ユーミン の ノーサイド。 福浦孝二(大分舞鶴)がユーミンのノーサイドのモデル?その伝説の試合とは!衝撃のあの人に会ってみた!

【紅白】ユーミン「ノーサイド」テレビ初披露 発売から35年…ラグビー代表・田中も感涙― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ユーミン の ノーサイド

松任谷由実の「ノーサイド」 「ノーサイド」って? 1984年にアルバム「NO SIDE」に収録された曲です。 Wikiペディアによると、 作曲のきっかけとなったのは1984年1月7日に行われた決勝・対戦。 <中略>決まれば同点で両校優勝となるを主将が左に外し、その直後ノーサイドの笛が鳴っている。 この光景に「どんなに悔やんでも、高校生が部活を辞めたら、次のシーズンは、自分と同じゼッケンをつけて駆けてゆく誰かを見ていることになる。 その情景が思い浮かんで、ぐっと来てしまいました」と、この曲の着想を得たという。 このアルバム、私も持っています。 「破れた恋の直し方教えます 紅白での「ノーサイド」 「ノーサイド」。 前半 — えりねーさん Panda80DA 「ノーサイド」。 なんといってもバックメンバーがスゴイ! — えりねーさん Panda80DA 松任谷由実(ユーミン)の歌、竹内まりやとの違い 松田聖子もそうですけれど、確実にユーミンも声が出なくなってますよね?それは火を見るよりも明らかです。 この歌を聴いて、みなさんはどう感じたのでしょうか? 年齢のことだけ言うと、竹内まりやも還暦を過ぎてるのにあんなに歌えてる!と感じるかもしれませんね。 で、竹内まりやとユーミンの差は何かというと• 歌ってきた回数、ツアーの数が違いすぎる ユーミンは毎年全国ツアーを行なっています。 また冬には苗場、夏には逗子。 ここ数年は本数が減っているのかもしれませんが、それでも、毎年コンサートをしているって、かなり超人的です。 一方、竹内まりやはツアーはおろか、コンサートはほとんどしてきませんでした。 これは家庭のことや、山下達郎氏のスケジュールと合わせなくてはならないこともあって、自分の好きにできない状況もあってのことです。 いくらユーミンが元気で超人的な体力をもっていたとしても、疲れることはたしかです。 根本的な発声の違い 竹内まりやのルーツは洋楽。 海外留学もし英語で曲を作ることも日常だったようです。 一方、ユーミンは個性的な彼女の声を最大限に生かす歌唱法を自ら生み出し歌っています。 竹内まりやが正しくて、ユーミンが正しくないってことではないんです。 それは自由なんです。 まりやちゃんだってキーを下げて歌う曲あります。 「プラスティックラブ」は、ライブでは音源より下げてました。 アレンジがいいのかあんまり気にならなかったんですが、紅白でのVTRで気づきました。 声が出なくなることも個性、声が出続けることも個性なのかな、と今回ちょっと思いました。 声が出なくなても歌う 単純にすごいと思うんです。 もう喉のコントロールができない、力が入らないのに、あれだけ歌うんですから。 そしてライブでも同じように、しかも踊りながら、衣装つけながら歌い通すんです。 今回の紅白は地味な衣装で演出でしたが、それでもあのバンドマンを従えて歌い切るって、本当に素晴らしいと思うんです、私。 おそらく、どう歌うかを体に叩き込んでいるんじゃないかと思います。 じゃないと、迷いますから。 どこまで地声をはって、どこから裏声にするのか…。 それを今できる精一杯のことを、プロとして歌うことの精一杯をやるっていう姿がね、やっぱり素晴らしいと思ってしまうんです。 やっぱり松任谷由実の歌は、松任谷由実の声で色づく歌なんだなぁ、、、 紅白でユーミンが言ったこと 歌い終わって、ラグビー日本代表選手が集まるところに戻ってきたユーミン。 感想を求められると 「この曲にこんなチャンスを与えてくださって本当にありがとう」 というような内容の言葉を言っていました。 歌った自分に、じゃなくてこの「ノーサイド」という曲に…という言い方がね、素敵だなって思いました。 歌は作曲者の手を離れて聴き手のものになる。 独り歩きをした歌が時代を超えて、それこそ同じゼッケンを誰かが付けて駆けていく選手を見送りながら、ノーサイドはずっとひっそりと生きてきたって感じかな?人々がみんな忘れても、この歌の存在に光を当ててくれた力があったんですよね。 若い方にはピンとこないかもしれないけれど、この歌をリアルタイムで聴いていた私としては懐かしいだけじゃなく、生きてきたんだなぁって過去から認めてもらえたような、許されたような、そんな感じすらしました。 まとめ• 2019年紅白歌合戦で松任谷由実が歌ったのは1984年のアルバム「NO SIDE」に収録された曲「ノーサイド」• バックバンドのメンバーはドラム:林立夫、ベース:小原礼、ギター:鈴木茂、キーボード:松任谷正隆という、超豪華な方々。 声は確かに高音域は地声が張れず弱々しい裏声でした。 「ノーサイド」という曲が再び晴れの舞台に光を浴びたことにとても感謝しているようでした。 それは歳をとって、それまで同様にはできなくなった時にこそ光るもの。 自分に残ったもの。 だから、困難の中にこそ、本当の自分がいるのかもって。 そして本当に信じられる人も見つけられる、、、そんな気がします。

