アズ メーカー。 メーカー一覧

1980年代に謳われた「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の幻想

アズ メーカー

アズの原点、クレープとラクダ 夏にはさらりと快適なクレープ(綿ちぢみ)、冬には暖かく柔らかなラクダのメリヤス。 創業当時からつくり続けたこの2つのシリーズは、今も業界有数のシェアを誇っています。 特許素材や特許技術を独自開発 高機能な消臭素材「デオライトAg」、ウェアのストレスを最小限にする「スパイラルカット」パターン技術など、新たな素材や技術の開発に力を入れています。 国内に持つ、自社縫製工場 自社縫製工場は、国内の大分と熊本に合わせて4カ所。 勤続30年以上のベテランも在籍する工場で、熟練の技と独自に改良を重ねたミシンから、高品質の肌着を生み出しています。 オンリーワンのものづくりを国内で 長年にわたる原料メーカーや紡績会社、ニッター、織布工場、染工場、縫製工場などとの様々な連携により、素材からこだわったオンリーワンかつ高品質な商品を、リーズナブルなプライスでお届けすることを可能にしています。 メーカーとしての新たな取り組み もっとお客さまに近いところでご意見をいただきたいとの思いから、製造だけにとどまらず、わたしたちの商品を軸に心地よいライフスタイルのご提案をできるように直営店舗も数店舗運営しています。 海外の協力工場 アズの海外での協力工場は中国の青島地区などにあります。 現地のスタッフと密に交流して商品企画や生産管理を行うことで高い品質を維持しています。 運営会社 株式会社 アズ 創業 昭和13年2月 1938年 設立 昭和32年2月 1957年 資本金 9,000万円 代表取締役 武村 貴司 事業所• (代表) FAX. 072-728-8112• (代表) FAX. 03-3634-1109• (代表) FAX. 06-6371-8998• FAX. 昭和13年2月 大阪市北区山崎町にて、ニット製品製造卸売業を創業。 昭和25年2月 大阪市北区豊崎2丁目2番10号に移転。 昭和32年2月 「武村莫大小株式会社」に改組(資本金500万円)。 昭和39年4月 東京都墨田区本所1-8支店社屋を新設し、東京支店と改称。 昭和41年1月 大阪市東淀川区菅原1丁目12番31号に工場を設置 (クレープ裁断、縫製工場操業開始)。 昭和41年9月 本社を大阪市東淀川区菅原1丁目12番31号に移転。 昭和42年12月 「株式会社 武村」に商号変更。 昭和43年12月 大分県国東町に工場を新設。 クレープウェアの生産を開始。 昭和46年1月 大分県国見町に縫製工場を新設。 操業開始。 昭和46年5月 熊本県天草郡栖本町および倉岳町に縫製工場を新設。 操業開始。 昭和47年4月 東京都墨田区江東橋5丁目5-5に東京支店を移転。 昭和50年5月 生産効率化を図るため、生産部門を分離し、次のとおり関連会社を新設。 昭和56年3月 資本金9,000万円に増資。 昭和59年3月 商号を「株式会社 武村」から「株式会社 アズ」に変更。 昭和59年8月 大阪府箕面市(COM ART HILL)に本社社屋を新設。 平成2年3月 企画生産本部にCADを導入、CAMと接続し クイックレスポンス対応の一貫システムとして運用。 平成10年3月 会社創業60周年記念行事を実施。 平成11年11月 九州営業所を設置。 平成16年1月 生産体制の機能強化を図るため、(株)サンウールを(株)サンクローバへ編入。 平成18年10月 中国青島に駐在事業所を設置。 平成23年8月 青島阿智国際物流有限公司 設立。 平成30年2月 会社創業80周年.

