水木 しげる テレビ くん。 水木しげるの テレビくんって 今でも読む事は出来ますか?及...

水木しげる妖怪傑作選 1 テレビくん (中公文庫 コミック版 み 1

水木 しげる テレビ くん

水木 しげる 本名、武良茂。 1922年 大正11年 生まれ。 鳥取県西伯郡境町 現・境港市 で育つ。 幼い頃から物語をつくる力に優れ、また天才的な画力を発揮。 高等小学校在学中に個展を開き、新聞に絶賛される。 しかし学業のほうは芳しくなく、一旦は上級学校への進学を断念するが画家になる夢は諦めず、仕事の傍ら塾や独習で画力を磨く。 やがて太平洋戦争の召集により、南方の激戦地に送られマラリヤと爆撃で左腕を失うが、九死に一生を得て帰還する。 戦後は様々な職業を経て、紙芝居作者、貸本漫画家となり、「別冊少年マガジン」に発表した『テレビくん』で講談社児童漫画賞 現・講談社漫画賞少年部門 を受賞。 その後『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』とヒット作を続けて発表、日本を代表する国民的漫画家となる。 近年、夫人との暮らしぶりがNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で描かれ、爆発的なブームを巻き起こした。 紫綬褒章、旭日小受章、文化功労者の栄を得て、世界各国の漫画賞も受賞し、漫画史に名を刻む存在となった。 斜陽の貸本業界から、40歳過ぎで週刊少年誌業界に初参戦した頃の短編を編んだ巻。 「新・ゲゲゲの鬼太郎 1971-72 」のアニメファンの方は、本編原作が切れた後に、本巻収録作が多く鬼太郎用にアレンジされた脚本を覚えて居られる事でしょう。 元は大人向けの貸本漫画を再アレンジした作品も多い、粒ぞろいのマンガ作品に加えて、講談社名物グラビア画報用に描かれた素晴らしい図解イラストと、それに対抗し、少年サンデーが、水木プロに描かせた『SF妖画大集』『SFドリーム』が大いに見物です。 【収録作 イラストを除くが図解・絵物語は含む 】 1.「テレビくん」32頁。 2.「カラー大特集 大妖怪のすべて 魔王」2頁。 ゲーテ作。 3.「水木しげる怪奇名画 地獄」2頁。 4.「21世紀パノラマ風遊園地!!」2頁。 5.「地獄の水 前後編」54頁。 6.「ぼくの心配」2頁。 7.「日本の妖怪物語 空飛ぶろくろ首 梶原一騎氏:作 」13頁。 8.「ワイド図解 妖怪大魔城」3頁。 9.「史上最高の巨塔に 怪鳥の大襲来」2頁。 10.「最新特だね図解ムー大陸 密林の大魔像発見」2頁。 13.「完全カラー版 妖怪大画集 日本の妖魔」9頁。 14.「水木プロ オール図解ガイド」1頁。 15.「じごくの鈴」31頁。 講談社 ぼくら 8月号。 16.「びっくりふしぎ大特集!! 日本の魔神」8頁。 17.「河童 河童をみた、ある少年の話」20頁。 18.「すりかえられた肉体」24頁。 19.「やまたのおろち」24頁。 20.「妖怪屋敷」25頁。 21.「よみのくに 最初の米」31頁。 22.「水木しげるのSF妖画大集 第1部 宇宙幽奇境 第2部 衝撃の世界」40頁。 23.「水木しげるのSFドリーム 奇妙な家」16頁。 24.「死人つき 妖怪魍魎の巻 前後編(ゴーゴリ『ヴィー』を翻案)」21,16頁。 25.「忍者は一度勝負する」24頁。 26.「大妖奇境」15頁。 27.「全ブス連のたのしいお正月」2頁。 29.「雨の日の恐怖 原案:松林基恵氏 」11頁。 和泉製菓 ミニチョコマガジン少年ページ 1970年発行。 30.「人生ってなんだ」2頁。 31.「ばく —おとなと子どものための童話—」6頁。 32.「おれのそんごくう」16頁。 33.「漫画狂の詩 ~池上遼一伝~」32頁。 他にカラー・イラスト、特に気合が入った「水木しげる人外境シリーズ1~4」の表紙イラスト他10頁と、モノクロイラスト1頁掲載。 【第1部 宇宙幽奇境】宇宙の果てにすむ、怪奇生物のすべてを大公開。 カラー。 1.表紙。 2.地獄の砂漠星 3.怪奇!超重力星 4.恐怖のアンモニア星 5.暗黒魔星 【第2部 衝撃の世界】モノクロ。 1.