サリサリ カリー 通販。 サリサリ(パキスタン・カリー:横浜市神奈川区)

サリサリカリー @白楽 マツコの知らない世界で話題沸騰パキスタンカレー

サリサリ カリー 通販

パキスタンカリーとは? カラバト・サリサリが再現した パキスタンカリーとは一体…? 因みにパキスタンはここです。 画像引用元: 私はカラバトカリーを食べた事が あるのですが、その特長と感想は、 完成時に確認できる具は鶏肉のみ 油が多め 無水カレー? スパイスをホールで使用している 鶏肉は骨付き 味付けは塩のみ? といったものでした。 そして今回参考にさせて頂いたのが、 です。 と合わせて活用させて頂きました。 材料 参考レシピの2人前を3人前に換算した材料です。 5 (今回は、クミン・コリアンダー・カルダモン・ブラックペッパー・クローブ・シナモン(パウダー状で少々)を使用) 手順 大まかな流れは、 フライパンに油とスパイスを入れ点火 チキンを入れオイル煮 玉ねぎ・ニンニク・ショウガを入れ煮込む トマトピューレを加える 鶏肉をほぐす カレーパウダーと塩を加える ガラムマサラを加え、塩で味を整え仕上げる です。 箇条書きにするとシンプルな調理ですが、 そこそこ時間はかかりました。 次からは、実際の様子です。 つくれぽ 長くなりますが、カラバトカリーのつくれぽです。 市販ではガラスのボトルに入ったものもありますが、 割高で1本700円くらいするものもありました。 何店かまわってみたところ、カルディーさんで、 袋入りのホールスパイスが販売されていました。 お値段は100~200円台でお手頃価格でした^^ カレーパウダーと、ガラムマサラもカルディさんにて。 ブラックペッパーとシナモンは家にあったものを使用しました。 (シナモンを写真に入れるのを忘れていました^^;) ホールスパイス小さじ1杯を量ってみたところ ブラックペッパーが3グラム カルダモンが2グラム コリアンダーが1グラム クミンが2グラム でした。 所定の分量だとこれくらいです。 (クローブは少々にしました。 ) え…こんなに入れるの? ブラックペッパーなんて、普段は全然減らないのに、 こんなに入れちゃって大丈夫なの? 参考レシピはこれらのスパイスをこのまま使うとのことですが、 私はスパイスの粒が口に残るのが苦手なので、あらびきに することにしました。 挽くことで、スパイスの香り立ちも効きもアップするだろうと考え、 チキンな私はスパイスの量を減らしました。。 (結果的には減らさない方が良かった) ブラックペッパーは2グラムに、 カルダモンは12個から7個に、 コリアンダーは1グラムあるかないかに、 クミンは挽かないのでそのままの3グラムに、 クローブは半量の3個にし、 クミン以外を粗挽きにしました。 使い古しで現役引退したペッパーミルを使い、 可能な限り粗挽きにしました。 (上部の止めねじを外して挽いたらいい感じに挽けました) カルダモンは外皮と中身に分けて、中身のみ挽きました。 どうしてもミルに残ってしまったクローブはハサミで小さく切りました。 この段階で、鮮烈なスパイスの香りが部屋中に立ち込めて、 帰宅し玄関を開けた息子が「今日はカレー?」と言い当てるほどでした。 スパイスと油を入れたフライパンを点火 スパイスの用意ができたら、いよいよ調理開始です。 フライパンに多めの油を注ぎます。 フライパンの大きさにもよりますが、底を覆うくらいの量です。 結構多めです。 そこに粗挽きにしたスパイスと、クミン、カルダモンの外皮を入れ、点火します。 