カークランド ペーパータオル。 コストコのキッチンペーパー「カークランド 」のペーパータオルが使いやすい!|あのむのブログ

コストコファンおすすめ「カークランド キッチンペーパー」徹底解説!人気の理由を大検証♪使い方も公開!

カークランド ペーパータオル

テレビや雑誌などでも度々取り上げられ「一度使ったら虜になる」と言われているコストコのキッチンペーパー(タオル)カークランド&バウンティー。 本当に使いやすいのか?カークランドとバウンティーの違いは?などが気になったので実際に使って比べてみました。 コストコで人気のキッチンペーパー(タオル)は主に2種類で、 「カークランドペーパータオル」と 「バウンティーペーパータオル」です。 どちらも、厚手で柔らかい素材と優れた吸収力が特徴。 丈夫で水に濡れても破れにくいので、洗って数回使用することが可能です。 1回で使い捨てるキッチンペーパーと違い、野菜の水切りや食器拭きに使った後はお掃除などに二次利用できます。 カークランドペーパータオルとは カークランドペーパータオルとは、コストコのプライベートブランド「カークランドシグネチャー」の製品です。 「カークランドシグネチャー」はペーパータオルだけではなく、衣類や寝具、調理器具、食品など様々な商品を展開している、アメリカで多くの方に支持されているブランドです。 カークランドペーパータオル現行品のサイズ展開は1種類のみです。 その歴史は古く、1965年にアメリカで誕生してから50年以上もの間アメリカの家庭で愛用されているペーパータオルです。 バウンティペーパータオルは、カット数の違うもの、柄付き、柄なしなど5種類があります。 シート1枚の大きさ、カット数については以下の表をご覧ください。 今回私が使用したのは、「キッチンホワイト(40カット)」です。 カークランドもバウンティーも日本製の一般的なキッチンペーパーと比べ、立てたときの高さは5cmほど大きくなります。 そして直径。 これにはビックリ。 バウンティーはキッチンペーパーと同じくらいでしたが、カークランドがとにかくビッグ! 直径が約15cmありました。 直径もそうですが、高さのあるアメリカ製のペーパータオルは一般的なキッチンペーパーホルダーは使えませんので注意が必要です。 (ホルダーについては後ほど詳しくお話させていただきます) 1カット分の大きさの比較はこちら。 カークランドのほうは小さ目ですが、汚れをちょこっと拭くなら1カット分、野菜の水切りには2カット分といった使い方ができ便利です。 (私は2カット分を使うことが多いです。 ) 一般的なキッチンペーパーと比較すると大きさはこれくらい違います。 カークランド(2カット分)、バウンティー共にキッチンペーパーより大きめです。 シートの厚さ比較 カークランドの方が厚みがあり、手触りがふわっとしています。 バウンティーは、手触りで言うと厚手のキッチンペーパーという感じでしょうか。 カークランド バウンティー 濡れた状態の方が違いが分かりやすいかな。 バウンティーは紙だなという感じですが、カークランドは布っぽいです。 カークランド バウンティー カークランド、バウンティー 使ってみてわかったこと 丈夫さについて 私は主に野菜の水切り、調理中洗った包丁・まな板を拭く、手を拭く、食器やグラスを拭くなどに利用しているのですが、調理中に使用したあとコンロや床掃除までできるほど、どちらも丈夫です。 ただし、絶対破れないかというとそうではありません(あくまでも紙なので)。 水に濡らしてギュッと雑巾絞りをしても破れないのですが、横に引っ張たり指が引っかかったりすると破けてしまいます。 はじめ「検証」ということで左右にパンパンと引っ張ってみたところ、あっさりと破れてしまいました。 「巷で言われている破れないは嘘じゃん・・・」と残念に思ったのですが、普通に使用していて破れることはほとんどなかったのでご安心ください。 (そもそも、強く引っ張るような扱い方はしないですよね) その点をふまえ、洗うときは布巾を洗うようにゴシゴシもみ洗いというより、軽くゆすぐ程度がいいと思います。 しつこいようですが、 あくまでも紙なので。 吸水性・吸油性について 吸水性については、2商品の違いはよくわかりませんでした。 というか、びしょ濡れになっても絞ればまた使えるので、吸水性については特に気になりませんでした。 ただし、どちらも1枚でカラッと拭けるのはお鍋なら2個分までという感じでしょうか。 洗い物全部を1枚で拭くのであれば、途中で絞る必要があります。 