山健 組 名簿。 /);`ω´)<国家総動員報 : <山口組分裂>ツイッターに投稿された山健組関係者の名簿(携帯電話の番号記載あり)が契機となって逮捕者出す?「山健組」本部事務所に家宅捜索

神戸山口組中核組織「五代目山健組」の新人事が明らかに…若頭となった與則和組長とは?

山健 組 名簿

この記事の内容の信頼性について。 確認のための文献やをご存じの方はご提示ください。 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。 議論はを参照してください。 ( 2008年10月) 暴力団一覧(ぼうりょくだんいちらん)は、のの五十音順一覧。 代目は除く。 目次 あ行 [ ]• 六代目山口組 二代目• 七代目• 稲川会• 住吉会 幸平一家• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家• 三代目• 一和会• 六代目山口組• 稲川会 七代目三本杉一家• 神戸山口組 二代目宅見組• 六代目山口組• 神戸山口組• 稲川会 二代目山川一家• 二代目大日本平和会 二代目• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組 二代目• 沖縄旭琉会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目倉本組 関東原組• 姉ヶ崎連合会 姉ヶ崎関東会 寛野睦会• 稲川会 六代目• 六代目山口組 七代目• 六代目山口組 太田会• 六代目山口組 二代目• 稲川会 三代目• 住吉会 住吉一家 親和会 七代目• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目弘道会 九代目• 三代目• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 國粹会 落合会• 六代目山口組 古川組• 六代目山口組 二代目益田組• 二代目福博会 四代目• 三代目勝浦会• 六代目山口組 英組• 六代目山口組 二代目宅見組 荒牧組• 稲川会• 六代目山口組 六代目• 住吉会 住吉一家 五代目• 六代目山口組• 六代目山口組 英組 二代目• 道仁会 小林組• 六代目山口組• 章友会• 三代目• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 三代目• 稲川会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 初代• 五代目共政会• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 國粹会• 住吉会 住吉一家 七代目• 稲川会• 初代 か行 [ ]• 六代目山口組• 三代目• 六代目山口組• 住吉会 幸平一家• 六代目山口組 國粹会• 極東会 松山連合会 松山一家 二代目• 六代目山口組• 六代目合田一家• 六代目山口組 二代目弘道会 十代目• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 西和会 二代目• 六代目山口組• 六代目山口組 四代目山健組• 任侠山口組• 六代目山口組 二代目倉本組• 稲川会• 六代目山口組• 稲川会• 稲川会• 六代目山口組• 神戸山口組 木村會• 六代目山口組 三代目• 三代目勝浦会• 神戸山口組• 九州三重野會• 五代目• 三代目• 神戸山口組• 住吉会 住吉一家 六代目• 六代目山口組• 六代目山口組• 三代目• 親和会• 五代目• 神戸山口組• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目• 三代目山口組• 稲川会• 稲川会• 神戸山口組 山健組• 六代目山口組 二代目• 神戸山口組 五代目山健組 兼生会• 六代目山口組 後藤組• 六代目山口組 四代目山健組• 神戸山口組 山健組• 住吉会 住吉一家 親和会 三代目• 住吉会 住吉一家 五代目• 稲川会• 二代目倉心会• 六代目山口組• 六代目• 六代目山口組 二代目• 住吉会• 六代目山口組 五代目• 沖縄旭琉会 二代目• 稲川会• 六代目山口組 五代目• 神戸山口組• 六代目山口組 國領屋一家• 四代目• 六代目山口組• 一和会 北山組• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家• 稲川会 加藤組• 六代目山口組 川合組• 六代目山口組 三代目• 神戸山口組• 六代目山口組 二代目• さ行 [ ]• 神戸山口組 篠健組• 住吉会 住吉一家• 一和会• 神戸山口組 五代目山健組 酒井組• 住吉会 幸平一家 加藤連合• 七代目• 五代目山口組• 六代目山口組 六代目• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 八代目• 住吉会 住吉一家• 稲川会 七代目• 沖縄旭琉会• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 六代目• 住吉会 住吉一家• 稲川会• 神戸山口組 二代目宅見組 二代目勝心連合• 六代目山口組 三代目益田組• 六代目山口組 二代目• 極東会• 六代目山口組• 浪川会 村上一家• 六代目山口組 二代目美尾組 二代目• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家 大日本興行 二代目• 住吉会 住吉一家 二代目• 一和会• 住吉会 住吉一家• 二代目• 六代目山口組• 稲川会• 六代目山口組 二代目• 松葉会• 六代目山口組• 神戸山口組• 住吉会• 四代目諏訪一家 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目弘道会• 稲川会• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組• 神戸山口組 五代目山健組• 住吉会 住吉一家• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 六代目山口組 