角 の うぐいす 博多。 こんなに安くていいのか…!福岡の大衆酒場「角のうぐいす」は一品料理180円からの超良心的価格なのに激旨で毎日でも通いたい

【酒場 角のうぐいす 春吉 本店】福岡市(博多駅周辺・天神周辺)・居酒屋

角 の うぐいす 博多

博多駅筑紫口から徒歩8分、オフィスや住宅街が立ち並ぶ一角に6月17日、「酒場 角のうぐいす博多店」が開業した。 九州一の繁華街として知られる天神地区周辺の人気大衆酒場「酒場 角のうぐいす」(春吉)と「酒場 踊るうぐいす」(今泉)に次ぐ3号店だ。 運営するoffice nine 代表取締役の工藤祐氏は「うぐいすの業態がビジネス立地でもお客さんを集められるのか試してみたかった」と語る。 大衆酒場の「カオス」を演出 暖簾をくぐり、引き戸を開けると目に入るのは厨房を囲む櫓と提灯。 全70席ある店内は奥まで見通せる造りで、壁には昭和の食堂を思わせるレトロな電飾看板にメニューが記されている。 工藤氏が1、2号店から一貫して、イメージしているのは「サラリーマンからおしゃれな若者まで、あらゆる人が集うカオス的な酒場の雰囲気」だ。 一方で、従業員や来店客の多くは「昭和」を知らない若者たち。 「昭和」に近代的なアレンジを加えた同店の空間は「逆に新鮮さがあるはず」と工藤氏。 「従業員にはこの空間をしっかり感じてもらい、『週に1回気取らずに立ち寄れる店』というコンセプトもしっかりと伝えている」と話す。 コンセプトはもとより、春吉2丁目交差点の「角」という立地から認知度も高かった2017年8月開業の「角のうぐいす」。 博多駅東3丁目に店を構えた3号店の博多店も「胸を張ってブランドを育てていってほしい」との思いを込め、同じく「角のうぐいす」と名付けた。 「うぐいす」は福岡県の県鳥にちなんだネーミングだ。 価格別メニューでわかりやすさを重視 同社は大名と今泉でもつ鍋専門店「こうづき」も運営する。 「もつ鍋はハレの日使いのために、年に1、2回使ってもらう業態」と工藤氏。 一方で、「うぐいす」は週に1回は訪れ、「早い・安い・うまい」を提供する空間だ。 メニューは180円〜680円の価格別に分類し、「分かりやすさ」を重視。 180円シリーズには「うだまの煮付け」「串カツ豚バラ」のほか、「プッチンプリン」や「チュッチュ棒」(1グループで180円&食べ放題)など遊び心のあるサービスも光る。 280円シリーズでは10種類以上のスパイスで味付けした「大手羽Z」「ピーマン揚げ浸し」「肉味噌キャベツ」「うぐICEレモンシャーベット」などが並ぶ。 380円シリーズは「ポテサラうぐいす」「赤ウィンナー」「クリームチーズと燻りがっこ」など。 480円シリーズの「豚キムチ」「焼きラーメン」に加え、680円シリーズには「牛ハラミ山葵まみれ」「鉄板麻婆茄子」「伊万里牛ロース焼きしゃぶ」など食べ応えも申し分ない。 入り口の最も目立つ場所に置かれた鍋に放射線状に並べて煮込まれているのは、国産和牛を3種類の味噌で煮込んだ「牛すじどろ炊き」(1本230円)。 「視覚的にインパクトがある」と開発し、看板メニューとして定着した。 醤油ベースのタレで煮込んだ 「角の豚串」(1本230円)は豚肉、ネギ、こんにゃく、うずらの卵を一つの串で楽しめる。 ハイボールの中・大は同じ値段で提供 ドリンクのラインナップも特徴的だ。 「レモンサワーセット」(880円)は600mlのボトル、レモン2個分、氷がセットで提供。 ハイボールは中と大のサイズで値段が変わらない(ジムビーム420円、だるま580円など)。 工藤氏は「多くの人はシンプルに『ハイボールを』と注文しますが、必ず『中も大も同じ値段ですがどうしますか』と聞いています」と話す。 「同じ値段で満足感を高めてほしい」との狙いだ。 酎ハイシリーズでは昭和カラーが光る。 「ガリガリ君ソーダ」(480円)は当たりが出ればもう1杯、コダマバイスサワーは2杯飲めて480円。 半世紀以上のロングセラー商品を使った「不二家ネクター」(480円)や「あのころのマズイヤツです」との一言が添えられた「ハイリキ(レモン/プレーン)」(580円)なども飲み会の話題の種となりそうだ。 「週に1回以上来てもらうには飽きられない工夫が必要」とうぐいすの各店舗ではメニューの2割を常に更新している。 3ヶ月に1回、各店舗が3、4品の新メニューを提案して入れ替えを行うという。 定期的なメニュー更新を目標に、従業員たちは日々視察などを重ねてブラッシュアップを図っている。 テーマを絞った店舗展開も視野 開業から約1ヶ月、7割の客は周辺のサラリーマンだ。 工藤氏は「地域に根付き、人が育ち、客が溢れるようになれば次の店舗も考えたい」と話す。 今後は「うぐいす」ブランドで鶏や魚、立ち飲みなどさらにテーマを絞った店舗展開も考えているという。 「尖った専門店が好き」という工藤氏が率いる同社のこれからに期待が高まる。 (取材=港そら).

