経 皮 的 冠動脈 インター ベンション。 PCIの看護|その目的と手術法、合併症を踏まえたケア・観察項目

冠動脈のカテーテル・インターベンションについて

経 皮 的 冠動脈 インター ベンション

1、PCIとは PCIはPercutaneous(経皮的:皮膚を通して処置をするという意味)Coronary(冠動脈:心臓に酸素や栄養分を送る動脈)Intervention(インターベンション:細い管(カテーテル)を介して治療するという意味)の略で、冠動脈インターベンションとなります。 これは心臓カテーテル治療のひとつで、PTCA(percutaneous transluminal coronary angioplasty:経皮的冠動脈形成術)などもこの治療に含まれます。 PCIは施術の主流を占めていた時代や施術を行う施設によって呼び名が異なり、経皮経管冠動脈形成術、風船治療などと呼ばれることもあります。 2、PCIの対象となる疾病 狭心症や心筋梗塞に代表される虚血性心疾患は、冠動脈の狭窄や閉塞によって発症します。 心筋梗塞は、心臓の筋肉への血液供給が阻害され、虚血状態になり、胸痛などの症状をきたす疾患です。 特に冠動脈が突然詰まる急性心筋梗塞は全くの前兆(狭心症)無しに発症し、時間の経過と共に心筋が壊れる(梗塞)ため、命に関わる可能性があります。 このうち薬物療法は基礎的治療法で、この治療を行った上でPCIおよび冠動脈バイパス術が行われます。 冠動脈バイパス術に関しては、「」をお読みください。 3、PCIの穿刺部位 冠動脈の治療を行う場合、カテーテルを用います。 カテーテルを挿入する代表的な部位として、手首(橈骨動脈)、肘(上腕動脈)、ももの付け根(大腿動脈)の3カ所がありますが、患者さんの病態や状態によって、最も適した箇所を穿刺部位として選択します。 穿刺部位にももの付け根を選択し、大腿動脈からアプローチした場合は、血管を縫合することで治療後の安静時間を短縮し、患者さんへの負担をできるだけ短くする配慮がなされています。 4、PCIの作業の一例 ここでPCIの作業の流れを振り返ってみましょう。 ここではバルーンとステントを使用した場合を紹介します。 局所麻酔を行い、シース カテーテルを出し入れするための血管に入れる管 またはガイディングカテーテルという(径2mm程度の管)を血管に挿入• カテーテルを冠動脈入り口まで挿入• ガイドワイヤー(極めて細いワイヤー)で、狭窄部位や閉塞部位を通過• 拡張部にステントを留置 5、PCIの手技 冠動脈は患者さんによってさまざまな病変を見せます。 人によって硬い病変もあれば、やわらかい病変もあります。 また病変が長かったり、比較的短いものであったり、病変が一箇所にとどまらず複数あるなど、個人差があります。 病変の様態によって使用するカテーテルの種類や治療の方法が変わってきますので、確認しておきましょう。 現在行われている主なPCIの手技を以下に紹介していきます。 細くなった血管にバルーンを挿入し、造影剤で満たし、血管を拡張します。 高速で回転し、動脈硬化の進行により石灰化し、非常に固くなった病変を削ります。 6、PCIに伴う合併症 PCIは、熟練した循環器の医師らが十分な症例の検討と準備をした上で行いますが、合併症や副作用は皆無ではありません。 というのも施術には造影剤や血栓を予防する薬などを使用するほか、カテーテルを血管内で操作するからです。 この治療に伴う合併症の頻度は高いものではありませんが、次のようなものがあります。 急性冠動脈閉塞 PCI後6時間以内に発症することが多いとされており、冠動脈を拡張させた部位の再狭窄や、治療部近位の冠動脈の閉塞などが原因として考えられます。 ステント血栓症 狭窄を回避させるために留置したステントに血栓がたまることです。 不整脈 PCI術後の心筋梗塞後の期外収縮、房室ブロック、徐脈に注意してください。 冠動脈の穿孔・破裂とタンポナーゼ ガイドワイヤーによる冠動脈の穿孔やバルーンカテーテルによる冠動脈の破裂、またロータブレーター、ステント植え込みに伴って冠動脈の穿孔が起こることがあります。 PCIで発生した冠動脈の穿孔では、急速に動脈血が心嚢内へ漏れ出し、心嚢刺激による迷走神経反射が発生、徐脈と血圧低下が起こります。 処置が遅れると心タンポナーデに陥ります。 血圧低下 原因として、極度の精神的緊張や穿刺部の疼痛に伴う迷走神経反射によるもののほか、術前の絶食などによる脱水が考えられます。 脳血管障害、その他の塞栓症 カテーテルやガイドワイヤーの操作や、造影剤の急速注入による血液や造影剤の気泡化によって大動脈壁についているプラークが剥離し、プラーク塞栓症が起こります。 造影剤による腎機能障害 特に高齢者に多い症例で、多量の造影剤使用に伴い、腎機能低下が発症する可能性があります。 徐脈 一過性の迷走神経刺激によるもので、患者さんによっては過度の緊張や穿刺部の疼痛によって引き起こされます。 また、右冠動脈や左回旋枝領域のPCIに伴って発症する場合もあります。 薬のアレルギー 造影剤などによりアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。 7、PCI後の看護・観察項目 PCI後の患者さんの看護は、PCIに伴う合併症を十分に認識した上で行う必要があります。 ここでは特にPCI後に看護観察において見過ごしてはならない項目について見て行きましょう。 術後は使用している薬剤も併せて考える必要があるでしょう。 不整脈についても他の原因によるものなのか、確認が必要です。 PCIでは造影剤を使用するため、腎障害やインアウト、凝固系もみていく必要があります。 まとめ PCIの術後の看護は、合併症や再発などを十分に配慮した非常に神経を使うものだと言えます。 患者さん一人一人の心身の状態に気を配ることはもとより、個々の患者さんの生活習慣や暮らし向きを把握し看護にあたることが求められます。 PCIに関する知識の習得も大切ですが、最も大切なのは常に患者さんへの観察眼を働かせ、患者さんと向き合う中で、ちょっとした異変に気付くこと。 それこそが看護師に求められる比類ないスキルなのだと言えるでしょう。 jdepo.