四代目山健組 二代目• 六代目山口組 九代目• 神戸山口組 侠友会 四代目• 神戸山口組 五代目山健組• 六代目山口組 た行 [ ]• 六代目山口組 太田会• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家• 波谷組 三代目• 二代目• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組 二代目倉本組 九代目• 三代目浅野組• 神戸山口組 五代目山健組• 神戸山口組 五代目山健組 五代目健竜会 誠竜会• 六代目山口組 三代目益田組 昌心会• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目• 住吉会 住吉一家 八代目• 神戸山口組• 任侠山口組• 六代目山口組 太田会• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 六代目山口組 二代目弘道会• 六代目山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会 三代目• 稲川会 裕統一家• 沖縄旭琉会 二代目• 神戸山口組 英組 二代目• 住吉会 住吉一家 五代目• 沖縄旭琉会 二代目• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目• 道仁会• 神戸山口組• 六代目山口組 二代目弘道会• 住吉会• 住吉会 住吉一家 親和会 二代目• 沖縄旭琉会 三代目• 六代目山口組 二代目美尾組 な行 [ ]• 浪川会• 住吉会 住吉一家 六代目• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組 六代目豪友組 八代目• 浪川会 永虎組• 六代目山口組 二代目• 神戸山口組• 沖縄旭琉会• 浪川会 中原組• 稲川会• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 五代目國粹会 十三代目• 浪川会 浪勝総業• 浪川会 浪川総業• 住吉会 住吉一家 六代目• 沖縄旭琉会• 住吉会 幸平一家• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 西和会 四代目• 住吉会 住吉一家 西和会 六代目• 六代目山口組 二代目浅川一家• 神戸山口組• 住吉会 住吉一家• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家滝野川八代目 大塚地区橋本組 は行 [ ]• 六代目山口組四代目• 住吉会 住吉一家 馬橋七代目• 住吉会 幸平一家• 稲川会 六代目• 六代目山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 滝野川八代目• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目黒誠会• 住吉会 住吉一家 西海家• 六代目山口組 五代目• 稲川会 中島一家• 住吉会 住吉一家 六代目• 稲川会 十代目• 六代目山口組• 住吉会 住吉一家 七代目• 二代目福博会 二代目• 住吉会 住吉一家 七代目• 三代目侠道会• 中野会• 三代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会• 三代目• 住吉会 住吉一家 三代目中村会• 三代目山口組• 六代目山口組 茶谷政一家• 三代目福博会 三代目• 住吉会 住吉一家 初代• 六代目山口組 二代目倉本組 二代目• 神戸山口組• 六代目山口組 岸本組 二代目• 六代目山口組• 六代目山口組• 三代目山口組• 住吉会 幸平一家• 六代目山口組 四代目山健組 二代目• 六代目山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目小西一家 二代目• 六代目山口組 二代目弘道会 藤島組 ま行 [ ]• 神戸山口組• 神戸山口組• 六代目山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 沖縄旭琉会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会 二代目髙山組• 神戸山口組• 二代目• 稲川会 堀井一家• 極東会 松山連合会• 六代目山口組 二代目• 六代目山口組 二代目• 極東会• 任侠山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 七代目• 住吉会 住吉一家• 六代目山口組 二代目• 稲川会• 六代目山口組 四代目山健組 五代目健竜会• 六代目山口組 三代目益田組• 六代目山口組 二代目弘道会 六代目• 住吉会 住吉一家 初代• 沖縄旭琉会• 六代目山口組 三代目• 住吉会 住吉一家 十代目• 浪川会• 浪川会 村上組• 住吉会 住吉一家 大日本興行• 二代目松田組• 六代目山口組• 神戸山口組• 五代目山口組 尾崎組 六代目• 稲川会• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目弘道会 三代目司興業• 五代目山口組 や行 [ ]• 六代目山口組 三代目• 六代目山口組 二代目古川組• 稲川会• 六代目山口組 二代目• 住吉会 住吉一家 八代目• 住吉会 幸平一家• 住吉会 住吉一家 親和会 五代目• 六代目山口組 三代目誠友会 二代目• 住吉会 住吉一家 大日本興行 二代目• 稲川会 二代目• 神戸山口組• 稲川会 七代目三本杉一家• 六代目• 神戸山口組• 六代目山口組• 六代目山口組 二代目倉本組• 住吉会 住吉一家 親和会 六代目• 稲川会• 沖縄旭琉会• 住吉会 幸平一家• 沖縄旭琉会• 神戸山口組• 稲川会• 稲川会• 六代目会津小鉄会 ら行 [ ]• 六代目山口組 後藤組• 沖縄旭琉会• 住吉会 住吉一家 六代目• 六代目山口組 後藤組 わ行 [ ]• 六代目山口組 二代目• 神戸山口組 五代目山健組 鷲坂組 その他 [ ]• 土建暴力団• 港湾暴力団 脚注 [ ] [].

