国民年金 国民年金基金 違い。 厚生年金とは?概要や国民年金との違いをわかりやすく解説!

国民年金基金とは?国民年金との違いと加入対象者 [年金] All About

国民年金 国民年金基金 違い

国民年金は強制加入なので、20歳以上であれば、「若い頃から保険料を納付し、年を取った時、障害を負った時、遺族になった時に、年金給付を受けられる」くらいの知識は誰でも持っているでしょう。 そして、国民年金基金という言葉も、何度も聞いたことがあるのではないでしょうか? 優香さんが長年にわたりイメージキャラクターを務めており、たまにテレビでCMが流れる他、インターネットや新聞で広告され、加入対象者にはダイレクトメールが送られています。 「国民年金基金は一体何なのか? 」と疑問を持ちつつも、調べるのが面倒で、未だに理解していない人も多いでしょう。 そこで、国民年金基金を解りやすく解説し、メリット・デメリットについて説明いたします。 国民年金基金とは? 日本の公的年金制度は、(自営業者等)、(会社員・公務員)、(第2号被保険者の配偶者、主婦・主夫)の3種類の被保険者に分かれています。 このうち、第2号被保険者は、給料から算出した厚生年金保険料を労働者と事業主が折半で負担し、これを納めれば、国民年金保険料も納付したものとみなされ、将来、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2つの年金を受け取ることができます。 ある程度、厚生年金保険に加入していれば、この2つの年金で老後も生活できるはずです。 そして、第3号被保険者は、国民年金保険料を納付しなくても納付したものとみなされ、将来、老齢基礎年金を受給できます。 第3号被保険者は、老齢基礎年金のみの支給ですが、そもそも保険料を払っていませんし、また、配偶者の年金もあるので問題ないでしょう。 仮に、離婚したとしても、婚姻期間に相当する老齢厚生年金の半額は、第3号被保険者がもらうことができます。 しかし、第1号被保険者が加入しているのは国民年金のみであり、月額6万5千円弱では生活できません。 そうなると、生活保護を受けるしかないのです。 そこで、第1号被保険者も老齢基礎年金に上乗せできる制度として、国民年金基金が登場しました。 現在、国民年金基金には、それぞれの地域に住む人を対象とした「地域型国民年金基金」と、弁護士や公認会計士など特定の25職種に就く人を対象とした「職能型国民年金基金」の2種類がありますが、基金の設立条件が違うだけで、掛金や支給額は同じです。  国民年金基金の加入条件・加入資格 国民年金基金に加入するためには、次の条件を満たす必要があります。 国民年金保険料を納付している20~60歳の第1号被保険者• 海外に居住している任意加入被保険者• 60~65歳の任意加入被保険者• 地域型国民年金基金は、その都道府県に住所を有していること• 職能型国民年金基金は、その職業に就いていること を受けている人や滞納している人、付加年金に加入しなければならない農業者年金の被保険者は、国民年金基金に加入できません。 実際に、自分で国民年金保険料を納めている人のみが国民年金基金に加入できるのです。 国民年金基金と付加年金の違い 国民年金基金は、老齢基礎年金に上乗せする制度ですが、同じ内容の制度として、があります。 この2つの制度ですが、次のように定められているため、 同時に加入することはできません。 国民年金基金と付加年金の関係性• 付加年金加入者が国民年金基金に加入すると、付加保険料を納付できなくなる• 国民年金基金加入者は、付加保険料を納付できない つまり、国民年金基金が優先されるのですが、「じゃあ、何が違うの? 」と疑問に思う人もいるでしょう。 まず1つ目の違いとして、掛金の額が挙げられ、付加年金はお得であるものの、月額400円しか納付できないのに対し、国民年金基金は月額6万8千円を上限に自分で選択できます。 国民年金基金に長期間加入して、高額の掛金を支払えば、厚生年金保険加入者と変わらない老後資金を得られるので安心です。 2つ目の違いとして、資格喪失の自由度が挙げられ、付加年金は簡単にやめられますが、国民年金基金は簡単にはやめられないことになっています。 どちらかに加入しようと考えている場合は、この違いをしっかり理解してください。  国民年金基金のメリット 国民年金基金に加入すると、次のメリットがあります。 収入に合わせた掛金を選択できる• 老齢基礎年金に上乗せでき、掛金の額によっては、老後の生活が楽になる• 払った掛金は、全額が社会保険料控除の対象となり、節税効果がある• 将来受け取る年金は、公的年金等控除の対象となる• 給付額が確定しており、物価スライドの適用がないので、物価が下がると実質的な年金額が増える 国民年金基金に加入する最大のメリットは、税制面の優遇であり、掛金も年金もお得です。 したがって、それなりの収入がある第1号被保険者にとっては、魅力的な制度と言えるでしょう。 国民年金基金のデメリット 国民年金基金に加入すると、次のデメリットがあります。 途中で脱退できない• 途中で掛金を引き出すことはできず、将来、年金として支給されるまで待たなければならない• 給付額が確定しており、物価スライドの適用がないので、物価が上がると実質的な年金額が減る• 国民年金基金の運営が厳しくなった場合、年金額が減る可能性がゼロではない• 国民年金基金が破綻した場合、かなり損する• 年金受給前または保証期間中に亡くなった場合、遺族一時金しかもらえないので損 特に注意が必要なのが、自分の意思で国民年金基金を脱退できないことで、場合によっては後悔する可能性もあるため、申し込む前にしっかり考えましょう。  国民年金基金の資格喪失・脱退方法 国民年金基金は、次のいずれかに該当すると、その資格を喪失します。 60歳未満で加入した者が60歳になった時• 任意加入被保険者が65歳になった時• 任意加入をやめた時• 就職して第2号被保険者になった時• 第2号被保険者と結婚して、第3号被保険者になった時• 地域型国民年金基金の加入者が、他の都道府県に引っ越した時• 職能型国民年金基金の加入者が、他の職種に転職した時• 国民年金保険料の免除・納付猶予を受けた時• 農業者年金の被保険者になったとき(この場合は、付加年金への加入義務が生じるため)• 基金が解散した時• 加入者が亡くなった時 一度加入すると脱退できない国民年金基金でも、上記の資格喪失条件を上手く使えば脱退できますが、そのために引っ越しや転職するのは現実的ではありません。

