大人の雑学。 太平洋と大西洋はなぜ「太」と「大」なのか?/「ちちんぷいぷい」はオナラの音!? 大人の最強雑学1500(28)

太平洋と大西洋はなぜ「太」と「大」なのか?/「ちちんぷいぷい」はオナラの音!? 大人の最強雑学1500(28)

大人の雑学

オトナの雑学って、豆知識程度でも知っておくと、仕事でもプライベートでも、会話の中で意外と役立つもの。 何かについて盛り上がっている時に「ちなみに…」と話をつなげられると、更に会話が弾んで相手との仲も急接近。 「なんでも知ってるんだ!」「おもしろい話してくれるんだ!」と思ってもらった方が何かと良いですよね。 そこで今回は、場が盛り上がるオトナの雑学・豆知識をご紹介します。 明日話したい! 場が盛り上がるオトナの雑学・豆知識10連発 その1:「地震・雷・火事・おやじ」のおやじは親父ではない おやじは「大山風(おおやまじ)」もしくは「大風(おおやじ)」であり、簡単にいうと「台風」の事です。 お父さんが恐ろしいものであるという例えではないといわれています。 完全に、お父さんだと思っていませんでしたか!? その2:働きアリの2割は仕事をさぼっている 北海道大学の研究グループが働きアリの観察をしたところ、働きアリの2割はほとんど仕事をしていないことがわかりました。 さらに働きアリを30匹ずつのグループに分け、活発に働く6匹を取り除いてみたところ、働かないアリはやはり働かなかったそうです。 まるで人間社会の縮図のようで、複雑です…。 その3:トランプの枚数は1年間を表わしている トランプのカードは全部で52枚。 これは1年間が52週だからだそうです。 ハート、クラブ、スペード、ダイヤの4つの記号は四季を表わします。 その4:磁石は真北を指していない 方位磁石の示す「北」は、真北をさしません。 東京では、西に6度ほどずれた方位を示すとか。 これは、地磁気の集まる「北磁極」が真北とは少しずれているから。 そのためコンパスの指し示す北の方角にひたすら進んでも、北極にはたどり着けないのです。 万が一山中で遭難した時には、思い出しましょう。 その5:ごぼうを食べるのは日本人だけである 便秘予防にいいと言われていますが、ごぼうを食べるのは世界でも日本人だけなんだそうです。 ごぼうの原産地、中央アジアでも食用にはしません。 欧米人からみると日本人は「木の根っこを食べている」ようにしか見えないんだとか。 それでも、きんぴらごぼうやけんちん汁と、日本人の故郷の味には欠かせません。 ごぼうで「お・も・て・な・し」。 その6:将棋の「歩」の裏は「と」ではなく「金」 将棋の「歩」が敵陣に入ると裏返り「成り金」と呼ばれますよね。 この時表に示される文字はひらがなの「と」に見えますが、実は漢字の「金」のくずし文字。 同様に「銀」「桂」「香」の裏の文字も「金」をくずしたものなのです。 「と金」と呼ばれることもありますが、立派な漢字。 よく見ると確かに、「金」に見えなくもない!? その7:牛丼屋は基本的に赤字である 街によくあるファストフードの牛丼店。 なんといっても500円でおつりがくる安値が魅力ですが、280円以下の牛丼は赤字で出しているそうです。 というのも、牛丼の原価は150円程度だが、人件費や店舗運営費などの経費を足すと320円ほどになり、大盛や特盛でない限り赤字なんだとか。 ただし、その安さから大盛・特盛の注文が多いため、経営が成り立っているというわけです。 その8:サービスエリアとパーキングエリアの違い 高速道路にあるサービスエリア SA とパーキングエリア PA。 長距離の運転の際に休憩ができるので、よく利用するという人も多いのではないでしょうか。 このサービスエリア SA とパーキングエリア PA の違いは、「規模、大きさ」です。 SAは広い駐車場、トイレ、売店、休憩スペース、レストラン、給油所などがあり、PAは駐車場、トイレ、売店、休憩スペースがあるが、SAほど施設が充実していません。 その9:1円玉と5円玉は製造段階で原価割れしている お財布の中にある1円玉と5円玉。 実はその貨幣価値と製造原価を比較すると、なんと製造原価の方が高いということになっています。 1円玉を作るのには3円、5円玉作るのには7円かかるそうなので、作れば作るほど赤字ということになってしまいます。 1円玉に1円以上の価値があるなんて、なんだかおもしろいですね。 その10:さいころの「1」が赤い理由 すごろくやテーブルゲームに欠かせないさいころですが、「1」の目が赤いのは日本だけ。 実は、元々はすべて黒でしたが、日本のあるサイコロメーカーが他社と差別化するために 「1」を赤くしたところ、売り上げが非常に伸びたそうで、他社もそれをまねするようになり「1」だけ赤くなったという説があります。 いかがでしたか?場が盛り上がるオトナの雑学・豆知識を10種類続けてご紹介しました。 実際の生活に役立つかどうかはともかくとして、ちょっとした時に話題に出すと「そうなの、知らなかった!」と驚かれることでしょう。 明日誰かにあったら、早速話してみたくなりますよね。 知るだけでちょっと得したような気分になる雑学を、ぜひ披露してみてください。 550,715 views• 189,843 views• 141,726 views• 133,799 views• 125,963 views• 125,467 views• 111,033 views• 105,053 views• 99,802 views• 93,313 views• 91,723 views• 84,488 views• 80,403 views• 76,897 views• 74,524 views• 73,700 views• 70,763 views• 68,777 views• 60,026 views• 59,810 views.

