インター パーク。 宇都宮 上三川 緑内障・糖尿病網膜症|インターパークビレッジ眼科

interpark

インター パーク

概要 [ ]• 所在地:宇都宮市インターパーク一丁目〜六丁目、河内郡上三川町大字磯岡• 団地面積:137. 5ha• インターパーク一丁目/砂田町、屋板町、中島町、上横田町の各一部• インターパーク二丁目/砂田町、中島町の各一部• インターパーク三丁目/中島町の各一部• インターパーク四丁目/砂田町、平塚町、中島町、西刑部町の各一部• インターパーク五丁目/砂田町、東谷町、中島町の各一部• インターパーク六丁目/砂田町、中島町、東谷町、平塚町、西刑部町、大字磯岡、大字西汗の各一部 、、などに隣接しており、交通至便な位置にある。 そのため、型の大規模を筆頭に、や家電量販店、など多種多様なが次々に進出。 それら施設の駐車場収容台数は地区全体で一万台以上に達し、最大の郊外型商業施設集積地区となっている。 特にの開店以降は広域からの集客に成功している。 をはじめ、車で30〜40分ほどのや等の栃木県内だけでなく、の開通でからの来客も多い。 さらには当地区に匹敵する大型商業施設のない栃木県北(周辺)からも来客がある。 また、インターパーク内と最寄の宇都宮上三川ICを結ぶ通路もあり、高速道路からのアクセスが良い。 進出企業 [ ] インターパークFKDタウン [ ] 百貨店・ショッピングセンターを運営するが開発した大規模商業施設。 以下の4施設で構成されている• 駐車場:7,000台(4施設合計) FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店 [ ] インターパークビレッジ FKDインターパーク店第2期計画として開発した、屋外型の専門店モール。 FKDショッピングモールインターパーク店とは連絡道路を挟んだ北側にある。 平屋建て15棟の建物の中には約70のテナントが入っており、その多くはファッション専門店である。 住所:宇都宮市インターパーク四丁目1番地3• 開店: インターパークショッピングスタジアム (IPSスタジアム) [ ]• 住所:宇都宮市インターパーク四丁目2番地3• 開店: FKDインターパーク店第3期拡張計画として開発された、屋内型モール。 2008年秋にグランドオープンした。 開業当初は「ZARA」とスポーツ関連ショップをメインに揃えた店舗構成であったが、後に「ユニクロ」や「西松屋」などを誘致しテナント主体の店舗にリニューアル。 東側に自営のスポーツクラブを併設している。 (管理・運営はに委託) インターパークショッピングステージ (IPSステージ) [ ]• 住所:宇都宮市インターパーク四丁目2番地3• 開店:• 営業面積:3100m 2 インターパークショッピングビレッジとインターパークスタジアムの間の敷地にオープン。 とが出店。 店舗間が若干離れている「ビレッジ」~「スタジアム」間の来客者の流れをつなぐ役割を担っている。 ジョイフル本田宇都宮店 [ ] ジョイフル本田宇都宮店 大規模ホームセンターを展開するの栃木県内第一号店。 日本最大のニューポート店には及ばないが、ジョイフル本田が位置付ける4つの「超大型店」の中の一店であり、宇都宮近辺のホームセンターでは抜群の規模を誇る。 住所:栃木県宇都宮市• 開店:• 店舗面積:39,887m 2• 駐車場:3,140台 カトレアガーデン宇都宮南 [ ] インターパークショッピングビレッジの隣に位置する専門店街。 駐車場を「コ」の字に囲むように、16軒の店鋪が列んでいる。 店鋪は、日用衣料品店など生活に密着した物が多く、FKDやショッピングビレッジとの棲み分けが為されている。 ディベロッパーは、不動産開発のダイワロイヤル(東京都台東区)。 