次の

医療用医薬品 : アズマネックス

アズ メーカー

1.あなたの会社はどんな会社だと思う?• 2.会社の一番良いところは?• 3.会社に期待していることは?• 1. 明るくて元気だと思います、放送中のアニメの話をしたり、アニメ雑誌からイラストを検討したりと雑談をしながら商品企画が進む事もあるのでよく喋ってます。 質問することも多いのですが皆さん丁寧に教えて下さるので働きやすいです。 2. 仕事中もアニメを見たり、マンガを読んだりします。 作品を知らないと良いアニメグッズが作れないので、毎クールどのタイトルが人気になるか意識して見ています。 好きな作品の商品企画に挑戦出来たり、携わった企画が商品になるのが楽しいです。 3. 会社ではアニメ、ゲームグッズなどサブカルタイトルをメインに商品化をしていますが、今後はファンシーグッズや大手テーマパークの商品化も出来るようになればいいなと思います。 ぬいぐるみやフィギュアも作りたいです。 1.あなたの会社はどんな会社だと思う?• 2.会社の一番良いところは?• 3.会社に期待していることは?• 1. 女性の意見を尊重してくれる会社だと思います。 業務効率の改革意識が高いので、社内会議で提案をして改善して頂くこともあります。 新しい事や重要な仕事も任せて頂けるのでプレッシャーもありますが、やりがいを感じています。 2. SDキャラクターの描き起こしをアニメーターの方が担当して下さっているので、クオリティの高いイラストが上がってきます。 企画イメージの時より可愛い商品が出来上がることもあり、各セクションの能力が高いと感じています。 3. 会社の規模が成長段階なので、通常業務と合わせて働きやすよう意見交換を社員同士で行っています。 主体性をもって働ければ、随時新しい意見や要望も取り入れて頂けるので、さらに組織強化が高まって欲しいと考えてます。 1.あなたの会社はどんな会社だと思う?• 2.会社の一番良いところは?• 3.会社に期待していることは?• 1. スピード感があると思います。 トレンドを追っかけて商品化をしているので、議題から結論までが早く進行します。 複数の製造工場と連絡を取る必要があるのですが、決裁が早いので工場を待たせる事なく製造出来るのが良いと思っています。 2. 商品商材に合わせて、担当工場と契約をしているので質のよい製品が出来上がってきます。 製造数の調整も出来るので、企画時に予定していなかった数量も対応でき、新商品もリピート商品も効率よく量産を行えるのが良いと思います。 3. コミックマーケットなどの大型イベントがあると、いつも以上に製造数が増えるので、工場さんとのスケジュール確認に時間を取られがちです。 倉庫に分散している在庫も把握していないといけないので、製造管理のシステムを一元化が出来ればいいなと思います。 1.あなたの会社はどんな会社だと思う?• 2.会社の一番良いところは?• 3.会社に期待していることは?• 1. 企画・デザイン・製造・販売流通・イベント企画まで自社で管理をしているグッズメーカーなので、商品を大量に扱っていると思います。 ヒット商品を作る意気込みも感じるので1個1個の商品が出来上がるのが楽しみです。 2. WEBショップを3つ運営していますが、それぞれショップブランドが違うので商品展開が豊富です。 限定商品や先行販売商品の告知をSNSで行うとかなりの反響があり、自社ショップがお客様に認知して頂いていると感じています。 3. 毎日集荷時間までに発送業務を終了させないといけないので、流通担当間での連携がとっても重要です。 現在は未経験者のアルバイトの方で実務を回していますが、全ての流通行程がわかっているスタッフを育てるため教育の時間を増やして頂きたいです。 1.あなたの会社はどんな会社だと思う?• 2.会社の一番良いところは?• 3.会社に期待していることは?• 1. 経験や自分の価値観などを発揮して、新しい業務に取り組めるところではないでしょうか。 異業種からの転職者が多いので学ぶことも多くあります。 切磋琢磨しながらもチームでイベント販売企画が出来る環境なので良いと思います。 2. グッズ制作だけではなくイベント業務に力を入れてどんどん拡大しています。 新宿・渋谷・池袋のファッションビルでの物販イベント、アニメグッズショップでの原画展や声優イベントなど、商品を販売流通に乗せて終了ではなく、自社でイベントも開催して物販に努めているのが強みだと思います。 3. 主力商品を作っているのが30代が中心です、商品を購入して頂くのは学生のお客様が大半なので、学生のお客様の感性に響く商品作りを強化したいと考えてます。 企画やデザインも20代の若い人材のチームでどんどん進めて頂きたいですね。 1.あなたの会社はどんな会社だと思う?• 2.会社の一番良いところは?• 3.会社に期待していることは?• 1. いろいろと個人の能力に合わせた働き方が出来る会社かな。 経験者には仕事を振って進行させますし、未経験者には1から業務を伝えて教育するので、やる気さえあれば作りたい商品やイベント企画を実現できるところだと思います。 2. アニメ・ゲームなどたくさんの作品に触れて、その魅力を最終的にはお客様まで届けられるというのが醍醐味でしょうか。 イベントでお客様と接して、満足した表情を直接見られるのは作ったかいがあったと、とても嬉しいです。 3. 福利厚生ですね! ちょくちょくグループ会社と合同で社員旅行があるので楽しみにしています。 これからももっと色んな所に行ってみたいですね! 北海道と沖縄は行ったので次は海外かな?そっせんして外出する方では無いので旅行は良い気分転換になります。 正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」 東京・横浜など首都圏を中心に女性に人気のある正社員求人情報を多数掲載中。 女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。

