ブラクロ 漫画。 ヒロアカよりブラクロがネットで評価されてるのが意味不明すぎる件

ブラクロ255話ネタバレ考察感想あらすじ!ノエルの一撃にヴァニカが血を吐く!?

ブラクロ 漫画

ブラクロのラスト結末のネタバレや、最終回のその後を予想していきます。 つまりこの部分が、ラストの「目標」となるとも言えるでしょう。 そのためブラクロのラストの注目ポイントは、アスタが「魔法帝」になれるのか!?という所になるでしょう。 しかし、現段階までの展開を見ている限りでは、未だアスタの出生の秘密も明らかになっていませんし、その正体にも謎が残されているように思いますよね。 さらに、 魔法の力がすべてを左右する世界で、生まれつき全く魔力のない辺境の村で育ったアスタと共に、魔法帝を目指すため魔法騎士団に入団した幼馴染のユノの存在。 ユノが今後アスタとは別の道を歩む事になる…なんて予想まで飛び交っています。 まだまだ気になるポイントが多いブラクロは、どのような形で最終回を迎えるのでしょうか。 アスタが魔法帝になるのは既定路線? 主人公のアスタが魔法帝になれるのか?が鍵になるブラクロで、キャラクター達が最後にどうなるのかということは、一番気になるところです。 一番良い結末であり、ストレートに考えられる最終回は、主人公・アスタが魔法帝になるという結末でしょう。 ラストだけをざっくりと考えるとその一択となりますが、そこにたどり着くまでには様々な困難を乗り越えなければなら無い事は安易に予想できます。 もしかすると、そこに至るまではきっと仲間の誰かは命を落としたりする可能性や、敵になる可能性も… そこで浮上するのが、主人公の幼馴染でライバルであるユノの存在ですが、最後まで生きて、アスタの側で見守っててもらいたいですね。 アスタの正体が明らかになる? 物語終盤では、読者みんなが気になっているアスタの正体も明かされる事でしょう。 現在までの展開を読み進める上で、一番可能性が高いと思われるのが「魔神・悪魔」であるという説。 アスタはどんな秘密を持っていて、それが今後の展開にどのような影響を及ぼすのか?が、物語のラストスパートには大きく影響するでしょうね。 アスタとユノの関係は? 現在アスタについて分かっていることは• アスタのグリモワールに悪魔が住んでいる• アスタの魔法はエルフ族の長リヒトが使っていた魔法• 魔神はエルフ族の禁術である最終兵器• 出生不明 とまだまだ分からない事だらけ。 そんな中、ユノの正体について意味深なセリフが描かれたシーンがありました。 白夜の魔眼アジト襲来編にて、サードアイのライアは「さすがリヒトくんの…. 」と発言。 リヒトくんの…何なのか!?という所が読んでいても非常に気になるシーンですね 笑 ただこの事から、恐らく息子なのではないか?と考察され、その場合ユノと一緒に捨てられていたのがアスタではないか?という見方が出来ます。 もし本当に2人ともが息子であった場合、アスタとユノは兄弟・双子という事になりそうですよね。 そう過程した場合に気になるのが容姿や体質の違い。 ユノは「高身長」「高魔力」であるのに対し、アスタは「低身長」「魔力ゼロ」です。 しかも髪色も黒と白と全く違う風貌ですし、見た目から血がつながっているという印象は一切受けません。 本当に2人が双子なのか?その場合2人の関係性にどんな変化がもたらされるのか?については、ラストまでに明らかになる事でしょう。 アスタとノエルの恋愛はどうなる? ブラクロのラストを予想する時に、もう一つ気になるのが、アスタとノエルの関係はどうなるの!?という部分です。 ノエルは、戦闘面では大活躍ですが、プライベートでアスタに面と向かうと、上手く喋れなくてついキツい態度を取ってしまうツンデレっぷり。 しかし、本当はアスタの様子が気になって仕方がないようで、アスタが「黒の暴牛」の先輩達と合コンに参加すると聞いた時などは、見つからないように様子を見に行ってしまう可愛い姿も描かれていました。 もう一つ印象的だったシーンが、アスタ本人から「ノエルのこと好きみたいだ」と言われた時のノエルの反応。 しかし一方のノエルは顔を真っ赤にさせて照れながら、アスタの事を魔法でぶっ飛ばしていましたよね(笑) これらの描写から、ノエルはアスタの事を恋愛感情で「好き」と感じているのでしょう。 アスタが魔法帝になる前に恋愛に現を抜かす何てことは考えにくいので、全てに決着がついた後、ノエルに対して恋愛感情を抱くような事があれば、晴れて二人は両想いとなりそうですね! 恋愛シーンは描かれないと予想! しかしながら、2人が恋愛関係に発展して恋人として接していくようなシーンは描かれないのではないかと予想します。 