次の

厚生年金と国民年金の違い、説明できますか?勘違いしやすい点をやさしく解説

国民年金 国民年金基金 違い

国民年金基金に加入できるのは、国民年金の保険料を納めている20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者などである。 国民年金基金の掛金は、全額が社会保険料控除の対象となり所得控除を受けることができるため、所得税や住民税が軽減される。 国民年金基金には、各都道府県に設立された「地域型」と、職種ごとに設立された25の「職能型」の2種類がある。 国民年金基金の趣旨 一般的に、会社員は国民年金に加えてに加入していますが、自営業者は厚生年金に加入できません。 そのため、自営業者は会社員に比べて将来の年金受給額が少ないことになります。 この差を解消するため、平成3年4月に設けられた年金制度が国民年金基金です。 国民年金基金の加入条件• 国民年金の保険料を納めている20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者• 60歳以上65歳未満で国民年金の任意加入被保険者• および海外居住者で国民年金の任意加入被保険者 国民年金基金に加入できるのは、この条件のいずれかを満たす人です。 ただし、国民年金の第1号被保険者であっても、国民年金の保険料を免除されている人(一部免除・学生納付特例・納付猶予を含む)や、農業者年金の被保険者は加入できません。 また、国民年金の第2号被保険者(厚生年金に加入している会社員)、国民年金の第3号被保険者(厚生年金に加入している会社員の被扶養配偶者)は加入できません。 国民年金基金のメリット 国民年金基金に加入すれば、当然、年金を受給でき、より豊かな老後を過ごすことができます。 その他のメリットとして大きいのは節税効果です。 国民年金基金の掛金は、全額が社会保険料控除の対象となり所得控除を受けることができるため、所得税や住民税が軽減されます。 国民年金基金の種類~地域型と職能型~ 国民年金基金は、各都道府県に設立された「地域型」と、職種ごとに25つ設立された「職能型」の2種類があります。 地域型国民年金基金は各都道府県に1つずつあり、そこに住んでいる人が加入できます。 職能型国民年金基金は、医師や税理士など同種の事業・業務ごとに設立される基金で、基金ごとに定められた事業・業務に従事する人が加入できます。 なお、両者の加入条件を満たしていても、加入できるのは1つだけです。 国民年金基金の関連記事•