住所:宇都宮市インターパーク四丁目1番地1• 開店:• 敷地面積:約54,000m 2• 出店企業(おもな店舗)• - 宇都宮店• ・オフハウス• インターパーク宇都宮店• - 実用(カジュアル)衣料品のチェーンストア• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮カトレアガーデン店• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク店• ホームバザー宇都宮店• お醤油屋さんのおせんべい本舗インターパーク宇都宮店 その他の商業施設など [ ] ケーズデンキ インターパーク宇都宮• インターパーク支店• アルテミス宇都宮クリニック - 産婦人科• インターパークプラス1 - アミューズメント施設• 上三川インター店 - 超大型ドラッグストア• インターパーク宇都宮 - 家電量販店• (KEIYU)- 中古車販売• 魚べい宇都宮インターパーク店() - 回転寿司レストラン• - カレー専門店チェーン• 宇都宮インターパーク店 - ファミリーレストラン• (広沢コーポレーション)• 宇都宮インターパーク店• - そばうどんレストラン• インターパーク宇都宮 - 携帯電話ショップ• 宇都宮インターパーク展示場 - 同社北関東最大の展示場• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク会場• 宇都宮インターパーク店• - 中古車センター• 宇都宮インターパーク店• インターパーク店• - ハンバーグファミリーレストラン• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク店• - バイク用品専門のメガストア• - 歯科医院• - 宇都宮店 インテリアショップ• 宇都宮インターパーク店• 石焼きラーメン火山インターパーク店(雅秀殿)• 宇都宮インターパーク店• ジェイエステティック グランボヌール宇都宮店()• インターパーク店 その他の進出企業 [ ]• 越戸製作所• - 総合標識・保安用品• 北関東分室• ジャパンビバレッジ• ヤマゼンコミュニケーションズ(栃ナビ! LSIメディエンス 課題 [ ] 周辺道路の渋滞。 特に週末は、インターパークへ向かう車で新4号国道、、宇都宮環状道路()の混雑が激しくなっている。 又、インターパーク内の移動は域内を南北に貫く片側2車線のメイン通り(砂田磯岡線)に頼っているため、駐車場に入る車で長蛇の列ができることも珍しくない。 公共交通機関 [ ] 無料送迎バスが西口から運行されている。 また、路線バスが一日に2~3本程度乗り入れている(/駒生営業所〜〜JR宇都宮駅〜インターパーク〜上三川車庫)。 開業時に比して運行本数(経由便本数)が若干減らされている。 最寄駅は(西へ約4km)で、2014年4月より2017年3月まで、が路線バス「雀宮駅東口 - インターパーク - - 真岡営業所」の運行を(土日祝日のみ)していた。 2009年9月17日より水戸行きの高速バス「」が開業、福田屋ショッピングモールの東側に停留所が設置されている。 無料送迎バスの運行ダイヤ [ ] JR宇都宮駅に到着する無料送迎バス 進出企業が共同で運行する無料送迎バスが宇都宮駅西口から利用できる。 宇都宮駅の始発は午前10時で、その後は1時間に1本の割合で運行している。 また、インターパーク側では午前11時から運行しており、こちらも1時間に1本の割合である。 土日祝日は混雑削減のため、午前9時30分から2時間ごとに計4往復が追加で運行されている。 そのほかに、臨時便が運行されることもある。 ips:インターパークスタジアム• kg:カトレアガーデン• ipv:インターパークビレッジ• FKD:FKDショッピングモール 宇都宮駅発のバス [ ]• 宇都宮駅発のバスは、00分に駅を出発する。 その後、ips・kg・ipv・ケーズデンキ・FKDに24分頃、カワチ薬品に27分頃、ジョイフル本田に30分頃で到着する。 