつけなんです。 5~7日間ファスティングは、ダイエット効果はもちろんデトックス効果も高いですが、一度3日間ファスティングを経験してからやったほうが楽にできますし、安心です。 ファスティングをやるなら3日間ファスティングから挑戦してみるといいですよ。 3日間ファスティングの詳しいやり方はこちらの記事を参考にしてください。 ファスティングにはダイエットドリンクの準備を忘れずに ファスティングをやる時は、ダイエットドリンクを必ず用意しておきましょう。 ダイエットドリンクがあるとないとでは、ファスティングの難易度が一気に変わってしまいます。 水だけのファスティングをやる人もいますが、つらいし体に悪いのでやらないほうがいいです。 お腹がすきますし、栄養が摂れないので栄養不足になります。 わたしも水だけのファスティングを経験しましたが、ダイエットドリンクがあると本当に全然違います。 食べなければ必ず体重を減らせますが、つらかったら続かないんです。 楽に体重を減らしたいのなら、ダイエットドリンクは必須です。 慣れてきたら定期的にやるのがおすすめ ファスティングは1回だけでも体重を減らす効果が十分にありますが、定期的にやるのがおすすめです。 月1回のファスティングを繰り返すことで20キロのダイエットに成功した人もいます。 ファスティングには、体の老廃物や毒素を体の外に出すデトックス効果があるので、定期的に行うことで体のメンテナンスをすることができます。 定期的にファスティングをして、からだを健康に保ち、ハードな仕事に備えるモデルや芸能人も多いです。 肌がプルプルになる美肌効果、シミ、シワの予防、むくみがとれるなどの効果もありますから、余裕があれば月1回のペースで続けてみるといいですよ。 ファスティングで体重が落ちる2つの理由 ファスティングは、体重を減らすのにとても効果があることがわかりました。 普通のダイエットなら3キロやせるのに1ヵ月以上かかるのに、ファスティングなら3日でやせることができます。 どうしてこんなに効果的にやせることができるのか気になりますよね。 ファスティングでやせることができる理由を紹介します。 摂取カロリーが減る ダイエットの基本は、 消費するカロリーを増やして、摂取するカロリーを減らすことです。 消費カロリーの方が摂取カロリーよりも多ければやせることができます。 ファスティングと運動をするダイエットの違い• 体重60キロの人が10キロ走っても、カロリーは600キロカロリーしか消費しません。 1カ月で3キロやせるためには、毎日10キロ走っても、運動だけではまだまだ足りないんです。 日ごろから運動をしていない人が、いきなり10キロを走りだすと、筋肉が少ないのでひざを痛めてしまいます。 ご飯を食べない時間を作ることで、やせることができるファスティングの方がはるかにダイエットに効果的なんですよ。 脂肪を燃焼させる ファスティングをすると 脂肪を燃焼させる効果があります。 糖質は、脳やからだの様々な部分を活動させるために、絶対に必要なものです。 ファスティングをするとご飯を食べなくなるので、糖質がなくなっていきます。 ファスティング1日目は体のグリコーゲンに蓄えておいた糖質を使いますが、2日目にはからだの中から糖質がなくなってしまいます。 からだの中に糖分が足りなくなると、活動できなくなってしまうので、からだは何とか糖質を作り出そうとします。 そこでからだは脂肪を燃焼させて、糖質のかわりに使うようになるんです。 糖質を摂らないことで脂肪を燃焼させる原理は、糖質制限ダイエットも同じです。 ファスティング中は、 脂肪がどんどん燃えていきますから、体重が一気に落ちていきます。 脂肪は毒素が溜まりやすい部分でもあるので、脂肪を燃やすことで、デトックス効果もあるんですよ。

