銀座 ウエスト ドライ ケーキ。 銀座の高級菓子をお得に購入~ウエスト日野工場直売店~

【閉店】洋菓子舗ウエスト 国立配送センター直売店

銀座 ウエスト ドライ ケーキ

長く愛され続ける「老舗の定番」をご紹介する連載。 第四回目は、昭和22年創業の「銀座ウエスト」で、50年以上愛される看板商品「ドライケーキ」です。 銀座の文化人や料亭で好まれた老舗の手土産菓子 銀座の外堀通り沿いに本店を構える「銀座ウエスト」。 創業は昭和22年(1947年)。 元々はレストランとして出発し、その後、製菓部門を残し喫茶室へと変更。 落ち着いた雰囲気の中でコーヒーを楽しめる、文化人の集う場として愛されてきました。 その後、昭和37年頃から、缶入りクッキーを料亭等に売り歩くようになったといい、このクッキーを大きくし、ナッツ等の風味を加えたのが今の「ドライケーキ」だそうです。 首都圏でしか販売されておらず、常温で持ち歩くことができ日持ちもするので、いかにも東京らしい手土産として支持されています。 正式な発売は1962年で、当時、先代の社長さんが、なにかクッキーとは別のネーミングがいいと「ドライケーキ」という商品名を考えたのだそう。 人気の「ヴィクトリア」の秘密は? 「ドライケーキ」には、「リーフパイ」をはじめ、赤いジャムが印象的な「ヴィクトリア」、花形で抜いた生地の中にカシューナッツクランチ入りの「バタークッキー」、プレーンとココア2色の生地に胡桃入りの「ウォールナッツ」など、種類が色々とあります。 それぞれ、バターの産地や粉の種類も吟味していて、サクサクの食感や、合わせた素材とあいまった、個性ある風味を醸し出しています。 私は昔から、赤いジャム入りで目を引く「ヴィクトリア」が好きでした。 愛らしい見た目で特に人気が高く、これだけの詰合せギフトもあります。 フリル状のタルト型にクッキー生地を敷き、ケーキ生地を絞り込んで一度焼いた後、クッキー生地とオリジナルの国産の苺ジャムを絞って、もう一度焼き上げます。 2種類の異なる生地のコンビネーションが楽しめる、シリーズ中のベストセラーです。 エレガントなネーミングの由来は、イギリスのヴィクトリア女王の王冠の赤色や形からとったものだそうで、知るとますます惹かれますね! こちらも好きな「ガレット」は、北海道産フレッシュバターを最も多く使用したクッキー生地だそうで、大粒のオーストラリア産マカダミアナッツを丸ごと一つのせて焼き上げた、リッチな一品です。 実は少しずつ、新しいラインナップが増えている! 実はこの「ドライケーキ」のラインナップにも、時代を経て、新しい味のものが加わっています。 「リーフパイ」は、創業の1947年から販売される、一番歴史の長い品です。 次いで、1962年から販売されている「ヴィクトリア」と「ウォールナッツ」。 1967年からの「バタークッキー」とハート形のパイ菓子「パルミエ」。 さらに、1988年の「ガレット」、1991年の「マカダミアン」と続き、一番最近デビューしたのが、2012年販売の「塩クッキー」。 予算や渡す先の人数に応じて、様々な組み合わせのアソートを選ぶことができます。 「銀座ウエスト」は、銀座本店のクラシカルな雰囲気もさることながら、青山一丁目駅から乃木坂駅に向かう途中にある「青山ガーデン」の、広々とした店内やテラス席から見える四季の変化も素敵です。 機会があれば、店舗にもぜひいらしてみてくださいね。

次の

【東京都】銀座ウエスト ドライケーキ

銀座 ウエスト ドライ ケーキ

スイーツ・お菓子ジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

【閉店】洋菓子舗ウエスト 国立配送センター直売店

銀座 ウエスト ドライ ケーキ

長く愛され続ける「老舗の定番」をご紹介する連載。 第四回目は、昭和22年創業の「銀座ウエスト」で、50年以上愛される看板商品「ドライケーキ」です。 銀座の文化人や料亭で好まれた老舗の手土産菓子 銀座の外堀通り沿いに本店を構える「銀座ウエスト」。 創業は昭和22年(1947年)。 元々はレストランとして出発し、その後、製菓部門を残し喫茶室へと変更。 落ち着いた雰囲気の中でコーヒーを楽しめる、文化人の集う場として愛されてきました。 その後、昭和37年頃から、缶入りクッキーを料亭等に売り歩くようになったといい、このクッキーを大きくし、ナッツ等の風味を加えたのが今の「ドライケーキ」だそうです。 首都圏でしか販売されておらず、常温で持ち歩くことができ日持ちもするので、いかにも東京らしい手土産として支持されています。 正式な発売は1962年で、当時、先代の社長さんが、なにかクッキーとは別のネーミングがいいと「ドライケーキ」という商品名を考えたのだそう。 人気の「ヴィクトリア」の秘密は? 「ドライケーキ」には、「リーフパイ」をはじめ、赤いジャムが印象的な「ヴィクトリア」、花形で抜いた生地の中にカシューナッツクランチ入りの「バタークッキー」、プレーンとココア2色の生地に胡桃入りの「ウォールナッツ」など、種類が色々とあります。 それぞれ、バターの産地や粉の種類も吟味していて、サクサクの食感や、合わせた素材とあいまった、個性ある風味を醸し出しています。 私は昔から、赤いジャム入りで目を引く「ヴィクトリア」が好きでした。 愛らしい見た目で特に人気が高く、これだけの詰合せギフトもあります。 フリル状のタルト型にクッキー生地を敷き、ケーキ生地を絞り込んで一度焼いた後、クッキー生地とオリジナルの国産の苺ジャムを絞って、もう一度焼き上げます。 2種類の異なる生地のコンビネーションが楽しめる、シリーズ中のベストセラーです。 エレガントなネーミングの由来は、イギリスのヴィクトリア女王の王冠の赤色や形からとったものだそうで、知るとますます惹かれますね! こちらも好きな「ガレット」は、北海道産フレッシュバターを最も多く使用したクッキー生地だそうで、大粒のオーストラリア産マカダミアナッツを丸ごと一つのせて焼き上げた、リッチな一品です。 実は少しずつ、新しいラインナップが増えている! 実はこの「ドライケーキ」のラインナップにも、時代を経て、新しい味のものが加わっています。 「リーフパイ」は、創業の1947年から販売される、一番歴史の長い品です。 次いで、1962年から販売されている「ヴィクトリア」と「ウォールナッツ」。 1967年からの「バタークッキー」とハート形のパイ菓子「パルミエ」。 さらに、1988年の「ガレット」、1991年の「マカダミアン」と続き、一番最近デビューしたのが、2012年販売の「塩クッキー」。 予算や渡す先の人数に応じて、様々な組み合わせのアソートを選ぶことができます。 「銀座ウエスト」は、銀座本店のクラシカルな雰囲気もさることながら、青山一丁目駅から乃木坂駅に向かう途中にある「青山ガーデン」の、広々とした店内やテラス席から見える四季の変化も素敵です。 機会があれば、店舗にもぜひいらしてみてくださいね。

次の