あしたでんき メリット デメリット。 あしたでんきよりも安いピタでんの評判やデメリット

あしたでんきは安い?料金、違約金・解約手数料、メリット・デメリットまとめ!

あしたでんき メリット デメリット

あしたでんきとは 東京電力グループの新電力 あしたでんきは、東京電力ホールディングスの100%持ち株会社であるTRENDE株式会社が提供する新電力です。 電力提供エリアは次の通り。 東北電力エリア• 東京電力エリア• 中部電力エリア• 関西電力エリア• 中国電力エリア• 東北電力エリア以外では2018年5月から、東北電力エリアでは2018年6月から家庭向けに電力の小売りをスタートさせました。 P2P取引の実現が目標 あしたでんきは、単に一般家庭へ電気を販売することを目的としているわけではありません。 3つのステップで、最終的には消費者と発電事業者が直接取引する「P2P電力取引」の実現を目指しているのです。 ステップ1:家庭向けに電気を販売する• ステップ2:家庭への太陽光パネルや蓄電池の導入を進める(分散型電源の促進)• ステップ3:太陽光パネルで発電した電気や蓄電池に蓄えられた電気を、近隣家庭に直接販売できるようにする(P2P電力取引の実現) 欧米などですでに始まっているP2P電力取引ですが、日本ではまだまだ。 再生可能エネルギーのP2P電力取引を実現させることで、持続可能な社会の構築を目指していくとしています。 あしたでんきの3つのメリット• 使用量に関係なくとにかく安い• プランがわかりやすい• 東京電力の関連会社という安心感 メリット1. 使用量に関係なくとにかく安い 一般的に、新電力の場合は「電力使用量が多いほど電気代が安くなる」もの。 電力使用量が300kWh程度と比較的少ない家庭では、節約効果もほとんど見込めませんでした。 その点、あしたでんきなら使用量が少なくても多くても、適切なプランを選べば電気料金がお得になる可能性大!• 標準プラン(1ヵ月につき300kWh以上使用する家庭向け)• たっぷりプラン(1ヵ月につき700kWh以上使用する家庭向け) 電気をあまり使わない家庭なら標準プラン、たくさん使う家庭ならたっぷりプランと自分で選べます。 どれだけ電気代を節約できるかについては料金プランの項目で比較していますので、そちらも参考にチェックしてみてください。 メリット2. プランがわかりやすい 「電気料金の内訳ってややこしくて分かりにくい」 そう思う人も多いかもしれません。 その原因となるのが、契約容量によって変わる基本料金や電力使用量によって変わる料金単価。 例えば電力使用量によって変わる電力量料金は、「120kWh」「121〜300kWh」「301kWh〜」で単価が異なります。 一方であしたでんきの場合は、電力使用量に関係なく料金単価は一律。 基本料金も、0円または3,000円と非常にシンプルです。 メリット3. 東京電力の関連会社という安心感 新電力の中には、初めて名前を聞くような会社も多いもの。 新電力が倒産しても、電気の供給が止まることはありませんが、怖いのは間違った金額を請求される誤請求。 電気料金の誤請求なんかあるの?と思うかもしれませんが、毎月のようにどこかの電力会社で発生しています。 その点、あしたでんきなら東京電力が100%出資した子会社が電気を販売。 大手電力会社という安心感があるのも、大きなメリットです。 あしたでんきの5つの注意点 あしたでんきには注意点もあります。 あしたでんきの注意点• たっぷりプランは使用量が少ないと割高• 従量電灯B(関西・中国は従量電灯A)に限定• 支払方法はクレジットカードのみ• 検針票がない• ポイントサービスがない 注意点1. たっぷりプランは使用量が少ないと割高 電気の使用量は季節によって大きく変わります。 