フジコヘミング現在。 ~魂のピアニスト~ フジコ・ヘミング版画展

フジコヘミングの若い頃がかわいい!年収や自宅についても!|Happy Days

フジコヘミング現在

6月23日(土)に放送するテレビ番組、 SWITCHインタビュー 達人達! 出演するのは世界中を飛び回る ピアニストである フジコ・ヘミングさん。 フジコ・ヘミングさんは ビーズ刺しゅうデザイナーの田川啓二さんと 音楽と美について語り合います。 そんな本日はフジコヘミングさんの ピアノは下手なのか、それとも上手なのか、 そして評価や年齢、家族を調査したいと 思います。 本名はかなり長いんですね。 父親はスウェーデン人、母親が日本人なので フジコヘミングさんはハーフになります。 父親は画家で建築家、そして母親は ピアニストの大月投網子さんという方です。 才能溢れる両親の元に生まれたわけなので ピアニストになるのは天命だったのかもしれ ません。 ちなみにフジコヘミングさんの実弟 は俳優の大月ウルフさんという方ですね。 幼少期は両親と弟の4人で東京で 過ごしていたんですが、父親が日本に馴染めず ひとりでスウェーデンに帰ってしまい母親と弟の 三人で東京で暮らしていました。 母親がピアニストだったのでその影響で ピアノを始まることになり、10歳では父親の友人で 母親が師事したレオニード・クロイツァーに師事 することになります。 幼い頃からピアノの英才教育を受けていたので この頃から将来が約束されていたのかもしれません。 フジコヘミングさんは菜食主義として 知られていて、中でもジャガイモが大好物 のようですね。 そして猫が大好きで猫に囲まれながら 生活しています。 フジコヘミングさんは以前、ピアノとは なにか?と問われた際に猫を食べさせて行くための 道具と応えていました(笑) ある意味、ロックな生き方だなと関心して しまいましたね。 以前、深イイ話に出演したときに猫に 囲まれて生活している様子を取り上げられて いましたが、野良猫がいたら家に連れて帰って 来てしまうくらい猫愛が強い方です。 猫は唯一心を許せる存在で絶対に裏切らない と語っていました。 結論からいうとクラシックやピアノに精通して いる専門家の人たちからするとフジコヘミングさん の演奏に対してはかなり酷評です。 世界で演奏するレベルではないと言っている 方もたくさんいますね。 筆者はピアノに関してはド素人なので フジコヘミングさんの演奏を聴いても上手としか 思わないでしょう。 ただクラシックに精通している人やピアノに 対して耳が肥えてる方からするとどうなんだろうと いう意見が多数ですね。 ピアノやクラシックの評価というのは 聴く人のレベルもありますし、賛否両論あると 思いますよ。 どんなに演奏が上手くて才能溢れるアーティスト でも酷評されたりするわけですから、人に下手、上手 って言われてるうちは花だと思います。 上手下手関係なくフジコヘミングさんは結果と してコンサートを開き、お客さんも集まり、ピアノで 生計を立てているわけなので周りがなんと言おうと プロのレベルなんだと思いますよ。 でもひとつ、フジコヘミングさん自身が 言っていることで「私はミスタッチが多い。 でもそれを 直そうとはしない。 それを批判してくる方が愚か」と 語っています(笑) プロとしてやっている以上は自分が下手だと 認めはしないけど、でもミスタッチは多いからね、と 公言しているようですね。 それに対して酷評してくる人が多いことは ご本人も自負しているようです。 フジコヘミングの年齢や家族が気になる! 最後にフジコヘミングさんの 年齢や家族が気になりますよね。 気になるフジコヘミングさんの 年齢は1932年12月5日生まれの85歳でした。 かなりご高齢な方だったんですね。 ピアノを弾くことは認知症の予防にも なると言われてるくらいなので、ピアニストで あるフジコヘミングさんはまだまだ元気なの かもしれません。 ピアノを弾くことが若さの源になっている ことは間違いないと思います。 最後にフジコヘミングさんのご家族に ついて調べてみました。 まずフジコヘミングさんは結婚を していません。 過去にはたくさんの男性とお付き合いを して恋多き女性だったようですが、結婚をする ということは一切考えていなかったようです。 家族はたくさんの猫ちゃん達みたいですね。 実弟・大月ウルフさんは今現在も ご健在のようですよ。 フジコヘミングさんは結婚をしていない のでお子さんはもちろんお孫さんもいないと いうことですよね。 フジコヘミングさんが持っている才能を 後世に残したいという気持ちはまったくなかった のか気になるところですね。 余談になりますが、2018年夏に フジコヘミングさんのドキュメンタリー映画 「フジコ・ヘミングの時間」が公開します。 自分の半生が映画化されるなんて素晴らしい ことだと思いますね。 さらに年内も全国各地、コンサートで 飛び回るようですよ。 85歳でまだまだパワフルにコンサートで 各地を飛び回る力があるというのは本当に 凄いなと思います。 自分の演奏を聴きに来てくれるお客さんが いるということが力の源だと思うんですよね。

次の

フジコヘミングの現在と海外での評価について!年収や弟も調査!