「ジェーン・ブラウンの体」コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)。 2.「死の川 「火星の大将軍」 」エドガー・R・バローズ。 3.「死の町に立つ(「長く大いなる沈黙」)ウィルスン・タッカー。 4.「惑星怪植物(「西暦3000年」)」マルコム・ジェイムスン。 5.「沈黙の帰還(「果てしなき看視」)」ロバート・A・ハインライン。 6.「月面の生存者(「月は地獄だ!」)」ジョン・W・キャンベル。 7.「宇宙からの超生命(「超生命体ヴァイトン」)」エリック・フランク・ラッセル。 8.「小さな脅迫者(「宇宙の孤児」)」ロバート・A・ハインライン。 9.「クモ人間の恐怖(「宇宙の戦士(スターシップ・トゥルーパーズ)」)」ロバート・A・ハインライン。 10.「氷づめの怪人(「影が行く(「遊星よりの物体X」の原作)」)」ジョン・W・キャンベル 11.「記憶移植(「ハウザーの記憶」)」カート・シオドマク。 12.「怪物ケアル(「宇宙船ビーグル号~黒い破壊者」)」ヴァン・ヴォークト 13.「食肉貯蔵室(「自由未来」)」ロバート・A・ハインライン。 14.「海竜の来た日(「海竜めざめる」)」ジョン・ウィンダム。 15.「華氏451度」レイ・ブラッドベリ 16.「地底への旅(「地底旅行」)」ジュール・ヴェルヌ。 17.「食人植物の襲来(「トリフィドの日」)」ジョン・ウィンダム。 18.「よみがえる怪鳥(「ロスト・ワールド」)」コナン・ドイル。 19.「深海の死闘(「マラコット深海」)」コナン・ドイル。 20.「霧笛」レイ・ブラッドベリ 21.「インベーダー誕生(「盗まれた街」)」ジャック・フィニィ。 22.「変身 「蠅」 」ジョルジュ・ランジュラン。 23.「消えた海(「海が消えた時」)」エリック・メイン。 24.「火星人大侵略(「宇宙戦争」)」H. ウェルズ。 25.「復活の日」小松左京 水木氏による「物体X(ザ・シング)」や「アラクニド」、「ハエ男」、「ケアル」と言ったSFモンスターの独自解釈が実に楽しいです。 但し、雑誌掲載時は矢野氏のコメントが各イラストに付いていた様に記憶しているのですが、題名と作家、訳者、出版社に触れているのみでした。 他では 「完全カラー版 妖怪大画集 日本の妖魔」が、その出来の良さから何度も再録された、妖怪画の名作です。 「人魚」と「羅生門の鬼」そして「手洗い入道」はインパクト充分。 【巻末資料】15頁。 鬼太郎印せんべい。 ともかく、漫画もイラストもハイレベルで、特に画報類はお宝満載でした。 漫画家、イラストレーター両方の水木しげるを堪能できる巻です。 大いにお薦めです。 水木しげる漫画大全集第2期が刊行開始されました・・・・とりあえず嬉しいです・・・・・・。 全35巻で1年4か月かかるそうです!!第1回配本は、ゲゲゲの鬼太郎3、テレビくん他、昭和史1 の3冊で、私は、テレビくん他をレヴューします。 本巻には、1965年~1975年に幼年誌、少年誌に掲載された作品が収録されています。 収録されている主な作品は下記のとおりです。 面白い作品で、何回も読みなおした記憶があります。 満を持して、初めて水木さんが少年誌に掲載した作品でです。 オリジナルは、貸本向けでしたから、少年誌向けに変更されています。 目玉親父の原型のキャラが出てくることでも有名な作品です。 3:日本の妖怪物語 空飛ぶろくろ首(別冊少年マガジン 1966年4月号)、絵物語で、文章をあの梶原一騎が担当しています。 4:じごくの鈴(ぼくら 1966年8月号)、やなぎプロから刊行された作品のリライトです。 オリジナルは、小学館クリエイティブから復刊されていますオリジナルを読んだ人にはよくわかると思いますが、 画のタッチがかなり違っています。 水木さんが売れ出したころの作品、そして、人気絶頂期の作品・・・・ しかし、少年誌の2色グラビアページもかなり担当されていたんですね!記憶に残っているものもかなりあります。 定価がかなり高いので、私は、全巻購入することはないと思います。 特典は欲しいんですけど・・・・ なお、解説は、水木さんと関係の深いつげ義春さんが担当されていて、これも中々興味深いです!!.