というのも、物語の終盤にきて突然ラブシーンが増えたら読者としてはパニックですよね(笑) そのため、キスシーンやイチャイチャするようなシーンはなく、「これからもずっと一緒にいてね」とか、「大切だ」と言われてノエルが頬を赤らめる、程度の恋愛模様しか描かれない可能性が高いでしょう。 アスタの最後の敵はユノ!? ブラクロのラストを予想する上で「アスタがどうやって魔法帝になるのか!?」という所は非常に大切ですね。 そこで思い出されるのが、「ユノが闇落ちする」という説。 ユノもアスタ同様に秘密が多いキャラクターで現在も謎に包まれていますよね。 しかし、そんな中わずかなヒントをつなぎ合わせると、ユノの父親が、初代魔法帝・リヒトではないか?という考察が生まれます。 上記した通り、アスタとユノは双子である可能性も考えられますが、何事にも二極性は付き物です。 高魔力であるユノVS魔力ゼロであるアスタ、という構図になった時に、アスタはどうやってユノを倒すのか?というのも気になりますね。 ただ一つ、ユノには生きていてほしい…! 戦い終わった後にお互いの力を認め合って、魔法帝になったアスタの横でユノが支える、という姿が最終回であってほしいですね! ブラクロの最終回・ラストはハッピーエンド? まだまだ回収されていない伏線がたくさんあるので、今後の展開でどうなっていくか、予想もできない部分も多いですね。 特にユノの存在は重要で、ラストの展開に大きく関わってくる事はきっと避けられません。 アスタ的に幼馴染であり、自分の最も近しい人であるユノともしも戦うような事になれば、これまでにない苦戦を強いられる事になるでしょう。 しかし、どんな結果になったとしても、ブラクロはハッピーエンドで結末を締めくくると思います。 予想というよりも個人的願望も含まれていますが…(笑) アスタとユノ揃ってハッピーエンドを迎えてほしいという気持ちが強い読者はきっと私だけではありませんよね! ここまでブラクロのラストを考えてくると、気になるのは最終回を迎えた後のアスタたちの動向です。 その動向次第では、第2弾・続編が連載スタートなんて事もあり得るかも!? という事で、最終回の後、どんな展開が予想されるのか?について見ていきましょう! ブラクロ最終回のその後は3パターンある? ブラクロの最終回の後の展開を予想する上で大切となるのが、最終回にどんな終わり方をするのか?ですよね。 上記では、最終回にはアスタが魔法帝になると予想をしてきましたが、万が一魔法帝に別の人がなったり、決着がつかなかった場合には、続きの展開も大きく異なるでしょう。 アスタが魔法帝になった後の出来事• アスタが再び魔法帝を目指す• 第二世代が主人公 そこで考えられる最終回のその後の展開は上記の3パターン。 その後、他国や異世界から新たな敵が出現して、アスタが戦っていくという案です。 この場合、アスタ1人が戦うシーンが描かれたのでは、仲間との絆や高め合い努力を続けていく姿など、ブラクロの魅力が半減してしまいそうですよね。 そのためこの続編が描かれるような事があれば、ユノの存在は必須であると思います。 ブラクロ最終回でユノが死なずに健在である事が条件ですね。 ただ、アスタが魔法帝になれなかったとしたら、他の誰が魔法帝の座についているのか?にもよってストーリーは変わってくるでしょう。 もしもアスタ以外の誰かが魔法帝になっていたとしたら、ブラクロは何ともスッキリしない最終回になりますよね。 上記の最終回予想ではアスタとノエルの恋愛模様は描かれないと予想をしましたが、実は気になっている読者は多いと思います。 そんな中、もしもアスタの息子が主人公となって新たなストーリーが始まれば、1巻の最初で、親子3人のシーンが見られるかもしれませんよね。 そうなれば、年月が経ったアスタの姿が見られるだけでなく妻となったノエルの姿も見られるわけです。 これは、現ブラクロファンにとってもちょっと見てみたいシーンですよね。 ここまで想像したのはアスタの息子の場合ですが、ひょっとしたら数十年後・数百年後などのアスタが伝説になった後の展開もあり得るかもしれません! そうなったらブラクロとはちょっと違うストーリーとして読み進める事が出来て楽しそうですね! スポンサーリンク 『ブラクロ 最終回 ネタバレ』まとめ かっこいい! — Purplexxiii👸 Violetxxxiii 今回は、ブラクロラスト結末のネタバレや、最終回のその後を予想してきましたがいかがでしたか? 基本的に「アスタが魔法帝になる」という見方は変えられないのですが、そこにたどり着くまでの険しい道のりに見ごたえがありそうですよね! 特にユノと戦う日が来るのか…?2人の関係はどう変化していくのか?という所に注目していきましょう! まだ最終回を迎えていないブラクロのその後を予想するのは少々難しいですが、アスタとユノには元通りの関係に戻っていてほしいなぁと思いますね。