次の

【山口組の組織図】六代目や神戸山口組、弘道会などヤクザ最新組織図まとめ

山健 組 名簿

神戸市中央区の弘道会拠点事務所の前で、男性組員 51 が何者かにより発砲され、重症となる事件が発生しました。 事件当初は意識不明の重体となりましたが、その後、一命は取り止めたようです。 犯人の男は、組事務所に停車中の軽乗用車バイクで近づき、そのクルマに乗車した組員に対し、数発を発砲、一部始終が防犯カメラに記録されていました。 12月4日に逮捕 事件直後から、一連の「山口組抗争」に関わる殺人未遂事件と考えられておりましたが、その後犯人に関する報道は一切ありませんでした。 ちまたでは「神戸山口組が雇ったヒットマンか?」などと、まことしやかな噂もされていた状態です。 しかし、犯人はなんと、神戸山口組傘下の二次団体である山健組の組長だったのです。 そう、神戸山口組直参で若頭補佐も務める、中田広志親分、その人当人だったのです。 sankei. 映画、ドラマ、小説などを見ていてもそのとおりのパターンが多いです。 もちろん、フィクションと現実とでは、いろいろと違いはあるにせよ、組長みずからという報道には驚かされました。 しかも、あの山健組の組長というから二度驚きです。 以下、簡単にご紹介します。 山健組が、山口組においてどれほど中心的な存在だったかがわかります。 三代目田岡組長の山本健一に対する信頼はかなりのものだったと伝えられています。 1981年、田岡一雄が病死しますが、翌年の1982年、山本健一も病で後を追うようにこの世を去りました。 そう、のちの山口組五代目代目組長となる人物です。 その渡辺が山口組五代目の時期に、若頭補佐の役職を務めています。 nikkan-gendai. 超ざっくり簡単に説明します。 この弘道会が、山口組の伝統を守ってきた山健組や宅見組などの主流派組織を差し置き、山口組の中心の座についたため、とされています。 もちろん実際は、こんなに簡単な一言では済まない、もっと深くて複雑な経緯があると思われます。 ちなみに、弘道会の本拠地は名古屋のため、山口組の分裂を表現するとき、「神戸」「名古屋」と本拠地名で表現する場合もあります。 なお、神戸山口組はさらに分裂し、任侠山口組 組長・織田絆誠 に再分裂しました。 これにより「山口組三国志」などと表現もされたりします。

