おすすめ クレジット カード。 ソフトバンクユーザーにおすすめのクレジットカードランキング!

【クレジットカード】おすすめランキングは?ゴールドとプラチナ別にピックアップ

おすすめ クレジット カード

(C)Shutterstock. com ブランドとステータス クレジットカードには、「VISA」「MasterCard」「JCB」などの国際ブランドと、「セゾンカード」「オリコカード」などの国内ブランドがあります。 カードブランドによって、付帯サービスや特典が異なります。 また、クレジットカードには、「ステータス」と呼ばれるランク付けがあります。 ブランドによっても異なりますが、「通常カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」の順に、ステータスが高くなっていくのが一般的です。 クレジットカードのステータスが高くなるほど、審査は厳しくなり年会費は高額になっていきますが、付帯サービスの充実度は上がっていきます。 支払い方法の種類 クレジットカードの支払い方法は、 「1回払い」「2回払い」「ボーナス1回払い」「翌月1回払い」「分割払い」「リボ払い」の6種類あります。 クレジットカードの支払方法によっては、手数料がかかってしまうことがあります。 例えば、1~2回払い・ボーナス1回払い・翌月1回払いでは、ほとんどのクレジットカードで分割手数料はかかりません。 しかし、3回以上の分割払いやリボ払いでは、分割手数料がかかるので、最終的には購入した金額よりも多くの金額を支払わなくてはならないので支払いの選択には注意が必要です。 おすすめのゴールドクレジットカード3選 ステータスの高いクレジットカードで、最も一般的なのがゴールドクレジットカードです。 おすすめのゴールドクレジットカードを3種類紹介します。 (C)Shutterstock. com 楽天市場でポイント最大5倍「楽天ゴールドカード」 「楽天ゴールドカード」は、楽天市場をよく利用する人であれば、持っていても損はないクレジットカードです。 年会費わずか2000円(税別)で、ゴールドカードを手軽に持つことができます。 付帯サービスとして、楽天市場で利用すると「最大5倍」のポイントが貯まるほか、国内空港ラウンジを1年間で2回も無料で利用できます。 貯まった楽天スーパーポイントは、ANAのマイルや楽天Edyへ交換できます。 ドコモユーザーはメリット大「dカード GOLD」 「dカード GOLD」は、年会費1万円(税別)で持てるゴールドクレジットカードです。 ドコモユーザーなら、毎月のドコモケータイ、またはドコモ光の利用料金の10%がポイント還元されます。 3年間で最大10万円のケータイ保証も付帯しているので、ドコモユーザーにとってはうれしい1枚です。 国内・ハワイの主要空港ラウンジも無料で利用できます。 海外旅行保険の補償金額はトップクラス「JCBゴールド」 「JCBゴールド」は、海外旅行によく出かける人におすすめのゴールドクレジットカードです。 JCBゴールドの最大の特徴は、「充実した旅行傷害保険」です。 海外では最高1億円、国内でも最高5000万円の保険が付帯しています。 航空機が遅延した場合でも、乗継遅延費用保険金・寄託手荷物遅延費用保険金・出航遅延費用等保険金が、それぞれ最高2万円まで補償されているので安心です。 