次の

ゲゲゲ水木しげる、テレビくん児童漫画賞受賞 | コンサルの引き出し|和田創ブログ

水木 しげる テレビ くん

概要 だった水木は先に『』()で雑誌デビューを果たしていたが、本作品でへのデビューを果たす。 当初、『少年マガジン』からは「宇宙もの」の作品を依頼されるが、不得手な分野を引き受けて後に苦労することを予想し、この話を断る。 だが、後に編集方針の変更から自由に描かせて貰えるようになり『テレビくん』が誕生する事になる。 水木は、初めて少年誌で勝負するという事で、それまで描いていたような絵ではなく、子供にも受ける様に少しでもきれいで丸っこい絵を描こうと習作を重ねる。 そして、その努力が実り『テレビくん』は第6回を受賞する。 なお、同回の受賞は水木との同時受賞であり、審査に携わっていたは水木を推薦していた。 水木は受賞以降、多くの大手出版社から仕事の依頼が来るようになり 、この時期を境にから雑誌へ完全に移行する。 2017年にはに「テレビくん」のブロンズ像が設置された。 講談社の原稿料は水木がそれまで描いていた貸本漫画の十倍以上で、妻・が「こんなにもらっていいの?」と驚くと、水木は「 貸本漫画の原稿料は人間の原稿料ではなかったんだ」と語ったという。 水木がこの作品を発表後に水木の熱心なファンでもあったが短い水木論をまとめるために、水木家にてインタビューを行った。 ところがその翌日、文京区の高野の勤務先に水木がふらりと現れた。 水木はインタビュー時に、思い余って大手出版社や編集者の悪口を話したのだが、もしそれが記事にでもなると、仕事が来なくなりもとの貧乏な貸本漫画の仕事に戻らねばならなくなると、深刻そうな顔をして見せた。 高野らは笑い転げながら、水木ワールドに関心があるだけで他のことに一切触れるつもりはないことを説明すると、前にも増して強い調子で大手出版社の横暴を指弾し始めた。 話はこれだけで終わらず、3日後、水木は今度は印刷工場のの現場にふらりと現れると、険しい表情で「自分の記事を見せてくれ」と詰め寄った。 高野が理由を尋ねたところ水木は「『テレビくん』が講談社の児童漫画賞の候補に上った。 万が一、インタビュー記事が講談社を刺激し、候補から外されるかもしれない。 前夜に漫画賞から外される夢を見て、現実になりそうな気がしてきた」と話したので一同が爆笑に包まれた。 校正刷りを読んだ水木は安心したらしいが、駅までの道を「ほんとに大丈夫でしょうな」と繰り返していたという。 書籍情報 『テレビくん』が収録されている短編集など。 『幻想世界への旅 妖怪ワンダーランド3』(、1995年7月、)• 『テレビくん 水木しげる妖怪傑作選1』(、2007年11月、)• 『水木しげる妖怪傑作選1 コロポックルの枕』(〈Chuko コミック Lite Special〉、2008年7月、)• 『水木しげる 超1000ページ 下 』(INFASパブリケーションズ、2009年9月、)• 『屁のような人生 水木しげる生誕八十八年記念出版』(、2009年12月、)• 『水木しげる ゲゲゲの大放談』(、2010年5月、)• 『水木しげる ビッグ作家究極の短編集』(、2013年1月、)• 『テレビくん 他』(〈〉、2015年2月、).