次の

ブラクロ255話ネタバレ考察感想あらすじ!ノエルの一撃にヴァニカが血を吐く!?

ブラクロ 漫画

最新記事 by 中年ペンギン• - 2020年6月26日• - 2020年6月25日• 第253話では悪魔の力のパーセンテージを徐々に上げていくヴァニカと、それに対等に戦うノエルの活躍。 女同士の熱い友情。 そして最後にはとうとう切り札・ネロが登場してヴァニカを封緘魔法で封じ込めます さあ254話ではどうなるのでしょうか? ということで、さっそく254話のネタバレ予想します! 前話までのおさらい ブラッククローバー254話ネタバレ予想「メギキュラの呪符魔法はいつ使うのか?」 253話ではヴァニカが最高潮に血がたぎってイキまくってましたね。 本当、危ない女です。 そして最後にネロが登場して封緘魔法を使いましたが、254話ではどうなるのか? その前にヴァニカについてまだ分かってないことをまとめます。 ・メギキュラの呪符魔法はいつ使うのか? ・眼帯は何を隠しているのか? ・本当の年齢は何歳なのか? ここまでヴァニカはノエルに対して血液魔法しか使っていません。 だから本当に自分が危なくなるギリギリまで使わずにとっておこうとしてる? 悪魔の力を引き出すことで、本来の血液魔法をより強力に扱えるようになり、たいていの相手にはこれで通用してしまうのでしょう。 だからこそ、ネロの封緘魔法で追い詰められた今こそ、呪符魔法を使うべきタイミンなのかもしれません。 ブラッククローバー254話ネタバレ予想「眼帯は何を隠してるのか?」 そして眼帯は何を隠してるのか? 普通に考えれば、眼帯の下には普通の目ではない魔眼のようなものがあると考えられます。 その魔眼こそが呪符魔法ではないでしょうか? つまり眼帯をとるとき=呪符魔法を使うとき そういうことなのかもしれません。 あるいは、眼帯は自分の能力を封じるためのものだった、という可能性もあります。 よく剣の達人とかがあえて眼帯をすることで自分を鍛えるというエピソードをよく聞きます。 ヴァニカも今よりもっと強くなるために、あえて能力を抑える眼帯を作らせて、毎日身につけることで強くなろうとしているのかもしれません。 強い相手と戦うのが三度の飯よりも好き、というタイプですから、修行して自分を鍛えるのも好きなのかもしれませんんえ。 最後に、ヴァニカの年齢ですが、前回、30歳以上では?という考察を書きましたが、そう思って253話を読み返したのですが・・・ ・・・うん、足が長くてモデルみたいなナイスな体型ですね。 乳は大きくないが。 戦う相手が女性だからいいけど、男性だったら超ミニスカだと中が見えちゃいそうで心配になりますね。 年齢に似合わぬ若いファッションですね。 ブラクロ254話ネタバレ予想のまとめ ネロの封緘魔法でノエルたちが全員「これで封じ込めたか?」と安心した瞬間、ヴァニカが封緘をバーンと打ち破り、ますます嬉しそうに戦いを楽しみそうです。 絶望的な状況になるノエルたち。 呪符魔法を出すまでもなく圧倒的な力の差を見せつけそうですね。 ブラッククローバー254話ネタバレ「力の差」 前回、ロロペチカとノエルが連携して攻撃してヴァニカの魔力を使わせて、最後にネロが封緘魔法で閉じ込める作戦でした。 ノエルは 「決まった・・・!ヴァニカの魔力と悪魔の力を封じ込めた!これで・・・」 あーあ、これはフラグが立っちゃいましたね。 こういう時はだいたい・・・ ロロペチカによると、これでこの世界に及んでいるメギキュラの力は機能しなくなるはずだと。 つまり自身にかかった呪いも解けているはずだと。 そういうわけで自分のお腹を見てみたら、 「呪いが解けて・・・ない!?」 作戦失敗か・・・。 まあ、こんな簡単にやられるわけないよな。 するとヴァニカの方から 「私達に圧倒的に劣るというのに時に予測を超えた魔法を出してくる。 やはり人間は興味深い・・・」 人間は、って言っているので、これは メギキュラが発している言葉ですね。 メギキュラがいよいよ喋りだしました。 その瞬間、メギキュラのおぞましい魔力が広がり、ネロが締め付けられ、そして魔力が爆発してロロペチカの水魔法で作った空間が四散しました。 