新年 の 挨拶 文 英語。 使える厳選30例!英語で年賀状の挨拶メッセージ例文集

ビジネス英語(挨拶編):新年の挨拶、年末の挨拶で使える例文フレーズまとめ【2020年版】

新年 の 挨拶 文 英語

友達同士のカジュアルな挨拶とビジネスでの挨拶は日本語でも違いますよね? 挨拶は英語で「greeting(グリーティング)」と言います。 欧米では、「Greeting card(グリーティング・カード)」を日常でも、ビジネスでも送る文化もあります。 しかし、単純に「挨拶」といっても、初めての相手や仲の良い相手に会った時のフレーズも変わってきます。 勿論、挨拶をされた場合の返事(受け答え)も大切になります。 また、挨拶は「出会った時」だけではないですね? 別れ際やメールや電話などにも大切な表現になります。 その際のカジュアルとフォーマル(ビジネス)の言い方も押さえておけば、挨拶の会話は怖いものなしです! よってここでは、日常英会話とビジネスでの挨拶の違いを明確にして、今すぐにでも使える 挨拶のフレーズとそれぞれの返事の仕方を音声付きでご紹介します。 友達やビジネスでのメールやSNSでも使えるものばかりです。 実際に会っての口頭での挨拶は、とにかく「笑顔」で! 目次: 1-1.カジュアルな英語の挨拶|初めて会った相手との場合 1-2.カジュアルな英語の挨拶|仲がいい友達との場合 2-1.フォーマルな英語の挨拶|初めて会った相手との場合 2-2.フォーマルな英語の挨拶|仲がいい相手との場合 3-1.英語メールの書き出しで挨拶 3-2.英語の電話で挨拶 4-1.英語の挨拶|初めまして 4-2.英語の挨拶|お疲れ様 4-3.英語の挨拶|よろしくお願いします 4-4.英語の挨拶|気をつけて 4-5.英語の挨拶|久しぶり 4-6.英語の挨拶|自己紹介 4-7.英語の挨拶|頑張って 4-8.英語の挨拶|年末年始(クリスマス・お正月) 1.英語の挨拶と返事|日常編 カジュアルな英語の挨拶の仕方を、相手の立場によって使い分けをします。 1-1.カジュアルな英語の挨拶|初めて会った相手との場合 余りフォーマルにならないような英語の挨拶フレーズを使います。 また、その挨拶への返事の仕方もしっかりとマスターしましょう!• 挨拶: Hi, good to see you. 意味:こんにちは、初めまして• 音声:• 返事:You, too. 意味:こちらこそ• 音声:• 挨拶: How are you doing? 意味:こんにちは、お元気ですか?• 音声:• 返事:Good, thank you. How about you? 意味:いいです、ありがとうございます。 あなたは?• 音声:• 意味:調子はどうですか?• 音声:• 返事:Great• 意味:いいです• やPretty goodなどでも大丈夫(基本は、答えた後、相手にも調子を聞きます) 1-2.カジュアルな英語の挨拶|仲がいい友達との場合 友達へはカジュアルな英語の挨拶を使います。 下記がその代表的な例となります。 意味:調子は?• 音声:• 返事:Not bad. 意味:悪くないよ(いいよ)• 音声: 次の例も確認してみましょう。 意味:調子どう?• 音声:• 返事:Good. 意味:いいです• 音声: 次の例もネイティブが良く使う表現の1つです。 意味:何かあったの?• 音声:• 返事:Nothing special• 意味:特にない• 他にも、朝、昼、夜の英語の挨拶は、「Good morining」、「Good afternoon」、「Good evening」とありますが、カジュアルな場合は 「Hi」のみでどの時間帯でも使えます。 2.英語の挨拶と返事|ビジネス編 カジュアルとは違う、フォーマルなフレーズを使うのが一般的です。 2-1.フォーマルな英語の挨拶|初めて会った相手との場合 多少堅苦しくなりますが、仕事をする上で、基本の初のマナーですのでしっかりと英語で挨拶を交わします。 特に初対面の場合は、決まり文句があるので、しっかりと正しい英語で挨拶をしましょう。 挨拶: Hello, how do you do? 意味:こんにちは、初めまして• 音声:• 意味:お目にかかれて光栄です(お会いできて光栄です)• 音声: 次もフォーマルな英語での挨拶です。 意味:こんにちは、お目にかかれて光栄です• 音声:• 返事:You, too• 意味:私もです• 挨拶: Hi, good to see you again. 