次の

プライマリ経皮的冠動脈インターベンションのガイドラインの改定

経 皮 的 冠動脈 インター ベンション

冠動脈インターベンション 経皮的冠動脈形成術)PCI,PTCA 冠動脈インターベンションのはじまり 冠動脈インターベンションは、経皮的冠動脈形成術、経皮経管冠動脈形成術、風船治療など時代や施設によりいろいろな名称でよばれています。 英語・英略名では、PCI(percutaneous coronary intervention)やPTCA(percutaneous transluminal coronary angioplasty)と表記し、これらはすべて同じ治療=心臓カテーテル治療のことを表します。 冠動脈インターベンション(PCI,PTCA)の歴史は、1977年、スイスの医師グルンチッヒ(Dr. Andreas R. Gruzig )が初めてバルーン(風船)で血管を膨らませたことに始まり、欧米において、研究と患者への適応が積極的に行われてきました。 わが国では、1981年に始めて実施されました。 冠動脈インターベンションの概要 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は冠動脈の狭窄や閉塞によって、心臓の筋肉への血液の供給が不足し胸痛などの症状をきたす疾患です。 特に急性心筋梗塞では、命に関わることもあり、迅速で適切な治療が重要です。 このような疾患の治療法として、• 薬物療法• 冠動脈インターベンション(心臓カテーテル治療)• 冠動脈バイパス術 の3種類の方法があります。 このうち、薬物療法は治療の基本で、通常は薬物療法を行った上で、冠動脈インターベンションや冠動脈バイパス術を行います。 循環器内科が 冠動脈インターベンションを担当し、が冠動脈バイパス術を担当しています。 冠動脈インターベンションの実際 冠動脈の治療を行う場合カテーテルを用いますが、そのカテーテルを挿入する部位として、手首(橈骨動脈)、肘(上腕動脈)、ももの付け根(大腿動脈)の3カ所があります(詳しくはをご覧下さい。 患者さんの病変や病態などに応じて、穿刺部位を選択しています。 大腿動脈からのアプローチでは、血管を縫合する道具を用いることにより、治療後の安静時間を短くしています。 冠動脈インターベンションの大きな流れ• 局所麻酔を行った後で、シース カテーテルを出し入れするために、血管に入れる管 を血管に挿入します。 カテーテルを冠動脈入り口まで挿入します。 細いワイヤーで、狭窄部位や閉塞部位を通過させます。 ワイヤーに沿ってバルーンを進めます。 バルーンをふくらませることで、血管を拡張します。 通常、その部分にステントを留置します。 冠動脈インターベンションで行われる手技 冠動脈の病変は、硬い病変ややわらかい病変、また長い病変や短い病変、一箇所の病変か複数の病変など個人差があります。 病変の条件により使用するカテーテルの種類や治療の方法も違います。 現在行われている主な冠動脈インターベンションの手技には次のようなものがあります。 血栓吸引療法 冠動脈内がやわらかい血栓でふさがれている場合、血栓を吸引・除去し血行を改善します。 当科では、薬剤コーテッドバルーン Drug-coated balloon DCB を全国に先駆けて導入し、臨床研究として使用を開始しました。 