吉田沙保里階級。 吉田沙保里(よしださおり)とは

絶対に覚えておきたい吉田沙保里最強伝説!

吉田沙保里階級

「お父さんに53キロ級で金メダルを見せたかった」 ウズベキスタンで11日(2014年9月)に行われたレスリング世界選手権4日目、女子53キロ級に挑んだ吉田沙保里選手 31 が優勝し、これまでの55キロ級に続き五輪、世界選手権あわせた15大会で連続世界一を達成した。 決勝戦えるか!? 準決勝戦で左肩肉離れ 初戦の中国選手を2分41秒でフォール勝ち、準決勝ではカナダの選手を得意の高速タックルで倒し49秒でフォール勝ちした。 ところが、この準決勝でアクシデントあった。 栄和人監督によると、左肩に肉離れを起こし決勝戦をどう戦うか悩んだという。 相手は昨年の世界選手権で決勝戦を戦ったスウェーデンのマットソン選手で、昨年、一昨年とヨーロッパ選手権で優勝している強豪だ。 体重を2キロを減らして53キロ級に挑んで、体にどんな影響があるのか。 栄監督は「年齢がいってから体重を下げるのはかなり大変なんです。 吉田選手は体重が軽くなると腰高になってしまううえ、動きが鈍く感じるようだ」という。 伊調馨も金! それでも不満「100点満点中45点かな」 吉田と同じく五輪3連覇中の伊調馨選手 30 も世界選手権9度目の金メダルを手にした。 伊調もこれまでの63キロ級から58キロ級に落とした。 伊調は体重が減りやすい体質に苦しみ、これまでの63キロ級を58キロ級に変更した。 危なげなく勝ち進み優勝したが、試合運びに不満が残ったのか「100点満点中45点かな」と自ら辛い点数をつけていた。 トライアスロンが趣味という弁護士の菊池幸夫が「世界選手権で何回も勝っているスポーツ選手は燃え尽きてもおかしくないですよね。 この2人はお互いに刺激剤になっているのかなと思いました」と超人ぶりに感心していた。

次の

伊調馨と吉田沙保里の階級は違うけど対戦するとどちらが強い?