スポーツクラブや映画館、ファミリーレストランなど、全国7万カ所以上のさまざまな施設をお得に利用できる「JCB GOLD Service Club Off」も付帯しています。 おすすめのプラチナクレジットカード3選 ゴールドカードの一つ上のステータスが、プラチナカードです。 審査もより厳しくなり、申し込みできるブランドもありますが、クレジットカード会社からの招待を受けなければ所持できないブランドもあります。 プラチナカードを持ちたい場合は、ゴールドカードで実績を積み重ねておきましょう。 申し込みできるプラチナカードのブランドの中から、おすすめのプラチナカードを3種類紹介します。 (C)Shutterstock. com コンシェルジュサービスが魅力「JCBプラチナ」 年会費2万5000円(税別)の「JCBプラチナ」では、24時間365日「プラチナ・コンシェルジュデスク」の利用が可能です。 専任スタッフにより、旅行の手配やゴルフ場の予約、レストランの案内などをしてもらえます。 カードの利用有無に関係なく、国内外の旅行傷害保険として本会員・家族会員を対象に、最高1億円の補償が受けられます。 海外旅行傷害保険については、事故・病気・ケガ・携行品の盗難も補償されるという充実した内容です。 世界約130の国や地域、約500の都市の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」も付帯しています。 年会費は高額でもサービスは一流「アメリカン・エキスプレス プラチナ・カード」 「アメリカン・エキスプレス プラチナ・カード」は、「年会費13万円(税別)」と高額なクレジットカードですが、海外によく行く機会がある人にとっては、一流のサービスが受けられるおすすめのクレジットカードです。 プラチナカード専用窓口「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」では、24時間365日、旅の準備やレストランの予約など、さまざまなリクエストに対応してくれます。 世界約1200カ所以上の空港ラウンジを利用できる「センチュリオン・ラウンジ」も付帯しています。 また、ホテル・リゾート施設で、「アーリーチェックイン」や「レイトチェックアウト」、「滞在中の朝食サービス」など、優待特典が受けられるのも魅力です。 充実したサービスでコスパ良好「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」 「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費2万円(税別)で充実したサービスが受けられるおすすめのプラチナカードです。 出発・帰国時に、スーツケース1個(会員1名当たり)を無料配送してくれる「手荷物空港宅配サービス」や、世界約1200カ所以上の空港ラウンジを利用できる「空港ラウンジサービス」のほか、「プラチナ・コンシェルジュサービス」など充実のサービスが付帯しています。 「プラチナ・コンシェルジュサービス」では、レストラン予約やミュージカルのチケット手配、海外での緊急時のサポートなど、専任のスタッフが24時間365日、要望に応えてくれます。 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【2020年版】クレジットカード最新ランキング!専門家3名の声をもとに徹底比較