意味:こんにちは、またお会いできてうれしいです• 音声:• 返事:Same here• 意味:私も同じです• 音声: 次もフォーマルな英語での挨拶の例ととなります。 挨拶: How are you? 意味:調子どうですか?• 音声:• 意味:いいですよ• 3-1.英語メールの書き出しで挨拶 メールの書き出しが重要になります。 ビジネスメールでも初めてコンタクトを取る時など、英語の挨拶は最低でもしっかりと押さえたいところです。 お詫び、感謝やお礼など、色んなパターンの英語での挨拶を押さえるには、を参考にしてみて下さい。 カジュアルな場合は、にある略語を使うのが一般的です。 3-2.英語の電話で挨拶 実際に顔を合わせなくて電話をする場合もありますね。 特にビジネスの電話の際はフォーマルな挨拶が必須となります。 でも解説していますが、決まり文句があるのでそのまま使ってみましょう! 4.その他の英語の挨拶一覧 ここまでは、相手に会った場合の基本の「挨拶」の英語表現を紹介しましたが、ここでは、日本語の挨拶表現でもある「初めまして」、「お疲れ様」、「よろしくお願いします」、「気をつけて」、「久しぶり」の表現も見てみましょう! 4-1.英語の挨拶|初めまして 先ほど紹介した、 「How are you? 」などの挨拶の英語をそのまま使えます。 の記事でも紹介しているので参考にしてみましょう! 4-2.英語の挨拶|お疲れ様 友達やビジネスの同僚でも、出会った時や、別れ際でも「お疲れ様」の挨拶は、特に日本では習慣になっていますね。 では、「お疲れ様」の挨拶の英語は何というのでしょうか? 実は、これも簡単で、 「Hello」(出会った時)や 「See you tomorrow」(別れ際)などの英語になります。 の記事でも解説しています。 4-3.英語の挨拶|よろしくお願いします 「よろしくお願いします」も日本語では代表的な挨拶の1つですね。 この表現も基本は出会った時と別れ際にも使われます。 「Nice to meet you」(出会った時)、 「Nice meeting you. 」(別れ際)などが使われます。 その他の頼みごとをした時や打ち合わせが終わった後などの「これからも(今後も)よろしくお願いします」などの英語の挨拶は、の記事も参考にしてみて下さい。 4-4.英語の挨拶|気をつけて 「気をつけて」の挨拶も、日本語には欠かせませんね。 の記事でもあるように、そのまま直訳で 「Take care!」などでもOKです。 4-5.英語の挨拶|久しぶり 「久しぶり」の挨拶を英語で言う場合は、ここで紹介した 「Hi, good to see you again. 」などで大丈夫です。 しかし、の記事でも紹介していますが、 「Long time no see」(Long time no talk)などの表現もありますので、慣れてきたら英会話の表現の幅を広げましょう! 4-6.英語の挨拶|自己紹介 カジュアルでもフォーマル(ビジネス)でも挨拶の1つとして自己紹介をすることは多くの場面であります。 これはメールでも同様です。 の記事も参考にしてみて下さい。 4-7.英語の挨拶|頑張って 友達同士の別れ際の挨拶でも、「頑張ってね」というとこは多々あります。 そんな時は、で、カジュアルとフォーマルな言い方も覚えておきましょう! 4-8.英語の挨拶|年末年始(クリスマス・お正月) 特に欧米の方は、年末年始の挨拶としてクリスマスカードやクリスマスをお祝いする挨拶を交わす習慣があります。 日本の年賀状の感覚です。 相手にクリスマスカードなどで、にあふようなメッセージを送るといいでしょう。 ビジネスでもクリスマスカードのやり取りは頻繁にあります。 また、年末年始のメールは通常のメールとは違って、お祝いの挨拶と同時に休業のお知らせなどのメールもする必要があるでしょう。 そのような時は、『』の記事も参考にしてみて下さい。 まとめ:先ずは自分の英語での挨拶を固定してみる 挨拶のやり取りは無数に近いほど存在します。 よって、先ずは自分の英語の挨拶の仕方を一つに絞って繰り返すことから始めることです。 しかし、ビジネスなどのフォーマルな場合とカジュアルな場合の使い分けは注意しましょう。 HelloやHiだけではない、会話のスタートである色々な挨拶を、少しづつ楽しんで下さい。