吸油性は、どちらもキッチンペーパーと比べるといいように感じます。 揚げ物の油もスーッと吸い取られていきます。 アク取りにも使っているのですが、これがなかなかいい仕事をしてくれます。 アクと浮いた油を一緒に吸収してくれます。 扱いやすさについて サイズが大きく(2カット分使用)厚みがあることで、カークランドのほうが扱いやすいと感じました。 1カット分では若干心もとないのですが、2カット分ならほぼ布巾感覚で使えました。 バウンティーは破れにくい厚めのキッチンペーパーという感じですかね。 キッチンペーパーとの違いについて キッチンペーパーは1回使い捨てが当たり前ですよね。 1日の最後にするキッチンのお掃除には、キッチンペーパーなら3枚くらい使うこともあります。 その点カークランドとバウンティーは洗って使えるので、キッチンペーパー3~4枚の仕事を1枚でやってくれます。 一般的なキッチンペーパーと価格を比べると、カークランドもバウンティーも割高に感じますが、そもそもカテゴリーの違う商品と考えたほうがいいと思います。 たとえば、モフモフとした手触りの「」。 これとキッチンペーパーの中間位の位置づけかな。 布巾・雑巾との違いについて なんといっても、いつでも清潔なものを使えるのがペーパータオルの利点です。 また、布巾や雑巾は『キレイに洗って干して』といった作業が必要になりますが、汚れたら捨てるだけのペーパータオルは気楽にお掃除ができること間違いなしです。 キッチンだけではなく、家中のあらゆる場所でのお掃除にも雑巾のように使えて便利です。 カークランド、バウンティー どっちを選ぶ? 私は、厚さやふわっとした手触りでカークランドの方が使い勝手がいいなと感じました。 見た目が布っぽいので、ナフキンとして使っても安っぽく見えません。 量もたっぷりなのでお得感があるし(実際に安い)、おしみなく使える点もよかったです。 お菓子を乗せたりなど、ナフキン代わりとして使うなら、バウンティーの柄付きがかわいいかも。 ただし、濡れた場合、印刷インクが色移りすることがあるようなので注意が必要なようですよ。 気になる場合は印刷のない面を使用することをおすすめします。 まとめ買いしたいくらいなんですが、1ロールが大きいのでストックするとしても3~4個でしょうかね。 カークランド、バウンティーに使えるペーパータオルホルダー カークランドとバウンティーのペーパータオルはキッチンペーパーと比べて高さ(長さ)が5㎝ほど大きいため、一般的なキッチンペーパーホルダーは合いません。 そこでおすすめなのが、「OXOペーパータオルホルダー」です。 OXOもアメリカのメーカーなので、アメリカでは一般的なペーパータオルのサイズに対応しているのでしょう。 高さはピッタリで、底面は直径15cmのカークランドのペーパータオルをセットしても余裕です。 使い勝手は、さすがOXO製品です。 ストッパー付きなので片手でペーパーをカットすることができストレスなしです。 ホント使いやすい! 不思議とこのホルダーにセットすると、あんなに大きく感じていたカークランドのペーパータオルもしっくりキッチンになじみました。 1ロールの価格は意外にもAmazonでの販売価格がありえないくらい高い! 楽天市場、Yahoo! ショッピングでの販売価格320円~330円位です。 12ロールセットなら2,800円位で、3ロール、4ロール、6ロール・・・といった小分け販売もあります。 上の表を参考にしてください。 カークランド同様、Amazonでは価格が高め。 1ロールの価格なら、楽天市場やYahoo! ショッピングでの販売価格350円~380円位です。 12ロールセットは3,500円~3,800円位です。 ショッピングで購入する方が割安のようです。 コストコのペーパータオルを使ってみた感想まとめ 「コストコのペーパータオルは一度使うと虜になる」と言われる理由がよくわかりました。 調理に使うさらしや布巾の代わりになるし、洗っても絞っても破れにくく丈夫なので、最終的には雑巾として使うことができます。 特にカークランドのペーパータオルは1ロールが大容量でお買い得感がハンパない! 使い捨てなので常に清潔なものが使えるし、使用後は捨てるだけなので手間も気持ちもラクちんなんです。 スーパーなどで売っている一般的なキッチンペーパーと比べると価格は高めですが、そもそもカテゴリーが違う商品なんだとわかりました。 日本製の「洗って繰り返し使えるペーパータオル」のことも気になりはじめたので、しばらくキッチンタオルの比較に懲りそうだわ~ 気になる商品があったらまたご報告しますね。