吉田沙保里階級

吉田沙保里選手 吉田沙保里選手 2018年12月20日、全日本選手権が開幕した。 リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子、オリンピック4連覇を成し遂げた57キロ級の伊調馨がエントリーする中、53キロ級に吉田沙保里の名前はなかった。 現役続行の意思を示しながらもリオデジャネイロ五輪以降実戦から離れていた吉田は、19年1月に現役引退を表明した。 世界大会16連覇や個人戦206連勝など輝かしい戦歴を誇った彼女のキャリアを振り返る。 海外では敵なし。 国内の強敵を制して吉田時代が到来 吉田沙保里は1982年10月5日、三重県津市に3人きょうだいの末っ子として生まれた。 父は元レスリング選手で指導者の栄勝。 母の幸代はインターハイ出場経験もある元テニス選手というスポーツ一家。 兄2人は父親の指導でレスリングを始めていた。 最初は兄の練習を見学しているだけだった沙保里も、3歳のころには練習に参加するようになる。 5歳のころには男の子に混ざり、ちびっこレスリング大会に出場していた。 公務員の栄勝による「一志ジュニア教室」でレスリングの指導を受けつつ、一志町立一志中学校では、体力を付けるため陸上部に所属した。 中学校時代の吉田は、44キロ級、48キロ級、52キロ級と階級を上げながら、全国中学女子選手権で3連覇を達成。 三重県立久居高校に進学すると、世界レスリング連合が主催するカデット世代(16・17歳)の大会、世界カデット選手権で連覇を果たす。 国際大会で目覚ましい結果を残す一方で、国内では何度か苦杯をなめる。 高校1年生のとき、54キロ級で出場した全国高校女子選手権では、1学年上の伊調千春に敗れて準優勝に終わる。 2年生の時に参加したジャパンクイーンズカップは、現在も指導者として活躍する清水真理子に敗れ、3回戦で敗退。 56キロ級で参加した全日本女子選手権は、当時日本大学に所属していた山本聖子に、決勝トーナメント1回戦で敗れた。 そして2000年の全日本女子選手権は、清水に敗れて3位に終わった。 2001年、中京女子(現・至学館)大学に進学すると、世界ジュニア選手権に出場して連覇を果たす。 一方、クイーンズ杯は清水に敗れ、全日本選手権では山本に敗れ、いずれも3位となる。 そして迎えた翌年のクイーンズ杯。 55キロ級の決勝で、吉田は山本と対戦する。 これまで公式戦で一度も山本に勝てたことがなかった吉田だが、ついに勝利を収める。 この年、吉田は世界学生選手権、カナダカップ、全日本学生選手権、アジア大会、世界選手権、全日本選手権で優勝。 吉田時代の幕開けだった。 まさかの連勝ストップも…オリンピック3連覇を達成 2004年のアテネ五輪で、ついに女子レスリングが正式種目に追加される。 55キロ級の日本代表は、吉田と山本のマッチレースと目されていた。 2003年12月の全日本選手権決勝、吉田は山本に勝利を収める。 そして、2004年2月のクイーンズ杯決勝、吉田は再び山本を下し、文句なしの代表を勝ち取る。 国内のライバルを破った吉田に、もはや敵はいなかった。 アテネ五輪では中国、イタリア、フランス、カナダの代表選手を相手に勝利を収め、金メダルを獲得した。 2005年、大学を卒業した吉田は、綜合警備保障(ALSOK)に入社。 練習は引き続き、栄和人監督(当時)指導の下、中京女子大で行うこととなった。 2004年アテネ五輪で初めて金メダルを獲得 2004年アテネ五輪で初めて金メダルを獲得 2001年の全日本選手権で山本に喫した黒星を最後に、吉田は連勝を突き進むこととなる。 その間、国内ではクイーンズ杯や全日本選手権で連覇を達成。 もちろん、ワールドカップ(団体戦)、アジア選手権、ユニバーシアード、世界選手権、アジア大会でも白星を積み重ねた。 そして迎えたオリンピックイヤーの2008年、その1月に事件が起こる。 中国・太原で開催された女子ワールドカップ(団体戦)に出場した吉田は、予選3回戦でアメリカのマルシー・バンデュセンと対戦。 0-2で敗れるという波乱が起きる。 吉田にとって外国選手に敗れるのは初めての経験だった。 試合後は茫然自失、泣き崩れた吉田だったが、その後のアジア選手権、全日本女子選手権で優勝。 北京五輪でも、スウェーデン、ロシア、カナダ、中国の代表選手を打ち破り、見事オリンピック2連覇を成し遂げるのだった。 2012年ロンドン五輪で3連覇を成し遂げる 2012年ロンドン五輪で3連覇を成し遂げる ロンドン五輪後の9月。 3連覇を成し遂げた吉田に、さらなる勲章が加わる。 カナダで行われた世界選手権で優勝を収め、大会10連覇を達成。 オリンピックを加えた13大会連続世界一を成し遂げて、男子レスリング界のレジェンド、アレクサンドル・カレリン(ロシア)の記録を超えたのだ。 「人類最強」と言われたカレリンを超えたことで、吉田は「霊長類最強の女」と呼ばれるようになる。 そして、2013年、2014年、2015年の世界選手権でも優勝を収め、最終的に16大会連続世界一、個人戦200連勝に到達した。 リオデジャネイロ五輪の出場内定を勝ち取った吉田は、12月の全日本選手権でも優勝。 少なくともここまでは、オリンピック4連覇に向けての視界は良好だった。 失意のリオデジャネイロ五輪、そして現役引退。 2015年12月、吉田はアルソックを退社。 フリーとなり、オリンピックに専念する。 2016年は大会に参加せず、ぶっつけ本番で臨んだリオデジャネイロ五輪。 53キロ級の吉田は、アゼルバイジャン、セネガル、ベネズエラの代表を破り、決勝に進出するも、前年の世界選手権、55キロ級の覇者ヘレン・マルーリス(アメリカ)に敗れ、銀メダルに終わる。 2014年に急死した父・栄勝と交わした4連覇の約束を果たせず、表彰式で吉田の目から涙がこぼれ続けた。