次の

ファスティングのダイエット効果

ファスティング 体脂肪

ダイエットなどで話題になったファスティングの、本当の効果をご存知ですか?決して「体重が落ちる」ことが、ファスティングの主な効果ではないんです。 今回は、現代日本人こそファスティングをしておきたい理由である、ファスティングの驚くべき効果について解説します! ファスティングの効果(1)デトックス ファスティング中は細胞の内外でデトックスが進み、体内環境が整っていきます。 特に有害金属や食品添加物、宿便などの腸内滞留物は、食事を摂ることによって体内に蓄積するため、食事を断つことでデトックスを進行させることができるんです。 デトックスが進むことで、慢性的な不調の軽減や消化器官をはじめとする内臓機能の向上、健やかな肌を作るなどの様々な効果が期待できます。 デトックスの効果を十分に得るためには、平均で4~5日以上のファスティング期間が必要です。 排毒の中でも、排便によるデトックス効果は非常に高く、悪玉細菌の減少が期待できます。 腸内に滞留した便の成分のほとんどは脂質とたんぱく質で、それらが腐敗することにより腸内細菌バランスが悪玉菌優位の状態になってしまうんです。 そんな悪玉細菌が減ることで、腸内細菌バランスを向上させ、慢性的な不調が改善された例も多くみられます。 ファスティングによる滞留便の排出は、平均でファスティング4日目から起きるとされています。 滞留便の量は個人差があり、多い人は5~7kgもあるほどです。 ファスティングの効果(2)ダイエット~脂肪燃焼回路の確立~ ファスティング時は、日常に比べて摂取カロリーが大幅に低下します。 食事による摂取エネルギーが活動エネルギーを下回ると、体内でエネルギー負債が起こりますよね。 そのため、体内に一定量蓄えられている糖質(筋グリコーゲン、肝グリコーゲン)をメインのエネルギー源として使用するようになるんです。 しかし、貯蔵されているグリコーゲンの量には限りがあります。 それらを使い切ると、体内に貯蔵されている脂肪を燃焼させてエネルギーを産生するようになり、主なエネルギー源が糖質から脂肪へと切り替わる。 これが、脂肪燃焼のメカニズムです。 脂肪組織に多く存在する脂肪細胞は、まず、遊離脂肪酸として血中に溶け出します。 遊離脂肪酸は血流に乗って運搬され、筋細胞内のミトコンドリアへ運ばれて燃焼します。 脂肪がメインエネルギーになると、これらのステップを繰り返し続けるため、脂肪を燃焼させるための回路が確立され、脂肪を燃焼させやすい身体になっていくんです。 体内に貯蔵されたグリコーゲンを使い切るには、平均して2~3日程かかります。 確実に脂肪を燃焼させるためには、ファスティングを3日以上継続させる必要があります。 脂肪を燃焼させることは、単にダイエットのためだけではありません。 脂肪細胞内に溜まっていた毒素の排出や、体内の脂肪酸のアンバランスのリセットなども期待できます。 ファスティングの効果(3)リフレッシュ~代謝酵素の活性化と内臓の休養~ 体内には約3,000種類もの潜在酵素(potential enzyme)があり、消化吸収や代謝など、体内の化学反応を起こす際の触媒として働いています。 潜在酵素は細胞の再生や修復、神経やホルモンのバランスを調整し、恒常性を維持することによって、免疫機能を保持する「代謝酵素」 と、食物に対して直接的な消化作用がある「消化酵素」とに大別されます。 代謝酵素と消化酵素は互いに関係しており、消化酵素が分泌されると代謝酵素の活性が弱まり、消化酵素の分泌量が減ると代謝酵素は活性化するといると言われているんです。 潜在酵素の優先順位としては消化酵素が最優先にされるため、どのような食事をするかによって、潜在酵素のバランスは変化し続けます。 ファスティング時は、食物を摂らないことにより消化酵素の分泌が抑えられて代謝酵素の働きが活発になります。 そのため、慢性的な倦怠感や不調の改善が期待できるわけです。 疲労で機能が低下していた内臓(特に消化器官)も、ファスティングをすることで食べるという行為によるストレスから解放され、機能が回復します。 そして、免疫機能が活発になり、自然治癒力の向上が期待できます。 酵素によって触媒される反応を、酵素的反応といいます。 このことについて酵素の構造や反応機構を研究する古典的な学問領域が、酵素学です。 酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・分布・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与しています。 生体が物質を変化させて利用するのに、酵素は欠かせません。 ファスティングの効果(4)リラックス~脳の活性化~ 脂肪の燃焼が進むと、脂肪の代謝産物としてケトン体が生成されます。 ファスティングによる空腹状態が続くと、覚醒の神経伝達物質であるオレキシンというホルモンが分泌され、五感覚が研ぎ澄まされます。 脂肪酸ならびにアミノ酸の不完全代謝産物で、肝臓でのみ合成されます。 グルコースが枯渇しているような絶食時、激しい運動時、高脂肪食においてもケトン体が生成されます。 骨格筋、心臓、腎臓などでもエネルギー源となるが、肝臓ではエネルギー源として利用できません。 ファスティングの効果(5)リセット~生活習慣の改善~ ファスティングを行うことで、食や自身の健康への関心は深まります。 また、食欲の克服や目標を達成することで、その後の食生活はより良質なものに変化していくんです。 ファスティングを繰り返し、食生活を改善していくことで味覚は大きく変化し、身体にいいものを「美味しい」と感じるようになります。 喫煙者がたばこをやめる• コーヒーを1日5杯飲んでいた人はが1日1杯になる• 濃口が好きだったのに薄口が好きになる こんな感じで、ファスティング経験者は食生活が健康方向へとシフトしていくんです。 ファスティングと共に深まった食への関心や知識は、身体をこれまでの悪習慣から解放し、本来持つ機能や感覚を取り戻させてくれます。 まとめ ファスティングのデトックス効果やリフレッシュ効果が、どのような仕組みで生まれるのかを解説しました。 僕のお客様でも、定期的にファスティングをしながらコンディションを調整している方がいます。 ダイエットだけでなく、健康にも活かせるのがファスティングのいいところなんです。 トレーナーとしての知識を、さらに深めたい方へ.

次の

ファスティングの脂肪燃焼はいつから始まる?ダイエットファスティングの期間と糖新生について

ファスティング 体脂肪

再びお伝えしますが、わたしがおすすめするファスティングは全く何も取らないファスティングではなく、ミネラルファスティングをお勧めしております。 ミネラルファスティングとは(体を動かすのに必要な最低限のエネルギーを摂取するための)専用ドリンクに食を置き換える方法です。 断食をすることとでなぜ体重は減り、体脂肪量が減っていくのか体に起こる変化についてご説明します。 まず人間の体はエネルギーで動いています。 そのエネルギーは3大栄養素の糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質(体脂肪)です。 (+ビタミン、ミネラルで5大栄養素) まずエネルギーの利用する順番は、• たんぱく質• 脂肪 の順です。 ある程度のエネルギー(糖質とたんぱく質)を利用し、枯渇させなければ、脂肪はエネルギーとして利用されません。 エネルギーが足りない(詳しくは糖新生がおきる)からこそ、脂肪がエネルギーとして利用され始めます。 脂肪はエネルギーとして利用される順番として最後であるため脂肪量を減らすには時間が必要です。 脂肪を燃焼させることがデトックスには非常に重要なカギになります。 詳しくは別でお伝えしたいと思います。

次の