一部の臨時便は、宇都宮駅を出発するとips・ipv・FKDにのみ停車するものがある。 運行形態• インターパーク発のバスは、00分にipsを出発する。 その後、kg・ipv・ケーズデンキ・FKDに4分、カワチ薬品に7分、ジョイフル本田に10分で到着し、JR宇都宮駅に30分で到着する。 一部の臨時便は、ipsを出発するとipvとFKDショッピングモールにのみ停車するものがある。 運行形態• 週末のバスは特に混雑するため、座席に座ることができない場合もある。 インターパーク側ではFKDより手前のバス停から乗ることで、座席に座ることができる場合もある。 ジョイフル本田からips方面へ戻ることができず、多くの施設を訪れる場合にはips方面から順に来る必要がある。 交通渋滞にはまることが問題であり、最悪の場合、予定よりも30分遅れて到着することもある。 脚注 [ ]• 下野新聞. 2013年11月29日閲覧。 福田屋百貨店. 2013年11月28日閲覧。 パソコン360. 2013年11月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

インターパーク宇都宮南

インター パーク

本日の訪問先はさん!今世界中で注目されているマーケティングオートメーション分野で自社プロダクトを開発している札幌の会社です。 早速行ってみよう!• 設立とこれまでの経緯• マーケティングオートメーションとは• 自社プロダクト「サスケ」シリーズ• 競合比較と、強みを活かした戦略 早速行ってみよう! インターパークさんは大通公園沿いの南大通りビルにあります。 早速中に入ってみます。 入り口を抜けてお邪魔します! 設立とこれまでの経緯 ご対応してくださったのは、インターパーク代表の舩越さんです。 本日は宜しくお願いします。 早速ですが、 インターパークさんの設立やこれまでの経緯についてお聞きしたいのですが、最近合併されましたよね。 その点も含めて教えていただけますか。 私は元々株式会社ちえぶくろという法人の代表をしておりました。 2001年からやっていてWEB制作やシステム開発をしていました。 それとは別に創業当時から別会社でパートナーだった現副社長の須田という者がインターパークというシステム開発会社をやっていまして、 お互いに受発注し合う関係で色々と共同事業も行っておりました。 創業から同じオフィスをシェアしていたこともあり、 ほとんど同じ会社のような関係で業務提携等も含め仲良くやってきて、ついに今年は会社を合併するに至りました。 この合併でちえぶくろとインターパークを合併したのですが、 その後ブランディングや今後の事業展開を考えた時に、 株式会社インターパーク、 サスケブランドを 首都圏での営業展開の強化をしていくために合併と同時に ちえぶ くろは名称変更し、 インターパークは代表者を交代して1つの会社になりました。 なるほど。。 それは非常にややこしいですね。 しかしそれは同時にちえぶくろというブランドを捨てるデメリットもあったのではないですか? もちろんそれはあります。 特に北海道ではちえぶくろのほうがブランド力があるので、 道内の営業や人材確保、 新卒採用活動等ではデメリットがないとはいえません。 ただ、ちえぶくろは15年の歴史があるので、 名称が変わってもお客様への安心、信頼、 丁寧なサービスの姿勢は変わらないと考えており、今回は 首都圏で常に新規営業を中心とする自社プロダクトの拡販のための戦力 強化をしていかなければならないという方針から株式会社インターパークとして 進むことを決断しました。 それは自社のマーケティングプロダクトの サスケシリーズですね。 マーケティングオートメーションとは マーケティングオートメーションは、文字通りマーケティングを自動化するための仕組みです。 主にWebマーケティングを指していますが、BtoBのIT領域では世界的に注目されており大盛り上がりの分野です。 