次の

ユーミン 紅白で「ノーサイド」発売から35年、テレビ初披露 ラグビー日本代表も登場― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ユーミン の ノーサイド

概要 [ ] タイトルの「」とは、(特に)において、試合終了のことを指している語であり、その名の通りラグビーの試合終了直後の情景を歌ったスローナンバーである。 元々は松任谷正隆がプロデュースしていた麗美への提供曲だった。 アルバム『REIMY』収録版は歌詞の時期の部分が2月となっていたが、楽曲が発表された1984年当時、2月に開催される日本のラグビーは・・のOBを含めたオール早慶明戦のみで、シーズンは1月15日に行われるで終わっていると後に知り、松任谷由実が録音する際には「冬の日」に歌詞を変えたという。 この曲が生まれたきっかけについては、複数のメディアによれば、での「伝説の一戦」といわれる 、1984年1月7日に行われた決勝・対戦であると言及されている。 この試合は、後半ロスタイムに入り大分舞鶴がトライを決めて18-16にまで迫り、決まれば同点で両校優勝となるを主将の福浦孝二 が左に外し、その直後ノーサイドの笛が鳴っている。 2010年の朝日新聞の取材に対し、松任谷はこの光景をテレビで見ており、「どんなに悔やんでも、高校生が部活を辞めたら、次のシーズンは、自分と同じゼッケンをつけて駆けてゆく誰かを見ていることになる。 その情景が思い浮かんで、ぐっと来てしまいました」として、この曲の着想を得たと述べている。 一方で、歌詞の中に「長い締めくくるキック」のフレーズがある ことを踏まえ、『』は当時のだったを指して「『ノーサイド』誕生のきっかけの1つ」と述べている。 さらに、この曲が収録された『REIMY』が発売されたのはこの試合のわずか2週間後の1984年1月21日であり、この曲は試合前に完成していたはずであると一部週刊誌に指摘されている。 12月1日、改修工事前のにて行われた最後の(最終戦・早稲田大対)の試合終了後に行われたセレモニーに松任谷由実が出演し、『〜ノーサイド・夏〜空耳のホイッスル』(『NO SIDE』収録)の歌詞朗読に続けて、松任谷正隆のピアノの演奏をバックに、この曲を披露した。 放送の『』にて松任谷由実により、発表から35年を経て初めてテレビで歌唱された。 当日は日本で開催されたに出場したのメンバーの前で披露され、歌唱後には日本代表のが感極まって涙声になり、松任谷も「この歌に、こんなチャンスを与えてくれてありがとう! 見に行きます! 」とコメントした。 ドラマ化 [ ]• 『』でドラマ化された(第20話、主演・)。 TBS系『ユーミン・ドラマブックス』でドラマ化された(出演:、)。 脚本は共に。 タイアップ [ ]• ・ビデオテープスーパーHG HiFi CMソング() カバー [ ]• (1990年) - オリジナルアルバム『Boy Friends Girl Friends』に収録。 東芝『Here with you』CMソング。 