巨大 地震 警戒。 「巨大地震警戒」の臨時情報とは?~「地震は予知できない」を前提とした国の対策を知ろう~(2019.7)

5月11日の巨大地震発生説はデマ?複数の予言とその裏にある真相とは?

巨大 地震 警戒

南海海溝特大地震帶來的災害,將會是波及極大範圍的 特大海嘯,伴隨著劇烈搖晃,以西日本為中心, 發生超過 東日本大震災的巨大人身、財產災害。 對我國國民生活、經濟活動全體,造成極為深刻的影響。 甚至已經預測到會發生 可以說是國難的巨大災害。 日本中央防災會議、2012年 南海海溝地震,大約以90 - 150年(若以前的記錄來看則是大於200年)的間隔發生,每次將間隔數小時至數年(或是同時)發生震源地位於東海、東南海、南海的三場地震()的說法已成為定論。 另一方面,對慶長地震的震源位於南海海溝的說法也出現了反對意見,存在認為南海海溝的地震是間隔200年發生的見解。 根據最新的通過地震計獲得觀測記錄的昭和的地震,以及通過地質調查及文獻資料推算出的較早的地震,可以推測出今後也將以同樣的間隔發生地震。 無論歷史還是預測都是8以上的特大地震,因搖晃及造成巨大災害。 此外,之後的研究發現,每發生一次地震,地都在一點點發生變化。 例如,即使是同樣南海道海面的地震,相對於1854年安政南海地震的震源地南海道海面全域,1946年昭和南海地震的推測震源地為西側四分之一處。 另一方面,的瀬野徹三表示,有必要改變東海・東南海・南海這樣地震的三種分類,提出可以分類為與南海海溝東邊的震源地(東南海的一部分以及東海)聯動,斷層破壞直至附近的「安政型」,不與震源地聯動靜岡不發生斷層破壞的「寶永型」兩種。 1498年明應地震以來的文獻資料豐富,人們一直認為發生間隔固定在100年前後(下文南海海溝地震的發生範圍(舊看法)圖表)。 但是,在這之前幾乎沒有關於東海道的地震的發生記錄,1361年正平地震以前的間隔情況也存在記錄缺損,比如,在多處發現了被認為是13世紀前半的海嘯及痕跡,雖可以用於彌補記錄,但也有從1096年永長地震以前無確切證據的海嘯堆積物的研究中給出實際上是以100年和200年的周期交錯的說法。 土壤液化痕跡因存在內陸局部地震的可能性,以及推測年代範圍的問題,還需要繼續研究。 另一方面,也有嘗試模擬地震聯動的發生情況與板塊的相對運動和板塊邊界的摩擦特性,雖然成功再現了聯動性,但也存在地震發生間隔等與歷史記錄不一致的點。 南海海溝全域幾乎同時發生斷層破壞的地震規模極大,一般認為1707年寶永地震是日本最大級的地震。 1854年的安政地震雖然比昭和地震更大 ,但寶永地震比安政地震規模還要更大。 例如在須崎(現在高知縣須崎市),安政海嘯止於5-6m的高度,而寶永海嘯則到達了海拔11m左右的高度,部分地點甚至能到達18m的高度。 根據的受害報告,安政地震房屋損毀3,082棟,衝垮3,202棟,燒毀2,481棟。 寶永地震房屋損毀5,608棟,衝垮11,167棟。 因安政海嘯破壞導致荒廢的部落在土佐國有4處,而根據《谷陵記》記載,寶永海嘯的荒廢地點多達81處。 進入21世紀後,據研究,高知縣土佐市Kanigai湖(蟹ヶ池)中發現了寶永地震導致的特大海嘯堆積物,但與寶永地震相同,留下海嘯堆積物規模的地震痕跡有300-600年的間隔。 