世界で初めての、薬剤溶出性ステントの再狭窄病変に対するDCBの有用性に関する報告は、欧米の一流医学専門誌に採用され、また、その後も、このバルーンの優れた成果を世界へ向けて発信しています。 末梢血管の保護• 血管内超音波検査(IVUS)• 冠動脈光干渉断層撮影(OCT)• 冠動脈インターベンションに伴う合併症 冠動脈インターベンションは、熟練した循環器内科の医師とそのチームが十分な症例の検討と準備をした上でおこないます。 そのため、治療に伴う合併症の頻度は高いものではありません。 しかし、造影剤や血栓を予防する薬などを使用し、また、血管内でカテーテルを操作する治療であり、不可抗力による合併症や副作用は皆無ではありません。 冠動脈インターベンションに伴う合併症には、以下のようなものがあります。 急性冠動脈閉塞• ステント血栓症• 急性心筋梗塞• 冠動脈穿孔• 出血性の合併症• 脳血管障害、その他の塞栓症• 造影剤による腎機能障害• 神経障害• 薬のアレルギー 冠動脈インターベンション施行中の緊急手術について 冠動脈インターベンションをおこなった方のうち、緊急手術を要した患者さんは0.1%前後です。 冠動脈インターベンション治療に伴う死亡 冠動脈インターベンションをおこなった方のうち、頻度は非常に低いものの、上述のような合併症が起こることがあります。 その際には、最善の治療を行いますが、わずかな頻度(0. 1%前後)で救命できない方もおられます。 一般的には、高齢の方、治療前の診断で、重症度が高い方、全身状態の悪い方、他疾患(腎不全や脳血管疾患など)を合併している方が高いと考えられます。 冠動脈インターベンション治療後の生活について 冠動脈インターベンションに伴い、胸痛発作などの症状は軽快されると思いますが、動脈硬化を来しやすい体質がなくなるわけではありません。 動脈硬化を進行させないための薬物療法や生活習慣の改善が重要です。 また、ステントを留置された方では、ステントの閉塞の予防のための薬物療法も特に重要です。 再狭窄 カテーテル治療を行い、狭い血管を拡張した後、再度拡張した部位が狭くなることをいいます。 薬剤溶出性ステントを留置することでその頻度は減少していますが、頻度は低いものの認めます。 症状の再発があれば、早めに受診して下さい。 ステント留置後の薬物療法 ステント留置後の良好な長期成績を得るためには、適切な抗血小板療法を行う必要があります。 内視鏡検査や外科手術に際して抗血小板薬を中止すると、ステントを入れた部分が血栓で閉塞する場合があります。 内視鏡検査や手術の場合には、担当の先生とご相談ください。 また、不明な点がありましたら、遠慮なく相談下さい。 糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高コレステロール血症)のコントロール 糖尿病、高血圧症、脂質異常症のコントロールは非常に重要です。 かかりつけの先生のもとでの日々の診療が重要です。 生活習慣の改善 禁煙、食事療法、適度な運動は、再発予防のために非常に重要です。 狭心症、心筋梗塞の再発 生活習慣の改善や適切な薬物療法を行っていても、その頻度は低いですが、狭心症や心筋梗塞を再発する場合があります。 定期的に受診されることや、再発時には、専門施設を早期に受診されることが重要です。 監修 :門田 一繁(医師).