使用料が増えるのは、エアコンなどを使う機会が増える夏と冬。 春と秋は使用量も比較的少なくなります。 ここで特に注意しておきたいのが、月700kWh以上使う人に向いている「たっぷりプラン」の契約者。 使用量が増える夏と冬は700kWh以上使っていても、春と秋は700kWhを下回っている可能性があります。 こうなると、たっぷりプランよりも標準プランの方がお得になる可能性大! まずは、これまでの使用実績を確認しておくことをオススメします。 プランは1ヶ月単位で変更できる 「夏と冬は700kWh以上使うけれど、春と秋はそれ以下」なんて人でも大丈夫。 なぜなら、あしたでんきでは標準プランとたっぷりプランを1ヶ月単位で変更できるから。 もちろん、プラン変更にあたって費用などは発生しません。 使用料が多くなる季節には「たっぷりプラン」、少ない季節には「標準プラン」と変更すれば、より一層の節約効果が見込めます。 プラン変更の手続きはインターネットのマイページから。 毎月24日までに変更すれば翌検針日から、25日以降は翌々検針日から適用されます。 注意点2. 従量電灯B(関西・中国は従量電灯A)に限定 現在の電力会社との契約内容によっては、あしたでんきに申込めないこともあります。 あしたでんきに申込めるのは次の通り。 ・東北、東京、中部、九州電力エリアの人 従量電灯B契約者 ・関西、中国電力エリアの人 従量電灯A契約者 東北、東京、中部、九州電力エリアで従量電灯Cを契約している人や、関西、中国電力エリアで従量電灯Bを契約している人は申込めません。 注意点3. 支払方法はクレジットカードのみ あしたでんきでは、電気料金の支払いに利用できるのはクレジットカードのみ。 口座振替やコンビニ決済などは利用できません。 支払いに利用できるクレジットカードのブランドは、VISA、MasterCard、JCB、American Expressとなります。 なお、カード払いのみという点は、あしたでんき以外の新電力も同じ。 多くの新電力で、支払い方法はクレジットカードだけとなっています。 注意点4. 検針票がない 電気の使用量や電気料金の確認に使う検針票ですが、あしたでんきでは紙の検針票は発行されません。 代わりに、インターネットのマイページから確認します。 なお、紙の検針票がないという点でも他の新電力と同じ。 既存の電力会社でも、現在は紙の検針票ではなくネットで確認する方法が選べるようになっています。 慣れている人にとっては特に問題にはならないポイントとも言えるでしょう。 注意点5. ポイントサービスがない 電力自由化をきっかけにして、電力会社でも様々なポイントサービスが導入されました。 あしたでんきの親会社である東京電力でも、TポイントやPontaポイントを導入。 中には、貯まったポイントを電気代の支払いに充当できるところもあります。 しかし、あしたでんきにはこうしたポイントサービスはありません。 ポイントサービスでお得感を出すというより、料金自体をお得にしているとも考えられるでしょう。 まとめ シンプルな料金設定で、300kWh以上の電気を使う家庭なら電気代がお得になる可能性が高いあしたでんき。 契約期間は1年間(自動更新)ですが、契約期間途中の解約でも解約金などは不要です。 そのため、お試しで利用してみる価値は十分ある電力会社! 申し込みはあしたでんきのホームページからで、スマホでもOK。 申込む際には「お客様番号」や「供給地点特定番号」が必要なので、検針票をあらかじめ準備しておきましょう。 検針票が手元にない場合でも、現在契約している電力会社に問合せると教えてもらえます。 「少しでも電気代を安くしたい」と考えているなら、まずはお試し気分で申込んでみると良いですよ。