次の

吉田沙保里(レスリング)の結婚/夫/妊娠や引退と身長/体重!かわいい胸/カップやオリンピックの伝説は?

吉田沙保里階級

女子 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 銀 53kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 53kg級 金 53kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 55kg級 金 2004 東京 55kg級 金 2005 武漢 55kg級 金 2006 アルマトイ 55kg級 金 2007 ビシュケク 55kg級 金 2008 済州 55kg級 金 55kg級 吉田 沙保里(よしだ さおり、〈57年〉 - )は、の元女子選手で現在は指導者。 女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「 霊長類最強女子」の異名を持つ。 には13大会連続世界一で認定、受賞を成し遂げた。 受章者(2004年、2008年、2012年)。 父親はレスリング選手・指導者の。 中京女子大学(現・)卒業。 同大学元副学長。 そのほか・として(中京女子大学)を有する。 では日本選手団主将を務めた。 また、2016年9月には現役を続行しつつレスリング女子日本代表コーチに就任した。 略歴 自宅でレスリング道場を開いていた父の指導で3歳でレスリングを始める。 、の世界カデット選手権で優勝の後、、の世界ジュニア選手権を2連覇する。 のジャパンクイーンズカップでは前年の世界王者を破り、アジア大会でも優勝。 そのままの世界選手権、全日本選手権でも優勝した。 2003年も世界選手権、ワールドカップと立て続けに優勝。 の代表選考試合となった全日本選手権とのジャパンクイーンズカップでライバル山本に連勝し、女子レスリング55kg級の代表に選出される。 2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得。 5月、アジア選手権優勝。 9月の世界選手権でも優勝し、女子として史上初の5連覇を達成する。 同年12月5日、「テレビ朝日賞」受賞。 12月18日、JOCシンボルアスリートに選出される(2008年1月1日 - 2008年12月31日)、12月20日、第57回「」(読売新聞社制定)のグランプリ受賞。 12月22日、のレスリング女子55kg級の日本代表に正式決定した。 8月16日、の55kg級に出場。 予選・準決勝と勝ち上がり、決勝戦では(中国)を試合開始から終始圧倒、第2ピリオドで勝ちし、2大会連続でオリンピックの金メダリストとなった。 表彰式後のテレビインタビューで吉田は「4年後のロンドンも勝ちたい」と、早くもオリンピック3連覇を目指すことを明らかにした。 2011年9月の世界選手権で、の最多連覇回数記録と並ぶ大会9連覇を達成した。 2012年6月、は開会式の旗手に吉田を選出した。 吉田は「旗手は熱望していた。 金メダルをとれないというジンクスを打ち破る」と述べ 、(現地時間8月9日)に行われた55kg競技では予選・準決勝と勝ち上がり、決勝戦ではのと対戦。 2-0で金メダルを獲得し、3大会連続五輪金メダルを達成、公約どおりジンクスを打ち破った。 なお、ロンドンオリンピックでは閉会式でも旗手を務めた。 2012年9月の世界選手権において、男女通じて史上最多となる世界選手権10連覇及び世界大会(五輪+世界選手権)13大会連続優勝を達成し、カレリンの記録を更新した。 この頃からカレリンの異名「霊長類最強の男」にちなんで「 霊長類最強女子」と国内の等で呼称されるようになる。 のやメディアで「アイアンレディ(铁娘子)」「レスリングの女帝(女皇)」と呼ばれることもある(で吉田が中国で「絶望」と呼ばれているというツイートが広まったが、そのような事実は確認されていない)。 また、「13大会連続世界一」を達成した事を受けに認定された。 さらに、この功績を称え2012年11月7日によりを授与された(個人受賞としては1977年の栄誉賞創設以来19人目であり、女子スポーツ界からの受賞は、に次いで3例目)。 