次の

恋人に英語で送る「あけましておめでとう」|新年のメッセージ例文

新年 の 挨拶 文 英語

KNOW 英語で新年のあいさつをしよう!ビジネスシーンで使えるメールや英会話例文16選• 新年のあいさつは、ビジネスシーンにおいても重要です。 とくに相手が外国人の場合、英語であいさつをすることが多いので、相手の宗教や慣習などにも気を使いたいもの。 日本と同じ感覚であいさつをすると、場合によっては相手を怒らせてしまうかもしれません。 また、家族や友人への新年のあいさつとは異なり、休業日や緊急連絡先などを伝えるのも、ビジネスシーンではよくあるのではないでしょうか。 今回はビジネスシーンで使える新年のあいさつをご紹介します。 定番の新年のあいさつを英語で言ってみよう 「あけましておめでとうございます」を英語で言うと? 新年によく使われるあいさつの一部をご紹介します。 <例文> Happy New Year. あけましておめでとうございます。 May this year be a great one! 今年もよい一年になりますように! We look forward to your continued patronage in 2020. 2020年もよろしくお願いいたします。 "Happy new year. "は年始以外に、「来年も幸せな年になりますように」の願いを込めて年末のあいさつにも使える表現です。 一方、"Happy holidays! "と"Have a great new year! "は年末のあいさつのみで使われる表現です。 誤って使用しないように注意しましょう。 関連記事: ビジネス関係者に英語メールであいさつをする 昨年の感謝を英語で伝える 仕事の取引先やパートナーには、日本語の「旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」のように、英語で一年間のお礼を伝えたいですよね。 英語でお礼を伝えるときは、"thank"や"appreciate"の動詞がよく使用されます。 実はこの2つには少し違いがあって、"thank"は人に対して、"appreciate"は行為に対しての感謝になります。 ゆえに、「~に御礼申し上げます」という日本語を英語で言う場合は、"Thank 人 for 行為. "または"I appreciate 行為. "という構文になります。 "Thank you. "と言っても、"I appreciate you. "とは言わないので注意しましょう。 なお、"appreciate"の方が丁寧な表現です。 TPOや相手への親しさ、感謝の度合いなどによっても使い分けてみましょう。 <例文> Thank you very much for your support for our company during the past year. 旧年中は弊社へご支援賜り誠にありがとうございます。 We appreciate your cooperation throughout the past year. 旧年中のご協力に感謝いたします。 関連記事: 取引先などに事前に正月休みも伝えておきましょう 正月休み中に届いたメールに対して、自動返信メールを設定することもあるかと思います。 その場合、仕事始めの日を伝えておけば、取引先に迷惑をかけることがないでしょう。 メールの確認や返信の時期についても、書き添えておくと親切です。 職種や仕事内容によっては、相手に緊急時の連絡先を伝えておいた方がよいかもしれません。 ビジネスシーンでは、迷惑や不便をかけることに対して"our apologies for ~"がしばしば用いられます。 ひとこと書き添えれば、お詫びの気持ちが伝えられます。 <例文> Our company will be closed for the New Year's holiday from December 30 to January 3. 弊社は12月30日から1月3日まで年末年始の休業をいたします。 We will resume business on January 4. 弊社は1月4日に業務を再開いたします。 Please send all e-mail to suzuki abc. com during this holidays. 休業中はすべてのメールをsuzuki abc. comへ送信してください。 