次の

経皮的冠動脈形成術

経 皮 的 冠動脈 インター ベンション

~49歳 11人 50~59歳 29人 60~69歳 50人 70~79歳 81人 80~89歳 43人 90歳~ 7人 カテーテル・インターベンションを 施行した患者の平均年齢 70. 6日 7. 2日 3. 0日 入院してから手術までの平均在院日数 0. 1日 0. 4日 0. 3日 手術してから退院までの平均在院日数 12. 6日 5. 8日 1. 7日 当院に入院した患者の平均在院日数 13. また、ここでは入院のきっかけとなった疾患が虚血性心疾患以外だった患者と、同じ入院中に循環器内科以外の診療科に移動(転科)して、他疾患の治療を行った患者のデータを除外してあります。 この後の在院日数の分布・年齢ごとの平均在院日数についても同様です。 入院中に複数回の手術を行なっている場合には、最初の手術を基準に算出しています。 0日 2. 0日 2. 0日 50~59歳 10. 4日 3. 0日 2. 6日 60~69歳 12. 0日 2. 7日 2. 6日 70~79歳 16. 8日 9. 5日 2. 5日 80~89歳 12. 9日 6. 7日 4. 9日 90歳~ 15. 4日 9. 0日 - カテーテル・インターベンションで 入院した患者の平均在院日数 13. 6日 7. 2日 3. 転院とは、他病院で引き続き入院する場合です。 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。 適応となる疾患 心臓に血液を供給する血管「冠動脈」の内部が狭くなったり、塞がってしまったりして起こる「狭心症」や「心筋梗塞」。 冠動脈のカテーテル・インターベンションとは カテーテルという細い管を用いて、冠動脈の狭くなったり、塞がってしまったりした部分を、血管の内側から治療する「経皮的手術」です。 まず、太ももの付け根や、手首または肘の血管から、シースという管を入れてカテーテルの通り道をつくります。 そして、シースを通してカテーテルを冠動脈の入り口まで進め、造影剤を注入して、X線撮影で冠動脈の狭窄した部分を確認します。 その後、狭窄部に治療用の道具を進めて、冠動脈の内側から治療を行ないます。 当院で行なっているカテーテル・インターベンションには、以下のようなものがあります。 経皮的冠動脈形成術 冠動脈の狭窄部分でバルーン(風船)を膨らませて、血管を拡げる治療です。 経皮的冠動脈ステント留置術 狭窄部分をバルーンで拡げた後、ステントと呼ばれるトンネル状の金網を入れて、拡げた冠動脈を内側から支える治療です。 ステントを入れても再び狭窄する恐れがありますが、再狭窄を起こりにくくするお薬を塗布した「薬剤溶出性ステント」を用いる治療も行なっています。 ロータブレター 冠動脈を狭くしている硬い病変を、ダイアモンドがついたカテーテルの先端部分を高速回転させて粉砕する治療です(赤血球より細かく粉砕されます)。 当院は、ロータブレターを行なう施設としての基準を満たしており、社会保険事務局への届け出を行なっています。 手術の特徴• 皮膚や血管を通して管を入れて、身体の内側から治療を行なう「経皮的手術」であり、皮膚を切開して病変を外側から治療する手術(外科的手術)と比べると、身体への負担が小さいことが大きな特徴です。 局所麻酔での手術であり、全身麻酔が困難な患者さんでも行なうことができます。 カテーテルが通る血管に高度な蛇行があると、手術が行えないことがあります。 カテーテル・インターベンションを行なっても、冠動脈が再狭窄することがあります。 予期される合併症 出血、血腫、仮性動脈瘤 治療終了後、カテーテルやシースを入れた場所は圧迫止血を行ないますが、圧迫中や圧迫終了後に出血して血腫(血液の塊)が形成されることがあります。 また、血管を穿刺した場所が塞がらずに、血管外に瘤状の血液溜まりができる仮性動脈瘤になることがあります。 血栓症・塞栓症 カテーテルや造影剤などを血管の中に入れたことにより、血栓(血管の中にできる血液の塊)が出来る可能性があります。 また、冠動脈を塞いでいたものが治療中に血液の流れにのって、細い血管に詰まることがあります。 血管損傷 治療中に血管を傷つけたり、塞いでしまったりすることがあります。 標準的な入院スケジュール 当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。 スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。 (緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。 )当院では、冠動脈のカテーテル・インターベンションに対応するスケジュール表が、シースやカテーテルを入れる場所と入院日数により、4種類あります。 入院スケジュール• 冠動脈形成術(橈骨動脈)・手術当日入院• 冠動脈形成術(大腿動脈)・手術当日入院 冠動脈形成術(橈骨動脈).

次の