2013年の世界選手権では、全試合を通して相手に全くポイントを与えない完全勝利で優勝、世界大会14連覇を達成した。 新たに53kg級で挑んだ2014年のでは、前年に続いて決勝でのソフィア・マットソンを6-0で破り、世界大会15連覇を成し遂げた。 2015年のでは決勝で3年連続でマットソンと対戦。 ポイントを先取されタックルも封じ込められるが、その後逆転して2-1で勝利を収め、世界大会16連覇、個人戦200連勝を達成した。 吉田は試合後「負けるかと思った。 不安で仕方がなかった」と敗戦の恐怖を口にし、マットソンも「ほとんど差がなかった」と打倒吉田への手応えを口にした。 同年12月の全日本選手権では55kg級で優勝し代表を決めた。 しかし、その後はヘッドコーチに試合出場を促されながらも吉田は頑なに拒否し、練習を積むことに専念。 過去最長である8ヵ月の実戦無しの空白期間を経てオリンピックに挑むことになった。 また、同年12月末にを退社してフリーになったことにより、オリンピックを控えながらテレビ番組やイベントの出演が重なった。 亡き父、と約束したオリンピック4連覇を目指して挑んだリオデジャネイロオリンピックの決勝戦では、準決勝で吉田の最大のライバルになると目されていたマットソンをフォール勝ちで抑えてきたのと対戦。 第1ピリオドで吉田が1ポイント先取するも、第2ピリオドで4ポイントを奪われ、逆転負け。 世界大会(五輪+世界選手権)の連覇記録は16連覇、個人戦は206連勝でストップし、15年間守り続けた世界女王の座から陥落した。 吉田は「たくさんの人に応援してもらったのにで終わってしまって申し訳ない」「日本選手の主将としてを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい。 取り返しのつかないことになってしまった」と号泣し、「お父さん、私をここまで育ててくれてありがとうっていうことを伝えたいです」と亡き父に感謝の言葉を贈った。 なお、日本選手団主将は過去5大会メダル獲得を逃しており、吉田は銀メダル獲得で主将は表彰台に立てないというジンクスは破ったものの、金メダルを獲得できないというジンクスは破ることができなかった。 帰国後、吉田は現役引退を否定し、出場を最大目標に現役続行することを表明。 同年9月26日には日本レスリング協会理事会において、吉田のレスリング日本女子代表コーチ就任が承認された。 2016年11月1日、母校である至学館大学の副学長に就任(2018年8月辞任 )。 11月24日、日本代表の合宿にコーチとしてデビューをした。 2019年1月8日、現役引退を本人自身のツイッターで発表した。 2019年4月5日より、の平日朝情報番組『』金曜日メインパーソナリティーに就任。 肩書は「霊長類最強パーソナリティー」で、自ら発案した。 連勝記録 の全日本女子選手権56kg級準決勝で(=当時)に判定 2-3 で負けて以来、公式戦119連勝を記録。 またより国際大会における27大会連続優勝も記録した。 しかし、1月19日に・太原で開催された女子ワールドカップ団体戦において、マルシー・バンデュセン()に判定で敗れて連勝記録が止まり、また国際大会における初黒星を記録した。 その後は再び連勝を続けて58まで継続したが、5月27日に東京で開催された女子ワールドカップ団体戦決勝で、のワレリア・ジョロボワに2-1の逆転負け。 のリオデジャネイロオリンピックの決勝では15年ぶりに個人戦での敗北を喫し、個人戦連勝記録は206でストップ。 この時勝利したのは、15年前に吉田が敗北した山本の元教え子であった。 以降世界大会での連勝記録は、前述のリオデジャネイロオリンピックまでで16大会連続優勝を成し遂げた。 大会単体で分類すると、世界選手権のみの優勝記録は13連覇(史上最多)で継続中。 五輪のにおいては2012年のロンドン大会まで3連覇を達成したが、4連覇には手が届かなかった。 (ちなみに、2016年のリオにて女子レスリングのが、オリンピック個人種目で女子選手初、史上6人目となる4連覇を成し遂げた。 ) 人物 1982年10月5日、(旧三重県)に三人兄妹の末っ子として生まれる。 父親は元レスリング選手の、母・幸代(ゆきよ)はテニスの元国体選手、兄2人もレスリング経験者で特に次兄は国際大会出場経験もある。 、、中京女子大学(現・) 卒業。 卒業後も中京女子大学を練習拠点としている。 はとこ(父方祖母の姉の孫)に漫画家のがいる。 高校時代に、同じ人に6回告白して6回フラれた同級生の男性がいることを、本人がテレビ等で語っている 2016年には綜合警備保障を退社してフリーになった。 マネジメントについては と契約を結んだ。 第29回では「話題の人物賞」 、「 クイーン・アワード 2016」好きなスポーツ選手(女性)1位を受賞。 2017年からは、同年設立のアスリートマネージメント事業会社のに所属。 褒章、栄誉賞• (2004年、2008年、2012年)。 2004年度、アテネ五輪での金メダル獲得により、三重県県民栄誉賞・津市市民栄誉賞• 2008年度、北京五輪での金メダル獲得により三重県県民特別栄誉賞(1回目)・津市市民特別栄誉賞• 2012年度、ロンドン五輪での金メダル獲得により三重県は三重県県民特別栄誉賞(2回目)を授与 津市は市内に建設する総合スポーツ施設の名称にその名前を冠することを決定。 2016年度、リオデジャネイロオリンピック女子レスリング銀メダル獲得によるオリンピック4大会連続メダルにより、三重県は三重県県民特別栄誉賞(3回目)を授与。 2019年、三重県は、三重県民栄誉特別功労賞を創設し、4月13日の県民の日に授与。 2019年7月、愛知県は「スポーツの枠にとどまらず多くの県民・国民に明るい夢と希望を抱かせてくれた」として、愛知県民栄誉賞を授与。 記念品は本人が希望したノリタケ製のプレートのセット(16の金メダルや連勝を表す206個の星がデザインされている特注品)。 2012年、第60回受賞。 2019年8月13日、自身のTwitterで愛知県民栄誉賞を大村秀章愛知県知事が送られたと発表。 戦績 2003年世界選手権55kg級決勝• 全日本女子選手権 51kg級 準優勝(1998年) 3位(1997年)• 全日本女子選手権 56kg級 3位(2000年、2001年)• 全日本女子選手権 55kg級 優勝(2008年、2009年)• 全日本選手権 53kg級 優勝(2010年、2012年、2013年、2014年)• 全日本選抜選手権 55kg級 優勝(2010年、2011年、2013年)• 全日本選抜選手権 53kg級 優勝(2014年、2015年)• 世界ジュニア選手権 58kg級 優勝(2000年、2001年)• 世界学生選手権 59kg級 優勝(2002年)• ジャパンクイーンズカップ 55kg級 優勝(2002年、2003年、2004年、2005年、2006年、2007年)• ワールドカップ55kg級 優勝(2003年、2004年、2005年、2006年)• 世界女子選手権 55kg級 優勝(2002年、2003年、2005年〜2015年)• アテネオリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2004年)• ユニバーシアード 55kg級 優勝(2005年)• 北京オリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2008年)• ロンドンオリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2012年)• リオデジャネイロオリンピック 女子レスリング53kg級 準優勝(2016年) 2008年12月全日本選手権終了時点での通算成績は254勝13敗(参考:日本レスリング協会公式サイト) 出演 テレビ• (2019年4月5日 - 、) - 金曜日メインパーソナリティー• (2019年5月4日 -、 ) - MC CM・広告• BBQ王・ホットフィール• 「」 シンクロ - イメージモデル• テレビドラマ• 第7話(2014年5月22日、) - 監視員 役。 