If you have an urgent matter, please contact me at my cell phone number 000-0000-0000. 緊急時には私の携帯携帯(000-0000-0000)へご連絡ください。 関連記事: 相手に直接あいさつをする 「今年もよろしくお願いします」を英語で言うと? 日本では「あけましておめでとうございます」の新年のあいさつの後に、「今年もよろしくお願いします」と続けます。 「あけましておめでとうございます」は英語で"Happy New Year. "ですが、「今年もよろしくお願いします」のフレーズにぴったりとあてはまる英語表現はありません。 "Happy New Year. "の表現の後には、"I look forward to ~ing"の英語フレーズを使って、相手に一緒に仕事をできることを楽しみしていると伝えたり、"Let's ~. "の構文を用いて、新年は互いにこんな年にしたいと抱負を言ってみてはいかがでしょうか。 <例文> I look forward to continuing work with you in 2020. 2020年も引き続きご一緒に仕事をさせていただけることを楽しみにしています。 Let's make the new year a better one. 新年もより良い年にしましょう。 年賀状やカードであいさつをする "wish" "hope" "may"を使おう! 年賀状やカードでは、「~のご挨拶を申し上げます」にあたる、"~ greetings"をよく使います。 新年のあいさつでは、"~"に"New Year's"(新年)や"Season's"(季節)を入れると良いでしょう。 また、"wish""hope""may"などの英単語を使って、「~になるようお祈り申し上げます」「~になりますように」といった英文もよく用いられます。 特に、"Best wishes for ~. " "I hope [wish] ~. "の英文フレーズは、よく使うのでそのまま覚えておくと便利です。 これらは年末に送るあいさつメールや、直接会うのが最後になりそうな年末のあいさつでも使うことができます。 <例文> New Year's [Season's] greetings! 新年(季節)のご挨拶を申し上げます。 Best wishes for the new year. 新年のご多幸をお祈り申し上げます。 I hope you have a wonderful year. すてきな一年になりますように。 May happiness and success be with you throughout the new year. 幸せと成功に恵まれた新年になりますように。 新年のあいさつで気をつけること 正月は1月1日から始まるとは限らない!? ほとんどの日本人は、正月はといえば1月1日から始まると思っているのではないでしょうか。 例えば中国や台湾、香港、中国系人口が多いシンガポールやベトナムなどでは、新年を祝う正月は旧暦(旧正月)で行われます。 日本より約1か月遅い旧正月に、正月休みとして帰省したりします。 ほかにも、タイのように4月に実質的な正月を祝う国もあります。 そのため、上記で挙げた国の取引先などに対して 宗教や慣習を考慮しないで1月に新年の挨拶をすると、相手に違和感を与えるかもしれません。 ビジネスシーンで新年のあいさつをする場合は、相手の宗教や慣習を考慮して、適切な時期に適切なあいさつを行うように心がけましょう。 返信は早めがベター。 新年のあいさつでビジネスを円滑に 送付していない相手から新年のあいさつが届いた場合は、できるだけ早く返事をしましょう。 メールならメール、カードならカードと同じもので返信することが、礼儀的に好ましいとされています。 メッセージでは、"Thank you for your new year's greetings. "(新年のご挨拶ありがとうございます)とお礼を述べた後に、"Wish you a good year too"(素晴らしい年になるようお祈りしています)など、相手を気遣う英文フレーズを続けましょう。 定型文に語尾に"too"をつけると、「あなたも同様に」という意味が加わるのでオススメです。 ビジネスパートナーや取引先へ新年のあいさつをすれば、新しい年もスムーズに仕事がスタートできそうですね。 この記事をシェアする•