火は弱火です。 今回は深めのフライパンを使いました。 じわじわと油の温度が上がり、香りが立ってきます。 チキンレッグをオイル煮 油の温度が上がったら、皮を下にしてチキンを入れます。 できる限りの弱火でオイル煮します。 このまま1時間! こんな感じになりました。 1時間ほど経ったところで裏返します。 ) 焦げることもなく、綺麗な焼き色がついていました^^ そして更に1時間!! 火は変わらず弱火です。 その間に玉ねぎ・ショウガ・ニンニクをみじん切りにします。 (ショウガ・ニンニクはお好みでスライスに) 野菜を入れて更に煮込む 片面1時間ずつ、合計2時間もオイル煮すると、鶏肉も 柔らかくなります。 カルダモンの外皮を取り除き、みじん切りにした玉ねぎ、 ショウガ、ニンニクを加えて30~40分ほど煮込みます。 野菜と油が馴染んで 玉ねぎに火が通ります。 本家は仕上がりに結構油があるのですが、 この段階で、油の量が気になる場合は、スプーンなどで 少し取り除いても良いと思います。 (私はカレースプーン5~6杯取りました) 取り除いた油はスパイスの香りが付いているので、 他の料理にも使えます。 トマトピューレを入れて煮込む 玉ねぎが透き通って炒まったら、トマトピューレを加えます。 無水カレーのイメージが強かったので、トマトピューレに加えて 濃縮されたトマトペーストを使いました。 弱火で煮込みながら 骨から肉を外していきます。 仕上げ 弱火で煮込み、水分が少なくなって煮詰まった所で、 カレーパウダーと塩を加えます。 今回はこちらのカレーパウダーを使いました。 スパイシーというよりは、どちらかというとフルーティーで 甘めの味わいでした。 すぐに食べない場合は、ここで一旦調理をストップします。 そして、食べる直前になったら、ガラムマサラを加えて 弱火で温めます。 シナモンパウダーもここで少々加えました。 味見をして足りないようならば塩を加えて味を整えます。 食べてみると、美味しくできてはいるのですが、本家のあの突き抜けるような スパイス感には及びませんでした。 スパイスの質もあるのかもしれませんが、量は参考レシピどおりで良かった と思いました。 途中で加えるカレーパウダーでも、全体の味が左右されると思います。 辛いのがお好みの場合は辛めのカレーパウダーを使ったり、仕上げの ガラムマサラをホットタイプにすると良いでしょう。 スポンサードリンク 調味料が塩のみなのに、何とも味わい深いパキスタンカレー。 お好みでショウガを加えても美味しいです。 沸騰したら茶葉を入れて1分ほど煮出します。 紅茶の種類はアッサムがオススメです。 セイロンやウバも合うと思います。 ティーバッグの紅茶でもOKです。 牛乳を加えて更に煮ます。 吹きこぼれに注意しながら、あまり激しく沸騰しないように2~3分。 お好みで砂糖を加えて、濾して出来上がりです。 スパイシーなのがお好きな場合は砂糖の代わりに ガラムマサラをひとつまみ入れるのもアリです。 カラバトもサリサリもいかにも「ありそう」で「それっぽい」 のに、実は妄想から出てきた言葉だったとは、驚きでした。 通販もあります。 その後… 一回目を作った後、圧力鍋でも何度か試してみました。 圧力鍋だと、野菜をみじん切りにしなくても良いし、時短になるし、 一度に作れる量も増えて楽なのですが、家族(主に夫)からは、 フライパンで作ったのが一番近かったと言われました。 この方法で地道に作ることにします。