第6話(2015年11月14日、) - 警察官 役• (2017年1月2日、) - 本人 役• (2017年1月 - 2月、) - お里 役• 第5話(2019年8月4日、TBS) - 本人 役 ゲーム• feat. 吉田沙保里』名義 脚注 [] 注釈• 日刊スポーツ. 2014年9月10日. 2016年8月18日閲覧。 毎日新聞夕刊. 2016年10月2日閲覧。 ALSOKニュース. 2016年10月2日閲覧。 日刊スポーツ 2016年11月1日付• 朝日新聞. 2016年9月26日閲覧。 nikkansports. com. 2012年6月21日閲覧。 日本オリンピック委員会 2012年7月28日. 2016年8月20日閲覧。 スポニチアネックス(2012年11月8日)2016年8月20日閲覧• スポニチアネックス(2014年9月11日)2016年8月20日閲覧• 石原聖 2016年8月19日. 毎日新聞. 2016年8月20日閲覧。 日刊スポーツ(2015年9月10日)2016年8月20日閲覧• 日刊ゲンダイDIGITAL 2016年8月19日. 2016年8月20日閲覧。 スポニチアネックス 2016年8月19日 2016年8月20日閲覧• スポーツ報知 2016年8月19日 2016年8月20日閲覧• サンケイスポーツ 2016年8月19日 2016年8月20日閲覧• サンケイスポーツ 2016年8月19日 2016年8月23日閲覧• 2016年10月8日閲覧。 日刊スポーツ 2018年1月8日. 2018年1月10日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社. 2019年3月24日. 2019年4月5日閲覧。 スポニチアネックス 2012年5月28日. 2016年8月20日閲覧• 日刊スポーツ 2016年8月19日. 2016年8月20日閲覧。 2012年8月10日. の2014年11月18日時点におけるアーカイブ。 2014年11月19日閲覧。 江坂勇治 2015年12月25日. 2016年10月8日閲覧。 プレスリリース , 株式会社TAGインターナショナル, 2016年1月4日 ,• ORICON STYLE. 2016年11月15日. 2016年11月15日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年12月7日. 2016年12月7日閲覧。 YSW Tokyo株式会社• スポーツ報知. 2012年8月11日. の2012年8月11日時点におけるアーカイブ。 2012年8月15日閲覧。 加藤弘二、住彩子 2012年8月11日. 中日新聞. の2012年8月14日時点におけるアーカイブ。 2012年8月15日閲覧。 三重県• 三重県(2019年2月7日)• 東海テレビ 2019年7月29日. 2019年7月31日閲覧。 ORICON STYLE 2012年12月7日. 2016年10月8日閲覧。 プレスリリース , , 2019年5月2日 , 2019年5月2日閲覧。 4gamer. net. 2017年11月24日. 2017年12月9日閲覧。 スポニチSponichi Annex. 2019年7月2日. 2019年7月2日閲覧。 ORICON STYLE 2014年5月14日. 2016年8月20日閲覧• ORICON STYLE 2015年11月8日. 2015年11月8日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年12月19日. 2016年12月19日閲覧。 電ファミニコゲーマー. 2020年4月17日. 2020年4月17日閲覧。 関連項目• - 2017年10月1日、津市に開設された屋内総合スポーツ施設。 サオリーナは愛称ではなく条例に基づく正式名称。 - 中京女子大学(現至学館大学)レスリング部時代からの指導者(監督)• - 長野でのイベントの際に吉田が手を振ってくれたとの勘違いからプライベートでオリンピックに応援に行くほどの熱狂的ファンとなる()。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の