系『第85回全国高校ラグビー大会』公式テーマソング。 () - カバーアルバム『』に収録。 毎日放送系『第86回全国高校ラグビー大会』公式テーマソング。 (2007年) - ミニアルバム『』に収録。 () - オリジナルアルバム『』に収録。 毎日放送系『第87回全国高校ラグビー大会』公式テーマソング。 () - カバーアルバム『picnic album 1』に収録。 田中美里() - J SPORTS ラグビー中継 エンディングテーマ。 () - カバーアルバム『男と女4』に収録。 とのデュエット。 () - 35周年アルバム『Voice of Power』に収録。 () - 後述。 () - 大分市公式動画チャンネル「いいやん!大分」内「大分ラグビーメモリアル」。 サンプリング [ ]• 「The Last Game〜もうひとつのノーサイド」() - シングル「The Last Game〜もうひとつのノーサイド」に収録。 系『』エンディングテーマ。 シングル概要 [ ] 「ノーサイド」は、シンガーソングライターである瀧川にとって初めてのカバー曲である。 両A面でカップリングされた「ONE FOR YOU」は瀧川が書き下ろした自作曲で、の「進級応援ソング」として、同講座受講会員の専用アプリ「サクッとスタディ」限定でミュージックビデオが先行公開されている。 シングル収録曲 [ ] 通常盤• ノーサイド 作詞・作曲:松任谷由実、編曲:・瀧川ありさ• テレビアニメ『』エンディングテーマ• ONE FOR YOU 作詞:瀧川ありさ、作曲・編曲:瀧川ありさ・• 進級応援ソング• SUNDAY 作詞・作曲:瀧川ありさ、編曲:瀧川ありさ・渡辺拓也• ノーサイド -Instrumental-• ONE FOR YOU -Instrumental- 期間生産限定盤• ノーサイド• ONE FOR YOU• SUNDAY• ノーサイド -Instrumental-• ONE FOR YOU -Instrumental-• DVD• ノーサイド Music Video 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 毎日新聞. 2014年4月27日. の2014年4月29日時点におけるアーカイブ。 2014年4月28日閲覧。 の2014年4月26日時点におけるアーカイブ。 2014年4月28日閲覧。 2014年4月28日. の2014年4月27日時点におけるアーカイブ。 2014年4月28日閲覧。 2013年12月2日. 2014年4月28日閲覧。 FRIDAYデジタル 2020年2月9日. 2020年2月11日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年12月31日. 2020年1月11日閲覧。 瀧川ありさオフィシャルサイト 2017年1月17日. 2020年1月1日閲覧。 外部リンク [ ]• 瀧川ありさオフィシャルサイトによる紹介ページ•