おすすめ クレジット カード

クレジットカードには、楽天カードやアメックス、三井住友VISAカードなど、有名なものをはじめとして200枚以上の種類があります。 そのため、「 結局どのカードがおすすめなの?」と疑問をお持ちの方も多いでのはないでしょうか。 そこでこの記事では、• 専門家3名への独自取材• ユーザー1,000人へのアンケート調査• 1のクレジットカード』をご紹介します。 また、クレジットカードの基礎知識も合わせて解説しているので、 申し込みからカードを手に入れるまでの不安もなくなりますよ。 なおこの記事は、 「クレジットカードの知識」に関して、3名の専門家に監修協力をしていただいております。 二宮 清子 合同会社リーフ代表 ポイント還元率に詳しく、家計のやりくりや節約が得意。 フィナンシャルプランナーの資格を生かし、TVや雑誌・講演などで「家計の見直し」などについて多くの方にお金の使い方を伝えている。 工藤 崇 株式会社FP-MYS 代表取締役社長CEO ステータスに詳しく、自身もフィナンシャルプランナー事務所を経営している。 金融に関する書籍を多数執筆しているほか、Fintech関連のセミナーで講師も務めている。 飾磨 亜紀 旅行ジャーナリスト マイルに詳しく、フォトジャーナリストとしてこれまで40ヵ国以上を旅している。 効率よくマイルを貯めながら、さまざまな航空会社やホテルの上級会員となっている。 クレジットカードってどうやって選べばいいの?• ステータスに関しては、ブラックカードやプラチナカードが高いといわれていますが、これらのカードは利用実績がないと作れない場合が多いのです。 そこで今回は、 ステータスの高いカードの中でも、比較的作りやすくブランドとしての認知度も高いものを厳選しました。 専門家の評価 ランキング 順位 カード 二宮さん 飾磨さん 工藤さん 総合 1 4. 5 4. 5 4. 5 4. 5 2 4. 5 4. 0 4. 5 4. 3 3 3. 5 4. 0 4. 5 4. 0 4 4. 0 4. 0 3. 0 3. 6 5 3. 0 3. 5 4. 0 3. 5 1位:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード• クレジットカードのメリットとデメリットは? メリット デメリット• 現金なしで支払いできる• ポイントやマイルが貯まる• 特典やサービスが受けられる• 年会費がかかるものがある• 利用限度額がある A. メリットにポイントやマイルが貯まること、デメリットに年会費がかかる場合があることなどがあります。 クレジットカードのメリットとデメリットは、以上のような点があげられます。 そのほかにも、• 収支の管理が簡単になる• 信用情報が貯められる など多くのメリットがありますが、申し込む前に確認するようにしましょう。 クレジットカードってどういう仕組みなの? A. カード会員の信用に基づいて、カード会社が利用代金を立替えて支払いをする仕組みです。 クレジットカードは、カード会員の信用に基づいて、カード会社が利用代金を立替えて支払いをする仕組みです。 これを踏まえると、年会費有料のクレジットカードを持つことが損に感じてしまうかもしれませんが、 有料カードは無料カードにはないステータス性やサービスが付随しています。 国際ブランドにはどんな違いがあるの? この記事では、 クレジットカードの審査基準と 審査に落ちてしまう人の特徴、さらに 審査に通りやすいクレジットカードをご紹介しています。 クレジットカードはいくらまで使えるの? 総利用可能枠 ショッピング総利用可能枠と、 キャッシング利用可能枠の合計 ショッピング 総利用可能枠 普段の買い物で、カード支払いができる総額 ショッピング 割賦枠 ショッピング総利用可能枠の中で、 分割払いに使える総額 キャッシング 利用可能枠 キャッシングでお金を借りられる金額 A. クレジットカードの使える金額=限度額は、個人によって異なります。 クレジットカードの限度額は、 「ショッピング」と「キャッシング」の利用可能枠の合計を示す金額です。 利用枠を上げるには、以下の3つの方法があります。 クレジットカードの引き落とし日は翌月10日や翌月26~27日など、カード会社によって異なります。 クレジットカードの引き落とし日は カード会社によって異なり、一般的には、• 翌月10日• 翌月26~27日 に設定されていることが多く、 その日が土日祝日の場合は翌営業日に引き落としが行われます。 また、引き落とされる時間も当日の深夜、早朝、午後などカード会社によって変わるので、気になる方は 各カード会社のサポートデスクに問い合わせをしましょう。 クレジットカードって何枚でも作れる? A. クレジットカードは何枚でも作ることができます。 極端な話、クレジットカードを100枚持っていても問題はありません。 ユーザーへのアンケート調査でも、 クレジットカードを3枚以上所有している人は全体の6割以上いました。 ただ、複数のクレジットカードを利用する場合は、以下のようなデメリットもあります。 クレジットカード各社は、セキュリティ面を強化しているので、安心して利用することができます。 「年会費無料のカードは、セキュリティ対策は甘いんじゃないの?」 と心配している方も多いかと思いますが、 無料のカードでもステータスの高い有料カードでも、安全面の高さに違いはありません。 さらに特徴別にクレジットカードを選びたい方はこちら! クレジットカードにはさらに、ジャンルや利用方法によってさまざまな種類があります。 ここでは、特徴別にまとめてご紹介します。

次の

クレジットカードおすすめ人気ランキング(絶対に後悔しない2019年版)

