シティー ハンター 小説。 シティーハンター(CITY HUNTER)のネタバレ解説まとめ

『シティーハンター 』の面白さはリョウと香のもどかしい恋愛関係にあり?

シティー ハンター 小説

あらすじ・ストーリー 1980年代後半の東京・新宿を拠点としている。 新宿駅にある掲示板に「XYZ」と書くことが依頼の暗号である。 「XYZ」はもう後がないことを意味しており、依頼人はかなり緊迫した状態の人が多い。 依頼内容は、探偵、ボディーガードから違法行為の殺しまで何でもある。 しかし、そんな彼にも依頼を受けるときの哲学がある。 それは「依頼人が美女」または「心が震えたとき」。 冴羽獠が依頼人から仕事を受け、それを数話で解決するというのが基本となっている。 全体を通しての伏線はあるが、依頼人と依頼内容は異なる。 依頼人は基本的には再登場せずに各依頼にも繋がりはない。 『シティーハンター』の主要人物 冴羽 獠 「シティーハンター」と呼ばれる超一流のプロのスイーパー(掃除屋・始末人)。 年齢不詳。 国籍不明。 新宿界隈でスイーパーの活動をしている。 依頼内容はボディーガードが多く、殺しから人探しまで多岐にわたり、依頼は非合法な内容も含んでいる。 裏社会にまで噂が届くほどの実力の持ち主で、銃の知識、格闘技など戦場で戦い抜く知識と経験が豊富である。 その技術を最大限に活かせる強靭な肉体、人並み外れた俊敏さ、跳躍力などを併せ持つ。 さらに機転と洞察力に優れ、幾多の困難を乗り越えてきた。 特に射撃の腕はずば抜けており、不可能と思われるほどの射撃を軽々とやってのける。 愛銃はコルトパイソン。 幼少期に中米上空で飛行機事故に遭遇した。 奇跡的に生き残ったが、両親は死亡。 ジャングルに放り出され、さまよっていたところを反政府ゲリラ部隊に拾われた。 これ以降、傭兵として過ごす。 多くの戦場を経験し、戦闘技術が養われ現在に至る。 飛行機事故で身元を示す物を失っているため、名前、生年月日、国籍が不明。 「リョウ」と亡くなった両親から呼ばれていたことは辛うじて覚えていた。 自称、ナンパ術、ベッドテクニックが超一流。 依頼人の美女に慕われ親密な関係になりかけることが多いが、最終的にはいつもダメになる。 しかしこれは、スイーパーという裏稼業は危険を伴うため、本気で女性を愛すことを意図的に避けているからである。 シティーハンターのパートナーでもある香に対しても同様。 しかし、仕事や生活も一緒にするようになり、香はかけがえのない存在になっていった。 本名は久石香。 警官であった槇村の父が、追跡中に事故死させてしまった犯人の久石純一の娘である。 幼子であった香は槇村の家に引き取られ、秀幸の妹として育った。 そのため、秀幸との血の繋がりはない。 この事実は19年間、黙っていた。 秀幸は香の二十歳の誕生日に生母(久石の妻)の指輪を渡して、真実をすべて話すつもりでいたが、殺害されてしまい真実を語る者が居なくなってしまったのである。 だが、香は秀幸が生きていた頃から、血縁関係がないことに薄々気づいていた。 秀幸亡き後、獠の相棒となる。 仕事の依頼を取り付けるなどサポート役が多い。 だが、相棒となると危険に巻き込まれることもしばしばあり、経験を積んでいくこととなる。 その経験から勘が働くようになり、サポート役から2人の息がこれ以上ないと言うほどの相棒へと成長する。 刺客などから依頼者を守ったり、捕まっても自分で脱出するなど1人でもある程度の判断ができるようになっていった。 依頼人の美女に手を出し続ける獠に対し100tハンマーで殴ることは毎度のことで、早とちりや勘違いで先に手が出ることもしばしばある。 また、血の繋がった実の家族である姉のさゆりがいる。 幼少期に久石の妻に引き取られ生き別れとなっていた。 槇村 秀幸 獠の親友でシティーハンターの相棒。 父親が警察官で、自身もその意志を継ぎ刑事となる。 刑事時代には冴子とコンビを組み、警視庁の月とスッポンと呼ばれていた。 これは美女の冴子に対して、自身の容貌が冴えていないからである。 人身売買組織の囮捜査中に捜査官が殉職してしまったため、その責任をとって警察を辞職した。 いつもはとても冷静であるが、香のこととなると冷静さが保てない。 容貌が冴えていないが実力はかなりの腕前である。 しかし、ある事件に巻き込まれてしまい、命を落とした。 香とは血がつながっていない。 そのことを香の二十歳の誕生日に告げようとしていたが、話すことができなかった。 近眼が酷いため眼鏡(二角眼鏡)を常用している。 素顔は端正。 愛銃はコルト・ローマン MkIII。 元傭兵。 通称が、海坊主またはファルコン。 獠と互角の実力を持ちながらも、現在は喫茶「キャッツアイ」の店主。 過去には、獠とは敵対関係にあったこともあり、幾度なく決闘をしている。 ある戦場でエンジェルダストを打たれた獠と戦い、目を負傷した。 その傷がもとで失明した。 そのためサングラスを常用している。 失明しているのだが、生活には支障をきたさず、車の運転まで楽々とこなす。 屈強な体格と鋼の筋肉を持つ。 スピード面では獠にやや劣るが、パワー面においては獠を大きく上回る。 その肉体を活かし、バズーカや機関銃などの重火器を好む。 一方でトラップの名手でもあり、繊細な作業も得意としている。 寡黙な男であるが、女性や猫(特に子猫)が苦手。 女性と対峙すると、ゆでたタコのように真っ赤になってしまう。 そのことから獠に「たこ坊主」と呼ばれるようになり、「海坊主」とあだ名された。 猫の鳴き声を聞くと力が抜け、失神してしまう。 猫に近づかないようにしているが、猫に好かれる傾向のため勝手に寄ってきてしまう。 義理堅い人物でもあり、亡き上官の氷室剛司の娘で、孤児として育った氷室真希を影から支えてきた。 野上 冴子 野上警視総監の長女。 槇村秀幸の相棒で、「警視庁の女狐」とよばれる美人刑事。 槇村と同様にかなりの実力があり、仕事一筋。 射撃の腕も一流で左右両方で命中させられるスイッチハンダーである。 銃以外にも、服の下にナイフを隠し持ち、投げナイフも扱う。 「自分より弱い男には興味がない」ため、御眼鏡に適う男性はほとんどいない。 しかし、槇村と獠への想いは少なからずあり、捜査中に槇村が殺されたため、忘れられなくなってしまった。 愛銃はニューナンブM60。 警察の支給の備品を改造している。 運転はライセンスを所持しているため、凄まじいドライビングテクニックである。 家族は父親が野上警視総監。 次女麗香、三女唯香、さらに女性の双子がいて、計4人の妹がいる。