次の

英語ビジネスメールの書き方|書き出しの挨拶など英文メールの定型文も紹介!

新年 の 挨拶 文 英語

新年の挨拶を英語でする場合に使えるフレーズ それでは新年の挨拶をするときに、どのような表現ができるのかを例文を見てみましょう。 ビジネスシーンだけでなく、普段のプライベートでも使えるフレーズもあわせてご紹介します。 「良い年になりますように」は基本 新年の挨拶を英語でするときは、相手や立場に関係なく共通して「I wish you a happy new year(良い年になりますように)」という定型フレーズを使うことができます。 ちなみにカードに書き記す場合、これらのフレーズを置く場所はメッセージの冒頭が一般的ですが、人によってはその年のエピソードや来年の抱負を簡潔に述べた後、思いをまとめる形で最後に持ってくる場合もあります。 ビジネスの相手に送る場合 ビジネスの相手に新年の挨拶を送る時は新年の挨拶とともに、「仕事始めはいつになるのか」「人事やオフィス移動や変更はあるのか」などの情報も忘れないようにしましょう。 Hoping you find the new year to be fruitful and enjoyable. 実りある楽しい一年になりますように、心から願っています。 Very best wishes for a rewarding year! 最高に報いのある素晴らしい年になりますように。 I wish your company the best for never ending success 御社のご発展を心より願っています。 メールで挨拶メッセージを送る場合 メールであいさつのメッセージを送る時は、定型文を利用してできるだけ短めにまとめるようにしましょう。 カードで挨拶の言葉を送る時も同様です。 All the best wishes in 2019! 2019年も幸せな年でありますように。 Best wishes and hopes for the brand new year. 新しい年へ向けて、希望と願い込めて。 More peace and joy to you all! さらなる平和と喜びが皆さんに訪れますように。 家族や友達に送る場合 最も身近な存在である家族や友達に、元気に新年の挨拶をしましょう。 Have a wonderful new year! 素晴らしい新年を迎えてね。 みんな、明けましておめでとう!• Happy New Year 2019! 2019年、明けましておめでとう。 恋人に送る場合 特別な存在である恋人に対しては「お互い、素敵な年にしよう!」という愛のある言葉を送ってみましょう。 May this be a happy and beautiful year for both of us. お互いにとって特別な年になりますように。 I wish the new year finds us in such lovely spirit. お互い、 新年もラブリーにいこう!• Cheers to a wonderful 2019 and continued relationship between us! 2019年、新しい年と二人のために乾杯! 新年の挨拶への返信の仕方は? 新年の挨拶をカードやメッセージでもらった時の、返事の仕方と気に留めておきたい点と併せて挙げてみましょう。 返事はできるだけ早く 英語圏の新年の挨拶は、年末年始の挨拶をひっくるめて行う場合がほとんどです。 海外企業の場合、国によっては12月24日のクリスマスイブ前後から新年の1月10日前後まで、トータル2週間程度の長い休みを設ける場合も珍しくありません。 企業が休みに入ってしまうと、社員は会社に出勤することもないため、全くのプライベート期間に突入してしまいます。 そうすると、会社宛てに届いたカードやメールを確認することができなくなります。 取引先やビジネスパートナーから新年の挨拶が届いたら、できるだけ早めに返事をするように心がけましょう。 可能であれば、カードならカードで、メールならメールなど同じ媒体で返信をするのが礼儀としては好ましいです。 続ける言葉としては「I hope you have a wonderful year,too」「Wishing you happiness and great health as well. 」など、「too. 」「as well」を文章に取り入れ「あなたも同様に」とするのコツです。 日本とはちょっと違う、海外の年末年始事情 海外の年末年始について英語で新年の挨拶を考える前に、海外での年末年始のあり方について触れてみましょう。 英語圏ではクリスマスを盛大に 日本ではクリスマスよりお正月を盛大に祝いますが、多種多様な文化や風習が入り混じる海外では、おおむねクリスマスを年間の最大行事としているところが多いようです。 国によってはクリスマスとお正月をまとめて捉えることも珍しくありません。 クリスマスは家族で集まってパーティをし、お正月は普段と同じように過ごしたりロングホリデーに出かけたり、といういうパターンが圧倒的です。 「年末の挨拶をする」時のコツ 英語圏に住む友達や海外からの移住者に年末の挨拶をする時は、クリスマスが訪れる前に、「Merry Christmas and Happy New Year」と、二つ併せて挨拶をするるとよいでしょう。 海外の企業はクリスマスから正月明けまで長い休暇に入ってしまうことが多いため、新年の挨拶ができなかい場合があります。 年末年始の挨拶をまとめてすることは、何でも効率よくものごとを考える海外ならではの発想かもしれません。 ちなみに、海外にはクリスマスカードはありますが、新年のカードを見るのは本当に稀です。 海外には基本的に年賀状に代わるツールがないのです。 あえて「年賀状」を送るのも良し 海外には「年賀状」を送るという習慣がほとんどありませんが、あえて日本の文化である「年賀状」を海外の知人に送るのもよいでしょう。 干支のイラストや書道で書き記された日本の年賀状には「独特の風情」があるため、日本固有の文化として海外ではとても人気があります。 また、海外に年賀状を送る時は、英語で宛名と住所、差出人の名前と住所を表側に記し、通常のポストカードを送る要領で送りましょう。 まとめ 英語で新年の挨拶をする時は「Happy new year」「I wish you happy new year」などの定型文が基本となりますが、相手によってフレーズを変えてみることで、より的を得た個性あるメッセージを送ることができます。 また、日本とは異なり、海外ではクリスマスと新年の挨拶とあわせて行うこともあります。 カードやメールでメッセージをもらったら「Thank you for the greeting message. All the best for new year, too! 」と御礼を兼ねて返事を送るようにしましょう。

次の