おすすめ クレジット カード

タイは熱帯の国であり留学先や旅行先として、東南アジアの中でも女性の旅行者に人気の高い国だ。 直行便を利用した場合、半日ほどで到着することが可能だ。 そのため、日本からは気軽に行ける距離の国ではなく、ゴールデンウィークなどの長期連休を利用して旅行に行く人も多い国となっている。 そして、タイでのスリや盗難といった犯罪率は決して低くなく、突発的なトラブルである交通事故の多さは世界でもトップクラス。 しかし、海外旅行ではショッピングや宿泊費など支払いを行わなければならない機会は多い。 その点を踏まえたうえで、今回はタイのクレジットカード利用の現状や使用可能な国際ブランド、支払いやキャッシングなどのカード使用時の注意点などに触れ、タイに渡航する際に持っておきたいおすすめのクレジットカードを紹介していく。 タイでは主に使用されている国際ブランドは、 JCB・VISA・Mastercardだ。 JCBは欧州であれば制限される所も多いものの、 タイではJCBが使用出来る範囲が比較的広いと言える。 そして、クレジットカードの作成を考えている方には以下がおすすめのカードだと言える。 セディナカードjiyu! 三井住友カード• エポスカード• 楽天カード 目次• ・ キャッシュレスは限定的 タイにおける観光客を狙った犯罪率は非常に高い。 スリや置き引きなどに関しては、現地に住んでいる人々ですらも気を張って生活しなければならないほどだ。 実際のところ、観光地のみであればタイでクレジットカードを使用することは問題ない。 しかし、発展途上国であることから設備がいまだに整っていない場所があるため、観光地以外では現金が必要となることも多い。 また、現在では国民のクレジットカードの発行が規制されている。 中央銀行によれば6000万人の人口に対して、2000万枚のクレジットカードが発行されており、人口の3割ほどは保有しているという計算だ。 規制を設けた理由としてはカードの使い過ぎによって、財政が傾くほどの債務超過状態に陥りつつあるため。 仮にタイ国内に住んでいる方であればクレジットカードの保有条件に対してかなり厳しい規制がかけられており、収入がある程度高くなければ保持することすら難しい状況にある。 その為、普及率に関して言えば、現状では決して高くなく、発行することから難しい面もある。 しかしながら、旅行者はこういったタイ国内の規制を気にする必要はない。 タイ国内におけるクレジットカード事情を把握しておくことによって、現金よりもクレジットカードで支払う方が安全であり、観光地では問題なく使用できることが多いといったことは念頭においておこう。 クレジットカードの使える店と使えない店 使える店はホテル、デパート、観光客向けのレストランなど タイでは、バンコクやパタヤなどの観光地では、問題なくクレジットカードによって支払いが行える場所が多い。 タイでクレジットカード使用できる場所は、ホテルやデパート及び観光客が集まるようなレストラン、バスの定期券の購入などだ。 また、 タイのコンビニではVISAであれば、300バーツ以上の買い物でクレジットカードを使うことが可能だ。 観光地で使うとなれば問題はないだろう。 加えて言えば、バンコクなどの観光地では、レストランなどの入口に利用可能なカードのブランドが表示されており、クレジットカードが使用できるかどうかをよく確認すれば迷うことはないだろう。 特に、ホテルなどの場合は身分証明書よりもクレジットカードの提示が非常に重要となる。 理由としては、クレジットカードを保有していることによって、その人の信頼性に直結すると判断される為だ。 加えて言えば、クレジットカードがなければ、デポジットと呼ばれる保証金が確実に必要になる。 デポジットの金額に関しては、宿泊料金の2倍から3倍ほどの金額が必要されることも多い。 そのため、タイで宿泊する場合にはクレジットカードを用意しておけば困ることは少ないと言えるだろう。 利用できない場所は屋台やバス、タクシー また、タイではクレジットカードを利用できない場所がある。 小規模のレストランや屋台、電車、バス・タクシーなどはクレジットカードを使える場所は限られる。 観光地であれば使える場所も増加するものの、一時的な移動などであればクレジットカードを使えない場面も少なくはない。 