次の

シティーハンター 狙われた天使のレクイエム|リアル宝探し・謎解きならタカラッシュ!

シティー ハンター 小説

リョウと香の超じれったすぎる恋愛関係 亡き兄の遺志を継ぐ香 リョウの亡き親友で相棒だった槇村秀行の妹、 それがリョウの最愛のパートナーとなる槇村香です。 ある巨大麻薬組織に殺された槇村は、 息をひきとる間際にリョウに大事な妹の香を託します。 これが後々ぐるぐるとリョウを悩ませるタネに 笑 リョウは自分がそばにいることで香に危害が及ぶことを避けるために、 香に新宿を離れ遠くに逃げるよう伝えます。 でも香は兄との思い出のつまった街を離れることはせず、 リョウの新しい相棒になることを望みました。 ここからリョウと香のちょっと特異な関係がはじまります。 リョウと香の意地の張り合い!?じれったい関係もシティーハンター最大の魅力 もし、リョウと香がサクサクくっついてラブラブしてたら、 めぐるはここまでシティーハンターにハマってしまうことはなかったかもしれません。 何といっても、 香はリョウがもっこりしない唯一の女性!? リョウと香のつかず離れずのじれったい距離感! 普段はお互い素直になれずに、ケンカばかりのふたり。 でもだからこそ、リョウの香に対する態度にめぐるは一喜一憂しながら、 妄想を膨らませて存分に楽しむことができるのです 笑 ただリョウが素直になれないのは、ただ意地を張ってるだけじゃなくて、 死と隣り合わせの危険な裏世界に、香をずっと置いておけないと思っているから。 自分の元にいることで香を危険な目に合わせ、 不幸にしたくないと思っているからです。 そんな思いから、香をとことん女性扱いしなかったり、 怒らせるような態度ばかりとる、不器用でこじらせ男子のリョウ 笑 そんなリョウの態度に香も素直になれなかったりで、 じりじりと気を揉む関係をファンはヤキモキしながらも楽しんでるのです。 ぐるぐる悩むリョウの苦悩 香を危険にさらしたくない。 でも、香に愛してるがゆえ手放すこともできない。 リョウはその時の状況で、 香との別れを決心したり、このままでいてほしいと思ったり、 心がコロコロ変わります。 そんなリョウに振り回される香は悶々と悩みまくります。 もしかしたら香は、表に出さないリョウの弱い部分を漠然と感じ取って、 絶対にリョウをひとりにしてはいけないと思っているのかも。。 だから、ぐるぐる悩み苦悩するリョウに、 香はまっすぐな気持ちをどーーん!とぶつけて、 リョウの決心をバンバンくつがえしていくんですね。 香が亡き兄・槇村も生前言ってたのが、 「おれがいなけりゃ、誰がおまえの暴走を止めるってんだ・・・」 リョウのもっこり暴走が含まれてるとは思うんだけど 笑 リョウの孤独で闇の深い部分を感じ取って、 破滅的に暴走しないように止めてるのかなとも思う。 最初は単純にリョウのパートナーになった香だけど、 槇村の遺志を継ぐというのは、こういうことなのかなぁと思ったりも。。 そうしてリョウが香の一途な思いを受け止めるたびに、 だんだん考え方も変わっていくんです。 になったかと思えば最終回 orz 超オクテ? なリョウの恋愛成長記も楽しんでみてくださいv そして、 シティーハンターを楽しむ上で欠かせないのが、 TVアニメシリーズの存在! アニメがあったからこそめぐるはシティーハンターに出会えたわけで、 アニメからシティーハンターを好きになったファンの方も多いのではないでしょうか。