次の

洗って使えるペーパータオルを比較!スコッティファインとカークランドはどっちが買いか

カークランド ペーパータオル

なんといっても、キッチンペーパーだけあって、 水分の吸収がとても良い• お手拭きがわりにもなるし、捨てる前はキッチン周りをささっと 掃除にも使える• 低コスパのダスターも使っていますが、ケチなわたしは結局なんども使って汚くしてしまうところ、キッチンペーパーなら 3〜4回使ったら潔く捨てられる 普通のキッチンペーパーは、一度使って終わりなことを考えると、繰り返し使えるペーパータオルはうまく使えばとても重宝します。 この記事では、わたしが実際に使ったスコッティファインと、カークランドのペーパータオルの比較を、ニトリの使い捨てダスターを交えてまとめます。 ちなみに、個人的には 手軽に手に入るスコッティファインがおすすめです。 カークランドシグネチャーのペーパータオルは、コストコでしか買えず、大量買いが必須 繰り返し使えるキッチンペーパーといえば、コストコが有名です。 「カークランドシグネチャーのペーパータオル」と「バウンティ」は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 写真のペーパータオルは、カークランドシグネチャーの方で、1ロールに160カット分と、 スコッティファインと比べると大容量なのが魅力。 ただし、購入は会員制のコストコでしか買えないのと、12ロールで1パックという大量買いが必須というのが難点。 値段は変動しますが、12ロールで約2350円ほど。 「ちょっと試してみよ〜」というレベルではないのと、そもそも近所にコストコがない方は手に入れるのが難しいのが現状です。 もしコストコで買えるのであれば、 コスパは抜群に良いキッチンペーパーなのはたしかです。 カークランドのペーパータオルは、3回ほど洗って使えるイメージです。 スコッティファインとカークランドのペーパータオルの大きさの比較 左:コストコ 中:スコッティ 右:普通のキッチンペーパー 巻いてある状態のキッチンペーパーを比べてみると、コストコのカークランドのペーパータオルが大きいのがわかります。 いちばん右が、1度使い切りのよく見るキッチンペーパーです。 真ん中の柄付きがスコッティファイン。 この2つは、太さはほとんど同じ。 高さについては、コストコとスコッティファインが同じぐらいですね。 「濡らしてしぼる」という動作をすることを考えると、大きい方がやりやすいです。 小さいと、うまくしぼれないので、スコッティファインの大きさが個人的にはちょうどいいです。 ミシン目で切り取ると、スコッティファインの方が大判にできている 端っこをあわせた状態で重ねてみると、スコッティファインの方が大判になっているのがわかります。 コストコのカークランドのペーパータオルの幅は、177mm。 スコッティファインの歯がは、242mm。 その差、約1. 36倍です。 個人的には、大判な方が使いやすいですが、 油ものに敷いたり、電子レンジで使用したりと普通のキッチンペーパーのように使うなら、コストコの方が惜しみなく使えるのはたしかです。 ミシン目2つ分で切り取れば、コストコの方が大判に使えます。 