次の

水木しげる妖怪傑作選 1 テレビくん (中公文庫 コミック版 み 1

水木 しげる テレビ くん

概要 だった水木は先に『』()で雑誌デビューを果たしていたが、本作品でへのデビューを果たす。 当初、『少年マガジン』からは「宇宙もの」の作品を依頼されるが、不得手な分野を引き受けて後に苦労することを予想し、この話を断る。 だが、後に編集方針の変更から自由に描かせて貰えるようになり『テレビくん』が誕生する事になる。 水木は、初めて少年誌で勝負するという事で、それまで描いていたような絵ではなく、子供にも受ける様に少しでもきれいで丸っこい絵を描こうと習作を重ねる。 そして、その努力が実り『テレビくん』は第6回を受賞する。 なお、同回の受賞は水木との同時受賞であり、審査に携わっていたは水木を推薦していた。 水木は受賞以降、多くの大手出版社から仕事の依頼が来るようになり 、この時期を境にから雑誌へ完全に移行する。 2017年にはに「テレビくん」のブロンズ像が設置された。 講談社の原稿料は水木がそれまで描いていた貸本漫画の十倍以上で、妻・が「こんなにもらっていいの?」と驚くと、水木は「 貸本漫画の原稿料は人間の原稿料ではなかったんだ」と語ったという。 水木がこの作品を発表後に水木の熱心なファンでもあったが短い水木論をまとめるために、水木家にてインタビューを行った。 ところがその翌日、文京区の高野の勤務先に水木がふらりと現れた。 水木はインタビュー時に、思い余って大手出版社や編集者の悪口を話したのだが、もしそれが記事にでもなると、仕事が来なくなりもとの貧乏な貸本漫画の仕事に戻らねばならなくなると、深刻そうな顔をして見せた。 高野らは笑い転げながら、水木ワールドに関心があるだけで他のことに一切触れるつもりはないことを説明すると、前にも増して強い調子で大手出版社の横暴を指弾し始めた。 話はこれだけで終わらず、3日後、水木は今度は印刷工場のの現場にふらりと現れると、険しい表情で「自分の記事を見せてくれ」と詰め寄った。 高野が理由を尋ねたところ水木は「『テレビくん』が講談社の児童漫画賞の候補に上った。 万が一、インタビュー記事が講談社を刺激し、候補から外されるかもしれない。 前夜に漫画賞から外される夢を見て、現実になりそうな気がしてきた」と話したので一同が爆笑に包まれた。 校正刷りを読んだ水木は安心したらしいが、駅までの道を「ほんとに大丈夫でしょうな」と繰り返していたという。 書籍情報 『テレビくん』が収録されている短編集など。 『幻想世界への旅 妖怪ワンダーランド3』(、1995年7月、)• 『テレビくん 水木しげる妖怪傑作選1』(、2007年11月、)• 『水木しげる妖怪傑作選1 コロポックルの枕』(〈Chuko コミック Lite Special〉、2008年7月、)• 『水木しげる 超1000ページ 下 』(INFASパブリケーションズ、2009年9月、)• 『屁のような人生 水木しげる生誕八十八年記念出版』(、2009年12月、)• 『水木しげる ゲゲゲの大放談』(、2010年5月、)• 『水木しげる ビッグ作家究極の短編集』(、2013年1月、)• 『テレビくん 他』(〈〉、2015年2月、).

次の