次の

「あしたでんき」の評判は?メリット・デメリット、申込み方法まで詳しく解説|新電力|マーケティング|デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

あしたでんき メリット デメリット

あしたでんきとは? あしたでんきはTRENDE株式会社(トレンディ)が運営する電力会社です。 ちなみにTRENDE株式会社は東京電力の関連会社です。 東京電力の新戦力として電気事業に参入した感じですね。 東京電力のグループ会社ということもあり、かなり信頼できる電力会社でしょう。 あしたでんきの料金プラン まずは一番気になるあしたでんきの料金プランから解説します。 あしたでんきには 「標準プラン」と 「たっぷりプラン」の2種類の料金プランが存在します。 標準プラン 標準プランの料金表(基本料金0円) 提供エリア あしたでんきの電気料金 北海道電力エリア 提供エリア外 東北電力エリア 25. 標準プランでは基本料金が0円で、完全一律制の料金プランになっています。 たとえば、東京に住んでいる人が月に250kWh電気を使ったとすると、月の電気代は6375円になります。 基本料金0円なので、シンプルでわかりやすいですね。 とはいえ、基本料金が3000円もかかるので、かなり電気使用量が多い家庭向きですね。 具体的には、月の電気使用量が700kWH以上の家庭向きです。 ほとんどの家庭では700kWhも電気を使わないので、かなり限られた人向けのプランといえますね。 (家族人数が3人から5人の場合) あしたでんきのメリット あしたでんきのメリットは以下のとおりです。 使った分だけ電気代がかかる料金プランになっているので、全く電気を使わなければ電気代はかかりません。 業界最安値 あしたでんきの料金プランは業界最安値です。 似たようなプランを提供している「looopでんき」という電力会社がありますが、looopでんきよりも安い料金プランになっています。 looopでんきの料金プランと比べてもらえれえばわかるのですが、かなりlooopでんきを意識した料金設定になっていますね。 ちなみにlooopでんきとの料金の違いは以下のとおりです。 解約金、違約金0円 あしたでんきでは、基本1年契約の自動更新となっています。 しかし、仮に 契約期間中に解約したとしても解約金や違約金はかかりません。 そのため、「とりあえずお試しで」という感覚で契約することができますよ。 工事費無料 一般的に電力会社と契約するとなると、工事費や初期費用がかかるイメージをもちますよね。 しかし、 あしたでんきは工事費無料です。 けっして、電気代以外に料金を請求されるなんてことはないので安心してください。 あしたでんきのデメリット つづいてあしたでんきのデメリットを解説します。 あしたでんきのデメリットは以下のとおりです。 他の有名電力会社と比べると、少し提供範囲が狭いですね。 もし提供範囲外にお住みの方は、似たような料金プランのlooopでんきがオススメです。 支払いはクレジットカードのみ あしたでんきの支払いはクレジットカードのみになります。 つまり、口座振替などで電気代を払うことができません。 なので、あしたでんきと契約する前にかならずクレジットカードを作っておきましょう。 オススメのクレジットカードは リクルートカードですね。 還元率が1. 2%高いので、ポイントがザクザクたまっていきますよ! 一人暮らしだと電気代が高くなるかも? 電気代が安いあしたでんきですが、 なかにはあしたでんきにすると逆に電気代が高くなってしまう場合もあります。 これは、従来の電力会社(東京電力など)は段階制の料金プランだからです。 簡単にいうと、「東京電力では、最初は電気料金安く、電気を使えば使うほど料金が高くなっていく」感じですね。 一方、あしたでんきでは一律料金となっているので、いくら使っても電気料金は一定です。 あなたの電気料金が安くなるのか、契約する前にあしたでんきのウェブサイトでシミュレーションしておきましょう。 >> 特別なサービスやポイントなどが無い 他の電力会社では安い料金プランに加えて、魅力的なサービスを提供しています。 たとえば、looopでんきではトラブルが起きたときのために「無料出張サービス」を提供しています。 しかし、 あしたでんきでは特にサポートサービスを提供していません。 電気代を安くするために、それ以外をとことん削ったんでしょう。 なので、サポートが充実している電力会社を求めている人には合わないかもしれません。 あしたでんきの評判 あしたでんきにした方の声を集めてみました。 ちょっとまじめに電力会社乗り換えるかな… 夏は例えば7月が816kWhで¥24,121円 「あしたでんき」だと¥20,808円で3000円ちょい安い これが夏場3~4ヶ月だと年間1万円くらいお得かも。 夏場以外は 335kWhくらいだけど これでも ¥300円くらい安いから 得しか無い。 あしたでんき なかなか安いかも コースも2つあるし — 天丼界の、やんちゃん yanyanchan2020 東京電力から乗り換えるとなるとやっぱあしたでんきかな。