另外,還發現了比寶永地震更厚的,推測是2000年前留下的海嘯堆積物,被指出存在發生了比寶永海嘯更大的海嘯的可能性。 地震的發生概率 [ ] 發生概率等的評價(地震調查委員會) 區域 類型 截至2018年1月1日 規模(M) 30年內發生的可能性 南海海溝 板塊間地震 M8-9 70%-80% 左右 作為接下來可能發生的地震,我們著眼相較從前範圍更廣的M8 - 9地震。 2年,並以此計算出了上表的概率。 雖然接下來也有發生最大級別(超越M9)的地震的可能性,但發生頻率(包括歷史上的)比起以100 - 200年間隔發生的地震要「低一位數以上」。 歷史 [ ]• 「南海トラフ巨大地震 -歴史・科學・社會」岩波出版、2014年• 、2012年、1頁• 松浦律子 2014 : PDF, 歴史地震, 第29號, 263. 、2013年5月、正文第10頁以及說明文別表• 「 ,存於」 、2011年9月30日付• 堀高峰 2006 : PDF『歴史地震』 第21號, 253. 平原和朗, 坂本登史文: PDF 理學研究科• 引用錯誤:沒有為名為 Matsuoka-Okamura2011的參考文獻提供內容• 、2013年5月、主文1-2頁• PDF, 南海トラフの巨大地震モデル検討會, 第2回會合, 2011年• Kunihiko Shimazaki, Takashi Nakata 1980 : , Geophysical Research Letters, Volume 7, Issue 4, 279-282. 使用時間預測模型的情況• 、2013年5月、主文6,12,13頁 參考文獻 [ ]• 「」、地震調査研究推進本部 地震調査委員會、2001年9月27日付、2013年6月4日閲覧。 「」、地震調査研究推進本部 地震調査委員會、2013年5月24日付、2013年6月4日閲覧。 「」、地震調査研究推進本部 地震調査委員會、2001年12月7日付、2013年6月4日閲覧。 「」中央防災會議 『報告書』2007年3月• 「 PDF」中央防災會議 防災対策推進検討會議 、2012年7月19日• 宇佐美龍夫 『最新版 日本被害地震総覧』 東京大學出版會、2003年• 、嶋悅三、吉井敏尅、山科健一郎『地震の事典』朝倉書店、2001年• 宇津徳治,1990,世界の被害地震の表(古代から1989年まで),宇津徳治,東京,243 p.• Utsu, T. , 2002, A list of deadly earthquakes in the World: 1500-2000, in International Handbook of Earthquake and Engineering Seismology Part A, edited by Lee, W. , Kanamori, H. , Jennings, P. , and Kisslinger, C. , pp. 691-717, Academic Press, San Diego. 宇津徳治,2004,世界の被害地震の表(古代から2002年まで),宇津徳治先生を偲ぶ會,東京,電子ファイル最終版.• 防災システム研究所 外部連結 [ ]• 內閣府 南海トラフの巨大地震モデル検討會 中間とりまとめ(座長座長 阿部勝征、平成23年12月27日公表、31日新聞発表)•