次の

ユーミン ノーサイド

ユーミン の ノーサイド

この項目では、松任谷由実のアルバムについて説明しています。 アルバムの表題曲については「」を、その他の用法については「」をご覧ください。 『 NO SIDE』 の リリース 時間 45分5秒 チャート最高順位• 週間1位()• 度年間6位(オリコン) アルバム 年表 () NO SIDE (1984年) () 『 NO SIDE』(ノーサイド)は、の16枚目のオリジナルアルバム。 にからリリースされた(:ETP-90310、:ZH28-1470)。 1984年からまで、『YUMING BLOOD』全国コンサートツアーが行われた。 1985年に初化(CA32-1142)。 にのブックレットを復刻し、によるで音質を大幅に向上したリマスタリング(TOCT-10649)と(TOJT-10649)をリリース。 解説 [ ]• タイトルの「」はの「試合終了」を指す用語。 テーマは「Watch me」。 考案によるユーミンマーク(YとMとIを合成したもの)は『』から使われ、このアルバムでは前面に押し出している。 アートワークはが手がけた。 インナースリーブ内で着用していたの服はユーミンの私服であるとラジオで語っている。 1985年の優秀アルバム賞を受賞。 このアルバム以降、1997年の『』まで、マット・フォージャーをとして起用している。 収録曲 [ ] CD [ ] 全作詞・作曲: 松任谷由実、全編曲: 松任谷正隆。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「 SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE」 松任谷由実 松任谷由実 5:35 2. 「 ノーサイド -No Side- 」 松任谷由実 松任谷由実 4:45 3. 「 DOWNTOWN BOY」 松任谷由実 松任谷由実 4:03 4. 「 BLIZZARD」 松任谷由実 松任谷由実 4:33 5. 「 一緒に暮らそう -Let's Move In Together-」 松任谷由実 松任谷由実 3:29 6. 「 破れた恋の繕(なお)し方教えます -Abracadabra-」 松任谷由実 松任谷由実 4:39 7. 「 午前4時の電話 -A 4am Phone Call-」 松任谷由実 松任谷由実 4:08 8. 「 木枯らしのダイアリー -Diary Read By the Cold Wind-」 松任谷由実 松任谷由実 5:05 9. 「 SHANGRILAをめざせ -Let's Go To the Shangrila-」 松任谷由実 松任谷由実 4:23 10. 「 〜ノーサイド・夏〜空耳のホイッスル -Thought I Heard the Whistle-」 松任谷由実 松任谷由実 4:19 楽曲解説 [ ]• SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE(サラーム モンスーン サラーム アフリーク) を舞台にした、「」「」「」などのフレーズが登場する曲。 タイトルチューンで、文字通りの試合終了後の感情を歌った歌。 ・ビデオテープスーパーHG HiFi CMソング。 DOWNTOWN BOY タイトルと詞の内容から分かるように、この曲はの「」の世界を、の女性の視点から描いたである。 富士フイルム・ビデオテープスーパーHG HiFi、・、・〜開通のそれぞれCMソングに起用。 アルバム発売CMにも使われた。 また、にがカヴァー。 BLIZZARD をテーマにした、ユーミンの冬の定番曲のひとつ。 『』劇中歌。 三菱自動車工業・「Catch The Winter」キャンペーン(が出演)、には映画『私をスキーに連れてって』公開と発足30周年の記念企画として、同社が展開しているキャンペーン「」のCMソングにそれぞれ起用された。 一緒に暮らそう 年末の忙しい時期を舞台にしたソング。 イメージはの「玉川ソニープラザ」(現・)。 破れた恋の繕(なお)し方教えます をモチーフに取り入れたナンバー。 曲の内容は、昔の彼とヨリを戻そうとして、あの手この手のを使うというもの。 がカヴァー。 午前4時の電話 別れた恋人がをしてくるという設定の恋愛ソング。 木枯らしのダイアリー をモチーフにした失恋の歌。 SHANGRILAをめざせ のちに超大型ライブ「ユーミンスペクタクル・シャングリラ」シリーズのテーマソングになることとなる、ユートピア探求を歌った曲。 〜ノーサイド・夏〜空耳のホイッスル ・ビデオテープスーパーHG HiFi CMソング。 詞の中に「老人」のフレーズが登場、この曲が「青春の日々がどれだけ掛け替えのないものか」を示している。 前述の2013年12月1日の早明戦後のセレモニーで、「ノーサイド」の歌唱に先駆けて「すべてのラグビーにささげたい」と話して、本曲の歌詞の朗読を披露している。 参加ミュージシャン [ ]• キーボード:• ドラム:• ベース:、• エレクトリックギター:、• アコースティックギター:• パーカッション:、• サキソフォン:• トランペット:• トロンボーン:• ストリングス:前田ストリングス• ハーモニカ:Tom Morgan• コーラス : 松任谷由実、、桐ヶ谷仁、桐ヶ谷"Bobby"俊博、、、瀬戸龍介、、A. Denise Mirchell• シンセサイザープログラミング: 脚注 [ ] 注釈 [ ] [].

次の