次の

by my side

シティー ハンター 小説

リョウと香の超じれったすぎる恋愛関係 亡き兄の遺志を継ぐ香 リョウの亡き親友で相棒だった槇村秀行の妹、 それがリョウの最愛のパートナーとなる槇村香です。 ある巨大麻薬組織に殺された槇村は、 息をひきとる間際にリョウに大事な妹の香を託します。 これが後々ぐるぐるとリョウを悩ませるタネに 笑 リョウは自分がそばにいることで香に危害が及ぶことを避けるために、 香に新宿を離れ遠くに逃げるよう伝えます。 でも香は兄との思い出のつまった街を離れることはせず、 リョウの新しい相棒になることを望みました。 ここからリョウと香のちょっと特異な関係がはじまります。 リョウと香の意地の張り合い!?じれったい関係もシティーハンター最大の魅力 もし、リョウと香がサクサクくっついてラブラブしてたら、 めぐるはここまでシティーハンターにハマってしまうことはなかったかもしれません。 何といっても、 香はリョウがもっこりしない唯一の女性!? リョウと香のつかず離れずのじれったい距離感! 普段はお互い素直になれずに、ケンカばかりのふたり。 でもだからこそ、リョウの香に対する態度にめぐるは一喜一憂しながら、 妄想を膨らませて存分に楽しむことができるのです 笑 ただリョウが素直になれないのは、ただ意地を張ってるだけじゃなくて、 死と隣り合わせの危険な裏世界に、香をずっと置いておけないと思っているから。 自分の元にいることで香を危険な目に合わせ、 不幸にしたくないと思っているからです。 そんな思いから、香をとことん女性扱いしなかったり、 怒らせるような態度ばかりとる、不器用でこじらせ男子のリョウ 笑 そんなリョウの態度に香も素直になれなかったりで、 じりじりと気を揉む関係をファンはヤキモキしながらも楽しんでるのです。 ぐるぐる悩むリョウの苦悩 香を危険にさらしたくない。 でも、香に愛してるがゆえ手放すこともできない。 リョウはその時の状況で、 香との別れを決心したり、このままでいてほしいと思ったり、 心がコロコロ変わります。 そんなリョウに振り回される香は悶々と悩みまくります。 もしかしたら香は、表に出さないリョウの弱い部分を漠然と感じ取って、 絶対にリョウをひとりにしてはいけないと思っているのかも。。 だから、ぐるぐる悩み苦悩するリョウに、 香はまっすぐな気持ちをどーーん!とぶつけて、 リョウの決心をバンバンくつがえしていくんですね。 香が亡き兄・槇村も生前言ってたのが、 「おれがいなけりゃ、誰がおまえの暴走を止めるってんだ・・・」 リョウのもっこり暴走が含まれてるとは思うんだけど 笑 リョウの孤独で闇の深い部分を感じ取って、 破滅的に暴走しないように止めてるのかなとも思う。 最初は単純にリョウのパートナーになった香だけど、 槇村の遺志を継ぐというのは、こういうことなのかなぁと思ったりも。。 そうしてリョウが香の一途な思いを受け止めるたびに、 だんだん考え方も変わっていくんです。 になったかと思えば最終回 orz 超オクテ? なリョウの恋愛成長記も楽しんでみてくださいv そして、 シティーハンターを楽しむ上で欠かせないのが、 TVアニメシリーズの存在! アニメがあったからこそめぐるはシティーハンターに出会えたわけで、 アニメからシティーハンターを好きになったファンの方も多いのではないでしょうか。

次の