後に残ったのは、攻撃を受けて倒れているノエル、メギキュラの魔力で縛られてるネロ。 そして素の状態に戻り、恐怖におびえているロロペチカでした。 「もう少しで私の力は封じられていた。 素晴らしいよ、人間。 もっと弄りたくなる」 ここでヴァニカの顔がアップになりました。 — 2020年 6月月19日午後3時23分PDT 顔の右側がメギキュラ、左側がヴァニカになってます。 右側は顔が真っ黒、目も真っ黒です。 左側は顔は元のままですが、目の回りにメガネのような魔力の紋様が浮き出ています。 あれですね、永井豪のマジンガーZに出てくる「あしゅら男爵」のようです。 あしゅら男爵の場合、右側が女性で左側が男性でしたが。 ロロペチカは 「なぜ・・・ネロさんの封緘魔法は成功したはず・・・?」 するとメギキュラがご丁寧に答えてくれました。 ブラッククローバー254話ネタバレ「メギキュラの呪符魔法とは?」 このメギキュラ、どことなく研究家の気質があるのか、知識をひけらかすところがありますね。 その説明によると、 メギキュラは呪符魔法「衰える世界」を発動していたようです。 衰える世界は、メギキュラに影響する魔法術式を減退させる魔法で、ヴァニカが70%の時点ですでに発動していたという。 なるほど、なかなか用意周到ですね。 「封緘魔法…冥域の魔法でも上手く減退できた。 良い実験になったよ」 なんでも研究対象にして、いい結果が得られると喜ぶなんて、悪魔にしては変わり者かもしれませんね。 すると左側のヴァニカが口出ししてきます。 「ちょっとメギキュラ~、邪魔しないでよ。 私が楽しんでるんだから」 メギキュラが表に出てくると、あしゅら男爵状態になり、左右で会話ができるのが面白いですね。 ロロペチカの傍らには、メギキュラによってダメージを受けた水の精霊・ウンディーネが倒れています。 メギキュラは 「水の精霊に呪いをかけたのは初めてだ。 これも良い実験になった。 」 ロロペチカはショックを受けておかしくなる寸前の状態です。 そこへお腹の呪いが反応して激痛で叫びうずくまるロロペチカ。 「おや失敬、私が近づいたせいで呪いが反応してしまったね」 ロロペチカは激痛で動けなくなり、ウンディーネも使い物にならない。 「ここまでだね」 そう言って終わらせようとするメギキュラに今度はヴァニカが口出しします。 「ちょっと待ってよ、ロロペチカちゃん!」 せっかくいいところだったのに、まだ頑張れるよね?と問いかけるもロロペチカは泣いたまま。 「あ、コイツ、もうダメだ」 見切りましたね。 「あ~あ、つまんないの。 もう死んでいいよ」 そしてトドメを刺そうとするヴァニカ。 すると!ノエルがゼェゼェ言いながら立ち上がります。 ヴァニカにすれば、ノエルなんてロロペチカの魔法がないとたいしたことがないと思ってます。 それでも突っ込むノエル。 それに攻撃を加えるヴァニカ。 「力の差がありすぎて冷めるわー」 すると! 「まだよ!力の差、そんなもの関係ない!」 — 2020年 6月月22日午前6時29分PDT なんとノエルはヴァニカの攻撃をヴァルキリードレスで致命傷をギリギリ受け流しながら前へ進んできました。 その瞬間、ヴァニカはゾワッとし、メギキュラは「この娘はー!」と何かに気づきます。 そしてノエルは攻撃をかいくぐり、ヴァニカのお腹にまた槍を突き刺しました! ブラッククローバー254話の感想と考察 まあ、最初の作戦が通用しなくて、心が折れる寸前まで行ったけど、ノエルだけは諦めず立ち上がり、一撃を加えることに成功した感じです。 今回、メギキュラがしゃべったことで、今まで謎だったメギキュラのことが少し分かってきましたね。 悪魔にも個性があるのが面白いですね。 最後の攻撃の時、メギキュラはノエルが以前呪いをかけた女の娘だと気づいたのではないでしょうか? そしてヴァニカもノエルを認めたことで、また面白がって戦うのかもしれません。 しかし・・・力の差がありすぎて、ここからどう戦うのか。 普通に戦ってもやがてはジリ貧になりそう。 ネロがなんとか復活しないと望み薄だなぁ。 次回も楽しみ。