また、支払いの際にサインを求められた場合は、ローマ字ではなく日本語でサインを行うことをおすすめする。 そして、カードそのものの注意点として、日本では磁気タイプのクレジットカードであっても使用できることがある。 しかし、タイでは磁気カードを使用するリスクが高く、ATMがあったとしてもスキミングを行う装置が仕組まれたATMが多く存在している為、ICカードタイプのクレジットカードの保有をお勧めする。 決してタイのATMのセキュリティ性は高くないことを踏まえつつ、IC カードタイプのクレジットカードを使用することによってスキミングの対策を行い、セキュリティ性も向上することになる。 キャッシングの利用方法 タイでは観光地であれば、訪れる場所によってはクレジットカードだけで支払いを済ませる事もあるだろう。 もっとも、現金が全く必要としないわけには行かない。 その場合は、クレジットカードの海外キャッシング機能を使用して現地の通貨を手に入れてみよう。 タイでキャッシングを行う際には、ATMの横に 「Plus」と 「Cirrus」のマークがあるものを選ぼう。 ATMに「Plus」のマークがあればVISA系のクレジットカード、 「Cirrus」のマークがあれば「MasterCard」「JCB」系のクレジットカードが使用することが可能となる。 キャッシングの操作手順は言語が異なったとしても、日本国内でのATM操作の手順と大きな違いはないだろう。 使用上の留意点 タイでは、現金だけでなく、クレジットカードの扱いに関しても気をつける必要性がある。 観光客をターゲットとしたスキミング装置のあるATMは少なくない。 加えて言えば、コンビの中ですらもスクリーニングが行われる可能性はある。 また、人気のないATMの利用は避けるべきだと言えるだろう。 出歩く際やクレジットカードを利用する場合でも気をつけなければいけない点がいくつかある。 例えば、見知らぬ人と食事をしないこと、お酒などにより正気を失うこと、利用伝票は必ず確認することなどが挙げられる。 利用伝票の確認に関しては、店側が悪意をもって金額を記載しない可能性もあり得るためだ。 そして、場合によっては盗難補償を利用する必要性もあり、カード会社や警察に連絡する必要もある。 おすすめカード 年会費無料で海外旅行保険が付いてくる「エポスカード」 楽天カードは、年会費無料のクレジットカード。 100円の支払いにつき1ポイントの楽天スーパーポイント(還元率:1%)がもらえるため、還元率の高いカードである。 対応ブランドも、 AmericanExpress・MasterCard・VISA・JCBから選べるため、シンガポールで使いたい人は、VISAとMasterCardをおすすめ。 海外旅行保険については、20万円(持ち物に対する補償)~2,000万円(死亡した場合)と幅広い。 家族カード(無料)を所有している人にも保険が適用されるのだ。 また、 海外旅行で貯めた楽天スーパーポイントは、ANAのマイルにも交換できる。 楽天市場やモバイルなどを利用すれば、飛行機代をお得にできるクレジットカードだ。 信頼と実績のある「三井住友カード」 注意!! 改定により、2021年2月支払い分から「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上の リボ払い手数料の支払いがある事が年会費の特典条件となります。 リボ払いに抵抗がある人は、年会費の割引が受けられるウェブ明細サービスがおすすめ。 クラシックカードであれば、年500円の値引きになる。 そのため、年1,250円(税別)の年会費が750円(税別)とお得だ。 タイとクレジットカード 欧米諸国と比較した場合、タイはキャッシュレスに関しては限定的な国だと言える。 しかし、観光地などの場合であれば、クレジットカードを使用することに盗難などのリスクを著しく下げることが可能であり、手軽で安心だと言えるだろう。 首都であるバンコクではJCB・VISA ・ MasterCard を使用すれば、支払いに困ることは稀だと言える。 注意点としては、治安なども決して安全とは言えない部分がある為、ATMの扱いと共に対策を行う必要がある。 また、キャッシングではセディナカードjiyu! daのような特化した機能性があるものも多い。 用途ごとに分けて自分にあったクレジットカードを申し込み、使用していこう。

次の