ちなみに、コストコは「2枚がさね」とありますが、特別厚いという感じはせず、剥がして使うような感じでもありません。 スコッティファインとコストコのペーパータオルを折りたたんだときの様子 コストコは四つ折り、スコッティファインは六つ折りしています 折りたたんで使いやすい大きさに折ってみると、コストコは2つ折るのがちょうどいい感じ。 スコッティファインは、半分に折って、それを3つに折るのがちょうど良いです。 これぐらいのサイズだと、手にも馴染みやすくて、拭き取りなどにも使いやすいかなぁというところ。 どちらも程よい厚みなので、ゴシゴシするときも力が入りやすいです。 ニトリのロール式ダスターと比べると、繰り返し使えるキッチンペーパーのコスパとか使い心地はどうなの? 実は、ニトリに「」という、ロールタイプのキッチンダスターが売られています。 これがなんと、 205円(税込)という安さで、42カットあるので 1カットあたり4. 8円というコスパの良い商品です。 使いやすいサイズに折りたたむと、サイズ感は似たようなものです。 重ねてみるとわかるんですが、スコッティファインはキッチンペーパーなのにしっかりとした厚みが出ます。 吸水性を比べると、ニトリはかなり頼りないかなぁというところ。 しかもニトリはペラペラと薄い素材なので、水分を絞りにくいです。 個人的には、繰り返し使えて、かつ使い捨てても未練がない使いやすいダスターをお探しなら、LOHACOのの方がおすすめです。 価格の比較表と、それぞれの特徴 スコッティファイン コストコ ペーパータオル ニトリ ロール式 1ロールあたりの価格 284円 約195円 205円 カット数 61カット(無地) 160カット 42カット 1カットあたりの価格 約4. 6円 約1. 2円 約4. このように比べてみると、 コストコのペーパータオルの安さが際立ちます。 気軽に使えて、かつ、なんども使えるという便利さ兼ねそろえて、しかも1カットあたりの価格も安いと考えれば最強です。 ただし、 これが最低12ロール買いとなると、かなりのインパクトがあるのと、コストコ会員でないと買えない点ではデメリットですね。 ニトリのロール式と、スコッティファインを比べると、大差はありません。 じゃあどっちがおすすめ?と聞かれたら、スコッティファインの方がおすすめです。 理由は、吸水性とシンプルなデザイン、水分の絞りやすさがスコッティファインの方が上なのと、紙なので未練なく捨てられるという点でおすすめ。 ニトリの青いダスターは、なんだか気分的にすぐに捨ててしまうのが忍びないんですよね。 それはそれでいいことなんですが、 漂白してまでは使わないので、結果的に衛生面が心配です。 キッチンペーパーなら、2日またいで使うことはないので、衛生面の管理はかなり安心です。 わが家ではLOHACOのカウンタークロスとスコッティファインの併用が使いやすい組み合わせでした なんども洗って使えるキッチンペーパーは便利なんですが、さすがにそれだけで台ふきんなし!ってわけにもいかないかなぁというのが現状。 やはり、 キッチンダスター(台ふきん)と併用しながら使うのが、コスパ的にもおすすめです。 となると、わが家でリピート買いする組み合わせは、.