次の

国民年金保険と国民年金基金の違い

国民年金 国民年金基金 違い

スポンサーリンク 国民年金とは 国民年金とは、日本国内に住所がある人が加入する年金制度で、老齢・障害・死亡の場合に年金が支給されます。 原則として20歳以上60歳未満の人が被保険者となりますが、厚生年金保険の被保険者の人は60歳以上でも被保険者となることがあります。 国民年金は保険の形式をとりますが、保険料が免除されている人のように保険料を払わないでも年金をもらう場合があるため、「国民年金保険」ではなく「国民年金」となっています。 原則として日本国民が加入することになり、年金の基礎部分となるため基礎年金とも呼ばれます。 ただし、厳密には国民年金=基礎年金ではありません。 国民年金基金とは 国民年金基金とは、厚生年金(保険)や企業年金に加入することがない自営業者などの人のために用意された制度で、掛金を支払うことで国民年金に上乗せする形で将来もらうことができる年金が増える制度です。 国民年金基金は国民年金の第1号被保険者の人であれば基本的に加入することができますが、保険料の支払いを免除されている人などは加入できません。 国民年金基金には任意で加入します。 年齢や性別に応じて掛金が変わります。 掛金の支払いを続ければあらかじめ決められた年金額を将来受け取ることができます。 また、国民年金基金は国民年金の上乗せを前提としていますが、国民年金の保険料を納付しなかった期間については、国民年金基金の掛金を納付しても給付に反映されません。 上乗せ分の国民年金基金の掛金を払うなら先に基礎部分の国民年金の保険料を支払うのが先ということになります。 国民年金と国民年金基金の違い 国民年金と国民年金基金の違い 違い 国民年金 国民年金基金 加入 強制 任意 性質 基礎年金(1階部分) 上乗せ年金(2・3階部分) 対象 20歳以上60歳未満の人 国民年金第1号被保険者 保険料・掛金 被保険者共通 給付タイプ・性別・加入年齢による 免除 免除でも給付があることも 未払い分給付が減る インフレ対応 物価スライドあり なし 受取方法 原則終身年金 原則終身年金か有期年金 受取年齢 65歳・繰り上げ可能 60歳か65歳 障害給付 あり なし (備考)上記表はスペースの関係から典型的な事例について記述しているため、一部例外があります。 (出典)fromportal. comの担当者が作成 加入は強制か任意か 国民年金は日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人であれば基本的に強制加入となり被保険者となります。 一方で国民年金基金は任意加入です。 加入するのも、加入しないのも自由です。 基礎か上乗せか 国民年金は老後の生活の基礎となる年金制度の1階部分に相当します。 国民年金で老齢・障害・死亡といった給付原因に該当した場合に最低限の基礎的な給付を行います。 国民年金基金は国民年金では足りない場合に上乗せを行うもので、2階部分・3階部分に相当します。 加入対象者 国民年金は、原則として日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人は被保険者として全員加入することになります。 一方、国民年金基金は、原則として自営業などの国民年金の第1号被保険者の人は加入できますが、会社員や公務員などの第2号被保険者や専業主婦などの第3号被保険者は加入できません。 保険料・掛金の金額 国民年金の保険料は被保険者共通で決まっています。 一方、国民年金基金の掛金は、加入する給付タイプや口数、性別、加入時の年齢によって変わるため人によって違います。 免除制度があるか 国民年金には保険料の免除制度があり、一部の免除を除いて保険料を支払わなくても、一定の年金を受け取ることができます。 国民年金基金は掛金を支払わずに一時中断することもできますが、支払わなかった期間の分だけ年金は減少します。 インフレ対応があるか 国民年金には物価スライドの仕組みがあり、物価の変動を受けて給付額が見直されていきます。 一方で国民年金基金には物価スライドのようなインフレに対応する仕組みがないため、インフレが発生したら実質的な年金の金額が少なくなります。 受取方法(老齢給付) 国民年金は年金での受け取りが原則です。 また、老齢を原因とする給付は生きている限り支給される終身年金です。 国民年金基金も国民年金と同様に年金での受け取りが原則となりますが、終身年金と給付される期間が決まっている確定年金(有期年金)があります。 受取年齢(老齢給付) 国民年金は65歳になると受け取ることができます。 ただし、支給を繰り上げることができ60歳から受け取ることもできます。 なお支給を繰り上げた場合にはもらえる期間が長くなる分、毎回の支給額は減額となります。 国民年金基金は60歳から受け取りを開始するタイプと65歳から受け取りを開始するタイプがあります。 うまく組み合わせると国民年金が原則として支給されない60歳から65歳になるまでの期間の年金にすることができます。 障害給付があるかないか 国民年金は老齢・障害・死亡を原因とする給付があります。 一方、国民年金基金は老齢・死亡を原因とする給付はありますが、障害を原因とする給付はありません。 障害を負った場合には、国民年金が給付されていても、国民年金基金からの給付がないという事態になる可能性があります。 まとめ• 国民年金は日本の年金制度の1階部分に当たる基礎的な年金制度で、原則として日本に住む20歳以上60歳未満の人が全員強制的に加入します。 国民年金基金は日本の年金制度の2階・3階部分に当たる上乗せ給付を行う制度で、原則として自営業者などの国民年金の第1号被保険者が任意で加入します。

次の