次の

ネオだねぇ「角のうぐいす 博多店」福岡市博多区博多駅南

角 の うぐいす 博多

個性派ぞろいの飲食店が立ち並ぶ、 ・エリア。 ここに2017年9月、 超良心的なが誕生しました。 その名も 「角のうぐいす」。 店名の通り、 交差点の角っこにお店はあります。 中に入ってみるとご覧の通り。 老若男女でワイワイガヤガヤ。 平日の夜なのに大賑わい!オープンして1年未満ですが、もう既に人気店の仲間入り。 コの字のカウンター席にテーブル席もあり、店内は想像以上に広々としていますよ。 「角の豚串」(1本230円・手前)と 「牛すじどろ炊き」(1本230円・奥)です。 この2つは「角のうぐいす」の 看板メニューで、 9割のお客さんが注文するとか。 私たちも名物串をま~す。 まずは「角の豚串」から。 豚肉以外に ネギとコンニャク、うずらの卵が刺さっています。 毎日でも通えるコスパの良さが魅力 次は何を頼もうかとメニューを見てみると… 一品メニュー180円~?!最高金額680円?!?! めちゃめちゃ良心的やんww 「チュッチュ棒」(しかも1グループで180円&食べ放題)や、 「うぐいす野郎の桜干し」(別名みりん干し480円)といったユニークなメニューも。 こんな素敵な店、近くにあったら毎日通っちゃう…(笑) その中から「ポテサラうぐいす」(380円・税別)をチョイスしてみました。 お分かりいただけますか? このポテサラ、アボカドを一緒に練り込んでいるから 緑がかっているんです。 「皮は パリッ、中から ジュワッと肉汁があふれ出てきました。 次のドリンクメニューを頼むことにしました。 店長さんからセットで頼んだほうがお得と教えてもらい、出てきたのがコレ。 冷凍レモン2個分、氷、ボトル600mlが付いた「レモンサワーセット」(780円・税別)です。 これで 約3杯分も堪能できるらしい!絶対セットのがお得やん! 冷凍レモンをたっぷり入れてみた。 さぁーて、サワーに頭からダイブしている水色のこの子は…?? はい、ガリガリくんでしたー!(笑) ガリガリくんが丸ごと一個入っている「ガリガリ君ソーダ」(480円・税別)は、 まずはそのままアイスをかじって、溶けてきたら状にして味わうのがグッド。 しかも 当たりが出たらもう一杯サービス!だけど… ………残念、外れてしまいました(泣) こんな仕掛けも面白いですよね! ほかにはこちらも… ドドン。 花火が刺さった 「夏祭り」(480円・税別)! グラスの中にはイチゴのカキ氷を使ったサワーが入っています。 入道雲のようにフワフワしているのは綿菓子です。 「牛ハラミ山葵まみれ」(680円・税別)です。 こんなにワサビがのっているのに、 肉の甘味が強いからそこまで辛さを感じない! 炭火で焼き上げた牛ハラミはとってもですよ。 特にカウンター席がおすすめ。 なぜなら目の前に、 気さくでユーモラスな店長がいるから!!! 店長「見てください、このメガハイボール! ジムビーム1リットルで500円(税別)なんですよ!!」 この満面の笑みで写っているのが店長さん。 「毎日でも気軽に通えるお店を作りたい」と、のスタイルにしたそうです。 店長以外のスタッフさんもみんな元気いっぱい! 追加で注文した 「クリームうぐいす」(480円・税別)を持ってきてくれたのは、 笑顔が爽やかな イケメンのお兄さんでした。 お兄さん「クリームうぐいすは、〆のスイーツといったところでしょうか。 女性に人気ですよ」 ガッチリ体型のこちらのお兄さん。 実は に出場したことのある、すごい経歴の持ち主でした!! フリーペーパー営業、旅行雑誌編集部を経て、 現在は編集プロダクションに所属。 気になる飲み屋があれば、一人でもふらりと入ってしまうほどお酒が大好き。 今では同世代から親世代まで、幅広い飲み友達をもつ。

次の

福岡の大衆酒場「角のうぐいす博多店」2019年6月上旬オープン!