次の

コストコのショップタオルとキッチンペーパー、どれかに統一できないか比較してみました

カークランド ペーパータオル

・洗って使えるペーパータオルの利点 洗って使えるペーパータオルは、その名の通り、 何度も洗って使用できます。 使い方は、家庭によってさまざまで応用できるかと思いますが、実際に私が使って感じた利点を挙げていきますね。 1.衛生的 この写真は、我が家のキッチンのタオルハンガーに洗って使えるペーパータオルをかけているところです。 ご覧のように 、我が家ではキッチンは普通のタオルを辞めて、洗って使えるペーパータオルで手を拭くようになりました。 普通のタオルも、洗濯すればもちろん不潔ではないのでしょうけれど、タオルの小さな繊維やゴミが付いていることもあります。 タオルと一緒に洗濯した衣服などの繊維が付いていたり。 特に、ペットと暮らしている方は経験があるかもしれませんが、 洗濯物にペットの毛が付いてしまったりするんですよね。 我が家も例外ではなく、キー子の換毛期の時期の洗濯物はそれはそれは悲惨です。。 洗濯済みのタオルにもキー子の毛が付いてしまうことがあるのですが、そのタオルをキッチンタオルとして使うことで、料理中に手を拭いたとき、キー子の毛が付くという事態に。 タオル一枚一枚、コロコロをするのも面倒くさい。 1.手を拭くキッチンタオルとして使う 2.1~2日使ったら、台フキにする 3.台フキとしても1~2日使ったら、棚のホコリが気になるところを拭く雑巾へ。 4.棚拭きの雑巾として使ったら、最後は床拭き雑巾に。 5.お疲れさまでした、ありがとう。 この流れで使っています。 1.手を拭いて 2.台フキにして、 しょう油かなんかで汚れてますがw 2日も使うと汚れてきますので、そのあとは… 3.棚やほこりが気になるところをフキフキ。 4.そして最後は、床掃除に。 めーっちゃ使えますよね。 で、さらにビックリなんですけど、これだけあらゆるところ拭きまくっても、 一か所たりとも破れていないという 頑固さ強さとはいかに! 正直、ここまで雑巾として使ってもまだまだ使えそうなので、 捨てるのはもったいないなぁと思うほどです。 実際、室内の床拭きに使ったあとは ベランダの手すりや玄関掃除にも余裕で使えますよー。 3.コスパがいい 気になるところは、そのお値段。 毎日使いのものは、なるべく安価なものがいいですよねー。 気軽に使いやすいし。 私が使っているスコッティのペーパータオルは、 61カット1ロール ¥284 amazon価格 です。 ・衛生的で、 ・かなり丈夫で、 ・コスパがいい!! これぞまさしく、主婦の味方だと思う。 考えた人、天才やろ。 小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、食べこぼしを拭いたりにも使えますね。 ・普通のペーパータオルとの比較 ではここで簡単に、普通のペーパータオルと洗って使えるペーパータオルの比較をしてみましょう。 2倍くらいの大きさでしょうか。 2.しぼった状態の比較 普通のペーパータオルと、洗って使えるペーパータオルをそれぞれ水に濡らしてギュッと強くしぼってみました。 まずは普通のペーパータオル。 普通のペーパータオルは何といいますか……ひょろひょろですね。 頼りない感じ? 続いて、洗って使えるペーパータオル。 ででーん。 洗って使えるペーパータオル、貫禄感じませんか。 妙にどっしりとして。 もちろん、しぼった枚数はそれぞれ2カットで、同じ条件です。 見るからに、丈夫そう。 ぱっと見、普通の台フキに見えなくもないような…。 それほど、 しぼってもダメージがありません。 3.しぼった後に、開いた状態の比較 先ほどの、ギュギュっとしぼられたそれぞれのペーパータオルを開いてみましょう。 普通のペーパータオルは、破れこそないもののシワシワで、正直あと一回洗ってしぼって開いたら、完全に破れてます。 反対に洗って使えるペーパータオルは、シワも少なく特にへこたれていない様子。 そりゃまぁ、そうですよね。 バウンティも、コストコやネットで販売しています。 丈夫でしっかりしているので使いやすいという意見もある反面、プリントされている柄の模様が落ちるのが気になる、といった意見も見られました。 ・洗って使えるペーパータオル まとめ 今回は、私がキッチンで愛用しているペーパータオルについてのお話、 【洗って使えるペーパータオルが衛生的でおすすめ。 強度も比較しました。 】 というお話でした。 実際に使ってみると、ご自身での使い方や活用方法がさらに見えて、使いやすさを感じられることでしょう。 しかし今回ご紹介したように、低評価の意見も少数派ではありますが見られましたので、ご購入の際にはその部分も参考にしていただければ嬉しく思います!.

次の