次の

「あしたでんき」のメリットと注意点を、わかりやすく解説! | 超節約術

あしたでんき メリット デメリット

電気の購入先が自由に選べるようになった• 送電網の管理は引き続き各地域の電力会社が行うので電気の品質・信頼性は変わらない これらを簡単にまとめたのが下記の図になります。 図 電力小売自由化のイメージ図 電気の購入先を自由に選べるようになった 以前は各地域にある電力会社(東京電力など)から電気を購入するしかありませんでした。 なので電気代が高いなーと思っていても、個人としては節電するしか方法がなかったんですね。 この状況が2016年4月に電力小売自由化によって、地域の電力会社以外の事業者も電気を販売できるようになりました。 それに伴い、 わたしたち自身が好きな事業者を選び、電気を購入できるようになりました。 つまり、これからは 安く電気を販売している事業者から電気を購入した方がお得なんですね。 送電網の管理は引き続き各地域の電力会社が行う 地域の電力会社以外から電気を購入したら品質が不安になるかもしれません。 でも、電気の品質は今までと同じなので心配ご無用! なぜなら電力の安定供給の要となる 送電網は、電力小売自由化後も引き続き、政府か許可した各地域の電力会社が担当するからです。 このため、どこから電気を購入したとしても、これまでと同じ送電網を使って 同じ品質、信頼性のある電気が届けられるんですね。 基本料金0円・解約手数料0円のに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。 約10分で手続き完了! あしたでんきの基本情報 あしたでんきとは あしたでんきとは、東京電力ホールディングス発のベンチャー企業であるTREND株式会社が運営する電力小売りサービスです。 小売電気事業者の登録番号はA0455。 東京電力としてもこれまでの利用者を自社グループ内に留めておきたいという思惑もあるのでしょう。 どこからともなく現れた正体不明の企業ではないので安心ですね。 あしたでんきの提供範囲 あしたでんきの提供地域は 東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリアになります。 残念ながら 北海道エリア、北陸エリア、四国エリア、沖縄エリアの方は利用できません。 今後の提供エリア拡大が切望されますね。 いわゆる 一般家庭向けの従量電灯B(関西・中国はA)相当の電力使用が対象で、 従量電灯Cや法人の方は契約することができません。 あしたでんきの料金プラン あしたでんきには「シンプルでわかりやすい」をコンセプトに2つの料金プランがあります。 0 東北電力 26. 0 中部電力 26. 0 関西電力 22. 0 中国電力 24. 0 九州電力 23. 5 東北電力 21. 5 中部電力 21. 5 関西電力 17. 5 中国電力 19. 5 九州電力 18. 5 前提条件(乗換え検討時の状況)• 「東京電力 従量電灯B 30A」と契約していました• 2人暮らしで使用電力は月平均300kWh程度でした• 現在の居住地域では他社のガス会社に切替不可でした• 集合住宅につき太陽光発電機の設置不可でした とにかく安い! 電力会社を乗り換えるにあたり他社との比較を徹底的に行いました。 わたしの調べた範囲では基本料無料、一律の従量単価で販売していたのはこちらの2社。 「楽天でんき」と「Looopでんき]です。 「楽天でんき」「Looopでんき」でんきとの比較 あしたでんきと2社の従量単価を比較してみました。 0 26. 5 26. 4 純粋な単価はあしたでんきがとっても安いですね。 ただし、他社には特典による割引があるので補足します。 楽天でんき 楽天でんきは、電気料金200円につき1楽天ポイントのキャッシュバックが得られるので、実質0. 37円の提供となります。 また、楽天ポイントでの支払いが可能で、契約すると楽天市場でのお買い物時にポイント還元率が0. あしたでんきの従量単価との差額0. 37円を還元率0. なので日常のお買い物を楽天市場でしているという方は「楽天でんき」の方がお得になるかもしれません。 わたしは現時点では楽天市場をそこまで利用していないので、楽天でんきよりも、あしたでんきがお得という結果になりました。 Looopでんき Looopでんきは、ガスと同時契約で0. 4円引き、自宅で太陽光発電した電気をLooopに提供すると1円引き等特典があります。 特に太陽光発電分を提供すると1円引きというのは大きいですよね。 戸建てでこのような設備が整っている方にとってはLooopでんきの方が安くなるのではないでしょうか。 しかし、前提条件の通り、我が家の場合はいずれも適用できませんでした。 したがって、わたしの場合はLooopでんきよりも、あしたでんきがお得という結果になりました。 東京電力との比較 では、実際に東京電力と比較してどのくらい電気代がお得になるか計算した結果を以下に示します。 標準プラン たっぷりプラン 東京電力 B, 30A 基本料金[円] 0 3,000 858 従量料金[円] 26. 00 21. 50 19. 57 300kWh以上 縦軸が電気料金、横軸が使用電気量、折れ線の青色が東京電力、緑色があしたでんき標準プラン、橙色がたっぷりプランです。 折れ線が下側にあるほど電気料金が安いことを示します。 グラフを見ると一目瞭然ですね。 電気使用量500kWh以下の範囲において、「あしたでんき 標準プラン」に乗り換えることが最もお得であることがわかりました。 基本料金0円・解約手数料0円のに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。 約10分で手続き完了! 最低契約期間・違約金なし あしたでんきには 最低契約期間・違約金どちらもありません! 実際に切り替えてみて気に入らないことがあったら、すぐに元の電力会社に変更することができます。 携帯会社とは違って何年縛りがなくて良心的ですよね。 スマホで10分で完了する乗換え手続き 詳細は後述しますが、あしたでんきの 申し込みはスマホで10分で完了します。 書類を書いて郵送なんて面倒なことは一切ありません。 申し込み手続きを終えたらあとは待っているだけで、次の検針日に電力会社が切り替わり供給が始まります。 あしたでんきの申し込み手順と利用開始までの流れ 申し込み手順 準備するもの 基本料金0円・解約手数料0円のに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。 約10分で手続き完了! 申し込み後から利用開始までの流れ 繰り返しになりますが、ここからの作業は全てあしたでんきが行ってくれますので、 利用者は何もする必要はありません。 交換が必要な場合もその費用は無料、屋外の作業なので立会いも不要です。 申し込み日と検針日が近いほど、すぐに利用できることになります。

次の