次の

十秒で雑学王 ~豆知識・トリビア~

大人の雑学

裁判の大まかな流れ まず、大まかな流れとして 何かしらの訴えがあるとします 訴える人はそれを裁判所に 受け付けてもらい、訴状を作ります 一方、訴えられた人は裁判所からその訴状が届きます 裁判所は両方に口頭弁論の呼び出し・期日の決定をします また両方の答弁書などを 受理送付したりした後に審理へと入り 審理の結果が、和解や判決となります。 刑事裁判の大まかな流れ 上記、民事裁判が個人法人の訴えとしたら 刑事裁判とは 国家を代理した 「検察」の訴えとなります 民事裁判は弁護士をつけなくてもいい場合がありますが 刑事裁判で、3年以上の罪にあたる裁判は 弁護士がいなければ裁判は開けません。 逮捕されると48時間以内に 「送検」 (検察に事件の手続きが送られること) 24時間以内に 「拘留」されます (長ければ20日間、身体を拘束される) 訴えの内容によって裁判内容が変わり 略式裁判・通常裁判などがあります。 略式裁判の場合 略式の場合は裁判所に行く必要はありません。 痴漢や小さな交通事故などや 100万円以下の罰金などにあたる罪の場合 大体の場合は略式裁判となります 自宅宛に起訴状と罰金の納付書が送られ 罰金を支払ったら、刑罰を終えたことになります。 通常裁判の場合は 通常裁判は 法廷で期日が開催されて、裁判官の前で被告人として 裁かれることになります 大きな事件の場合は陪審員がつきます すべての証拠調べを終えて後、 双方からの意見陳述が終わったら 起訴・不起訴・執行猶予などの 判決となります。 弁護士費用の相場は 弁護士費用の相場は・・ 実は定められていないんです 弁護士の場合は弁護士が自由に決めていいことに なっているのが実情です。 相談して依頼することが決まったら 「着手金」が発生します 着資金は民事裁判なら 解決したとき依頼者がもらえる額や 経済的な利益などによって変動します。 着資金は大体20~50万と幅広いです このお金はは裁判で負けても戻ってきません。 さらに裁判で勝った場合は 「報奨金」 が発生します これは成功報酬みたいな形で 大体20%の成功報酬設定が多いようです。 上記にも書きましたが、 絶対的な 「相場」がないので 弁護士の中には 「手数料」などの名目で 別の形態の料金や独自の料金体系を 採用している弁護士もいます。 ただ、弁護士は依頼を受けたとき必ず 弁護士費用をきちんと説明した上で 委任契約書を作成する義務がありますのでご安心を。 裁判のお金 まず 「刑事裁判」は 国(検察)が起こす裁判ですので 裁判費用はかかりません 「民事裁判」の場合は 裁判所に納めるお金があります 「手数料」(印紙代) 訴訟の額によって変動します 訴訟額100万円なら印紙代は1万円などです 訴訟を相手に送るなどの費用 「予納郵券」 被告1人あたり大体6000円ほど。 この費用は簡単にいうと 裁判で負けた方が全額負担が原則です。 また勝訴の場合一部弁護士費用も 敗訴側が負担する場合があります。 裁判費用などに余裕がない場合 お金に余裕がない人たちなどのために 「民事法律扶助」を行っている機関があります 日本司法支援センターという機関で 「法テラス」の名称で知られています 弁護士費用を立て替えてもらったり、 相談したり出来ます 法テラスと契約している弁護士に 3回まで無料で相談できるそうです。 費用は立て替えなので返済はありますが 無利息で分割払いも出来るそうですよ。 裁判費用まとめ 裁判費用まとめとして 弁護士費用は 相談料が1時間約5000~10000円ほど +「着手金」+「成功報奨金約20%」 など、申し立てた額などによります。 着手金は大体20~50万と幅広いです。 裁判書に納めるお金= 「印紙代」+「予納郵券6000円ほど」 印紙代は申し立てた額が 100万円なら1万円 1000万なら5万円 3000万円なら11万円です。 今回はここまでです ご愛読有り難うごいました。

次の

25.【怖い大人の雑学1】知ったらきっとあなたは後悔する The 大人の雑学 壱[閲覧注意]

大人の雑学

日付は4月22日が「」、11月22日が「」として知られている「大人の日」であることから。 同社商品の「大人むけのパスタ」「大人むけのスープ」などをPRし、「大人な時間・気分」の演出を食卓から応援していくことが目的。 記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。 会社について ハインツ(H. Heinz Company)は、1869年にアメリカで創立された伝統と歴史のある食品メーカーである。 ハインツ日本は、1961年(昭和36年)に設立され、本社を東京都台東区浅草橋に置く。 トマトケチャップをはじめ、スープ、ソース、冷凍食品、冷凍ポテトなどを販売している。 商品について 同社の「大人むけのパスタ」シリーズは、厳選素材とこだわりのソースで贅沢な気分を味わえるパスタソースで、「牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ」「2年熟成パルミジャーノ・レッジャーノのカルボナーラ」「紅ずわい蟹のトマトクリームスープ仕立て」などがある。 大人むけのパスタ 「大人むけのスープ」シリーズは、素材の味わいをひきたて、丁寧に仕上げたレトルトスープで、「ボストンクラムチャウダー」「オマール海老のクリームビスク」「冷たいフレンチヴィシソワーズ」などがある。 大人むけのスープ リンク:.

次の