厚 揚げ 山本 ゆり。 【サタデープラス】こんにゃくでヘルシー唐揚げの作り方。山本ゆりさんのレシピ【サタプラ】(5月23日)

「献立考えるのめんどくさい…!」 そんなママたちを救う、“パパっと決まる献立”のヒント

厚 揚げ 山本 ゆり

山本 ゆり やまもと ゆり さん プロフィール 1986年5月、大阪府生まれ&在住。 結婚前は広告代理店の営業。 現在は主婦で、2児の母。 身近な材料で簡単にできる料理と、個人的な話のブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」が人気に。 関西を中心にテレビ出演多数。 帰宅後10分程度で完成させるには、少ない食材で、焼くだけ、煮るだけ、チンするだけが基本。 「根菜やかたまり肉など下ごしらえが大変な食材は別の日にとっておいて、チャチャッと切って、 すぐに火が通る食材ばかりでできる献立です」と山本さん。 時短料理に使いやすい食材は、 キャベツ、もやし、きのこ、卵などだそう。 一例として 「たらときのこのチーズパン粉がけ」をご紹介。 まぶすと面倒なパン粉をあとから炒めてかけることで時短を実現しています。 「たらときのこのチーズパン粉がけ」 syunkonカフェごはん めんどくさくない献立/山本ゆり 著 <材料 2人分> エリンギ 2本 にんにく 1片 オリーブ油 大さじ2 たら 2切れ 塩、こしょう 各少々 パン粉 大さじ2 A 粉チーズ、あれば粗びき黒こしょう、ドライパセリ 各適量 <作り方> 1、エリンギは長さを半分に切り、薄切りにする。 にんにくはみじん切りにする。 2、フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら、たらを焼く。 あいているところでエリンギを焼き、ともに塩、こしょうをふり、器に盛る。 3、同じフライパンにパン粉を入れて炒め、こんがり色づいたら2にかけ、Aを散らす。 簡単なのにちょっとしたごちそう風にも見える1品。 お弁当にもおすすめです。 副菜には「ポテトとほうれん草のホットサラダ」がおすすめだそう。 温め直すだけでOKなおかずは、夜に時間がない日や家族が時間差で帰宅する場合にとても重宝します。 前日や朝に作っておけば、帰宅後はメインを温め、副菜はそのまま出すだけでOK。 本誌で紹介されているのは、温め直しても味が変わらないどころか、むしろ置いておくことで味が入り、より一層おいしくなるレシピです。 そのひとつ 「トマトポーク」のレシピをご紹介。 ポイントは、 トマト缶と 焼き肉のたれという意外な組み合わせ。 「酸味がマイルドになり、にんにくやバターを入れなくてもコクのある味わいになります」と山本さん。 豚肉は小麦粉をまぶす。 2、フライパンにオリーブ油を熱し、豚肉を炒める。 色が変わったら、玉ねぎ、しめじを炒め、しんなりしたらAを加える。 弱~中火で3~4分煮て、塩、こしょうで味を調える。 3、器に盛り、あれば生クリームをたらし、パセリをふる。 カットトマト缶を半分残したくない場合は、1缶使い、焼き肉のたれも倍量してシチューのように仕上げてもよいそう。 生クリームはなくてもOKです。

次の

山本ゆりさんの大根と甘辛鶏のから揚げ。塩&甘辛味が新感覚

厚 揚げ 山本 ゆり

カリッ! ジュワッ! 出汁の風味が味わい深い、鶏肉と大根の煮物。 冬に美味しいメニューの一品ですよね。 そんな「揚げだし鶏大根」のレシピを、料理コラムニストの山本ゆり syunkon0507 さんがツイート。 Twitterで話題になっています。 大根がカリッ!ジュワッ…めちゃくちゃ美味しい冬のおかず。 少ない油で十分美味しくでき、味付けに失敗がゼロ。 大根だけでも、お餅や豆腐を一緒に揚げても美味しい。 少ない油で十分美味しくでき、味付けに失敗がゼロ。 大根だけでも、お餅や豆腐を一緒に揚げても美味しい。 大根6cmの皮を剥き2cm厚さの半月切りにして入れ、ふわっとラップで4分、裏返して3分チン。 大根6cmの皮を剥き2cm厚さの半月切りにして入れ、ふわっとラップで4分、裏返して3分チン。 器に盛り、麺つゆと水各大さじ1をかける 作り方は、大根を先に出汁とともにレンジで加熱。 下ごしらえした鶏肉と大根を揚げ焼きして麺つゆ、水、大根おろしをかければ完成。 ボリューム満点。 満足度の高いメニューが出来上がります。

次の

山本ゆりさんの大根と甘辛鶏のから揚げ。塩&甘辛味が新感覚

厚 揚げ 山本 ゆり

【材料(4人分)】 ・大根 1/2本(500g) ・ベーコン(ブロック) 120g ・バター(またはマーガリン) 大さじ2 ・小麦粉 大さじ4 ・牛乳 2と1/2カップ ・顆粒コンソメスープの素 小さじ2 ・塩、コショウ 各少し ・コーン、ピザ用チーズ、ドライパセリ(あれば) 各適量 【つくり方】 (1) 大根は皮ごと5cm長さの短冊切りにする。 ベーコンは7mm角の棒状に切る。 (2) フライパンを弱めの中火で熱し、バターを溶かして(1)を炒め、大根が透きとおったら小麦粉を入れてからめる。 牛乳を少しずつ加えてのばし、コンソメスープの素を加える。 弱~中火で混ぜながら煮つめ、とろみがついたら塩、コショウで味をととのえる。 <POINT> 具全体に小麦粉をからめてから牛乳を注ぐと、ホワイトソースがダマになるのを防げる。 (3) 耐熱皿に移し、コーンとピザ用チーズを散らし、オーブントースター(1000W)で焼き色がつくまで焼き、パセリをふる。 鮭はあと入れでふっくら仕上げましょう。 大根は小さく切れば下ゆでなしでもすぐ煮えますよ。 【材料(4人分)】 ・大根 1/2本(500g) ・生鮭(切り身) 4切れ ・タマネギ 1/2個 ・サラダ油 大さじ1 ・A[水2と1/2カップ 顆粒鶏ガラスープ 大さじ1 ニンニク、ショウガ(各チューブ)各2cm] ・塩、コショウ 各少し ・バター(またはマーガリン) 大さじ1 ・粗びきコショウ(黒) 適量 【つくり方】 (1) 大根は皮を厚めにむき、1cm厚さのいちょう切りにする。 タマネギは薄切りにし、鮭は骨を抜いてひと口大のそぎ切りにする。 (2) フライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)の大根とタマネギを炒める。 タマネギが透きとおったらAを加え、アルミ箔などで落としぶたをし、弱めの中火で大根がやわらかくなるまで8分ほど煮る。 (3) (1)の鮭を加えて2~3分煮、塩、コショウで味をととのえてざっくり混ぜる。 火を止めてバターを落とし、粗びきコショウをふる。 <撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>.

次の