次の

【ブラクロ】254話ネタバレ!メギキュラ現る!水の精霊ウンディーネが呪いで消滅!?

ブラクロ 漫画

『ブラッククローバー』の概要 『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品である。 2015年から連載が始まり、『週刊少年ジャンプ』の看板漫画の一つとなった。 その人気から、アニメ、ゲーム、小説、など様々なメディアミックスが成された。 孤児の少年であるアスタとユノは、国を救った英雄である『魔法帝』を目指していた。 二人は魔法帝になるべく訓練を続けていたが、才能豊かなユノに対して、アスタは魔法を使う為のマナを持たず、全く魔法を使うことができなかった。 15歳になった二人は魔法を使うために必要な『魔導書(グリモワール)』を授与される日を迎えた。 ユノは伝説とされる『四つ葉の魔導書』に選ばれるが、マナを持たないアスタは魔導書に選ばれなかった。 アスタは一度は絶望するが、ユノの言葉を受けて奮い立つ。 そんなアスタの前に現れたのは「悪魔が宿る」とされている『五つ葉の魔導書』だった。 2人は様々な敵と戦いながら魔法帝を目指す。 『ブラッククローバー』には、様々な魔法騎士が登場する。 彼らが使用する個性豊かな魔法は、この作品の魅力の一つとなっている。 魔法とは 魔法は、マナと呼ばれるエネルギーと、『魔導書(グリモワール)』という本を用いる事で発動することができる。 使える魔法は、基本的には一人一系統となっているが、マナに愛される者は複数の系統の魔法を使うことができる。 魔法の属性は遺伝することがほとんどであり、両親が持つ属性のどちらか、もしくは両親が持つ属性が合わさった属性を持つ事になる。 魔法は単なる攻撃魔法以外にも以下のような種類がある。 創成魔法:魔法により武器や生物を創成する 拘束魔法:対象の行動や、魔法を封じる 回復魔法:魔法により傷を治癒する 精霊魔法:風の精霊であるシルフや、火の精霊であるサラマンダーの力を借りて強力な魔法を発動する 弱体魔法:対象の身体能力や感覚を弱体化する 呪詛魔法:対象に呪いをかける 強化魔法:対象の身体能力などを引き上げる 罠魔法:あらかじめ魔法を設置し、条件を満たした者に対して発動させる 複合魔法:複数人で強力な魔法を発動する.

次の