IBM、Adobe、Salesforce、Oracle、SAPなどの巨人達が 1000億円単位の巨額買収を連発して大規模な投資をしています。 Sliverpopまでもが買収されてしまう、マーケティングオートメーション業界のまとめ 市場としても今後大きな成長が見込まれています。 市場規模としても、 2009年には100億規模でしたが、2014年には1200億円規模にまでなり、会社数も 2011年には100社程度だったのが2014年には900社にまで成長をしたと言われています。 マーケティングオートメーションが普及している背景には、 消費者行動の多様化と顧客管理技術の発達という観点があります。 ソーシャルやモバイルが普及し顧客接点が複雑化することでマーケティング活動の最適化やROIの追求が非常に困難になってきた一方で、CRMやSFAツールが発達しながらもマーケティング分野のデジタルな追従が抜け落ちていたため、非常にニーズが高まってきています。 自社プロダクト「サスケ」シリーズ サスケシリーズのプロダクトを使うと様々なマーケティング活動の効率化ができますよね。 特に強みとしているのはどのような分野でしょうか。 製品として1番売れているのはです。 リードとは見込み客の事で、実際に 商談や取引を行う前のお客様を管理する機能になります。 例えばテレアポをしたりイベントで名刺交換をしたり、そういうライトな接点で深くコミュニケーションがとれていない顧客を自社の商談に繋げるように管理・育成していくプロダクトになります。 サスケシリーズは現在 700社ほどのお客様がいらっしゃいます。 完全クラウド型でブラウザだけで利用ができる点も特徴です。 競合比較と、強みを活かした戦略 マーケティングオートメーションの分野は、業界の巨人達がひしめく強烈な市場だと思いますがその中でサスケシリーズはどのような戦略をとっているのですか? 一言でいうと彼らと正面衝突しないニッチ市場で戦っています。 Oracleのとかとかは 月額何十万もしてかなり高額な製品です。 導入支援やコンサルも入ると普通に 何千万円コースになってしまう。 これでは利用者は大手企業に限られてしまいます。 我々はもう少し小規模なソリューションを提供しています。 年間マーケティング予算が数百万というお客様もたくさんいらっしゃいますので、その方々をターゲットにして 月額数万円からご利用頂けるようなプロダクトを提供しています。 なるほど、ニッチ戦略で中堅中小向けソリューションなのですね。 そうはいってもまだまだ手探り状態で、今後のこの領域には多数プレイヤーも増えてくることが予想されます。 周囲の動向を見ながら自分達なりの強みを発揮できる領域で勝負していくつもりです。 例えば我々の強みとして、 データのマージ機能があります。 見込み客データの名寄せをする際に、やはり日本独特のニーズがありますので、そこは国産プロダクトとして作り込んでおり非常に好評頂いています。 グローバル製品との戦いとなると、このような 国内企業のきめ細かい要望に応えることが差別化に繋がります。 また、我々の目標として、何でも良いから まずは1位になろうと考えています。 分野がどこになるか、時期もいつになるかわかりませんが、我々の全力で最短距離で自分達自身と向き合って1位をとりにいきます。 ニッチでも狭くてマニアックな分野でも良いのでその1位の実績を作って、更に次のステージに進んでいきたいと考えています。 なるほど、インタビューありがとうございました! 北海道発のマーケティングオートメーション マーケティングオートメーションの分野は業界の最注目株です。 その注目度からもインターパークがいかに大きな挑戦をしているかが実感できますが、そのような企業が道内にあるというのは非常に誇らしいです。 引き続き躍進を期待しております! 株式会社インターパーク 北海道札幌市中央区大通西10丁目4-14 南大通ビル2F.