フジコヘミング現在

本名:ゲオルギー=ヘミング・イングリッド・フジコ 生年月日:1932年12月5日 出身:ベルリン フジコヘミングさんの年齢は、2020年2月現在で87歳です。 この年でも現役のピアニストで、CDや本を出したりしているのはすごいですよね。 国籍については、長い間無国籍の状態だったとのことですが、現在はスウェーデン国籍です。 フジコヘミングさんの母親は日本人でピアニストの大月投網子さんです。 父親が、画家・建築家でロシア系スウェーデン人のヨスタ・ゲオルギー・ヘミングさんです。 両親ともに芸術家なんですね。 フジコヘミングさんは絵がとてもうまいことでも知られていますが、画家である父親の才能を受け継いでいるのでしょうね。 フジコヘミングさんの弟は俳優の大月ウルフさんです。 大月ウルフさんは現在85歳ですが、今も俳優として活動しています。 フジコヘミングの若い頃がかわいい! フジコヘミングさんは、有名になったのが晩年のため若い頃を知らない人が多いと思います。 ここでは、フジコヘミングさんの若い頃の画像を紹介していきますよ。 何歳の時の写真かはわかりませんが、かなり幼い頃の画像です。 フジコヘミングさんは父親がロシア系スウェーデン人で母親が日本人のハーフですが、 日本人っぽさはあまり感じないですね。 こちらの画像は10歳くらいでしょうか。 おかっぱ頭が似合っていて、かわいいですね。 こちらの画像になると、もうかなり大人っぽいですね。 こちらの画像は40歳くらいのものだと思われます。 なかなか美人ですね。 フジコヘミングの年収は? フジコヘミングさんの収入として考えられるのが、 ・コンサートによる収入 ・CDや書籍などの印税 です。 コンサートによる収入 ピアニストがコンサートに出演すると有名ピアニストなら30万円以上、ソロコンサートを開くレベルの人なら100万円以上と言われています。 フジコヘミングさんの場合は、自分のコンサートなのでこの出演料は当てはまらないでしょうが、フジコヘミングさんの人気からすると、1回の公演で100万円以上の収入はありそうです。 年間で50回くらいはコンサートを開催しているとのことなので、これだけでも5000万円以上の年収はあるのではないでしょうか。 CDや書籍などの印税 CDの売り上げによるアーティストへの印税は1~3%位と言われています。 フジコヘミングさんの「奇蹟のカンパネラ」というアルバムは、現在までに300万枚以上売れていると言われています。 CD1枚3000円・印税3%で計算すると、2億7千万円になります。 CDだけでもかなりの数が発売されていますが、そのほかにDVDや書籍もかなりの数発売されているので、印税収入はかなりの金額になると思われます。 コンサートによる収入と印税を合わせると、年収1億円くらいあるのかもしれませんね。 世界で活躍するフジコヘミングさんだけあって、世界中に家を持っているんですね。 メインの自宅はパリの自宅で、1年の半分ほどはパリの自宅で過ごしているそうです。 パリの自宅は、1889年に建築されたアパルトマンで歴史的な建造物なのだとか。 今から約130年前に建てられたものに、今も普通に住めるなんてすごいですよね。 ちなみに、上の動画に写っているのがパリの自宅だそうです。 調度品にもこだわりが感じられて、素敵な自宅ですね。 パリの自宅は、自分で書いた絵を飾るために購入したそうです。 絵を飾る場所にこだわりがあって、今の場所に落ち着くまでなんと10年もかかったとか。 また、フジコヘミングさんは猫がとても好きで、パリの自宅には猫が20匹、犬が1匹いるそうですよ。 よっぽど大きい家でないと、猫20匹は飼えませんよね。 京都の自宅は京都市の東山区にあって、宮大工にリフォームしてもらったのだとか。 現地の人によると、フジコヘミングさんがたまに京都の家に帰ってくることがあり、ピアノの音が聞こえることがあるそうですよ。 やはり、どこの家でもピアノは弾いているのでしょうね。 下北沢の自宅は、築60年以上たってガタがきてしまっているそうですが、母が他界するまで住んでいた思い出の場所なので、壊すつもりはないそうです。 フジコヘミングさんは想い出をとても大事にする方なんですね。

次の

フジコ・ヘミング【手押し車のピアニスト】個性あふれる魅力とは

フジコヘミング現在

隣の部屋のテレビからオーケストラをバックにしたピアノ協奏曲が聴こえてきました。 「たいしたことないなぁ、どこかの中学生のコンクールか。 ずいぶん我流だな。 もっとしっかりとした技術を身につけなくちゃ!まだ若いのだからガンバレよ!それにしてもオーケストラ伴奏なんてすごいな」 と、思いながらテレビの部屋に入っていくと弾いていたのはおばさんでした・・・。 家族に「これ誰?」って聞くと 「フジコ・ヘミングだよ」という返事でした。 雑誌やテレビで騒がれていたので名前は知っていましたが、見るのは初めてでした。 物珍しさ 怖いもの見たさ? で数分見ていましたが、 これがプロの演奏家(これが稼げる演奏? と思うと腹が立ってきました。 オーケストラ伴奏でピアノ協奏曲を弾かせてみたい・弾いて欲しい若いピアニストがたくさんいます。 あれだけの費用があれば4~5人の若いピアニストにチャンスを与えられるでしょう。 恐るべき商業主義です。 若いピアニストたちは数奇な運命を持ち合わせていないことがいけないのでしょうか。 ピアノの練習はそこそこにして数奇な運命をたどることを考えた方が早いかも! 故岡本太郎の有名な言葉に「芸術は爆発だ!」というのがあります。 これは本当は「芸術は場数だ!」と言っていたのが画伯の発音が悪く、また「爆発」とした方がインパクトがあるためにそうなったと聞きます。 きちんとした技術を持って何度もステージをふめばだんだんこなれてくるのです。 もちろんステージに上がる以上それなりの演奏はしていただかなくては困りますが、真面目に取り組んでいる若く有望な演奏家にチャンスを与えることが次代を担う世代を育てることになると思っています。 見世物的な興行もありなのでしょうけれど、スポンサーにつく企業も目先の利益にとらわれず「育てる」という意識を持っていただきたいものです。

次の