次の

巨大地震の前兆!?地震雲と動物の異常行動!|南海トラフ地震警戒情報|note

巨大 地震 警戒

地震・津波の調査・研究が深まり、全国各地で防災対策が進んできた。 なかでも注目されるのが、巨大地震の30年内の発生確率が高いとされる、南海トラフと 首都直下地震への対応だ。 日本世論調査協会が2月に実施した全国世論調査によると、居住地域で地震や豪雨といった自然災害に遭う恐れを感じている人は77%に上る。 2年前の調査結果より15ポイントも上昇した。 危機意識が深まった背景には、昨年夏の西日本豪雨や北海道地震などの発生と共に、災害予測に関する最新調査報告が相次いで発表されたことがある。 マグニチュード(M)8~9級の巨大地震となれば、おびただしい数の犠牲者が出る可能性が高まる。 東日本大震災では、平安時代に起こったM8級の貞観(じょうがん)地震に伴う津波の前例が顧みられずに、被害を巨大化した。 南海トラフ巨大地震が起こる可能性は「30年内に70~80%」(中央防災会議)とみられている。 過去にM8級地震が繰り返し発生したためだ。 最後に発生した昭和南海地震(M8)は1946年。 その前の安政地震から92年後に発生し、それまでの100~200年程度の周期より間隔が短くなった。 過去のケースでは、何度も震源域の東西で間隔をおいて地震が連続発生している。 初回から7日以内に発生する頻度は十数回に1回程度に上る。 特に被害を大きくしそうなのが「半割れケース」だ。 震源域の岩盤の半分が割れて地震を起こす。 中央防災会議は昨年12月の報告で、M8以上の半割れ型地震が南海トラフの東側で発生した場合、西側も連動して甚大な被害をもたらす恐れがある、と警告した(図表1)。 対策を取らなければ、想定される被害は死者約32万3000人にも上るという。 図表1 政府は3月、南海トラフ地震が発生する可能性が高いと判断された際に自治体や企業が取るべき防災対応の指針を公表した。 巨大地震の予兆の可能性を観測すると、気象庁が「臨時情報」を出す。 危険な半割れケースでは、地震がまだ発生していない半分側の地域にも1週間の避難勧告を発令する、などを求めた。 防災対応を進める和歌山県は、とりわけ津波の危険性を重視する。 紀伊半島南端の串本町ではM9. 1の巨大地震に襲われた場合、「最大津波高17メートル、津波高1メートル到達時間3分」と試算。 防災インフラの整備に加え、来たら「逃げ切る」を強調する。 首都直下地震の発生確率は「30年間に70%」 東京都民、首都圏住民を直撃するM7クラスの首都直下地震。 その発生確率は「30年間に70%」と中央防災会議は推定する。 M7級の地震発生で、被害想定は死者が建物倒壊などで最大約1万1000人、市街地火災で約2万3000人出ると推定。 停電や交通マヒ、生産停止などで経済的被害は約95兆円にも上るとみる。 中央防災会議によると、津波については東京湾内で津波高は1メートル以下と心配ないが、問題は首都中枢機能と超過密都市を襲う地震被害の深刻さだ。 1923年の大正関東地震(関東大震災)ではM8. 2級が襲ったが、M8クラスの地震発生は200~400年の間隔とみられ、当面このようなタイプの巨大地震が発生する可能性は低いとする。

次の

南海トラフ地震「巨大地震警戒」と「巨大地震注意」の臨時情報。企業はどのように対応する?(2019.9)

巨大 地震 警戒

日本列島各地で地震が頻発している。 3日には茨城県南部を震源とする震度4、岩手県沖や沖縄県の西表島付近でも震度3の地震があった。 近い将来の発生が懸念される南海トラフ巨大地震や首都直下地震に関心が高まっているが、専門家は列島周辺のプレートの動きに懸念を示す。 3日午前に栃木県と群馬県で震度4を記録した地震の震源地は茨城県南部で、震源の深さは約60キロ、地震の規模はマグニチュード(M)4・7と推定されている。 同日朝には沖縄県の西表島付近、岩手県沖でも震度3の地震があった。 「地震が起きやすくなっている」と注意喚起するのは、夕刊フジで「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」(毎週木曜)を連載する武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏。 茨城の地震について「フィリピン海プレートが潜り込んでいる先端部分が起こしたものだ。 (プレートの)東の端は茨城県にかかっており、その活動の一環だと考えられる」と解説する。 日本列島の南側にあるフィリピン海プレートは、M8~9級の南海トラフ地震を引き起こす可能性が指摘されているが、「首都直下地震も同じ原因で発生するとも考えられる」と話すのは、立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏。 高橋氏によると、フィリピン海プレートが作用して首都直下地震を発生させるメカニズムは2種類あるという。

次の