次の

楽天モバイル:楽天モバイル宇都宮 インターパークビレッジ店

インター パーク

概要 [ ]• 所在地:宇都宮市インターパーク一丁目〜六丁目、河内郡上三川町大字磯岡• 団地面積:137. 5ha• インターパーク一丁目/砂田町、屋板町、中島町、上横田町の各一部• インターパーク二丁目/砂田町、中島町の各一部• インターパーク三丁目/中島町の各一部• インターパーク四丁目/砂田町、平塚町、中島町、西刑部町の各一部• インターパーク五丁目/砂田町、東谷町、中島町の各一部• インターパーク六丁目/砂田町、中島町、東谷町、平塚町、西刑部町、大字磯岡、大字西汗の各一部 、、などに隣接しており、交通至便な位置にある。 そのため、型の大規模を筆頭に、や家電量販店、など多種多様なが次々に進出。 それら施設の駐車場収容台数は地区全体で一万台以上に達し、最大の郊外型商業施設集積地区となっている。 特にの開店以降は広域からの集客に成功している。 をはじめ、車で30〜40分ほどのや等の栃木県内だけでなく、の開通でからの来客も多い。 さらには当地区に匹敵する大型商業施設のない栃木県北(周辺)からも来客がある。 また、インターパーク内と最寄の宇都宮上三川ICを結ぶ通路もあり、高速道路からのアクセスが良い。 進出企業 [ ] インターパークFKDタウン [ ] 百貨店・ショッピングセンターを運営するが開発した大規模商業施設。 以下の4施設で構成されている• 駐車場:7,000台(4施設合計) FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店 [ ] インターパークビレッジ FKDインターパーク店第2期計画として開発した、屋外型の専門店モール。 FKDショッピングモールインターパーク店とは連絡道路を挟んだ北側にある。 平屋建て15棟の建物の中には約70のテナントが入っており、その多くはファッション専門店である。 住所:宇都宮市インターパーク四丁目1番地3• 開店: インターパークショッピングスタジアム (IPSスタジアム) [ ]• 住所:宇都宮市インターパーク四丁目2番地3• 開店: FKDインターパーク店第3期拡張計画として開発された、屋内型モール。 2008年秋にグランドオープンした。 開業当初は「ZARA」とスポーツ関連ショップをメインに揃えた店舗構成であったが、後に「ユニクロ」や「西松屋」などを誘致しテナント主体の店舗にリニューアル。 東側に自営のスポーツクラブを併設している。 (管理・運営はに委託) インターパークショッピングステージ (IPSステージ) [ ]• 住所:宇都宮市インターパーク四丁目2番地3• 開店:• 営業面積:3100m 2 インターパークショッピングビレッジとインターパークスタジアムの間の敷地にオープン。 とが出店。 店舗間が若干離れている「ビレッジ」~「スタジアム」間の来客者の流れをつなぐ役割を担っている。 ジョイフル本田宇都宮店 [ ] ジョイフル本田宇都宮店 大規模ホームセンターを展開するの栃木県内第一号店。 日本最大のニューポート店には及ばないが、ジョイフル本田が位置付ける4つの「超大型店」の中の一店であり、宇都宮近辺のホームセンターでは抜群の規模を誇る。 住所:栃木県宇都宮市• 開店:• 店舗面積:39,887m 2• 駐車場:3,140台 カトレアガーデン宇都宮南 [ ] インターパークショッピングビレッジの隣に位置する専門店街。 駐車場を「コ」の字に囲むように、16軒の店鋪が列んでいる。 店鋪は、日用衣料品店など生活に密着した物が多く、FKDやショッピングビレッジとの棲み分けが為されている。 ディベロッパーは、不動産開発のダイワロイヤル(東京都台東区)。 住所:宇都宮市インターパーク四丁目1番地1• 開店:• 敷地面積:約54,000m 2• 出店企業(おもな店舗)• - 宇都宮店• ・オフハウス• インターパーク宇都宮店• - 実用(カジュアル)衣料品のチェーンストア• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮カトレアガーデン店• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク店• ホームバザー宇都宮店• お醤油屋さんのおせんべい本舗インターパーク宇都宮店 その他の商業施設など [ ] ケーズデンキ インターパーク宇都宮• インターパーク支店• アルテミス宇都宮クリニック - 産婦人科• インターパークプラス1 - アミューズメント施設• 上三川インター店 - 超大型ドラッグストア• インターパーク宇都宮 - 家電量販店• (KEIYU)- 中古車販売• 魚べい宇都宮インターパーク店() - 回転寿司レストラン• - カレー専門店チェーン• 宇都宮インターパーク店 - ファミリーレストラン• (広沢コーポレーション)• 宇都宮インターパーク店• - そばうどんレストラン• インターパーク宇都宮 - 携帯電話ショップ• 宇都宮インターパーク展示場 - 同社北関東最大の展示場• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク会場• 宇都宮インターパーク店• - 中古車センター• 宇都宮インターパーク店• インターパーク店• - ハンバーグファミリーレストラン• 宇都宮インターパーク店• 宇都宮インターパーク店• - バイク用品専門のメガストア• - 歯科医院• - 宇都宮店 インテリアショップ• 宇都宮インターパーク店• 石焼きラーメン火山インターパーク店(雅秀殿)• 宇都宮インターパーク店• ジェイエステティック グランボヌール宇都宮店()• インターパーク店 その他の進出企業 [ ]• 越戸製作所• - 総合標識・保安用品• 北関東分室• ジャパンビバレッジ• ヤマゼンコミュニケーションズ(栃ナビ! LSIメディエンス 課題 [ ] 周辺道路の渋滞。 特に週末は、インターパークへ向かう車で新4号国道、、宇都宮環状道路()の混雑が激しくなっている。 又、インターパーク内の移動は域内を南北に貫く片側2車線のメイン通り(砂田磯岡線)に頼っているため、駐車場に入る車で長蛇の列ができることも珍しくない。 公共交通機関 [ ] 無料送迎バスが西口から運行されている。 また、路線バスが一日に2~3本程度乗り入れている(/駒生営業所〜〜JR宇都宮駅〜インターパーク〜上三川車庫)。 開業時に比して運行本数(経由便本数)が若干減らされている。 最寄駅は(西へ約4km)で、2014年4月より2017年3月まで、が路線バス「雀宮駅東口 - インターパーク - - 真岡営業所」の運行を(土日祝日のみ)していた。 2009年9月17日より水戸行きの高速バス「」が開業、福田屋ショッピングモールの東側に停留所が設置されている。 無料送迎バスの運行ダイヤ [ ] JR宇都宮駅に到着する無料送迎バス 進出企業が共同で運行する無料送迎バスが宇都宮駅西口から利用できる。 宇都宮駅の始発は午前10時で、その後は1時間に1本の割合で運行している。 また、インターパーク側では午前11時から運行しており、こちらも1時間に1本の割合である。 土日祝日は混雑削減のため、午前9時30分から2時間ごとに計4往復が追加で運行されている。 そのほかに、臨時便が運行されることもある。 ips:インターパークスタジアム• kg:カトレアガーデン• ipv:インターパークビレッジ• FKD:FKDショッピングモール 宇都宮駅発のバス [ ]• 宇都宮駅発のバスは、00分に駅を出発する。 その後、ips・kg・ipv・ケーズデンキ・FKDに24分頃、カワチ薬品に27分頃、ジョイフル本田に30分頃で到着する。 一部の臨時便は、宇都宮駅を出発するとips・ipv・FKDにのみ停車するものがある。 運行形態• インターパーク発のバスは、00分にipsを出発する。 その後、kg・ipv・ケーズデンキ・FKDに4分、カワチ薬品に7分、ジョイフル本田に10分で到着し、JR宇都宮駅に30分で到着する。 一部の臨時便は、ipsを出発するとipvとFKDショッピングモールにのみ停車するものがある。 運行形態• 週末のバスは特に混雑するため、座席に座ることができない場合もある。 インターパーク側ではFKDより手前のバス停から乗ることで、座席に座ることができる場合もある。 ジョイフル本田からips方面へ戻ることができず、多くの施設を訪れる場合にはips方面から順に来る必要がある。 交通渋滞にはまることが問題であり、最悪の場合、予定よりも30分遅れて到着することもある。 脚注 [ ]• 下野新聞. 2013年11月29日閲覧。 福田屋百貨店. 2013年11月28日閲覧。 パソコン360. 2013年11月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の