次の

【移転】サリサリカリー

サリサリ カリー 通販

パキスタンカリーとは? カラバト・サリサリが再現した パキスタンカリーとは一体…? 因みにパキスタンはここです。 画像引用元: 私はカラバトカリーを食べた事が あるのですが、その特長と感想は、 完成時に確認できる具は鶏肉のみ 油が多め 無水カレー? スパイスをホールで使用している 鶏肉は骨付き 味付けは塩のみ? といったものでした。 そして今回参考にさせて頂いたのが、 です。 と合わせて活用させて頂きました。 材料 参考レシピの2人前を3人前に換算した材料です。 5 (今回は、クミン・コリアンダー・カルダモン・ブラックペッパー・クローブ・シナモン(パウダー状で少々)を使用) 手順 大まかな流れは、 フライパンに油とスパイスを入れ点火 チキンを入れオイル煮 玉ねぎ・ニンニク・ショウガを入れ煮込む トマトピューレを加える 鶏肉をほぐす カレーパウダーと塩を加える ガラムマサラを加え、塩で味を整え仕上げる です。 箇条書きにするとシンプルな調理ですが、 そこそこ時間はかかりました。 次からは、実際の様子です。 つくれぽ 長くなりますが、カラバトカリーのつくれぽです。 市販ではガラスのボトルに入ったものもありますが、 割高で1本700円くらいするものもありました。 何店かまわってみたところ、カルディーさんで、 袋入りのホールスパイスが販売されていました。 お値段は100~200円台でお手頃価格でした^^ カレーパウダーと、ガラムマサラもカルディさんにて。 ブラックペッパーとシナモンは家にあったものを使用しました。 (シナモンを写真に入れるのを忘れていました^^;) ホールスパイス小さじ1杯を量ってみたところ ブラックペッパーが3グラム カルダモンが2グラム コリアンダーが1グラム クミンが2グラム でした。 所定の分量だとこれくらいです。 (クローブは少々にしました。 ) え…こんなに入れるの? ブラックペッパーなんて、普段は全然減らないのに、 こんなに入れちゃって大丈夫なの? 参考レシピはこれらのスパイスをこのまま使うとのことですが、 私はスパイスの粒が口に残るのが苦手なので、あらびきに することにしました。 挽くことで、スパイスの香り立ちも効きもアップするだろうと考え、 チキンな私はスパイスの量を減らしました。。 (結果的には減らさない方が良かった) ブラックペッパーは2グラムに、 カルダモンは12個から7個に、 コリアンダーは1グラムあるかないかに、 クミンは挽かないのでそのままの3グラムに、 クローブは半量の3個にし、 クミン以外を粗挽きにしました。 使い古しで現役引退したペッパーミルを使い、 可能な限り粗挽きにしました。 (上部の止めねじを外して挽いたらいい感じに挽けました) カルダモンは外皮と中身に分けて、中身のみ挽きました。 どうしてもミルに残ってしまったクローブはハサミで小さく切りました。 この段階で、鮮烈なスパイスの香りが部屋中に立ち込めて、 帰宅し玄関を開けた息子が「今日はカレー?」と言い当てるほどでした。 スパイスと油を入れたフライパンを点火 スパイスの用意ができたら、いよいよ調理開始です。 フライパンに多めの油を注ぎます。 フライパンの大きさにもよりますが、底を覆うくらいの量です。 結構多めです。 そこに粗挽きにしたスパイスと、クミン、カルダモンの外皮を入れ、点火します。 火は弱火です。 今回は深めのフライパンを使いました。 じわじわと油の温度が上がり、香りが立ってきます。 チキンレッグをオイル煮 油の温度が上がったら、皮を下にしてチキンを入れます。 できる限りの弱火でオイル煮します。 このまま1時間! こんな感じになりました。 1時間ほど経ったところで裏返します。 ) 焦げることもなく、綺麗な焼き色がついていました^^ そして更に1時間!! 火は変わらず弱火です。 その間に玉ねぎ・ショウガ・ニンニクをみじん切りにします。 (ショウガ・ニンニクはお好みでスライスに) 野菜を入れて更に煮込む 片面1時間ずつ、合計2時間もオイル煮すると、鶏肉も 柔らかくなります。 カルダモンの外皮を取り除き、みじん切りにした玉ねぎ、 ショウガ、ニンニクを加えて30~40分ほど煮込みます。 野菜と油が馴染んで 玉ねぎに火が通ります。 本家は仕上がりに結構油があるのですが、 この段階で、油の量が気になる場合は、スプーンなどで 少し取り除いても良いと思います。 (私はカレースプーン5~6杯取りました) 取り除いた油はスパイスの香りが付いているので、 他の料理にも使えます。 トマトピューレを入れて煮込む 玉ねぎが透き通って炒まったら、トマトピューレを加えます。 無水カレーのイメージが強かったので、トマトピューレに加えて 濃縮されたトマトペーストを使いました。 弱火で煮込みながら 骨から肉を外していきます。 仕上げ 弱火で煮込み、水分が少なくなって煮詰まった所で、 カレーパウダーと塩を加えます。 今回はこちらのカレーパウダーを使いました。 スパイシーというよりは、どちらかというとフルーティーで 甘めの味わいでした。 すぐに食べない場合は、ここで一旦調理をストップします。 そして、食べる直前になったら、ガラムマサラを加えて 弱火で温めます。 シナモンパウダーもここで少々加えました。 味見をして足りないようならば塩を加えて味を整えます。 食べてみると、美味しくできてはいるのですが、本家のあの突き抜けるような スパイス感には及びませんでした。 スパイスの質もあるのかもしれませんが、量は参考レシピどおりで良かった と思いました。 途中で加えるカレーパウダーでも、全体の味が左右されると思います。 辛いのがお好みの場合は辛めのカレーパウダーを使ったり、仕上げの ガラムマサラをホットタイプにすると良いでしょう。 スポンサードリンク 調味料が塩のみなのに、何とも味わい深いパキスタンカレー。 お好みでショウガを加えても美味しいです。 沸騰したら茶葉を入れて1分ほど煮出します。 紅茶の種類はアッサムがオススメです。 セイロンやウバも合うと思います。 ティーバッグの紅茶でもOKです。 牛乳を加えて更に煮ます。 吹きこぼれに注意しながら、あまり激しく沸騰しないように2~3分。 お好みで砂糖を加えて、濾して出来上がりです。 スパイシーなのがお好きな場合は砂糖の代わりに ガラムマサラをひとつまみ入れるのもアリです。 カラバトもサリサリもいかにも「ありそう」で「それっぽい」 のに、実は妄想から出てきた言葉だったとは、驚きでした。 通販もあります。 その後… 一回目を作った後、圧力鍋でも何度か試してみました。 圧力鍋だと、野菜をみじん切りにしなくても良いし、時短になるし、 一度に作れる量も増えて楽なのですが、家族(主に夫)からは、 フライパンで作ったのが一番近かったと言われました。 この方法で地道に作ることにします。

