株 たん。 最高値圏を駆け上がる金相場の深層、ウィズコロナで新上昇局面に突入 <株探トップ特集>

“できる営業”はオンライン商談へ、関連株立ち上がりの兆し <株探トップ特集> 投稿日時: 2020/07/16 19:30[株探]

株 たん

プライバシーポリシー 本プライバシーポリシーは株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下、「当社」といいます。 )が所有するすべてのサイト、およびこれに付随・関連する全てのサービス(以下、「本サービス」といいます。 )に適用されます。 個人情報保護に関する基本方針 当社は提供する事業を運営していくうえで、個人情報の重要性を深く認識するとともに、その保護の徹底を図ることを最大の責務と考えております。 この考え方に基づき、本プライバシーポリシーを制定し、これに従うことで個人情報を適切に取扱います。 具体的には、お客様に安心して本サービスをご利用いただけるよう、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範ならびに個人情報保護マネジメントシステムの要求事項(JIS Q 15001:2006)を役員および全従業員が遵守するとともに、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、毀損破壊等のリスクに対する社内規程を整備するなど、合理的な安全対策、予防策および是正策を講じます。 また、これらを役員および全従業員に周知徹底のうえ、必要に応じて当社の個人情報保護マネジメントシステムを見直し、経営環境などに照らしつつ継続的に個人情報保護マネジメントシステムの改善を図ります。 個人情報とは 個人情報とは、本サービスをご利用にあたって入力された情報(氏名、生年月日、性別、住所、電子メールアドレス等)、本サービスの有料コンテンツご利用にあたって入力された情報(利用料金の支払い方法、利用料金の支払いに関する情報(クレジットカード番号ないし銀行口座番号)、コンテンツ提供料金の振込みに関する情報 口座番号等 、契約締結年月日等)、その他ご意見、ご要望、苦情、お問い合わせの内容およびこれらに付随して取得した情報等であって、単独あるいはこれらの情報を組み合せることによって特定の個人を識別できるものをいいます。 個人情報の取得について 当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得し、お客様の意思に反する不正な方法により取得することはいたしません。 また、第三者から個人情報を取得する場合でも、その取得する個人情報が、情報提供者により適正に取得されたものであるかを確認します。 個人情報の利用目的 当社は、取得した個人情報を以下の利用目的の範囲内で利用します。 また、目的外の利用を行わないための必要な措置を講じ、個人情報を適切に取り扱います。 本サービスを提供するため• お客様ご本人、またはご本人の代理人であることを確認するため• お客様への連絡、メールによる各種情報の無料提供を行うため• お客様の年齢、職業、性別、趣味等に合わせて本サービス上の情報、本サービスおよび広告配信をカスタマイズするため• マーケティング(調査、アンケートの実施等)、データ分析や本サービスの研究や開発に利用するため• お客様および取引相手先との取引に関する事務を行うため• お客様との契約、ならびに法令等に基づく権利の行使や義務の履行のため• インサイダー取引の禁止等不公正取引の防止のため• その他、お客様および取引相手先とのお取引を適切かつ円滑に履行するため 個人情報の第三者への提供について 当社が保有するお客様の個人情報は、お客様の同意なしに第三者に開示・提供いたしません。 ただし、以下の場合はお客さまの同意なく個人データを開示・提供することがあります。 法令に基づく場合• 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合• 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合• 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合• 当社と守秘義務契約を結んだ業務委託先に、当社の監督の元、当社に代わって電話・DM・電子メール・その他手段を利用して情報を委託する場合• 本サービスの有料コンテンツを利用するお客様に利用料金を請求する目的で、当社と守秘義務契約を結んだ業務委託先である決済代行会社、クレジット会社および金融機関に個人情報を預託する場合 委託先の監督について 取得した個人情報の取扱いを外部委託先に取り扱わせる場合には、その委託先につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために必要かつ適切な監督を行います。 クッキー(Cookie)について 当社は、現在、当社のインターネット業務およびコミュニケーションを管理し最適化するため複数のオンライン・パートナーと契約しています。 また当社は、当社の宣伝効果およびお客様がどのように本サービスを使用されているかを測定し、お客様により良いサービスを提供するためにマーケティング会社の支援サービスを利用しています。 そのため、当社は本サービス上においてマーケティング会社から提供されたWebビーコンおよびクッキー(Cookie)を使用 しています。 当社が収集する情報の種類には、IPアドレス、ドメイン名、リファラーなどの情報、閲覧されたページの情報等が含まれます。 この情報により、お客様が最も興味を持ったページやサービス、好んで閲覧されたページ等を知ることができますが、これにより個人を特定できるものではなく、お客様のプライバシーを侵害することはありません。 なお、当社ではマーケティング会社のサービスを通じて本サービスの情報を記録していますが、当該データの取扱方法等ついては当社が管理しています。 本サービスを提供するウェブサイトに表示されている広告の一部はヤフー株式会社に配信を委託しています。 ヤフー株式会社から配信される広告が表示されるページを訪問した際には、ヤフー株式会社もクッキー情報を取得しており、ヤフー株式会社が収集するクッキー情報については当社に提供・開示されることはなく、ヤフー株式会社が定めるプライバシーの考え方にしたがって管理されます。 くわしくはをご覧ください。 また、ヤフー株式会社から配信される行動ターゲティング広告についてはをご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、株式会社マイクロアドにより提供されるサービス及びクッキーを使用しています。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、株式会社オプトにより提供されるサービス及びクッキーを使用しております。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社により提供されるサービス及びクッキーを使用しております。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、アクセスログの収集及び解析にGoogle Inc. により提供されるGoogleアナリティクスを使用しております。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報等については、をご覧下さい。 なお、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続は、Google Inc. のから行えます。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、株式会社ジーニーにより提供されるサービス及びクッキーを使用しており ます。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について お客様の個人情報は、本サービスにログイン後、操作することでいつでも開示・訂正・消去することが可能です。 また、それ以外の情報つきましても、お客様ご本人からお申し出があった場合に、遅滞なくその調査を行い、訂正・利用の停止・消去を必要とする事由があると判断された場合はこれに応じます。 ただし、開示することにより以下のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示しない場合があります。 お客様または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合• 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合• 他の法令に違反することとなる場合 プライバシーポリシーの改訂について 当社では、お客様の個人情報を保護するために、また、法令その他の規範の変更に対応するために、プライバシーポリシーを改訂する場合があります。 改訂があった場合は本サービス内にて通知いたします。 平成19年03月31日 制定• 平成30年11月1日 改定 匿名加工情報の作成・第三者提供について 当社は、当社が保有するお客様による下記の当社サービスの利用状況に関する情報について、特定の個人を識別すること、および作成に用いる個人情報を復元することができないよう個人情報保護委員会規則で定める基準に従い、匿名加工情報として作成し、下記の方法で第三者に提供いたします。 なお、これらの匿名加工情報については、今後も継続的に作成・提供することを予定しています。 ・匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目 閲覧したページおよびこれらのページへのアクセス時間ならびに会員資格に関する情報 ・匿名加工情報の提供の方法 サーバーにアップロードする方法、電子メールまたは電磁的記録媒体の交付• 平成31年1月8日 改定.