次の

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld トレーディング缶バッジ 14個入りBOX[アズメーカー]《08月予約》 あみあみ PayPayモール店

アズ メーカー

1980年代は、今思い返せば、アメリカに追いつき追い越せでやって来た日本の製造業のビジネス・モデルが完成を迎えた時代だった。 80年の年間平均為替レートは226円。 この円安ドル高の恩恵を受けて、日本の自動車メーカー、家電メーカー、半導体メーカーが、アメリカ市場に対する輸出を急拡大し始めた。 当時のアメリカは、79年の第二次オイルショックの影響のため、インフレ率は13・5%に上っていた。 その一方で、アメリカ政府は積極的な財政政策をとったことから財政赤字が拡大して行き、10年物アメリカ国債の金利は10%を超える状況となっていた。 為替レートは73年から変動相場制へ移行しており、78年ごろには日本の貿易黒字、アメリカの財政赤字の拡大から、1ドル180円まで円高が進んだが、アメリカの金利の高騰のため、80年には1ドル220~230円の円安水準となっていた。 つまり、日本の自動車メーカー、家電メーカー、半導体メーカーの製品の価格競争力が高く、その結果として怒濤のように輸出が拡大していき、60年代後半の繊維製品、70年代後半の鉄鋼製品に次いで、自動車、家電製品、半導体製品をめぐって、日米貿易摩擦がエスカレートすることになった。 80年には全米自動車労働組合(UAW)が日本車の輸出自主規制を求め、83年には米国半導体協会が当時世界の市場を席捲していた日本の半導体メーカーへの批判を始めている。 80年代の貿易摩擦は、自動車、テレビ、VTRの家電製品等、一般消費者に目立つものが多かったことから、ジャパン・バッシングの動きはアメリカ社会に広がり、82年には日本人と間違われた中国系アメリカ人が自動車産業の中心地デトロイトで白人によって殺害されるという痛ましい事故も起きてしまった。 貿易摩擦の中で、日本研究も盛んになり、79年には、ハーバード大学のエズラ・ボーゲルが「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を出版した。 日本の高い経済成長の原因は、通商産業省(現・経済産業省)や大蔵省(現・財務省)の優秀な官僚による経済への関与、学習意欲の高さ、読書習慣、数学力の高さ等が相まって形づくられているという内容で、最終章で日本から学ぶべきものを明らかにしていた。 日本でも翻訳版が出版され70万部を記録し、日本人は、日本が世界一の経済大国になったという幻想を抱いたのである。 * 以上、『日米ビジネス30年史』(植田統著)を抜粋・一部改変して掲載しました。

次の