次の

一部の人に理解される横浜市白楽の個性的なパキスタンカレー専門店「サリサリカリー」

サリサリ カリー 通販

横浜市の白楽にひっそりと営業している「サリサリカリー」。 パキスタンカレーといえば、このお店の名前が挙がるほど有名なカレー専門店です。 今年の9月に建物の老朽化の理由により、100メートル先の元フルーツ屋さんがあった場所に移転したことで、一時期は閉店したと思い落胆する常連のお客さんも続出したほど、地元の方に愛されているお店です。 「一部の人に理解される」という個性的な看板は、お店の前を通る人だけではなく、噂を聞きつけて訪問した方をも驚愕させてしまうくらいインパクトがあります。 そんな個性的なお店、サリサリカリーでいただくカレーのメニューは一品のみ。 カリー、サラダ、チャイのスリーコースセットです。 案内された席に座ってしばらくすると、注文しなくてもカレーが自動的に運ばれてきます。 それはメニューが一品のみだから、着席した瞬間自動的にオーダーが通るという暗黙の了解のもとに成り立っています。 ・パキスタンカリー あまり日本人になじみのないパキスタンカレーは、パキスタンで日常的に食べられているもので、香辛料をたっぷり使う料理が多いのも特徴。 イスラム教国のため豚を食べない代わりに、鶏肉や牛肉がよく食べられていますが、このお店のカリーは、鶏肉がホロホロになるまで煮込まれています。 骨付きの鶏肉を煮込むため、大胆に骨がそのままのっているのもこのお店のカレーの個性。 1000年前から変わらぬレシピを使用していると公言しているカリーは、水を一切使わない味付け塩のみ。 そして、油をたっぷり使用するのも特徴としているので、油とスパイスがうまく調和され、コクと旨味の深いカリーに仕上がっています。 ・チャイ カリーが食べ終わるころ、タイミングよく運ばれてくるチャイは、濃厚なカリーの後に飲むと驚くほど口の中で調和します。 まるでカリーの味に合わせて作られていると錯覚するほど絶品です。 ・ハニートラップ(別料金) お好みで、サリサリカリー特製のデザートも注文してみてもいいでしょう。 チーズのようなかたさが特徴のヨーグルトは、はちみつがたっぷりかかっていて、こちらも濃厚なカリーの後に食べると口の中がさっぱりして、食後にはぴったりのデザートです。 店内は、パキスタンとはほど遠いヨーロピアン風の洋館をイメージした内装になっています。 このギャップもお店の個性であり、マスターのユーモアあふれる人柄で形成されています。 「一部の人に理解される」個性的なお店、サリサリカリーで、絶品カリーを一度味わってみてはいかがでしょうか。

次の