次の

“できる営業”はオンライン商談へ、関連株立ち上がりの兆し <株探トップ特集> 投稿日時: 2020/07/16 19:30[株探]

株 たん

コロナショックに見舞われた3月に金はいったん下落したものの、その後、急速な切り返しに転じた。 ドル建ての金価格は足もとで9年ぶりの水準に上昇し、最高値が視野に入っている。 円建ての金価格は4月に実に40年ぶりとなる最高値更新を達成した。 安全資産と呼ばれる金は、株安などリスクオフの時に資金の逃避先となることが多いが、今回は足もとでは、株高と金の上昇が同時進行している。 果たして、金上昇の背景には何があるのか。 金相場の行方を探った。 8ドルまで上昇。 2011年9月以来、約9年ぶりの水準に値上がりした。 新型コロナウイルスの感染再拡大に対する警戒感や米低金利政策の長期化への警戒感が強まった。 金は11年8月につけた終値ベースの最高値(1891. 9ドル)に迫っている。 また、円建ての金価格は4月13日には、販売価格が1グラム6513円(税込み)と1980年1月につけた最高値(6495円)を40年ぶりに更新している。 為替が関係するためドル建てと円建てでは最高値の時期が異なるが、ともに最高値圏に駆け上がっている。 前出のように、ひとつは新型コロナ感染拡大に伴うリスク回避によるものだ。 もうひとつは、金はドル安時の代替投資先となることが多いため、低金利の状況下ではドルが売られ金が買われやすい。 今春の「コロナショック」で米連邦準備制度理事会(FRB)は、ゼロ金利政策をとり2022年末までは現状の水準を維持する方針が示されている。 この超低金利政策が、金上昇の強力な追い風となった。 更に、新型コロナによる景気悪化を防ぐための政府による積極的な財政出動が「一段の赤字拡大につながり、将来的なインフレ圧力を高める要因になるという懸念」(アナリスト)も金に対するリスクヘッジ要因となった。 加えて、米国と中国の対立激化も金価格を押し上げているようだ。 同氏は、新型コロナによる景気悪化の懸念が深まれば金価格は更に一段の上値追いに走るし、新型コロナが収束に向かえば金価格も下落方向となることを予想している。 そんななか、今回の金価格の上昇が過去と異なるのは、株価の回復と歩調を合わせていることだ。 世界の株式市場は今年3月を底に反発局面にあり、特に米ナスダック指数は最高値を更新している。 足もとではリスク資産の株式と安全資産の金が、ともに上昇している格好だ。 この点に関しては「コロナ禍で先行きの見方は大きく分かれている。 先行きを楽観視する投資家は株を買い、警戒する投資家は株とともにリスクヘッジで金を買っているのだろう」(市場関係者)との見方が出ている。 もし、感染状況が一段と悪化するようなら2000ドル台もあり得ないことではない」と予想する。 ただ、その一方で「先行き新型コロナが収束し、経済も正常化に向かうのなら1500ドル前後までに下落する可能性もある」とみている。 経済が正常化に向かえば、米金融政策も将来的な利上げが意識されることも、金の下落要因となる。 ただ、その状態に向かうにはなお時間がかかるとみられており、新型コロナの感染拡大第2波が警戒されるなかでは、当面の金価格は強含みで推移することを予想する見方が多い。 それに、金関連の上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールド・シェア [東証E]や金価格連動型上場投資信託 [東証E]、純金上場信託(現物国内保管型) [東証E]、WisdomTree 金上場投資信託 [東証E]などに注目したい。 株探ニュース(minkabu PRESS) 株探ニュース 関連ニュース•

次の

“できる営業”はオンライン商談へ、関連株立ち上がりの兆し <株探トップ特集> 投稿日時: 2020/07/16 19:30[株探]

株 たん

当ウェブサイトの各種情報の掲載は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。 実際に投資を行う際の意思決定は、お客様ご自身の判断で行うようにお願い致します。 )からの情報の提供を受けております。 当ウェブサイト及び本情報に関する著作権を含む一切の権利は当社及び本情報提供者に帰属します。 日経平均株価、及び日経ジャスダック平均株価に関する著作権並びに「日経」及び日経平均株価、及び日経ジャスダック平均株価の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、将来の結果を保証するものでもございません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。 なお、詳細については、下記免責事項を必ずお読みいただくようお願い致します。 お客様は、当社の画面に表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。

次の