次の

暴力団一覧

山健 組 名簿

五代目山健組若頭となった與組長 四代目体制から五代目体制へと代目継承が挙行された山健組【参考記事:】。 新体制について、さまざま噂が飛び交ったなかで、次第にその全貌が明らかになってきた。 副組長とは、神戸山口組が発足された際に四代目山健組で新設されたポストで、任侠山口組・織田絆誠代表が山健組を離脱するまで務めていた重職である。 それだけに、福原会長に寄せられる期待の大きさが窺える。 そして組織の要となる若頭には、四代目体制で本部長を務めていた與(あたえ)組・與則和組長が就任したことが明らかにされた。 與組長といえば、三代目山健組で本部長を務めた片岡組(解散)の出身。 片岡組がまだ三代目山口組佐々木組(解散)傘下だった頃、二代目松田組との間で起こった大阪抗争(1975年から78年にかけて、三代目山口組と二代目松田組との間で起こった抗争)では、松田組傘下組織・大日本正義団会長を射殺した事件に関与したとして逮捕されている。 大日本正義団会長射殺事件に関与したとして逮捕された與組長は、有罪判決を受け、大阪刑務所へと収監されている。 筆者は、この時、與組長と同じ工場で務めたことがある人物に話を聞いてみた。 「私が傷害致死などの罪で大阪刑務所に服役したのは、1984年頃。 大阪刑務所のなかでも当時の24工場は人員も多く、多い時には120人はいたのではないか。 計算工といって、作業を取り仕切り、工場担当の刑務官を補助する立場の懲役(服役囚)が3人いたのだが、そのうちの1人が與組長で、服役囚たちから一目置かれるだけでなく、刑務官からも信頼される立場だった」 反故にされやすい刑務所内での約束事も守る親分 今では、現役のヤクザが計算工といった役目を負うことはできなくなったが、與組長らが務めていた時代の刑務所では、社会でも影響力をもつ受刑者には計算工や班長といった役を任せ、服役囚たちの組織を取りまとめさせ、工場をうまく運営させていたといわれている。 「他の計算工は1人が無期懲役の人間で、もう1人が京都の組織の懲役囚だった。 その京都の人が服役中に所属していた組織が解散し、出所後には與組長のところで世話になることになった。 與組長は、そもそも山口組の抗争で身体を賭けたジギリ(組織のために起こした事件)で懲役を受けたわけだし、刑務所の中でも人望が厚かった。 京都の人が與組長を頼ったのも、そうした人柄だったからだろう」 刑務所内での約束事は出所後には反故にされることが多い。 だがその人物が出所した際の出迎えには、與組長の姿があったという。 「私は京都の人と仲が良かったので、放免祝にも行ったが、與組長も来られていた。 その後、與組長が所属していた片岡組傘下の陽田組(解散)事務所のドアに鉄板を入れることなった時、その人から業者を紹介してほしいという連絡が私にあった。 與組長のところでがんばっておられるんだなと思ったと同時に、與組長の面倒見の良さを感じた」 片岡組解散後、自ら與組を起こした與組長は山健組の直参へと昇格を果たし、瞬く間に執行部入りを果たすと、若頭補佐、本部長を歴任し、今回の五代目体制では一家の要となる若頭に就任することになったのだ。 中田浩司組長をトップとする新体制がスタートし、副組長には福原会長。 そして若頭には與組長。 歴史と伝統ある山健組に、新たな息吹が吹き込まれたのは間違いないだろう。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に(共にサイゾー)。 最新刊は(同)。

次の