角 の うぐいす 博多

博多駅筑紫口から徒歩8分、オフィスや住宅街が立ち並ぶ一角に6月17日、「酒場 角のうぐいす博多店」が開業した。 九州一の繁華街として知られる天神地区周辺の人気大衆酒場「酒場 角のうぐいす」(春吉)と「酒場 踊るうぐいす」(今泉)に次ぐ3号店だ。 運営するoffice nine 代表取締役の工藤祐氏は「うぐいすの業態がビジネス立地でもお客さんを集められるのか試してみたかった」と語る。 大衆酒場の「カオス」を演出 暖簾をくぐり、引き戸を開けると目に入るのは厨房を囲む櫓と提灯。 全70席ある店内は奥まで見通せる造りで、壁には昭和の食堂を思わせるレトロな電飾看板にメニューが記されている。 工藤氏が1、2号店から一貫して、イメージしているのは「サラリーマンからおしゃれな若者まで、あらゆる人が集うカオス的な酒場の雰囲気」だ。 一方で、従業員や来店客の多くは「昭和」を知らない若者たち。 「昭和」に近代的なアレンジを加えた同店の空間は「逆に新鮮さがあるはず」と工藤氏。 「従業員にはこの空間をしっかり感じてもらい、『週に1回気取らずに立ち寄れる店』というコンセプトもしっかりと伝えている」と話す。 コンセプトはもとより、春吉2丁目交差点の「角」という立地から認知度も高かった2017年8月開業の「角のうぐいす」。 博多駅東3丁目に店を構えた3号店の博多店も「胸を張ってブランドを育てていってほしい」との思いを込め、同じく「角のうぐいす」と名付けた。 「うぐいす」は福岡県の県鳥にちなんだネーミングだ。 価格別メニューでわかりやすさを重視 同社は大名と今泉でもつ鍋専門店「こうづき」も運営する。 「もつ鍋はハレの日使いのために、年に1、2回使ってもらう業態」と工藤氏。 一方で、「うぐいす」は週に1回は訪れ、「早い・安い・うまい」を提供する空間だ。 メニューは180円〜680円の価格別に分類し、「分かりやすさ」を重視。 180円シリーズには「うだまの煮付け」「串カツ豚バラ」のほか、「プッチンプリン」や「チュッチュ棒」(1グループで180円&食べ放題)など遊び心のあるサービスも光る。 280円シリーズでは10種類以上のスパイスで味付けした「大手羽Z」「ピーマン揚げ浸し」「肉味噌キャベツ」「うぐICEレモンシャーベット」などが並ぶ。 380円シリーズは「ポテサラうぐいす」「赤ウィンナー」「クリームチーズと燻りがっこ」など。 480円シリーズの「豚キムチ」「焼きラーメン」に加え、680円シリーズには「牛ハラミ山葵まみれ」「鉄板麻婆茄子」「伊万里牛ロース焼きしゃぶ」など食べ応えも申し分ない。 入り口の最も目立つ場所に置かれた鍋に放射線状に並べて煮込まれているのは、国産和牛を3種類の味噌で煮込んだ「牛すじどろ炊き」(1本230円)。 「視覚的にインパクトがある」と開発し、看板メニューとして定着した。 醤油ベースのタレで煮込んだ 「角の豚串」(1本230円)は豚肉、ネギ、こんにゃく、うずらの卵を一つの串で楽しめる。 ハイボールの中・大は同じ値段で提供 ドリンクのラインナップも特徴的だ。 「レモンサワーセット」(880円)は600mlのボトル、レモン2個分、氷がセットで提供。 ハイボールは中と大のサイズで値段が変わらない(ジムビーム420円、だるま580円など)。 工藤氏は「多くの人はシンプルに『ハイボールを』と注文しますが、必ず『中も大も同じ値段ですがどうしますか』と聞いています」と話す。 「同じ値段で満足感を高めてほしい」との狙いだ。 酎ハイシリーズでは昭和カラーが光る。 「ガリガリ君ソーダ」(480円)は当たりが出ればもう1杯、コダマバイスサワーは2杯飲めて480円。 半世紀以上のロングセラー商品を使った「不二家ネクター」(480円)や「あのころのマズイヤツです」との一言が添えられた「ハイリキ(レモン/プレーン)」(580円)なども飲み会の話題の種となりそうだ。 「週に1回以上来てもらうには飽きられない工夫が必要」とうぐいすの各店舗ではメニューの2割を常に更新している。 3ヶ月に1回、各店舗が3、4品の新メニューを提案して入れ替えを行うという。 定期的なメニュー更新を目標に、従業員たちは日々視察などを重ねてブラッシュアップを図っている。 テーマを絞った店舗展開も視野 開業から約1ヶ月、7割の客は周辺のサラリーマンだ。 工藤氏は「地域に根付き、人が育ち、客が溢れるようになれば次の店舗も考えたい」と話す。 今後は「うぐいす」ブランドで鶏や魚、立ち飲みなどさらにテーマを絞った店舗展開も考えているという。 「尖った専門店が好き」という工藤氏が率いる同社のこれからに期待が高まる。 (取材=港そら).

次の